就活の髪型でウイッグやエクステは使用OK?パーマやボブというスタイルは許容範囲か?

公開日: : 最終更新日:2017/09/09 学生たちの就職活動

就活の髪型でウイッグやエクステは使用OK?パーマやボブというスタイルは許容範囲か?07c9a4b282ca9f3956375333c627d329_s

就活をするときの髪型というのは非常に多くの人が気になるもので、なかなか考えるのも大変ではないか?と思います。就活における髪型というのは正解があるわけではないと思いますけど、許容範囲みたいなのは存在しているかな?と思います。その中で髪型を選んでいかないといけないわけですね。そして、就活における髪型を決める際にはアイテムを使う場合があるのではないでしょうか?アイテムというと、何があるのか?ということになりますけど、1つはウイッグです。ウイッグを着けている就活生がどれだけいるか?は分かりませんが、着けても良いんじゃないか?とは思います。髪の毛を染めていたりして、それを隠すために、黒染めをしたあくないから、それでなんとかするという人もいそうです。就活の髪型でウイッグを使っていても、普通は分からないと思います。気付ける余地がないです。普段の髪型を知らないわけですから、髪型がウイッグによって変わっていたとしても、人事などはまず分かりませんから、基本的には心配はいらないのではないか?と思うのです。髪型や髪色を変えることが比較的簡単にできるのがウイッグになりますから、それによって普段のオシャレな髪型とは違う、就活らしい髪型を実現できるのです。ウイッグはかなり便利なアイテムと言えると思います。

 

ウイッグを使って就職活動をしている学生は意外と多いかもしれない

就活でウイッグを使っているか?どうかって、基本的には分かりません。普段している髪型を就活仕様にしていくたけなので、黒染めをしたり、短く切ったりということと別に変わらないと思います。したがって、普段している髪型を就活とうことでウイッグで変化させるというのは1つの手ですね。使っていても、周囲からは使っているとは分からないので、どれだけの人がウイッグを就活で使っているのか?は予想もできません。案外、多くの人が就活の髪型を変えるためにウイッグを使っている可能性もあります。したがって、気にしなければ良いのではないでしょうか?就活ではウイッグをつけるケースもありますけど、それ以外にはエクステという選択肢もあります。エクステを就活での髪型に変化をつける意味で使いたいと思っている人もいるかもしれませんが、こちらはウイッグとはちょっと勝手が違うと思います。というのも、就活の髪型を変えるときのエクステというのはウイッグと違って分かりやすいと思うからです。したがって、エクステの使用はちょっと考えた方が良いかもしれないです。

 

エクステというのはウイッグのように頭の全体を覆うようなものではなくて、部分的につけるものじゃないですか?ってことは、つなぎ目が見える可能性もあります。ものによるかもしれませんし、つける場所にもよるかもしれません。それに人事や面接官がそんなにじっくりと頭を見ているとも思えませんし、エクステをしているか?どうかをチェックしているとも思えないのです。したがって、バレる可能性はものすごい低いかもしれませんし、そもそも人事や面接官がエクステをNGとしているか?どうかも分かりません。エクステもオシャレのためにつけるアイテムという印象があるので、カジュアルなものとしてあまりよく思っていない人もいそうなので、リスクになることは間違いないでしょう。しかし、エクステをしていることをどう思うか?はその人次第です。だから、結局エクステがリスクになるか?どうかも分かりませんが、リスクになるかもしれないのです。就活での髪型としてエクステが相応しいか?どうかの判断は結局人事がするもので、私がするものではないので、私の考えだけを書いておきますが、エクステをしないといけない理由がないならば、しない方が無難ではないか?と思います。

 

就活ではパーマやボブといった髪型はどうなのか?

あとはいろいろな就活関連のサイトなどを見て、エクステに関してどういうことが書いてあるか?などを見てみると良いでしょう。就活においてエクステを使った髪型はどう考えるべきか?というのは難しい問題ですけど、参考になる意見が書いてあると思います。ウェーブに関しても女性が特有の髪型かな?と思うので、そちらについても悩んでいるならば、他の意見も見ておいてください。就活いおいて髪型は悩みが尽きないですよね。例えば、パーマやボブなどもどうなのか?と気になっている人はいるのではないでしょうか?これらも女子学生特有の髪型かな?と思いますけど、パーマやボブにもやはりカジュアルな面が大いに見出せるのではないか?と思います。また、これらの髪型は黒髪であまりやらないですよね。染めているケースが多いとなると、その部分も合わせてカジュアルな面が強く出すぎる可能性もあり、就活での髪型としてパーマやボブというのはあまりおすすめできません。エクステやウイッグ以上に個人的にはおすすめしません。これも他のサイトなどを参考にしてもらうと良いと思いますけど、就活での髪型でパーマやボブはリスクになるというのは考えないといけないと思います。

 

基本的に出る杭は打たれやすいということは日本においては考えておかないといけないと思います。そのため、就活での髪型に関してエクステやウイッグはこれらを使っていると分からないならば、問題になることは少ないと思います。ただ、就活においてパーマやボブというのは明らかに分かります。そして、こういったビジネスの場では少数派というか、ほとんどいないんじゃないですかね?私服で勤務するようなエースはともかくとしても、スーツを着ている場ではあまり似つかわしい髪型という印象はないと思います。したがって、就活では髪型の中でもボブやパーマは私はおすすめしません。カジュアルだから相応しくないという理由も含まれますが、明らかに少数派だと思うので、そこでも人事に違和感を与えてしまう可能性があるのです。したがって、受かりたいなら多数派に合わせた方が可能性は上がる気はしますよ。ただ、それは不利になる可能性を抑制するだけであって、別に有利になるわけではないと思うので、そこは知っておかないといけないと思います。就活では髪型が1つポイントになるのはありますから、事前にどういったスタイルで挑むのか?考えておくと良いでしょう。

 

就活で内定を取るにはナビサイトの選び方が特に大切と言える

就職活動をするときにはナビサイトに登録をして、そこから求人にエントリーをしていくというプロセスが多くがとっていると思いますけど、そういった人たちは何気なくナビサイトを選んでいる人が多いと思います。知名度が高い、有名なサイトを無意識に選んで、そこに登録して就職活動をしている人が多いと思うのですが、みんなが使っているサイトだから安心感があるという部分はあるのでしょうけど、そういったところは内定の取りやすさという部分については注意が必要になります。みんなが使っているような有名なサイトは、簡単に言うと利用者がめちゃくちゃ多いわけです。利用者が多いとなれば、そのサイトに載っている企業へのエントリーもかなり多くなると言えます。エントリーが多くなるということは、その企業の倍率が上がりやすくなりますから、倍率が上がるということは内定が取りづらくなるということになるのです。だから、多くの就活生が使っている有名なサイトは安心感もありますし、無意識のうちに選んでしまうということはあるものの、別のサイトにも目を向けていくと良いと思います。逆に知名度がそこまでではないけど、利用者がそれほど多くないサイトは狙い目の可能性があるのです。エントリー数が抑えられるので、倍率が上がりづらくなりますから。そういったサイトの候補としては例えば「就活のパートナーを見つけよう【ココリク】」があります。ここは名前を初めて聞いたという人もいると思うのですが、だからこそ利用者がそこまで多くない可能性があるのでおすすめしたいのです。ここは就職エージェントサイトに在籍しているアドバイザーがあなたの就活をマンツーマンでサポートしながら利用できるサイトなので、そこが特徴的なのです。アドバイザーは就活のプロなので、志望動機や自己PRの作り方、企業研究の仕方や企業の選び方、内定を取るためのコツなどを質問すれば、的確に答えてくれます。そういう頼りがいのある存在であるところもすごいのですが、彼らは特別推薦枠というのを持っていて、それを利用できることがあります。これがココリクの肝で、特別推薦枠なので、推薦されたううえで選考を受けるわけですから、それだけ内定を取れる確率が上がるでしょう。しかも、特別推薦枠を利用するときにはアドバイザーが書類選考の添削や面接対策をマンツーマンでやってくれるので、それも心強いです。アドバイザーを通じて、いろいろな形で内定を取れる確率を上げることができます。ココリクはメジャーな就活サイトではないかもしれませんが、こういったサイトを利用している人が少ないならば、こういった有利な環境で就活できている人が少ないことを意味します。そして、特に特別推薦枠は、普通に就活をする場合の方法と比べてかなり内定に近づける可能性があるので、多くの人に知っておいてもらいたいのです。無料の会員登録をすると誰でも利用できるので、良かったら参考にしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

オワハラは当たり前?起きた原因は?対処法は嘘をついて入社すると言っておけばおk

就職活動をしていて、内定が近くなると面接官から言われることがあります。それは「今受けている他

記事を読む

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

新卒の就活で企業選びの軸や基準は?エントリーの決め方は?

就職活動をやっていると、企業選びが本当に重要になります。就職活動の時間は有限です。つまり、限

記事を読む

就活で採用される気がしない、内定をとれる人、採用される人になるには?秘訣やコツは?

就職活動は内定をとれる人とそうじゃない人にどうしても分かれてしまいます。1人で複数個の内定を

記事を読む

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽という

記事を読む

no image

メガバンク、銀行に受かる人とは?就職での身辺調査、素行調査はどこまで?

銀行に勤務をする人間は、非常に慎重に決められていると言えます。そのため、人物としての優秀さと

記事を読む

Fランク大学の学生は公務員試験や起業なら学歴関係ないよ?

Fランク大学に通っている学生は、卒業後はどうするのか?進路は決まっているのか?これが問題かも

記事を読む

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

女子高生は大学進学を考えるときには、男子高校生とは違う部分で迷うかもしれません。というのも、

記事を読む

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコン

記事を読む

武庫川女子大学と産近甲龍はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?

関西では有名な女子大として武庫川女子大学があります。女子大とし

日本大学文理学部の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインはどうなっている?

日本大学の中でも特に学科が多くて、難易度がそれぞれで全然違うと

日本大学と近畿大学の文系と理系のレベルはどっちが上?就職はどっちがいいのか?

日本大学と近畿大学はどちらも中堅大学のレベルで、比較的近い存在

日本史のセンターから日東駒専までのレベルや難易度は?教科書だけで対策はOK?

日本史を選んでいる人はセンター試験を受ける人も多いと思いますけ

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってき

→もっと見る

PAGE TOP ↑