就活で留年は影響ない?関係ない?不安でも聞かれない体験談を紹介

公開日: : 最終更新日:2017/02/18 学生たちの就職活動

就活で留年は影響ない?関係ない?不安でも聞かれない体験談を紹介6c5b6d7dfe2e62266c31e4cbd81ffe70_s

就活においては自分が抱えているいろいろな問題を気にしてしまうことがよくあると思います。例えば、留年です。留年はどうしてもマイナスなのではないか?という印象を持っている人もいると思いますけど、必ずしもそうではないでしょう。正直言って、私は留年していますし、自分で言うのもなんですけど、留年がマイナスとは思っていません。留年がマイナスだと思う人は何でマイナスだと思うのでしょうか?留年をしていると怠惰なイメージでもあるんですかね?ただ、留年の原因が怠惰しかないわけじゃないですし、いろいろな原因がありますよね。留年をしたっていうのは成績が芳しくないくらいの影響しかないと思います。就活では留年について聞かれないわけじゃないけど、聞かれない可能性の方が高い気がします。留年をしている人は珍しくないと思うので。特に理系の人は就活では留年をしている人が結構いるんじゃないでしょうか?理系は留年率が文系よりも高いと思います。文系に関しても就活では留年はそんなに影響はないと思います。関係ないとは言えませんが、大した問題ではないと思います。

 

留年を経験した人の方が就活で有利になる可能性も

留年をマイナス視している人は多分勘違いをしていると思います。留年を企業がマイナス視していることはあまりないと思います。その根拠としては、企業はマイナスイメージのある話をよく聞きたがっているというのがあります。結局、順風満帆な人生を送ってきている人よりは、何らかの問題を抱えて、それを乗り越えてきた人の方が良いわけです。挫折したことはありますか?とか聞く理由もそこなんでしょうか?挫折って完全にマイナスイメージですけど、それをあえて聞いているということは、そういう体験談を持っている人の方が好きなんですよね。そして、マイナスをマイナスのまま終わらせていたら問題だが、そこから復活したならば問題ないどころか評価対象でしょう。つまり、就活では留年をした人も不安だとは思いますけど、留年が不利になるのは留年した事実をそのままにしていた場合のみです。何で留年したのか?の原因を探って、もう同じような失敗をしないように対策を練ると。そのうえで留年を回避して、ちゃんと授業で良い成績をとっているとかならば、むしろ留年は就活で有利になるかもしれません。結局、これってもはや自己PRに近いんですよね。留年はそういうネタになるはずです。実際、会社に入って失敗は絶対にするでしょう。失敗を確実に避ける方法は存在しません。

 

失敗したときに同じ失敗をしないように対策を練って執行して、以降の失敗を繰り返さないような人間になっていけば良いわけですから、留年が仮に失敗だとしても、その失敗をそのままマイナス評価する人事はまずいないのではないでしょうか?留年だって分析と対策を練ったならば、結果プラス評価につながる可能性だってありますからね。分析と対策っていのは会社で働くうえで必須の能力であり、それがすでにできている人は使える人材である可能性もありますからね。企業としては魅力的に見える場合もあるでしょう。留年は就活において厳しいというのは思い込みであり、マイナスであるとは限りません。留年した後に自分がどう思ったか?どう行動したか?で人事の評価も変わるので、留年は就活において影響する可能性もありますが、それが悪い方向とは限らないでしょう。良い意味で就活において留年が関係する場合もあります。でも自分から言わなければ就活では留年は関係ないケースが多いと思います。就活では留年は厳しいとは限りません。また、就活では留年について聞かれない可能性も十分あります。そもそも聞いてこなければ、企業は大して気にしていないということになるでしょう。それは2つの意味で。留年自体をマイナス視していないということと留年をしたことでどう反省して、どう生かしていったのか?を聞きたいとは思っていないということでしょう。

 

留年をした私が経験した就職活動の体験談

私は先ほど言ったように留年を経験しています。就職活動についてはそんなにやっていませんけど、就活で留年をしたことの体験談として話したいと思います。そんなにたくさんの企業を受けていないですけど、私が受けた感触では企業は留年について気にしている感じなかったですね。そもそも就活で留年について聞かれないですから。聞かれた企業はないです。面接を通じて何で留年したのか?とか就活で留年の関して質問されないです。私はそんな感じでしたね。他の人の就活での留年についての体験談があれば、それを見るのも良いかと思います。留年なんてかなりちっぽけな部分だと思います。私が感じたのは結局はコミュニケーション能力などの実践的な能力面や潜在的な部分を見られている気がして、留年の有無を見てどうするんだ?って雰囲気を感じました。企業の雰囲気を見ると、就活では留年は関係ないというスタンスを感じた記憶があります。だから、就活では留年をしていると不安に感じる人もいるかもしれませんが、就活において留年は影響ないケースが多いように思います。自分から留年について話さなければ、企業から聞かれる可能性は少ないんじゃないか?と思います。だから、そんなに不安に思うことはないのではないでしょうか?

 

就活では留年は厳しいなんて風潮はどこからきたのか?分かりませんが、結局それって留年のマイナス面しか見てないってことでしょう。マイナス面しか見ないってことは物事を多角的に見られないってことです。っていうか、普通に考えたらおかしい気もしますけどね。結局、捉え方によっては、プラス要素のあるものだって、マイナス視することができるはずですから。コミュニケーション能力に長けているということだって、プラスに捉えれば饒舌とも言えるが、マイナスに捉えればよく喋ってうるさい、話が長いとか、ネガティブな面が全くないわけじゃない。留年に関しても結局一緒だと思うんですけどね。だから、就活では留年を不安に思うことはないです。他の要素と一緒です。留年をしたことが直接会社での業務に支障をきたすとかではないので、そもそもマイナス視することもどうか?って感じですけど。就活では留年は厳しいっていうのはほとんど噂のレベルに近い気がします。就活では留年は関係ないとは言わないけど、関係するケースは極めて少ないでしょうし、就活で留年について聞かれないことも珍しくないかと思います。何で留年したのか?の回答や理由を考えていっても良いですが、そんなに聞かれることじゃない気がします。質問されないケースの方が多いと思います。就活における留年の体験談というか経験者は意外と多いと思うので、彼らの話を聞いてみるのも良いかと思います。大学生の留年は本当に多い気がします。昔と比べて入るのが簡単になったが、出るのが難しいと言われる時代ですからね。

 

就活で知っておきたいユニークなスカウト型のナビサイト

就活のナビサイトは今はいろいろなタイプのものが存在しており、従来のような学生が企業を検索して、そこからエントリーしていくといったもの以外にも非常に個性的なサイトが増えてきています。例えば、ニクリーチと呼ばれるナビサイトはその1つで、ここはいわゆるスカウト型のナビサイトになります。スカウト型というのは、企業が学生を検索して、欲しいと思った人材に対して声をかけていくタイプのものです。ニクリーチでは、登録している学生に対して気になった人がいれば、企業がその学生に対してスカウトをして、食事などをしながら会社の人間と個人的に話をして、しっかりと会社について理解をしてから選考を受けてもらうといった流れになっています。このニクリーチには2つのメリットがあります。1つは事前に会社の人間とじっくり話ができるので、会社に対して理解が進んだ状態で受けられるので、安心感があるというとです。そして、もう1つは企業から学生に声がかかるので、もしスカウトがきたときには内定の確率が高いところを受けられるということになります。通常のナビサイトは自分で企業を選びますから、その企業に評価されるか?は実際に受けてみないと分かりません。しかし、スカウトは企業が自分を評価しているからこそくるので、スカウトが着た時点でその企業は自分に興味を持っているので、やはり他の企業と比べても内定の確率は高いと言えるのではないでしょうか?そういう企業を受けられるというのは非常に大きいと思います。そういった意味では実際にニクリーチからスカウトがくれば、それは内定の確率が少しでも高い企業を受けられると前向きに思えるかもしれません。スカウトがどれくらいくるか?も分かりませんし、内定の確率がどれくらい上がるか?も個人によって違うと思いますけど、一般的なナビサイトとはちょっと違うところが魅力になるかもしれませんし、今まで使ってきたナビサイトがあれば、そこと併用ができるので、そういったところを使いながらリクリーチも同時に利用していくということもできますから、そういった使い方をすれば本当にいろいろな企業に出会えることになると思います。自分で企業を検索する方法とスカウトを待つ方法を組み合わせていくというのは現代の新しい就職活動のスタイルになるかもしれません。ニクリーチは無料で利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

面接官が無表情や無反応だったり、声が小さいせいで聞き取れないと本当に困る

就職活動をしているとき、公務員試験を受けているときの面接官はいろいろなタイプの人がいます。中

記事を読む

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽という

記事を読む

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではない

記事を読む

メガバンクは激務で辞めたい!離職率が高い!評判は人殺し?

大学生の新卒の就職活動では、憧れだったり、人気企業として挙がるのがみずほ銀行、三菱東京UFJ

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

就活で成績が良い、悪いは関係ないが取得単位が少ない言い訳は考えておこう

就職活動で成績がどれだけ関係あるでしょうか?成績が悪いとそれだけ就職活動では不利なのでしょう

記事を読む

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

就活では面接で言葉に詰まる、言葉が出てこない、頭が真っ白になったときにやってはいけないこと

就活では面接を受けないといけませんが、そのときには上手く話せない人もいます。就活では面接では

記事を読む

就活で単位が少ない、ギリギリは関係する?両立できないと影響はある?

就活をしているときには学業生活との両立の問題があります。就活をしながら大学の単位をとっていか

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就

→もっと見る

PAGE TOP ↑