会社説明会はどんな感じで何する?何を話す?内容や雰囲気と当日の流れ

公開日: : 最終更新日:2018/03/17 学生たちの就職活動

会社説明会はどんな感じで何する?何を話す?内容や雰囲気と当日の流れ79d609d96154cf2bf1e0a1945b8c459a_s

就職活動では絶対に欠かせない存在なのが会社説明会と言えるかと思うのですが、この会社説明会に参加したことがない人にとって、会社説明会は何をするのか?全く検討がつかないという人もいるでしょう。会社説明会なので、何かしらの企業に関する説明をするわけですけど、何を話すのか?というのはイマイチ想像がつかないと思うのです。したがって、会社説明会は何をするのか?どんな感じなのか?というのを感想として話したいと思います。私も何社か参加したことありますからね。そのときの雰囲気などをできるだけ正確に伝えていきたいと思います。これから参加する人もいずれは分かると思いますけど、先に知っておくと良いかもしれないですね。会社によって雰囲気や内容などは結構違ってくる面があるかと思いますけど、参考程度に聞いてもらえればと思います。

 

会社説明会は自社のオフィス内で行う場合とそうじゃない場合がある

会社説明会はどこで行うか?というと、自分の会社のオフィスの中の一室を使うケースがあります。これが1番多いのかもしれませんが、中には別の場所でやることもあります。それは自分の会社のオフィスじゃないところです。それはどこなのか?というと、いわゆるレンタルオフィスなどになります。つまり、会議とかセミナーなどをするための場所を借りてそこでやる場合があるのです。だから、自社のオフィス内か?レンタルオフィスか?で会社説明会の雰囲気は全然違うでしょう。オフィスの大きさがそこまで大きくないような企業、たくさんの学生を呼ぶためのスペースが確保できないような企業がレンタルオフィスを使うという感じですね。そのため、企業のオフィスからちょっと離れた場所が会場になることもあります。レンタルオフィス内で行う場合には、その会社の雰囲気とかは直には分からないかもしれません。そこに登場する社員の人たちの様子などから雰囲気を察するしかないかもしれません。では、実際にそこではどういったことが行われているのでしょうか?一例を紹介したいと思います。

 

会社説明会の内容というのは基本的には会社側からの一方通行です。したがって、話を聞いているだけになります。会社説明会は何するのか?というと、最近のトレンドというか、よくあるものとしては会社紹介のDVDなどを流して、社員が直接業務などに関して説明する機会は多くないかと思います。それで会社の概要について知ることになるでしょう。そして、会社説明会では何するのか?で重要なのは、あとは選考についてです。これは社員の口から話すことになるかと思いますけど、選考フローの説明ですか。多くの人が気になることなのではないか?と思いますけど、会社説明会では何を話すのか?といえば、これはだいたいあると思います。今後の選考フローの説明についてです。一次選考から内定までどれだけの選考があって、どういう内容になっているのか?が分かると思います。あとは社員が登場して、自分がやっている業務に関してのやりがいとか、楽しいこと、大変なことの体験談などを語ることありますね。そして、最後に質問タイムかな?ここからはようやく学生側も企業に対してアプローチしていくことになるでしょうか。会社説明会の雰囲気は結構穏やかな感じで進んでいくことが多いですね。少人数のもの、学生の数が30人以下とかの場合には、ややアットホームな感じもありますけどね。ベンチャー企業とか中小零細企業はそういうケースもあるかもしれませんが、大企業とかの場合には結構厳かな雰囲気のものが多いかもしれません。会社説明会はどんな感じか?というのはなかなか難しいですけど、真剣に話を聞いている学生が多いので、シーンとした感じの空気が流れていることも多いです。これがよくある会社説明会の流れです。ケースバイケースで違う内容になることもあるので、参考程度にって感じで良いと思います。

 

会社説明会ではいきなり選考をやるケースもあるので注意

これも最近のトレンドと言えるのかもしれませんが、会社説明会では何するのか?というときにいきなり選考をやるケースもあります。これは最近増えてきていると思うんですよね。会社説明会でやる選考はどんな感じか?というと、いろいろあります。よくあるのはえんっとりーシートの記入、筆記試験とかかな?私の場合は両方経験ありますけど、それに加えてグループディスカッションも経験したことがあります。会社説明会の場でいきなりグループディスカッションをやったりするわけですから、本当にいきなりって感じです。参加して話を聞いて、その日のうちに選考をやって、これからその会社受けていくか?どうかも考える間もなく、すでに合否結果が出てしまうといった感じなのでしょう。だから、会社説明会の雰囲気として和やかなのは前半までで後半は選考に移るので、緊張感のある空気が流れていることも珍しくないです。会社説明会の流れでは最後にこういった選考が含まれることもあるので注意をしましょう。あと、選考か?どうかは微妙ですけど、会社説明会の流れでは最後にアンケートを書くというのがあります。普通に考えたらただのアンケートならば、選考じゃないし、合否結果もないだろうと思うんですけど、いろいろな可能性が考えられるので、選考じゃないと、ただのアンケートだと受け取って良いのか?どうかは微妙だと思います。アンケートとはいえ、記名式の場合にはちゃんと考えて書かないといけないと思います。

 

会社説明会の内容としては、よくある形はこんな感じではないでしょうか?会社説明会はどんな感じ?というときにはリラックスしたムードも広がりながら、最後に選考が行われると一気に空気が変わる感じもあります。選考をやらないケースもありますから、そういった会社説明会の雰囲気は和やかなままで学生は帰ることができますけど、そうじゃないケースもあるので注意をしてほしいところです。会社説明会では何を話す?というと意外と会社の人間が話していることって少ない気がします。会社説明会は何をする場所という決まりはないので、いろいろな趣向を凝らしたものがあり、それぞれの会社の特徴が出る場面でもあると思います。会社説明会では何を話すのか?は事前に決められていると思いますけど、テーマとしてはだいたい似通っていると思うんですよね。会社説明会の内容はそんなに変わらないかな?変わるとしたら雰囲気とかかな?と思います。会社説明会では何するのかというのは、単なる会社に関する説明だけではなく、いきなり筆記試験やエントリーシートというケースもあるので、事前に対策を立てたり、会社説明会の内容をしっかり聞いていたりして備えておいた方が良いというのはありますね。学生の方もなんとなく聞いているのではなく、ちゃんと真剣に集中して聞いていないといけないということも言えると思います。会社説明会はどんな感じで行われているのか?口で説明するのは難しいですし、企業ごとに雰囲気などは違うと思いますけど、なんとなくこんな感じというのが伝わればと思います。実際に参加してみると分かると思いますし、企業ごとに特色が違ったり、抱く感覚も変わってくると思うので、楽しいところもあると思うので、楽しんでくるという感じで参加して来れば良いと思います。

 

就活のナビサイト選びでライバルに差をつけて内定の確率を上げる方法!

就活をする際のナビサイトというのはどうやって選んでいますか?多くの就活生は特に悩むことなく、有名な知っているところに登録をしているのではないか?と思います。知名度が高いところは多くの就活生が使っていますし、多くの就活生が使っていれば安心という気持ちもあると思うのですが、実はあるリスクを抱えているということを知ってほしいと思います。それは有名で多くの人が利用しているナビサイトは利用者数が大量にいるので、それぞれがエントリーをすることで、そのナビサイトに求人が出ている会社に対してのエントリー数も膨大になります。1人あたり何十社とかエントリーをするので、就活生の多くが使っているナビサイトから、そこに求人を出している会社に対して大量のエントリーが届くのです。つまり、そのナビサイトからエントリーした会社というのは、他にも多くの就活生がエントリーをしている可能性が高く、その時点で競争率がかなり高いのです。すなわち倍率が上がりやすく、それだけ内定が取りづらいということが言えます。だから、多くの就活生と同じナビサイトを使うということは安心感はあるかもしれませんけど、そういったリスクにもなるということなのです。そうなると、そういったナビサイトとは別に、そこまで利用者数が多くない穴場的なナビサイトも一緒に使っていくということを考えると良いでしょう。例えば、「キミスカ」はおすすめです。キミスカは従来のナビサイトとは違う特徴を持っており、スカウト型のナビサイトになります。スカウト型のナビサイトだとどういったメリットがあるのか?というと、ある大きなメリットを生んでいるのです。

 

それは内定を取りやすい企業を受けることがしやすいということです。通常は学生が気に入った企業にエントリーをして、選考を受けていくことになります。その過程で自分のアピールをして、それに人事が興味を持てば次の選考に進み、いずれ内定がとれるということになります。しかし、結果的に興味を持ってもらえないとすれば、不採用の確率が一気に上がるということなのです。現実的に多くの就活生は結構いろいろな企業から不採用を受けますし、ほとんどの企業から不採用を食らうということもあるでしょう。そういったときは自分という人間に興味を持ってもらえなかったので、結果的に内定が取りづらい企業を受けてしまっていたということが言えます。しかし、キミスカのようなスカウト型のナビサイトの場合には、スカウトが着た時点であなたに企業が興味を持っていることは確定します。興味がない人にスカウトは送りませんから。つまり、スカウトが着た企業を受ければ、その時点で人事があなたに興味を持っていることになり、それは内定が取りやすい企業を受けられるということになるのです。また、スカウトはいろいろな業界から来るので、自分が想像していなかった業界が自分の魅力や適性を見出してくれることもありますから、就活の視野が広がるという効果もあります。キミスカを利用して企業を受けると、一次選考や二次選考ををパスできる場合もあるようなので、場合によってはかなり有利に進められるということになります。スカウトは絶対に来るわけではないですけど、プロフィールを充実させるなどして確率を高めることはできます。また、キミスカはスカウトがくるまでは特にやることはなく、スカウトが着たときだけ対応すれば良いので、普段はいつものナビサイトを使ってエントリーをして、企業を受けていくということをすることもできます。つまり、普段のナビサイトとキミスカを併用することも可能なので、それによってリスク分散もできるのです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差を付けられるチャンスです。知名度はそこまでありませんし、利用者数も多くはないので、穴場的なサイトとして、競争率も上がりづらいので、内定がとりやすいという意味ではおすすめだと思います。無料会員登録をすると利用できますから、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

大学職員の仕事内容は楽なのか?それともきつい?忙しい?

大学職員になりたい!と思っている方は多いかもしれないですね。私が大学生だった頃、同じ大学の友

記事を読む

大企業はうらやましい?激務で入りたくない人も!メリットがデメリットになる理由

大企業に入りたいという人がいる一方で、大企業には入りたくないと思っている人もいます。大企業で

記事を読む

新卒の就活で企業選びの軸や基準は?エントリーの決め方は?

就職活動をやっていると、企業選びが本当に重要になります。就職活動の時間は有限です。つまり、限

記事を読む

内定辞退の理由で勤務地や合わないからはダメ?留年したと嘘をつくのが鉄壁か?

内定辞退をするときにはすんなりいかないことも多々あって、どうしても企業からの説得を受ける可能

記事を読む

マスコミ業界、広告代理店の就職の志望動機や自己PRの考え方、書き方の例

マスコミ業界を受けるという就活生も多くいると思います。そういった方々は当然志望動機を練らない

記事を読む

学歴フィルターの基準やボーダーで関関同立や産近甲龍の学生はひっかかる?

就職活動でたびたび出くわす学歴フィルターですが、この学歴フィルターは主に関東圏の大学に対して

記事を読む

内定辞退で後輩への迷惑等の脅し、脅迫なんて気にする必要ない

内定辞退をすると、企業もそうだが、大学や後輩などにも迷惑がかかると言われることもあります。そ

記事を読む

ネスレ日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ネスレ日本は海外に海外に本社がある食品メーカーとして、日本でも馴染みが深いという人が多いでし

記事を読む

マツモトキヨシの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務な評判は存在する?

マツモトキヨシと言えば、言わずと知れたドラッグストアでもありますが、ここに就職したいと思う人

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

PAGE TOP ↑