食品業界、食品会社の面接などの志望動機の考え方は自己PRや付加価値との関連

公開日: : 学生たちの就職活動

食品業界、食品会社の面接などの志望動機の考え方は自己PRや付加価値との関連45258a9e845f294174a7aca353f1db5f_s

食品会社、食品業界への就職を考えている人にとっては、食品業界でどういう志望動機を作っていくべきか?それも考えないといけません。どういう志望動機が良いんですかね?どの業界においても、就職するにあたっての志望動機はそう簡単に造ることができるものではありませんから、やっぱり相当考えることになると思いますが、面接やエントリーシートにおいて評価されるためには、食品会社の社会における役割を認識し、その大きな役割を果たすために、自分が力になれるという部分を強調していくと良いと思います。以下で具体例も挙げていきますが、食品会社というのは、人間にとって必要な衣食住の一端を担っているものですから、そこを食品会社の、食品業界に就職するときの志望動機にしていくと良いと思います。ちょっと分かりづらいと思うので、以下で実際に考えていきましょう。

 

食品会社、食品業界に就職する際の志望動機の考え方の例とは?

すでにちょっと紹介しましたが、「食」というのは、人間にとって欠かせないものです。そして、食のあり方っていうのは、時代と共にどんどん変わってきたと思います。食事の本来の役割って何ですか?生きていくために必要な栄養を摂るためですよね?これが食品を摂ることの1番の目的になると思います。でも、今を生きる私たちにとって、食の役割ってそれだけですか?違いますよね。栄養を摂るため。という役割は相変わらず残っています。しかし、それ以外にも付加価値がついてきているのではないでしょうか?栄養を摂りさえすれば何でも良いというわけではないですよね。人には味の好みがあります。昔は違ったかもしれません。本当に大昔です。食べられさえすれば何でも良かった。選択肢が物凄く狭かったという事情もあるかと思いますが、大昔は本当に生きていくために、食べられるものなら何でも良かった。その辺の動物を捕まえて食べていた時代もあったわけです。でも、こうやって時代が流れていくにつれて、食に対する好みと言うのが生まれましたよね。あれは好きだが、これは嫌いというような、好みに合わせて、人は食品を選ぶようになりました。つまり、本来は生きていくための栄養を摂るだけのものだったのが、「味」という付加価値を持つようになったのです。

 

それだけではないです。例えば、高級レストランとかは特にそうですけど、見た目にもこだわっていますよね。それは各食品メーカーが作っている製品も同様です。味が美味しいだけではなく、見た目も美しい、綺麗、彩りに溢れているなど、見た目も重視するようになってきました。大昔はそんなところに誰もこだわらなかったでしょう。食事は見た目も楽しむような、そんな存在になってきたのです。さらにはもはや食事の効果自体も変わってきました。さきほどは食事の本来の目的は栄養を摂るためだと、生きるためだというのが存在していましたが、別の目的として、ダイエットのために食べたり、その他の美容のために、健康のために食べたり、(あえて高いものを選んで)ステータスのために食べたり、食事をする理由が、それぞれ栄養を摂取する以外の様々な目的へと文化してきました。これだけ多くの付加価値、従来食事が持っていなかった付加価値を多く備えてきた。歴史の中で、食品というものの国民の捉え方が変わってきたということが言えると思います。今や食品というのは、国民にとって利用価値が非常に多いツールになっているわけですね。

 

あなたがなぜ食品業界で働きたいのか?というときには、まずは食品業界の存在意義をあなたなりにしっかりと定めて、こういう存在意義があるからこそ、私は食品の素晴らしさを通じて、仕事をしたい。それをもっと改良して、付加価値を高めて、みんなに広めていきたい。そういった流れで志望動機を考えていくと良いと思います。これは前半ですね。前半は、今日の食品の存在意義を明確にして、これだけ食品と言うのは、多くの人を楽しませる、助けるものだということ。だからこそ食品業界で働いて、その素晴らしさを伝えていきたい、広めていきたい。その気持ちを表すと良いでしょう。しかし、後半はあなたが食品業界で働きたい理由ではなく、あなたが食品会社で働く理由を説明すると良いと思います。働きたい理由と働く理由はちょっと違うと思います。働きたい理由というのは、願望からくる理由です。しかし、働く理由は客観的な説得力による理由です。1番良いのは、自己PRと関連させることでしょう。面接でもエントリーシートでも、食品業界や食品会社を受けるときには自己PRも必要になりますから、それを関連させて、私にはこういう能力があるから、またはこういう経験を豊富にしてきたから、御社のこういう場面では活躍できると思います。これが自己PRです。これがそのまま食品業界、食品会社の志望動機にもなります。

 

食品業界、食品会社の志望動機は加えたい自己PR

つまり、前半ではあなたが食品会社を志望する理由を述べて、後半では私にはこういう能力があるから、こういった経験をよくしてきたから、食品メーカーの特定の仕事、または全般的な仕事において、役に立つことができるはずです。自分の持てる能力や経験を生かすことができる業界だから、会社だから志望したんだ。これは客観的に見て説得力がありそうですね。食品業界を志望する理由が、働きたいからだけでは、凄いひとりよがりな印象を生みますが、自分自身が活躍できるところだからというのは、会社にとってもメリットがあるし、面接官としても割と好印象を生む可能性もあります。就活で食品会社食品メーカーを受けるときの志望動機は自己PRとも関連させて、面接やエントリーシートで話していくと良いでしょう。食品業界、食品会社の志望動機は考え方としてはいくつもあると思いますが、1つの例として食品というものの有り方が変化してきたことにより、従来とは変わってきた食品自体の価値に注目してみると良いかもしれません。食品業界は倍率も高いですし、安定した企業が多いとされているので、ライバルはとても多くいると思いますが、その中で頑張っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活でリクルートスーツはなぜ必要?実は必要な理由はない?

就職活動では当たり前のリクルートスーツという謎のものがあるが、これはどうして必要なのでしょう

記事を読む

会社説明会、面接に遅刻は不採用?謝罪やお詫びをメール、電話でする必要ある?

就職活動は実際に経験してみると分かりますが、スケジューリングがとても大変です。1日に1社だけ

記事を読む

大手病は何が問題?何が悪いのか?克服する必要はなく基準がどこからか?などの問題の方が重要

就職活動では文系や理系別に就職した企業の人気ランキングのようなものがよく発表されます。そこに並ぶ

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからスタートします。就活はエントリー

記事を読む

就活の自己PRで向上心、前向きさアピールは非常に効果的!

新卒の大学生の就職活動の自己PRのネタで悩んでいる人も多いかもしれません。自己PRはいろいろ

記事を読む

no image

メガバンク、銀行に受かる人とは?就職での身辺調査、素行調査はどこまで?

銀行に勤務をする人間は、非常に慎重に決められていると言えます。そのため、人物としての優秀さと

記事を読む

就活で考える自己PRは単なる長所ではない!違いを明確に

就職活動では、自己PRを考える必要があります。多くの企業でこれを聞いてくるでしょうから。ただ

記事を読む

就活の志望動機や自己PRの書き出しは結論から?差別化やインパクトは不要?

就活や公務員試験における志望動機や自己PRの書き方とはどういったものになるでしょうか?志望動

記事を読む

面接等で「私服でお越しください」の正解を知るイベントがある

就職活動の場では、学生にスーツではなく、あえて私服を要求する会社もあります。それは企業側の思

記事を読む

目白大学の偏差値や難易度は?入試科目や倍率とボーダーラインはどうなっている?

東京都の新宿などにキャンパスがある目白大学は立地が良いために、

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

→もっと見る

PAGE TOP ↑