食品業界、食品会社の面接などの志望動機の考え方は自己PRや付加価値との関連

公開日: : 最終更新日:2018/08/12 学生たちの就職活動

食品業界、食品会社の面接などの志望動機の考え方は自己PRや付加価値との関連45258a9e845f294174a7aca353f1db5f_s

食品会社、食品業界への就職を考えている人にとっては、食品業界でどういう志望動機を作っていくべきか?それも考えないといけません。どういう志望動機が良いんですかね?どの業界においても、就職するにあたっての志望動機はそう簡単に造ることができるものではありませんから、やっぱり相当考えることになると思いますが、面接やエントリーシートにおいて評価されるためには、食品会社の社会における役割を認識し、その大きな役割を果たすために、自分が力になれるという部分を強調していくと良いと思います。以下で具体例も挙げていきますが、食品会社というのは、人間にとって必要な衣食住の一端を担っているものですから、そこを食品会社の、食品業界に就職するときの志望動機にしていくと良いと思います。ちょっと分かりづらいと思うので、以下で実際に考えていきましょう。

 

食品会社、食品業界に就職する際の志望動機の考え方の例とは?

すでにちょっと紹介しましたが、「食」というのは、人間にとって欠かせないものです。そして、食のあり方っていうのは、時代と共にどんどん変わってきたと思います。食事の本来の役割って何ですか?生きていくために必要な栄養を摂るためですよね?これが食品を摂ることの1番の目的になると思います。でも、今を生きる私たちにとって、食の役割ってそれだけですか?違いますよね。栄養を摂るため。という役割は相変わらず残っています。しかし、それ以外にも付加価値がついてきているのではないでしょうか?栄養を摂りさえすれば何でも良いというわけではないですよね。人には味の好みがあります。昔は違ったかもしれません。本当に大昔です。食べられさえすれば何でも良かった。選択肢が物凄く狭かったという事情もあるかと思いますが、大昔は本当に生きていくために、食べられるものなら何でも良かった。その辺の動物を捕まえて食べていた時代もあったわけです。でも、こうやって時代が流れていくにつれて、食に対する好みと言うのが生まれましたよね。あれは好きだが、これは嫌いというような、好みに合わせて、人は食品を選ぶようになりました。つまり、本来は生きていくための栄養を摂るだけのものだったのが、「味」という付加価値を持つようになったのです。

 

それだけではないです。例えば、高級レストランとかは特にそうですけど、見た目にもこだわっていますよね。それは各食品メーカーが作っている製品も同様です。味が美味しいだけではなく、見た目も美しい、綺麗、彩りに溢れているなど、見た目も重視するようになってきました。大昔はそんなところに誰もこだわらなかったでしょう。食事は見た目も楽しむような、そんな存在になってきたのです。さらにはもはや食事の効果自体も変わってきました。さきほどは食事の本来の目的は栄養を摂るためだと、生きるためだというのが存在していましたが、別の目的として、ダイエットのために食べたり、その他の美容のために、健康のために食べたり、(あえて高いものを選んで)ステータスのために食べたり、食事をする理由が、それぞれ栄養を摂取する以外の様々な目的へと文化してきました。これだけ多くの付加価値、従来食事が持っていなかった付加価値を多く備えてきた。歴史の中で、食品というものの国民の捉え方が変わってきたということが言えると思います。今や食品というのは、国民にとって利用価値が非常に多いツールになっているわけですね。

 

あなたがなぜ食品業界で働きたいのか?というときには、まずは食品業界の存在意義をあなたなりにしっかりと定めて、こういう存在意義があるからこそ、私は食品の素晴らしさを通じて、仕事をしたい。それをもっと改良して、付加価値を高めて、みんなに広めていきたい。そういった流れで志望動機を考えていくと良いと思います。これは前半ですね。前半は、今日の食品の存在意義を明確にして、これだけ食品と言うのは、多くの人を楽しませる、助けるものだということ。だからこそ食品業界で働いて、その素晴らしさを伝えていきたい、広めていきたい。その気持ちを表すと良いでしょう。しかし、後半はあなたが食品業界で働きたい理由ではなく、あなたが食品会社で働く理由を説明すると良いと思います。働きたい理由と働く理由はちょっと違うと思います。働きたい理由というのは、願望からくる理由です。しかし、働く理由は客観的な説得力による理由です。1番良いのは、自己PRと関連させることでしょう。面接でもエントリーシートでも、食品業界や食品会社を受けるときには自己PRも必要になりますから、それを関連させて、私にはこういう能力があるから、またはこういう経験を豊富にしてきたから、御社のこういう場面では活躍できると思います。これが自己PRです。これがそのまま食品業界、食品会社の志望動機にもなります。

 

食品業界、食品会社の志望動機は加えたい自己PR

つまり、前半ではあなたが食品会社を志望する理由を述べて、後半では私にはこういう能力があるから、こういった経験をよくしてきたから、食品メーカーの特定の仕事、または全般的な仕事において、役に立つことができるはずです。自分の持てる能力や経験を生かすことができる業界だから、会社だから志望したんだ。これは客観的に見て説得力がありそうですね。食品業界を志望する理由が、働きたいからだけでは、凄いひとりよがりな印象を生みますが、自分自身が活躍できるところだからというのは、会社にとってもメリットがあるし、面接官としても割と好印象を生む可能性もあります。就活で食品会社食品メーカーを受けるときの志望動機は自己PRとも関連させて、面接やエントリーシートで話していくと良いでしょう。食品業界、食品会社の志望動機は考え方としてはいくつもあると思いますが、1つの例として食品というものの有り方が変化してきたことにより、従来とは変わってきた食品自体の価値に注目してみると良いかもしれません。食品業界は倍率も高いですし、安定した企業が多いとされているので、ライバルはとても多くいると思いますが、その中で頑張っていきましょう。

 

就活で内定を取るためにはナビサイトの選び方が重要

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。たいていの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けることになるのではないか?と思います。それはつまり、自分に関心を持ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、スカウトが着た企業を受ければ、少しでも内定が取りやすい企業を受けることができるということになります。そこがキミスカにおける大きなメリットと言えるのです。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

大手病は何が問題?何が悪いのか?克服する必要はなく基準がどこからか?などの問題の方が重要

就職活動では文系や理系別に就職した企業の人気ランキングのようなものがよく発表されます。そこに並ぶ

記事を読む

就活のリクルートスーツはいつ買う?購入時期と選び方の注意

就職活動を始める際にはスーツが必要です。いわゆるリクルートスーツというものを着て、多くの学生

記事を読む

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります。この2つは関西では超有名だと

記事を読む

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

グループワークはどこを見ている?受かる人や落ちる人の特徴は?うまくいかないときのコツは?

就活ではグループワークという選考が最近増えてきています。グループワークとは何か?というと、グ

記事を読む

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

女子高生は大学進学を考えるときには、男子高校生とは違う部分で迷うかもしれません。というのも、

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

オワハラは当たり前?起きた原因は?対処法は嘘をついて入社すると言っておけばおk

就職活動をしていて、内定が近くなると面接官から言われることがあります。それは「今受けている他

記事を読む

内定者研修は服装は私服?スーツ?当日は何する?という内容で決めよう

内定者研修というのが、入社前にいろいろな企業で行われると思うのですが、この場合、服装はどうし

記事を読む

インターンシップに受かるには?面接の志望動機の内容次第で受からないことも!受かりやすい書き方とは?

就職活動を始める前にインターシップに参加してそこで就業体験をするという人も多くいると思います

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑