会社説明会、面接に遅刻は不採用?謝罪やお詫びをメール、電話でする必要ある?

公開日: : 最終更新日:2018/03/14 学生たちの就職活動

会社説明会、面接に遅刻は不採用?謝罪やお詫びをメール、電話でする必要ある?84361eff7971c0e95f1dae339a44cddb_s

就職活動は実際に経験してみると分かりますが、スケジューリングがとても大変です。1日に1社だけ行くという日が全てではないですから。1日に2社、3社と行かないといけないときがあって、そういうときには、時間帯を調節していかないといけない場合もあります。時間帯を調節しなくても、なんとかなりそうだという場合もありますが、実際にやってみないと分からない部分もありますし、1社目の会社説明会が伸びたりして、2社目の会社の説明会とかに間に合うはずだったのに、遅れてしまうみたいなことも起きるかもしれません。そういったときにはどうしたら良いのでしょうか?遅刻をしそうになった場合には、どうやって対応をしたら良いのでしょうか?それについてあらかじめ知っておくと良いと思います。会社説明会や面接において遅刻すると不採用とか、そういう事態はありえるのでしょうか?

 

会社説明会の遅刻はそんなにマイナスは少ないと思う

さすがに会社説明会も面接も遅刻=落ちるということは考えづらいですが、場合によっては今後の採用活動の選考に影響が出てくるかもしれないので、注意をしておきましょう。しかし、会社説明会の場合には選考そのものではないですし、遅刻が与える影響は少ないと思います。とはいっても大幅な遅刻をすると、そもそも中に入れてくれない可能性もあるので、大幅な遅刻の場合には影響がないとは言えませんが、せいぜい10分程度くらいまでの小さな遅刻であれば、説明会が始まっていても中には入れてくれると思います。そして、会社説明会の場合、それくらいの遅刻であれば、あえてお詫びとかの電話やメールは必要ない気がします。会社説明会の場合には、恐らく大学名と名前を言って、確認をとってから参加することになるので、そのときに対応してくれる社員の方に軽く謝っておけばそれで良いと思います。事前に、または終わった後に会社説明会に遅刻したことのお詫びのメールや電話をしても良いですけど、しなくても良いと思います。ただ、大幅に遅れそうな場合には、事前に遅れる時間を伝えて、それでも参加が可能か?どうかを聞いてみても良いと思います。参加が可能ならば、そこでちょうどお詫びをしていければ自然な流れになります。

 

会社説明会は、少々の遅刻であれば、事前に謝る暇があれば、さっさと会場に向かった方が良いと思います。会社説明会に遅刻してくる人はそこそこいると思うんですよね。それは就活生が忙しいからですよ。1日に複数の会社を回らないといけないというときに、それぞれの時間帯が上手い具合に余裕があるケースは少ないでしょうから。だいたいギリギリか?そもそもバッティングしているか?だと思うので、余裕がないケースが多くて、どうしても遅刻しがちになってしまう。遅刻しようとして、そもそもやる気がなくて遅刻しているわけではないということは、理解してくれていると思いますよ。そして、会社説明会の場合には、1人や2人が来ない場合には、欠席として扱われて、会社説明会自体はスタートするので、遅刻自体が説明会の進行に影響を与える度合いが少ないというか、ほぼ皆無なので、問題がないわけではないが、遅刻によって企業に与える迷惑度合いは限りなく少ないと思います。だから、会社説明会に遅刻しても到着したら謝罪をしておけば良いと思います。会社説明会への遅刻はそれで不採用にはまずならないと思います。

 

面接において遅刻したら謝罪やお詫びのメール、電話はやはり必要か?

会社説明会はこういった感じで、進行にほとんど影響を与えませんが、面接は無茶苦茶影響を与えます。というのも、面接の場合には、個人面接は特にそうですけど、特定の就活生を待っているわけですから、当然その人が来ないと面接はスタートしません。会社の人間はずっと待たされることになります。つまり、迷惑度合いが大きいので、この場合には面接に遅刻すると分かった段階で電話で謝罪をして、何時に着けるか?を伝えておくと良いでしょう。何も連絡しないで遅刻をするのと遅刻をすると連絡してから到着するのでは、やはり印象が違います。社会人として働いてからも、同様のケースはあるかもしれませんが、そういうときにこういった当たり前とも思える対応ができていると、人事としても安心感があります。こういう事態ではちゃんと適切な対応をしてくれると思えば、採用しても問題行動は起こしそうにないと思えるかもしれませんが、そうじゃない場合には、この人を採用したら、取引先に営業に行くときに遅刻をしそうになっても何もしなさそうだなと判断されて、それが相当評価を下げる可能性もあるので、社会人としての常識が身についていないという意味で、不利になる可能性はあるでしょう。集団面接やグループディスカッションとかもそうですけど、具体的な選考の場合には、面接などで遅刻したら事前に電話でお詫びと何時くらいに着けそうか?ということを伝えて、会場に向かうようにしましょう。これがちゃんとできていれば、仮に遅刻をしても大して評価が変わらないかもしれませんよ。

 

会社説明会や面接への遅刻は誰もがやりがちな失敗

こういった感じで覚えておいてもらうと良いのではないでしょうか?そのため、事前に連絡すべき電話番号をちゃんと調べておいた方が良いですよ。いつ遅刻しそうになるか?分かりませんから。会社説明会は少々の遅刻であればお詫びの電話も事前には必要ないですし、会社説明会が終わってから謝罪のメールや電話も必要ないと思います。会社説明会を遅刻する理由なんて、だいたい想像がつきますし、この段階では企業もそれほど気にしていないので、到着した段階で大学名や名前で予約しているか?確認する社員に謝っておくと良いです。しかし、面接は遅刻すると会社への影響が大きいのでお詫びの電話を事前に入れておくと。そして、会場に着いたら、再度謝罪をしておくと良いのではないでしょうか?そういったいざというときの対応がきちんとできることはある意味アピールにもなりますから。遅刻をすることは社会人でもありますから、失敗をしたときにどう対応するか?失敗自体は誰でもするのだから、失敗をしてもそれだけで一概に評価が落ちるわけではありません。特に就活生の段階では尚更でしょう。だから、失敗をしたときにはそれ相応の対応をして、次からは申しないようにする。これが徹底できれば、会社説明会や面接で遅刻しても落ちる、不採用になるなんてことはそうは考えられないです。遅刻は誰にでも起こりえますから、ちゃんと事前に電話番号の確認とすべき対応について知っておくと良いでしょう。きちんとした対応ができれば、会社説明会や面接の遅刻で不利になるとか、不採用になるケースは考えずらいです。

 

就活で内定を取るために重要なのはナビサイトの選び方

就活をするときにはナビサイトを使って行うことになりますけど、そういったときにはどういったサイトを選んでいますか?恐らく多くの人が無意識に有名なナビサイトを使っているのではないか?と思います。誰もが知っている、多くの就活生が利用しているサイトは正解みたいな雰囲気がありますし、安心感もあると思うのです。しかし、そういったナビサイトはあるリスクを持っていることに気を付けないといけないのです。それは他の就活生と競合しまくるということです。有名なナビサイトは就活生のほとんどが恐らく登録して利用しているので、利用者数の数がかなり多いのです。そして、そのかなり多い利用者が1人あたり何十社もエントリーをするので、そのナビサイトに求人を出している企業へのエントリーはそれぞれ殺到しまくるということになります。したがて、そういった企業は多くの就活生と競合するため、競争率が上がります。多くの就活生が利用しているナビサイトからは大量のエントリーがされているため、自分がそのナビサイトを利用して同じくエントリーしていると、自分がエントリーした会社にも大量のエントリーが届いている可能性があり、倍率が上がって、内定が取りづらくなるのです。したがって、就活をするときには有名なナビサイトを使っても良いのですが、利用者数が少ないナビサイトを別に使用していくことをおすすめします。例えば、「キミスカ」はおすすめなので知っておきましょう。ここはスカウト型のナビサイトで、従来は学生が企業を検索していくのですが、ここは企業が学生のプロフィールを見て検索し、スカウトを送るという流れになっているのです。これによって大きなメリットが存在することになります。

 

従来は学生が企業を検索してエントリーし、そこから選考を受けていくことになりますけど、その中でアピールをして人事に自分に興味を持ってもらうということが必要になります。ただ、興味を持ってもらえないと不採用となり、多くのケースでは自分に関心を持ってもらうというのは難しいと思うのです。そうなると、結果的に自分に今日もを持ってもらえないような企業を多く受けていることになり、それはつまり内定の可能性が低かった企業を多く受けていたということが言えてしまうのです。しかし、スカウト型のナビサイトは企業が学生にスカウトを送るのですが、当然ながらスカウトを送る対象となるのは興味を抱いている学生です。つまり、スカウトが着た時点で自分はその企業から関心を持たれている、その企業を受ければ内定を取れる可能性が相対的に高いということが言えるのです。ここがキミスカを利用する際の大きなメリットと言えます。キミスカを利用するといろいろな業界からスカウトがくる可能性があるので、自分でも想定していなかった業界や企業が自分の適性や魅力を見出している可能性もあり、それによって自分の就活における視野が広がる可能性があるのです。キミスカはスカウトがくるまでは特にすることもないので、従来のナビサイトを使って企業にエントリーをしていくという方法を使うことができます。スカウトが着たときだけ対応をすれば良いので、従来のナビサイトとキミスカは併用をすることが可能になります。知名度はあまり高くはないのですが、就活生の多くはキミスカの存在を知らないでしょうから、他の就活生と競合しづらいため、倍率が上がりづらい企業を受けられる可能性も高くなります。それによって、内定が取りやすくなると思うので、スカウトは絶対にくるとは限りませんけど、プロフィールを充実させるなどすると、スカウトがくる確率も上がりますから、他のライバルに差をつけた就活をしたい人、内定が本気で欲しい人にとってはおすすめですし、無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うのです。鉄道業界は基本的には公務

記事を読む

SPIやWEBテスト等、就活の筆記が通らない、落ちる原因

SPIやWEBテストなど、就職活動では様々な筆記試験が課されると思いますが、そういった筆記試

記事を読む

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダ

記事を読む

就活のためにバイトをやめるべき?辞める時期はいつが良いの?

就職活動をする時期になると、大学に行ける頻度も少なくなるし、大分就職活動に時間をとられてしま

記事を読む

会社説明会は当日欠席は電話はNG!?メールかばっくれる方がまだマシ?

就職活動において、会社説明会とかを予約してばっくれてしまう就活生がいます。しかも、そんなに珍

記事を読む

大学職員の仕事内容は楽なのか?それともきつい?忙しい?

大学職員になりたい!と思っている方は多いかもしれないですね。私が大学生だった頃、同じ大学の友

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

面接に行きたくない人もぶっちではなく、欠席の連絡はすべき

就職活動において、様々な辛い経験をすると思うのですが、そのときには面接などに行きたくないとい

記事を読む

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書きで書くとなると、手間がかかって

記事を読む

就活の自己PRで向上心、前向きさアピールは非常に効果的!

新卒の大学生の就職活動の自己PRのネタで悩んでいる人も多いかもしれません。自己PRはいろいろ

記事を読む

和光大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

和光大学というのは一般的にはあまり知名度は高くはないと思います

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うの

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑