会社説明会は当日欠席は電話はNG!?メールかばっくれる方がまだマシ?

公開日: : 最終更新日:2017/02/02 学生たちの就職活動

会社説明会は当日欠席は電話はNG!?メールかばっくれる方がまだマシ?3cf68785da7a67bbc0c7b624b2a5b763_s

就職活動において、会社説明会とかを予約してばっくれてしまう就活生がいます。しかも、そんなに珍しくないと思います。ばっくれる理由は、いろいろあると思うのですが、ばっくれること自体は世間ではあまり良しとされていないようですが、じゃあちゃんと連絡した方が良いのか?というと、それも必ずしも正しいとは言えないようなのです。私もちょっと調べてみましたが、会社説明会を当日とかに欠席するときに、ちゃんと連絡をよこしてほしいと言っている人事もいれば、別に連絡なんかいらないという人事もいます。私が人事だったら後者ですね。理由は後で説明しますが、皆さんも欠席するのであれば、連絡した方が良いのでは?と思うのではないでしょうか?確かにそうですよね。連絡した方が誠実っぽいですからね。だから、多くの人も欠席するならばちゃんと電話で謝るべきだとするのですが、それは結局企業側の迷惑を考えていない可能性もあるわけです。誠実に対応するために、わざわざ連絡をしたら余計に企業を困らせる可能性があるってことです。

 

会社説明会の欠席に連絡は不要か?

会社説明会の欠席時に連絡をうるとしたらメールか電話でしょう。緊急性のある内容ではないので、メールでも構わないと思います。ただ、電話が問題なんです。人事の立場になると分かるかもしれませんが、会社説明会に何らかの原因で出られなくなったとしましょう。そのときに、欠席することを人事に報告するということがマナーだとされ、それを仮に全員がやったとしたらどうなるか?1つの企業説明会で定員100人くらいになるものも珍しくないです。そのうち、だいたい2割くらいは欠席するのではないでしょうか?そうなると、20人が電話をしてくるってことになります。しかも、当日ですよね。前日までに行けないこと、行かないことが分かっているのであれば、恐らくナビサイトからキャンセルができるのではないか?と思います。ただ、当日になると何故かキャンセルができないので、個別に連絡をするしかありません。それが無断欠席を選択するかです。この欠席する20人が当日電話をかけてくるとなると、20人分人事が対応しないといけない。ただ、電話の内容は「欠席します」というだけですから、人事からしてみたら、「ああ、そうですか」と思って終わりです。

 

それが数人くらいならまだ良いかもしれないけど、何十人って規模になると大変だと思います。だから、せめてメールなら良いんじゃないですか?メールならば、人事が1人ずつ対応する必要ないですし、電話がかかってきたときに対応する必要もない。説明会が終わって、一段楽したときにメールをチェックして欠席の連絡を見れば良いので。人事にとっても負担が少ないと思うのです。無断欠席をしたくないというので、お詫びの連絡をしたいのであれば、せめてメールにした方が人事にとっては望ましいのかもしれません。全ての人事がそう思っているわけじゃないでしょうけど。私は以上の理由で、電話はしてこないでほしいです。電話されるくらいならば無断でばっくれてほしいと思っています。問題は欠席時の電話連絡を是としている人事と非としている人事が見分けられないということです。だから、電話をかけて問題ない人事もいれば、迷惑に思われている人事もいるということですよね。その見分けが事前につかないので、じゃあリスクの少ないメールにしたら?と思います。

 

無断欠席、ばっくれをするとブラックリストに載るのか?

これも就活生の中で噂になっているようですけど、基本的にはそんなものは存在しない気がします。中には企業同士でブラックリストを共有していて、そういう迷惑な就活生は今後説明会や選考に参加させない企業もあるとかいう話もあるようですが、それは考えづらいと思いますよ。手間がかかりすぎるでしょう。企業内のみのブラックリストはもしかしたらあるかもしれないです。だから、無断欠席をしたり、当日ばっくれた学生はその企業のみ、今後も説明会参加ができないというケースも稀にあるかもしれないが、その情報を企業間で共有するというのは面倒くさくてやってられない気がします。情報を共有するってことは、それだけ多くの学生の個人情報を管理するってことでしょうから、それに割かれる手間があまりにも多すぎる気がしますし、それに充てる人材も必要ですから、お金もかかってしまいますし。ブラックリスト自体は存在しないとは言えませんが、気にするほどのことではないと思います。ブラックリストが存在しなければ、その企業を再度受ける小尾tも一応可能なんじゃないですか?ブラックリストみたいなものに集計されていれば、以前ばっくれた学生が再度説明会に応募してきたときには参加できないということもあるでしょうけど、ブラックリストが存在しないという前提に立てば、その学生が以前ばっくれたという記録が残っていないということなので、説明会にも参加可能でしょうし、その後の選考でも別に不利にはならないんじゃないですか?そのブラックリストの存在は学生には全く把握できないと思いますけどね。

 

したがって、欠席を詫びる連絡は電話にした方が良いと言われることも多いですが、必ずしもそうじゃないということです。電話をよこされるとそれが迷惑に感じることもあるでしょうから。メールの場合は、それがないと思うのです。理由はすでに説明したとおりです。だから、電話で欠席の連絡をするくらいならば、まだ無断で欠席したり、ばっくれた方がいいケースもあるかもしれないということです。無断で休むと、以降の選考に出られないとか、説明会に2度と出られないという可能性もなくはないですが、それを危惧するのであれば、メールで詫びた方が良いのではないでしょうか?何でもかんでも電話で連絡するのが良いということではないと思いますし、状況に応じて企業側の都合や心情も考えていくことこそが、本当の誠実な対応になるのではないでしょうか?就職活動は、いろいろと難しいこと、どうすれば良いのか?分からないことが度々起きると思いますが、どういう場合であっても想像力を働かせて、冷静に考えて対応しましょう。

 

内定をとるためにおすすめのナビサイトを紹介!

就職活動で使うナビサイトの選び方で内定がとれるか?どうかも結構変わってきますから、どこを使うか?というのはこだわってほしいと思います。そこで1つ紹介しておきたいのが「キミスカ」というサイトです。ここは従来の多くが使っているナビサイトとは違った点があるのです。それは企業が学生を探して、声をかけて、うちを受けてみないか?と誘う点になります。普通は学生が企業を探して、良いとおもったところにエントリーをして、そこから選考を受けていくという流れになりますが、完全に逆になります。それによってどんなメリットがあるのか?というと、企業の方が興味のある学生をスカウトする形になりますから、声がかかった時点でその企業はその学生にかなり関心を抱いています。本来ならば、企業は誰が受けてくるか?分からない中で多くの学生を迎え入れて、その中で選考を通じて興味のある学生を見つけていきます。そうなると、自分が企業に関心を持ってもらえるか?は分かりません。選考の中でアピールをしていった結果、興味をもたれずに落ちることもあるでしょうから。しかし、キミスカは企業の方から声がかかった時点で相当興味があるはずですから、その時点で全く興味を持たれていない段階と比べると内定の可能性が高いと言えるでしょう。内定の確率がより高いと思われる企業から声がかかって、そこを受けられるっていうのが大きいと思います。そして、このキミスカでは本当にいろいろな業界や企業からスカウトがくることになるでしょう。自分が当初受けるつもりもなかったような業界からスカウトがくると、自分が考えてもうなかった業界が自分は自分の適性を見出しているという見方もできますし、こういうところを受けるのもありかな?と思えるようになり、今まで以上に就職活動における視野が広がるというメリットもあると思います。そういう意味ではより多くの企業との出会いを増やすチャンスでもあるのです。このキミスカの便利なところは今まで使っていたナビサイトと併用ができるところです。だから、今までとおりに自分で企業を検索してエントリーしたところを受けて行きながら、スカウトを待って声がかかれば返信をしてそこを受けたりするなどできるわけです。キミスカはスカウトがくるまでは特にすることはあまりないと思うので、今までのサイトを使いながら、スカウトが着たときだけ対応をしていけば良いのです。そういった点も魅力と言えるのではないでしょうか?キミスカはメールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば登録、利用ができるみたいです。サイト内にはスカウトを獲得するコツなども書かれていますし、無料で利用可能ですから、もし良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

やりがいより労働条件が大切な就活生が不採用なのは当然

以前、『「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない』などのニュース記事で、給料の

記事を読む

AO入試や推薦入試は就職に不利なのか?就職できないは幻想だが企業の偏見はありそう

就職活動をするときには、AO入試や公募推薦、指定校推薦などで入学する学生が不利になるという言

記事を読む

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどうい

記事を読む

no image

内定辞退をして再受験、再応募は可能?もう一度受けることは不利になる可能性もある

内定辞退をしたが、その企業にもう1度応募したくなったというようなケースがありえるかもしれません。そう

記事を読む

学歴フィルターで地方国立の駅弁大学は?千葉大学、埼玉大学、広島大学あたりは通過する?

就職活動になると、いろいろな理不尽に遭うこともありますが、その中で学歴フィルターというものが

記事を読む

グループワークはどこを見ている?受かる人や落ちる人の特徴は?うまくいかないときのコツは?

就活ではグループワークという選考が最近増えてきています。グループワークとは何か?というと、グ

記事を読む

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

内定式、内定者懇親会に行きたくない!行かないとどうなる?

全国の企業で一斉に行われる行事というと、内定式になるのでしょうか?内定式と入社式はほぼ全国の

記事を読む

SPIができない、落ちまくる人はSPIがない会社、やらなくていい会社を探そう

就職活動で受けている人も多いSPIですけど、これはなかなか難しいですし、あまりSPIができな

記事を読む

合同説明会は予約必要?してない人も参加可能で無断欠席もあり

毎年12月くらいからかな?合同説明会が始まると思います。こういった合同説明会はだいたい予約制

記事を読む

京都橘大学のキャンパスの立地条件や雰囲気と評判や口コミは?就職支援や就職実績はどうなっている?

京都橘大学はキャンパスへのアクセスがいろいろな方法によって可能

東洋大学の看板学部は?学部の序列や順位を難易度でランキングにしてみました

首都圏の私立大学では中堅大学になりますが、規模も大きくて有名な

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからス

京都女子大学のキャンパスの立地条件や評判と口コミ、就職支援や就職実績の内容は?

京都女子大学は京都を代表する女子大で、それなりに難しい大学です

明治大学農学部の偏差値や倍率と評判は?合格最低点とボーダーラインは高いのか?

明治大学は私立大学の中でも理系が充実している方で、理系の学部が

→もっと見る

PAGE TOP ↑