面接に行きたくない人もぶっちではなく、欠席の連絡はすべき

公開日: : 学生たちの就職活動

面接に行きたくない人もぶっちではなく、欠席の連絡はすべきd8d60c6ec179dd508a7ebfa0a52b55cb_s

就職活動において、様々な辛い経験をすると思うのですが、そのときには面接などに行きたくないという学生も出てくると思います。面接までいったということは、少なくともその会社の説明会には出て、エントリーシートか、SPIか、分かりませんけど、そういったものを提出して、一次選考とかには恐らく通ったのでしょう。だから、面接に進める。でも、いざ面接の日が近づいてくると、行きたくなくなってくるというのは、心情的には理解できます。それが普通といっても良いかもしれないです。それは就職はしないといけない、しないとマズイのはなんとなく理解しているが、でも就職活動自体とか、面接とかは大嫌いだという学生が物凄く多いからです。だから、就職しないといけない現実は理解しているものの、いざ面接という恐怖のイベントがくると、そこから逃げ出したくなる。それも十分理解できます。

 

面接に対する恐怖があまりにも大きい場合には欠席もあり

面接から逃げ出したら就職できないというのは、皆さん自分でも認識していると思います。だから、面接が逃げていても問題は解決しない。就職をしない、諦めるというのなら別に良いのでしょうけど、一応、就職する気が残っているのならば、就職活動はしないとマズイでしょうね。そして、面接もせっかくそういう機会を貰えたなら受けないともったないし、先に進めません。だから、逃げても何も解決しないのですが、どうしても心理的にヤバイ状態、中には面接への恐怖からパニックになるという状況もあると思うのですが、その場合には行かなくても良いと思います。本当にちょっとマズイというときには自分でも分かるでしょうから、そのときには行かなくても良いと思いますけど、ただ、ぶっちだけはしないようにしましょう。無断で行かないとか、キャンセルや欠席はマズイです。

 

会社説明会の無断欠席は一応メリットもある

会社説明会だったら、私は無断欠席やキャンセルはありだと思うのです。その理由は、無断と言うのは恐らく当日になって行けなくなったケースだと思うのです。前日までならリクナビ、マイナビなどの説明会予約ページからキャンセルも容易にできますから。だから、当日に鳴ると電話でのキャンセルや欠席連絡をしないといけない。それが非常に面倒だから、そういうことをしない学生が多いんじゃないか?と思います。一見、そういう学生は不誠実に見えるかもしれないけど、欠席の連絡をあえてすることのメリットがそんなに多くないと思うのですよね。実際、規模にもよりますけど、100人の会社説明会だとしたら、そのうちに2、3割くらいは来ないと思います。その中にはちゃんと前日までにキャンセルする人、当日になって電話連絡をする人、何も連絡しないで欠席する人がいると思いますけど、1番多いのはやはり当日になってからの欠席やキャンセルだと思います。

 

1回あたりの説明会で20、30人いたら、当日に欠席する人は、半分以上はいるんじゃないかな?と思います。そうなると、10~15人は最低でも当日欠席がいるわけですよね。彼らが全員ちゃんと連絡をしてきてくれたらどうなるでしょうか?最低でもそれだけの人数電話対応に応じないといけないわけです。しかも、その電話はだいたい説明会会社直前とか、ちょっと前に集中するケースが多いです。そうなると、この1番大切なタイミングに1番手間を増やしてしまう。しかも、内容は「欠席します」という、ただそれだけです。正直、私が人事ならばそれだけ連絡はいらないですよ。次回以降の説明会には出たいと思っているのならば、一応連絡はしておいた方が良いのでしょうけどね。もう出る気がないならば、私は手間を増やすだけの要素も含んでいると思われる、電話連絡をする意味ってどれだけあるのか?と思います。これは人事の考え方にもよるんでしょうけどね。だから、あくまでも私の考えでは、会社説明会にあえて連絡しないで欠席することにも意味は十分あるだろうと思うのです。

 

面接はあなたを待っているために、欠席の連絡は必須

ただ、面接はさすがに連絡しないとマズイなと思うのは、前述したような手間がかかりません。一定の時間帯で面接を行うのは、集団面接とかではない限り、あなた1人でしょう。そうなると、その時間に電話連絡があるとすればまなた1人だけですから、人事の手間を増やすことにはならない。また、面接はあなたを待っているわけですから、そのあなたが時間になっても来ないと、向こうも「え?何かあったの?」と心配になったりするでしょうし、ちゃんと連絡さえ事前によこしていれば、その時間は面接が中止になることが早々に分かっているのだから、その時間を別の仕事に充てるなどができたはずです。説明会は別に欠席者が何人出ようと始まりますが、面接はあなたが来ないと始まらないのですね。だから、連絡は絶対にすべきだと思うのです。メールじゃなくて電話の方が良いです。メールはいつ見るか?分かりませんから。また、確実に届いたかどうかも分かりません。電話はしたときに確実に伝わりますから。どうしても気分的に行きたくなってしまうときはあると思いますよ。私も面接の当日や前日になると、ヤバかったですから。気持ちは理解できます。ずっと、それだと困りますけど、最初の何回か行きたくない気持ちが出て、欠席してしまうのはある程度はやむを得ないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

SPIができない、落ちまくる人はSPIがない会社、やらなくていい会社を探そう

就職活動で受けている人も多いSPIですけど、これはなかなか難しいですし、あまりSPIができな

記事を読む

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどうい

記事を読む

就活で入社後にやってみたい仕事、実現したいことの答え方

就職活動をしていて、企業からの面接でいろいろな質問を受けることがあると思いますが、答えるのに

記事を読む

SPIやWEBテスト等、就活の筆記が通らない、落ちる原因

SPIやWEBテストなど、就職活動では様々な筆記試験が課されると思いますが、そういった筆記試

記事を読む

就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?

就職活動の面接で、何でこんな質問をするの?みたいな、納得できないような質問をするケースもある

記事を読む

やりがいより労働条件が大切な就活生が不採用なのは当然

以前、『「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない』などのニュース記事で、給料の

記事を読む

新卒で内定が取れない、面接に受からない就活生は発想を転換すべき

新卒で就職活動をしているが、なかなか内定が出ない。卒業が迫ってきたという切迫感を感じている方

記事を読む

就職したくない、就職しない人はむしろ勝ち組な理由

  就職したくないという気持ちを持っている人はたくさんいると思います。私もず

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

内定辞退を電話でするのは緊張して怖い!怒られるのが嫌なら手紙で郵送しよう

内定辞退をするときにはいろいろな方法が考えられますけど、1番メジャーなのは電話ですかね?電話

記事を読む

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書き

京都橘大学のキャンパスの立地条件や雰囲気と評判や口コミは?就職支援や就職実績はどうなっている?

京都橘大学はキャンパスへのアクセスがいろいろな方法によって可能

東洋大学の看板学部は?学部の序列や順位を難易度でランキングにしてみました

首都圏の私立大学では中堅大学になりますが、規模も大きくて有名な

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからス

京都女子大学のキャンパスの立地条件や評判と口コミ、就職支援や就職実績の内容は?

京都女子大学は京都を代表する女子大で、それなりに難しい大学です

→もっと見る

PAGE TOP ↑