アサヒビールの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2018/12/01 学生たちの就職活動

アサヒビールの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビール会社に関して、日本では大手の会社がいくつかありますけど、その中でもとくに有名なのがアサヒビールになります。アサヒビールはアサヒグループホールディングスの会社の1つで、非常に有名な大手の会社になります。したがって、アサヒビールに就職するにはかなりの難易度があるということになるのです。アサヒビールの就職の倍率をチェックしてみると、150倍程度はあるようなので、やはり大企業といった感じです。アサヒビールの就職の倍率を見ると、かなり難しいというのは分かると思いますけど、そのうえで受験をしていくことになるので、こういった難易度に関してはまずは頭に入れておきましょう。アサヒビールに就職の難易度については、学歴フィルターといった面も重要になります。学歴フィルターが存在しているのか?どうかというのを確かめておきましょう。

 

アサヒビールの就職では学歴フィルターは存在する?

アサヒビールの就職においては学歴フィルターはあるのでしょうか?アサヒビールの就職の倍率を踏まえると、非常に高いので学歴フィルターの存在を疑う人もいるかもしれません。アサヒビールの就職の倍率もそうなのですが、学歴フィルターの推測をするときには、アサヒビールの就職の採用実績校というか、出身大学をチェックすると良いです。どういった大学から採用があるのか?をチェックすると、アサヒビールの就職で学歴フィルターがあるか?どうかが見えてくると思います。アサヒビールの就職に関して言えば、出身大学のデータは調べればネットで出てきます。ただ、一部の大学名しか出てきません。恐らく採用実績が多い大学の一覧ということなのでしょう。そこに一定ランク以下の大学名が載っていれば、アサヒビールの就職では学歴フィルターはないと言えそうです。しかし、アサヒビールの就職の出身大学の一覧をチェックすると、結構有名大学の名前が多く、国公立大学と有名私立大学の名前がほとんどです。私立大学で言うと、最も低いランクで日東駒専になるので、このランクだと微妙なところでしょう。この出身大学の一覧はここからしか採用がないというわけではなく、採用者が多い大学を抜粋しただけだと思うので、これより下のランクの大学からも採用がある可能性は十分考えられます。しかし、それが載っていないので、どのランクまで採用があるのか?の断定ができないという意味では、判断に困るわけです。

 

一般的に学歴フィルターはMARCHから日東駒専と言われています。関西だと関関同立から産近甲龍あたりだと思います。したがって、日東駒専から採用があるということは学歴フィルターが存在する可能性は大分減ったと思いますけど、まだ残っている状態です。だから、アサヒビールの就職では学歴フィルターがある可能性は残るが、実際にある可能性は低いのではないか?と思うということです。アサヒビールの就職では学歴フィルターがないとは断定はできないものの、可能性は低いと思います。アサヒビールの就職の倍率を考慮するとあってもおかしくないかもしれません。アサヒビールの採用試験の難易度は高いので、倍率をも高いですし、学歴フィルターがある条件を満たしていますけど、そもそも学歴フィルターをやっている会社はかなり少ないはずですから、確率的に言えばそんなに高くはないのかな?と思います。でも、アサヒビールの採用試験の難易度が高いことには変わりません。それに学歴や大学名がアサヒビールの就職で無関係となるわけでもないのです。学歴や大学名を全く見ないということもないでしょうから、アサヒビールの就職では学歴や大学名が関係はあると思っておきましょう。でも、そこまで大幅に関係するとは思いませんが。結局就活は学歴や大学名よりも、その人の魅力になります。より具体的に言うと、潜在能力の部分が特に重要視され、それを面接などでチェックされるので、学歴や大学名に長けていることに越したことはありませんが、もっと重要なところはあるということです。アサヒビールの採用試験の難易度に関してチェックをしたら、あとはアサヒビールの就職の評判を知っておきましょう。アサヒビールに就職するにはこういった情報もチェックして、企業研究に生かしてほしいです。

 

アサヒビールの就職の評判はどうなっている?

アサヒビールの就職の評判に関して知っておきましょう。働き方が激務なのか?などに関しても知っておくと良いでしょう。アサヒビールの口コミを調べて、そこからチェックしていきたいと思います。アサヒビールの就職の評判として、多くが挙げているのはフレックスタイム制です。これが非常に評判です。柔軟な働き方がしやすいと言われています。フレックスタイム制のおかげで、労働する時間帯が自由に選べるので、前の日は遅くまで働いたときには、翌日は朝早く出勤しなくても良いみたいな状況を実現できるようで、これが社員の口コミでは好評です。働きやすい雰囲気を感じます。しかし、残業自体は結構あるみたいです。だから、労働時間で言えばそれなりに長いと言えそうです。それでもアサヒビールの仕事が激務になるか?というと、そのレベルではないかもしれませんけど、アサヒビールの口コミでは、忙しいときは確実にあるようです。そういったときにフレックスタイム制が生きてくるのだと思います。アサヒビールの仕事は忙しいときは忙しいみたいで、残業がそれなりにあるということは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

しかし、アサヒビールの評判では残業代はしっかりと出るようで、サービス残業になることはほとんどないのではないでしょうか?残業代が出ない会社が普通にあるような昨今では、アサヒビールという会社は貴重でしょう。忙しい日もあるけど、そうじゃない日もあるようなので、アサヒビールの仕事は激務までいかないような、一般的な忙しさの範囲だと思います。激務レベルの忙しさの会社は今は結構多いでしょうから、そういった意味でもアサヒビールのような会社は貴重と言えます。残業が長引いていると、上司が帰れと言ってくるみたいなところもあるみたいなので、長時間労働にはなりづらいと思います。残業が多くならないように、管理がきちんとされていて、残業が多い社員はまずは上司に勧告がいき、その上司が本人に帰れと伝えるようなシステムになっているようです。休日もしっかりととれるようですし、休日出勤があったら、振替休日がきちんととれるようです。アサヒビールの就職の評判としてはこういった感じです。アサヒビールの仕事は激務まではいかないかもしれないが、それなりに忙しい可能性はあります。でも、長時間労働にならないように配慮があり、残業代はちゃんと出るということが言えるのです。こういった会社であることを理解したうえで受けていきましょう。アサヒビールの採用試験の難易度は高いでしょうけど、アサヒビールに就職するにはしっかりとアピールをして、熱意と能力を伝えていくようにしましょう。

 

就活で内定を取るためにおすすめのナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生をサイト内から検索して、プロフィールを見て気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。珍しいタイプのナビサイトですけど、実は大きなメリットを持っているのです。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的に多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は自分が受ける会社の人間が、自分のことをどのように思っているのか?評価しているのか?は分かりませんが、キミスカの場合にはそれが分かるので、そこを受けることで自分への興味が確定しているところを受けられるという大きなメリットがあります。だから、ここは内定を取るためにかなり魅力を感じられると思うのです。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。内定に近づいた状況で参戦できるので。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。スカウトは絶対に来るとは言えませんけど、プロフィールページを充実させるなどして確率を高めることはできるので、知っておいて欲しいと思います。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

SPIができない、落ちまくる人はSPIがない会社、やらなくていい会社を探そう

就職活動で受けている人も多いSPIですけど、これはなかなか難しいですし、あまりSPIができな

記事を読む

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコン

記事を読む

就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

就活では面接官の反応みたいなのが気になる人も多くいるのではないでしょうか?面接官がどういう反

記事を読む

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダ

記事を読む

就活のためにバイトをやめるべき?辞める時期はいつが良いの?

就職活動をする時期になると、大学に行ける頻度も少なくなるし、大分就職活動に時間をとられてしま

記事を読む

内定式、内定者懇親会に行きたくない!行かないとどうなる?

全国の企業で一斉に行われる行事というと、内定式になるのでしょうか?内定式と入社式はほぼ全国の

記事を読む

無い内定で焦りや不安を感じている就活生が巻き返す方法

就職活動が本格的に始まるのがだいた3月あたりでしょうか?その時期は、まだこれから良い会社に入

記事を読む

ネスレ日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ネスレ日本は海外に海外に本社がある食品メーカーとして、日本でも馴染みが深いという人が多いでし

記事を読む

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽という

記事を読む

同志社と関西学院のレベルはどっちが上か?の比較、イメージや雰囲気の違いと就職の差はある?

関西では関関同立の人気が高く、私大を受験する人は関関同立を目標

住友林業の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

住友林業の就職の難易度に関して理解をしてほしいと思います。住友

中央大学法学部の都心移転で偏差値や評判は上がる?移転先の大塚は池袋駅にも近い!

中央大学の文系学部の都心回帰が数年前から噂されており、計画自体

カルビーの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとしての印象が強いと思われるカルビーは非常

二松學舍大と大東亜帝国、日東駒専のレベルはどっちが上?頭いい?イメージや雰囲気の違いは?

二松學舍大学と言えば、あまり知名度は高くないかもしれませんけど

→もっと見る

PAGE TOP ↑