スポーツメーカーの就職の難易度や倍率と評判は?激務や忙しい面はあるのか?

公開日: : 学生たちの就職活動

スポーツメーカーの就職の難易度や倍率と評判は?激務や忙しい面はあるのか?

スポーツメーカーへの就職を考えている人も多くいると思います。スポーツメーカーというと、大手の会社がいくつか思い浮かぶと思いますが、そういった会社への就職というのは難しいのでしょうか?スポーツメーカーの就職の難易度もそうですが、評判についても気になるでしょう。仕事は忙しいのか?激務なのか?といった点も含めて、スポーツメーカーの評判を知っておいてほしいです。スポーツメーカーの評判に関しては、働くうえでは重要と言えますから、頭に入れておいてほしいです。スポーツメーカーに就職すると、主に開発職と企画、立案から営業、流通、販売に至るまでの仕事を担う人たちに分かれるので、文系と理系で結構分かれやすい業界です。スポーツ系の学部が優遇されるわけではなく、文系、理系幅広く採用があると思っておいた方が良いでしょう。スポーツメーカーは激務なのか?大変なのか?といった点について、まずは知っておいてほしいと思います。スポーツメーカーへの就職の難易度の前に、まずはスポーツメーカーの就職における評判を探っておきましょう。

 

スポーツメーカーへの就職をすると毎日は忙しい?

スポーツメーカーへの就職の評判はどうか?というと、職種によってかなり変わると思います。激務な面があるとしたら営業職でしょう。文系の学生が担当することが多いですが、営業のみではなくて企画立案なども兼ねたりすることもありますが、営業はスポーツメーカーにおける根幹業務の1つであり、会社の売り上げを左右する部分の1つになります。したがって、営業職は相当重要な業務なのですが、業界関係なく、営業職は仕事が忙しいです。営業職はノルマとかがある場合もありますし、体力勝負な部分もあるのです。オフィス内で仕事をしている人と比べたら、いろいろな場所を歩き回って、自社商品に関する紹介をして回ったり、商品を置いてもらうように交渉したりして、とにかく奔走することが多く、夏場などは体力的にきついです。夏場にいろいろな企業を回って就活をしている学生もいますが、あれを朝から夜までやっているような状況です。営業職については、スポーツメーカーの中でも評判は大変な感じだと思われますね。学生が1日の間に回るのはせいぜい3社くらいまでじゃないですか?人によって違いと思いますけど。営業に人は時間がある限り、いろいろな会社を回ったりしてみたいことをやるので、本当に激務になりやすいのです。大手の会社の方は大分マシだと思います。社名がブランド力を持っていれば交渉もしやすいので。だから、どちらかというと、中小のスポーツメーカーへの仕事は激務になりやすいです。忙しいケースが多くなるのです。売れるか?分からない商品を扱うリスクを考えると、交渉が大変な面もあります。そういった感じで、スポーツメーカーの仕事は忙しいのは営業職で、企画立案などを兼ねているとより忙しいです。それが別の職種として存在していれば、企画立案などの仕事はまだ労働時間に際限があるような状況になるとは思いますが。

 

ただ、どのくらい忙しいか?は会社の風土にもよりますから、一概には言いづらいです。労働時間を抑えようとしている会社もありますから。ただ、スポーツメーカーの仕事は忙しいところはありますし、大手よりも中小の方が激務になりやすいはずです。スポーツメーカーへの就職の評判としてこういったところは知っておいてほしいです。開発職は営業職と比べたらマシだと思います。労働時間が不安定になりづらいと思うのです。スポーツメーカーの評判はいろいろなものを調べておいてほしいと思います。スポーツメーカーへの就職の難易度も気になるでしょう。スポーツメーカーへの就職の倍率は大手は高いと思うのです。いろいろな会社がありますけど、名前を聞いたことのある会社であれば基本的には大手です。ただ、スポーツメーカーというのは就活の業界の中で言えば、人気か?というと微妙です。スポーツメーカーという選択肢が思い浮かぶ就活生がどこまで多いか?というと、微妙なのです。メーカーと言えば、食品とか、自動車とか、化粧品とか、そういうのが多いと思うので、スポーツメーカーの就職の倍率がそこまで高いとは思いません。しかし、大手になると倍率は結構あると思います。だから、スポーツメーカーへの就職の難易度の評価は難しいのですが、大手のスポーツメーカーへの就職の倍率は高いが、メーカーの中では高い方ではないと思います。そして、中小のスポーツメーカーへの就職の倍率は低いとも言い難いが、高いとも言えない数字の会社が多いと思います。結局は個別の会社ごとによりますが、スポーツメーカーという業界自体は難易度が高い方ではないと思います。ただ、大手に関してはそれなりに倍率が高く、50~100倍といったケースでも不思議ではないと思います。中小に関してはスポーツメーカーへの就職の倍率は高くないと思います。50倍未満が多いのかな?と思います。スポーツメーカーへの就職の難易度は高いわけではないが、簡単に入れる業界ではないのです。少なくとも不人気じゃないので。明らかに不人気な業界というのがあると思いますけど、そこにはスポーツメーカーは入りませんから。

 

就活で内定を取るために必要なのはナビサイト選び

ナビサイトは就活生であれば全員が使っているもので、これがないと就活をするのは難しいと思います。しかし、ナビサイトというのはいろいろなところがあるので、有名なところを使っている人が多いとは思いますけど、いろいろなナビサイトに注目をしていくと良いのではないか?と思うのです。マイナーなところにも結構おすすめなところはありますから。例えば、「キミスカ」というナビサイトは知名度はそこまでありませんけど、非常におすすめな面があります。このキミスカというナビサイトは一般的な就活のナビサイトと比べると、明らかに違う部分があるのです。それは学生が企業を選んで好きなところにエントリーするというのではなく、企業側が学生にスカウトを送り、そこから受けてもらうという流れになっているという点です。このキミスカは学生が企業を選んで受けることができないものの、企業が学生を選んで自社を受けてもらうという流れになっているがゆえにあるメリットをもたらすのです。それは何か?というと、すでに自分に関心を持っている企業を受けられるということです。キミスカは企業側が学生にスカウトを送るわけですが、キミスカに登録したときのプロフィールを見てスカウトを送るか?どうかを決めるので、そういった面から自社に必要な人材か?どうかを見極めてから送ります。つまり、スカウトが着たならば、そのスカウトを送ってきた会社は少なからず自分に関心を持っているということになります。関心があるからこそスカウトを送ってきたわけです。したがって、その会社を受ければ、すでに自分に興味を持っている会社を受けられるので、有利ということが言えると思うのです。

 

従来はこういうことは起きません。なぜならば、自分で会社を選ぶので、会社側が選ぶということをしない以上、自分でアピールして興味を持ってもらうように仕向けますが、どの会社が自分に興味を持つか?というのは事前に分からない以上、多くの会社から関心を持たれずに不採用になってしまうということもありえるのです。そういった意味では、自分に対して一定の興味を持っている会社がどこか分かり、そこを受けられるというのはメリットになると思います。したがって、キミスカを利用すると自分に関心があることがすでに分かっている企業を受けられるので、内定が取れる確率が少しでも高いと言えるところを受けられることになります。また、キミスカではスカウトが着たところを受けると一次選考、二次選考をパスして臨める場合もあり、このケースにおいて相当有利な状況で受けられるということになりますから、相当なメリットと言えるでしょう。キミスカは今まで使っていた別のナビサイトがあれば、そこと併用もできます。普段は自分でいつも通り企業を検索してエントリーしていきながら、キミスカに登録しておいて、スカウトを待って、スカウトが着たら対応するなどもできますから。タイプが異なるナビサイトを組み合わせることで、リスクも分散できますから、そういった部分でもおすすめと言えます。キミスカでは絶対にスカウトが来るとは言えないものの、プロフィールを充実させたりして、確率を高めることは可能です。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

ネスレ日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ネスレ日本は海外に海外に本社がある食品メーカーとして、日本でも馴染みが深いという人が多いでし

記事を読む

ゆうちょ銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ゆうちょ銀行に就職したい人は数多くいるでしょう。安定しているというイメージもありますし、大手

記事を読む

内定式や入社前研修のお礼状、メールを出す意味が理解不能

内定式やその後に行われる研修や実習において、お礼っているんですか?立場上のことを弁えると、お

記事を読む

2017年卒の就職活動はいつから?リクナビはいつ登録する?

2017年の就職活動は一体、いつから始めたら良いのか?気になるかもしれません。今、大学3年生

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

食品業界、メーカーの就職は安定性や評判が高いが難易度や倍率もヤバイ

就職活動をするにあたって、どの業界を志望するか?というのは、極めて大きな要素です。1つに絞ら

記事を読む

no image

内定辞退はあっさり終わるが普通?怒鳴られる、キレる、会社に呼ばれるは稀?

内定辞退をしたいと思っている学生は結構いると思うのですが、なかなか内定辞退をする勇気を持てないという

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

嘘つき大会の面接で嘘や誇張はばれる?←バレても問題ない

就職活動の面接で嘘をつくのはよくある常套手段ですよね。嘘をつかないと、不安という方もいるので

記事を読む

自動車メーカーの就職の難易度や倍率は?激務で忙しい評判や将来性はある?

自動車業界への就職を考えている人もいるのではないでしょうか?自動車業界というのは、大手企業も

記事を読む

協和発酵バイオの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

協和発酵バイオに就職したいという人もいるはず。そういったときに

三陽商会の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

三陽商会に就職したいと思っている人もいるのではないでしょうか?三陽商会

マニュライフ生命の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

マニュライフ生命保険の就職の難易度はどれくらいか?というのは気

ビズリーチの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビズリーチに関して、就職の難易度というものを知っておいてほしい

大阪、名古屋、東北、北海道、九州大学の旧帝大は学歴フィルターの影響を受けることはある?

学歴フィルターというのは、就活をしている人にとってはかなり気に

→もっと見る

PAGE TOP ↑