化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

公開日: : 学生たちの就職活動

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところかもしれません。化粧品会社は大手の企業も多く、名前を知っている会社は多くあると思うので、就活生にとっても人気の業界です。そうなると、化粧品会社への就職は倍率が高いのではないか?と思う人もいるでしょう。大手の会社はそれなりに倍率は高いでしょうが、化粧品会社への就職は中小の会社も候補が多くあります。だから、そういったところも検討してみると良いと良いと思います。化粧品会社への就職に関しては難易度も重要ですけど、どういった業務をしていくのか?という点も知っておいてほしいです。化粧品会社というのは文系と理系の両方が融合した業界なので、いろいろな人たちの結晶として存在している部分もあります。文系、理系もそうですが、男性も女性もどちらも働きやすい業界と言えると思いますから、化粧品会社への就職を考えている人は、化粧品会社への就職の仕事内容や忙しいのか?という点についても知っておいてほしいと思います。化粧品会社の評判を理解しておくことも重要ですから。

 

化粧品会社への就職すると忙しい部分は多いのか?

化粧品会社への就職すると、どの部門で仕事をするか?によって仕事内容は違いますし、激務度合いも変わります。だから、化粧品会社の評判はそれぞれで異なるのです。あと、会社の規模も大きいですけどね。一般的に言えば、化粧品会社で忙しいのは営業です。営業職はどの業界、どの会社でも忙しいです。化粧品会社の評判で言われているのは営業職の部分が多いと思います。その他は開発、研究職というのがありますし、美容部員という主に女性が担う部門もあります。研究開発職に関しては、そこまで激務という特徴は恐らくないと思うのですが、営業は基本的には忙しいのが当たり前の部門になります。ただ、その激務度合いは会社の規模によって異なります。営業職の主な仕事は自社で作った製品を小売店に置いてもらう仕事で、その交渉をすることになります。ただ、その成功率というのは会社の規模、もっと言うと知名度やブランド力で決まるのです。例えば、資生堂、カネボウ、KOSEなどの誰もが知っているメーカーの製品は消費者からも信頼や人気がありますから、小売店としても確実に売れるという見込みが立ちやすいです。だから、そういった会社の商品を仕入れて扱ってもらうための交渉は割と容易だったりしますが、中小のメーカーになると、それが難しいんですよね。交渉してもなかなか小売店が置いてくれなかったりして、自社製品を扱ってくれるお店を探すために奔走しないといけないため、自動的に労働時間が長くなり、疲弊しやすくなります。つまり、化粧品会社への就職すると激務になるのは大手以外のメーカーの営業職なのです。どうしても営業職は激務になりやすいですし、中小の化粧品会社の場合には忙しい人がかなり多いはずです。営業職はどこも忙しいと言いましたが、化粧品会社の場合には会社の規模で激務の程度はかなり変わるはずなので、大手の会社ならばそこまで激務には感じない可能性もあります。中小の化粧品会社になると激務の度合いは増すはずなので、忙しいのを避けたい人は有名なメーカーに就職するしかないでしょう。

 

開発、研究職はそこまで激務にはなりづらいとは思いますし、美容部門は小売店の中で消費者に直接販売をするメーカー直属の従業員になりますから、小売店の営業時間内での勤務が中心になるので、忙しくないとは言いませんが、いずれも営業職と比べたらゆとりを持って働きやすいと思います。営業職が特に激務になりやすいですし、中小のメーカーだと化粧品会社は激務になりやすいので、そこは知っておきましょう。文系が就職する場合には男性はほぼ営業職なのかな?と思います。でも、化粧品会社での忙しい度合いは会社ごとに変わるという意味では、営業職でも激務までは感じないというケースもあるのではないか?と思います。化粧品会社への就職の難易度は全体的には高いと思います。華やかなイメージがあって、大手の会社も多いですから。そういった部分も踏まえて、化粧品会社への就職の難易度は高いと言えると思いますが、倍率は会社ごとに違います。大手の会社はどこも高いでしょう。資生堂、カネボウ、KOSEなど大手の会社はいくつもありますが、そういったところは最低100倍は覚悟しておかないといけないです。化粧品会社への就職の倍率は会社ごとに違うため、具体的な数字は何とも言えませんが、100倍以上あっても不思議じゃない会社は多いです。中小になると、化粧品会社への就職の倍率は一気に下がる可能性がありますけど、それでもそれなりの数字はあると思いますから、化粧品会社への就職については倍率が低い会社はなかなかないでしょう。美容に関しては人間が常に求めているもので、需要は一定程度常に存在するので、業界全体としては割と安定していると言えます。だから、化粧品会社への就職の難易度は全体的には高いのです。化粧品会社の評判もチェックしておいてほしいですけど、化粧品会社への就職の難易度も理解して、そのうえで応募してほしいと思います。どの会社も基本的には難しいですから。化粧品会社への就職を希望する人はしっかりと志望動機や業界研究の構築に時間をかけていきましょう。

 

就活で内定を取るにはナビサイトの選び方が重要と言える

就活をするときにはナビサイトを使う人がほとんどで、今はインターネットから就活をする人が大半です。ということは、ナビサイトを使って就活をするというのが常識になっているわけですが、そのナビサイトは恐らく多くの就活生は無意識に選んでいて、有名で知名度が高いところを使っておけばいいだろうという予測があると思います。ただ、そういった知名度が高いところも良いのですが、有名じゃないところの中にもおすすめのナビサイトはあるので、そういった存在は知っておいてほしいと思います。例えば、「キミスカ」というナビサイトは非常におすすめです。ここは通常のナビサイトとは異なった特徴を持っており、その点において利用者にメリットがあるのです。キミスカのメリットというのは内定を取りやすい企業を受けられるということです。これはどういうことか?というと、通常の場合には学生に企業を選ぶ権利があり、検索をして興味があるところにエントリーして受けるということになっています。しかし、キミスカではそういった選択権はなく、企業側に選択権があります。キミスカではここで採用活動をしている企業が、キミスカに登録をしている学生の中で興味を持った人材にスカウトを送ります。そして、その学生に自社を受けてもらうという流れになっているのです。ということは、スカウトが来るということになりますから、その会社はスカウトを送ってくる時点で自分に対して一定の関心があるわけです。プロフィールなどを見てすでに関心を持っているからこそスカウトを送ってくることになります。通常は自分が企業に対して興味はあるが、企業側が興味を持つか?は分かりません。選考を通じてアピールをしますけど、大多数の就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、関心を持ってもらい、採用までいくのは難しいのです。

 

しかし、スカウトが着た企業を受ければ、その企業は一定の関心を自分に対して持っていることが確定するので、その時点で有利です。こういった状況で受けられるのはキミスカのようなナビサイトの仕組みがあるからなのです。会社の方から声をかけてくるタイプのナビサイトはなかなかありません。しかも、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで、一次選考や二次選考をパスして選考に臨むことができる場合もあり、こちらのケースではかなり大きなメリットが存在しているのです。より内定に近づいた段階から選考に臨めるので。だから、関心が最初から一定程度存在することに加えて、こういったメリットが存在する場合もありますから、キミスカはかなり魅力的と言えます。キミスカは今まで使っていた別のナビサイトがあっても、そこと併用することができます。したがって、いつも通り自分で企業を検索しながら、スカウトを待ち、スカウトが着たら対応するということもできるのです。つまり、タイプが違うナビサイトを組み合わせることができるので、そこはリスク分散になります。また、キミスカは多くの就活生は知らないでしょうから、そういった面においてもライバルとなる自分以外の就活生に差をつけられるチャンスでもあると思います。スカウトは絶対に来るとは言えませんが、プロフィールを充実させたりして確率を高められるということはあるのと思います。無料で利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

食品業界、食品会社の面接などの志望動機の考え方は自己PRや付加価値との関連

食品会社、食品業界への就職を考えている人にとっては、食品業界でどういう志望動機を作っていくべ

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

新聞社への就職の難易度は筆記試験が高い!年収や評判も良い勝ち組だが大学名や学歴は関係ある?

就活生の中には新聞社に入りたいと思っている方もいるのではないでしょうか?新聞社は大手の企業が

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

メガバンクは激務で辞めたい!離職率が高い!評判は人殺し?

大学生の新卒の就職活動では、憧れだったり、人気企業として挙がるのがみずほ銀行、三菱東京UFJ

記事を読む

就活でSNSは人事に見られる?活用やチェックされる?鍵よりも有効な対策がある?

就活ではいろいろな部分で学生を観察しているとされています。そうやって多方面から人事は学生をチ

記事を読む

就活で成績が良い、悪いは関係ないが取得単位が少ない言い訳は考えておこう

就職活動で成績がどれだけ関係あるでしょうか?成績が悪いとそれだけ就職活動では不利なのでしょう

記事を読む

新入社員の幕開け!入社式の内容は?何をやるの?

4月1日からは多くの方が新入社員として働き始める初日になると思います。そんな入社式は気持ちを

記事を読む

会場で受けるSPIなど就活の筆記試験の服装は私服?スーツ?

就職活動を始めると、いろいろと分からない部分も増えてくると思いますが、例えば筆記試験の服装っ

記事を読む

熊本学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインについて

九州の熊本県の私立大学としては熊本学園大学が有名です。熊本学園

音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

音楽業界といえば、レコード会社を代表するような非常に華やかなイ

神奈川大学の国際日本学部と国際経営学部の偏差値や難易度、評判の予想について

神奈川大学ではみなとみらいキャンパスの設置に向けて、新学部の設

ドラッグストアの就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判はあるのか?

ドラッグストアへの就職を考えている人もいるのではないでしょうか

東北学院大学と日東駒専、大東亜帝国はどっちが上?頭いいレベル?イメージや雰囲気の違いを比較してみた

東北地方にある私立大学の中でとくに有名なのは東北学院大学です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑