鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

公開日: : 学生たちの就職活動

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うのです。鉄道業界は基本的には公務員に近い状況です。無茶苦茶安定している業界と言えます。民間企業の中では最も安定性がある業界と言えるのではないでしょうか?そんな鉄道業界の就職の難易度などは気になると思います。鉄道業界に就職する難易度を知ったうえで、さらに業界の評判というのも重要です。そういったところについて詳しくなったうえで、鉄道業界を受けていくと良いと思います。鉄道業界の仕事内容などはある程度は想像がつくと思うのです。鉄道会社は激務なイメージもあるかもしれないです。しかし、忙しい部分に関しては想像以上という可能性もあるので、そこは同時に頭に入れておいてほしいです。まずは鉄道会社に就職する難易度について、倍率などをもとに考えていかないといけないと言えます。鉄道会社の採用試験については就活生にとっては詳しくなっておくと良いと思いますから、特にどれくらい難しいか?という部分については把握しておいてほしいです。

 

鉄道会社への就職の難易度は高いのか?

鉄道会社といってもいろいろな会社がありますよね。主に都心を走っている鉄道については大手とか、中小の区別はあまりない気がします。大きい会社ばかりです。地方の会社はちょっと分からないですけど、首都圏を走っている鉄道はどこも大きいです。JRと私鉄を含めて。したがって、そういったところに就職したい人は難易度は高いです。大手の会社は100倍くらいの倍率があるとされており、会社ごとに倍率は違うものの、誰もが知っている会社名の鉄道会社は就職の倍率は本当に高いです。会社の規模によって、難易度は変わるものの、最も難しいところではおよそ100倍と言われているので、ちょっと会社の規模が落ちても数十倍はあると思った方が良いです。鉄道会社に就職したい人は多いのです。それはやはり安定性が抜群だからですよ。業界全体が衰退する可能性がほぼ0です。鉄道に代わる何かが発明されない限り、鉄道会社の将来性に問題が生まれることはほぼないです。それこそどこでもドアが発明されない限り、鉄道会社は未来永劫安泰でしょう。そういう意味では、鉄道会社は仕事はきつい面もあり、忙しいと感じることはありますが、安定しているために超絶人気なのです。あとは現業職や総合職などの違いもあって、それによって難易度も変わると言えます。総合職の方が難易度は高いと思われますが、鉄道会社ごとに就職の難易度が変わるので、自分がどの会社を受けたいか?によりますね。JRは特に難易度は高いです。私鉄はそれぞれの会社によって難易度が変わると言えます。ただ、その会社を受けるにしても鉄道会社の就職の倍率は高いので、なかなか内定にはたどり着けないと思った方が良いです。

 

あとは鉄道会社の仕事内容の評判に関してですけど、まあ忙しいですよね。忙しいというのは夜勤がついてくるので、1日中働きっぱなしということが言えます。会社によって違いはあるかもしれませんが、泊まり勤務が多発し、1日中仕事をしている状況があるので、次の日は休みだったりするみたいですが、連続での勤務時間がかなり長いので、かなり体力的にはきついです。それがずっと続くわけですから。決まった時期だけとかじゃなく、1年間ずっと長い勤務時間の連続と休日を繰り返すような感じでしょうか?細かい働き方は会社によって違いますけど。だから、鉄道会社はかなり激務でしょう。具体的な仕事内容によってその感じ方は異なりますけど、鉄道会社はどこも激務です。仕事はきついです。それがインフラ業界になるのです。国民のために動かないといけなくて、不測の事態が起きないようにしないといけないので、鉄道会社の職員は夜勤当たり前、長時間労働当たり前の状況になっていると思います。鉄道が動かなくなったら、国が相当打撃を受けますからね。本当にそこで働いている人は大変だと思います。鉄道会社は忙しい日々を送っており、そこでの仕事は激務と表現するにふさわしい状況だと思います。職種によって仕事内容が違うので一概には言えないものの、鉄道会社に就職した人の評判はすぐに見つかります。そういったものを見れば、ある程度は想像しやすいと思います。鉄道会社での勤務はどれほど激務なのか?どんな評判があるのか?については前もって調べておくことをおすすめします。鉄道会社への就職の倍率は結構高いので、難しいとは思いますけど、鉄道会社は好きな人はめちゃくちゃ好きな業界なので、鉄道会社に就職したい人は難易度は高いとは思いますが、国にとってなくてはならない存在なので、そういった貢献をするやりがいはかなり大きいと思います。そういったところに関して共感できる人は受けていってほしいと思います。

 

就活で内定を取るために必要なナビサイトの選び方

就活をする際に重要なのはナビサイトの選び方なのです。ナビサイトは多くの学生はそこまで深く考えないで選んでいるのではないか?と思うのです。しかし、このナビサイトの選び方によって、就活の命運はかなり変わります。なぜならば、ナビサイト選びによって内定を貰うための難易度が変わるからです。多くの学生は無意識のうちに有名なところに登録して利用していると思います。それが普通であり、当たり前みたいなところはあるものの、有名なナビサイトはみんな登録しますよね。みんなと同じナビサイトの方が安心感があるのでしょう。そうやってみんなが特定のナビサイトに集まってくるのです。そうなると、大量の就活生が特定のナビサイトにやってきて就活をするわけです。あなたが普段使っているナビサイトが超有名で、就活生ならば誰もが知っていると思えるところならば、そこには大量の就活生がいて、大量のエントリーを行っているのです。そうなれば、そのナビサイトに求人がある会社に、その大量のエントリーがそれぞれ向かうことになります。だから、求人が載っている会社がたくさんの数あったとしても、1人あたり何十社もエントリーするのが普通の状況では、1社あたりの届くエントリーの数は多くなりがちです。だから、結局そういうナビサイトを利用していると、自分がエントリーした会社に対して、他にもエントリーしている就活生が多くいるので、自分の受ける予定の会社の倍率がとても高くなりやすいということが言えるのです。倍率が上がると内定が取りづらいということになりますよね。だから、有名なナビサイトは利用者が多いからこそ有名になるわけですけど、その状況というのは、内定を取るうえでは好ましくないのです。利用者が相対的に少ないところの方が倍率が低くなるので、内定が取れる確率は上がります。だから、知名度は低いナビサイトも同時に使っていくと良いと思います。

 

例えば、「キミスカ」は多くの就活生は知らないでしょう。でも、就活生にとって非常に大きなメリットを持っています。知名度が低い分、利用者が少ないので、倍率が上がりづらい特性があると思いますが、このキミスカはもう1つ大きなメリットがあるのです。それはここがスカウト型のナビサイトであるということです。スカウト型というのは、通常は学生の方が企業にエントリーをするのですが、キミスカは企業が学生にスカウトを送る形になっているのです。キミスカに登録している学生の中から、プロフィールなどを見てほしい人材だと思った学生に対してスカウトを送り、自社を受けてもらうという流れになります。これがキミスカの特徴なのですが、キミスカはスカウトが来ないと就活ができませんが、スカウトが着た時点でその学生はスカウトを送った企業から気に入られているということが言えます。そうでなければ、スカウトを送りませんから。だから、スカウトが着た企業を受ければ自分のことを気に入っている会社を受けられるのです。通常、こういうことはありません。だって学生の方が選んで受けるのですから。選考を通じて、結果的に自分を気に入ってくれたということはあるかもしれないです。でも、それが最初から起きているわけです。そして、自分への関心が高いということは、それが全くない状況で受けないといけないときと比べて内定が取れる確率は少しでも高いのです。ここがキミスカの大きなメリットになります。キミスカは今まで使ってきたナビサイトがあれば、そことの併用もできます。だから、有名なナビサイトを使いながら、キミスカを使っていくことも可能で、タイプが違うナビサイトを組み合わせることでリスクの分散にもなりますから、そこもおすすめです。対照的な特徴、異なる特徴を持っているナビサイトを併用すれば、一方に偏らないのでリスクの分散につながります。このキミスカはほとんどの就活生は知らないと思います。したがって、周りのライバルに差をつけるチャンスでもあると思うのです。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

no image

印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多くの就活生が毎年受けています。

記事を読む

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難易度を知っておくべきでしょう。

記事を読む

マスコミ業界、広告代理店の就職の志望動機や自己PRの考え方、書き方の例

マスコミ業界を受けるという就活生も多くいると思います。そういった方々は当然志望動機を練らない

記事を読む

面接官の態度で合否は決まる?笑顔、エレベーターの見送り、やる気ないは不採用のサイン?

就活や公務員試験の面接において、面接官の態度で合否が分かれることはあるのでしょうか?そういう

記事を読む

スポーツメーカーの就職の難易度や倍率と評判は?激務や忙しい面はあるのか?

スポーツメーカーへの就職を考えている人も多くいると思います。スポーツメーカーというと、大手の

記事を読む

SPIができない、落ちまくる人はSPIがない会社、やらなくていい会社を探そう

就職活動で受けている人も多いSPIですけど、これはなかなか難しいですし、あまりSPIができな

記事を読む

面接で逆質問がない場合、思いつかない際の考え方!いくつ、何個用意しておけば良いの?

就活ではいろいろな質問をされることが多いです。公務員試験でも同様ですが、面接においては逆質問

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

就活でTOEICは有利?関係ない?アピール次第で大きく変わる

就職活動において、資格取得を目指す人は多くいると思います。資格を多く取得して、アピールしたい

記事を読む

NTTドコモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTTドコモの就職における難易度は非常に高いという想像ができるでしょう。日本の携帯電話の会社

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑