就活では面接で言葉に詰まる、言葉が出てこない、頭が真っ白になったときにやってはいけないこと

公開日: : 学生たちの就職活動

就活では面接で言葉に詰まる、言葉が出てこない、頭が真っ白になったときにやってはいけないこと

就活では面接を受けないといけませんが、そのときには上手く話せない人もいます。就活では面接では言葉に詰まる人も多いですし、頭が真っ白になってしまう人もいます。それは緊張している面が大きいです。失敗できないと思っている状況では、緊張がかなり高まっているので、就活では面接では練習のときには起きないようなことが起きるのです。それが言葉に詰まることや頭が真っ白になることになります。就活では面接に慣れるまでは上手くしゃべれないことはあると思います。少なからず就活では面接では上手くしゃべれないことがあって当然だと思うのです。就活では面接では言葉が出ないようなことがあったときには、そこからどうやって対応するか?を考えましょう。あらかじめ想定していないことを聞かれたときなどで就活では面接では頭が真っ白になり、言葉が出ないということがあるのですが、想定していた質問であっても、緊張から何も出てこないことがあるのです。ただ、それは仕方ないと思いますよ。それに面接官としても、就活生がテンパってるなと思っているだけで、流ちょうにしゃべれないことが特別評価を落とすようなことにはならないと思います。

 

就活では面接で上手くしゃべれないのは当たり前?

就活では面接を受けるときに何も言えないような状況がくるときがあります。どうしても緊張しますし、頭が真っ白になることもありますからしょうがないです。問題はそこからの対応です。焦ってしまうと、本当に何も出てきませんから、ずっと何も言えない状況が続く可能性もあります。焦ってしまうと、ドツボにはまってしまうので、あらかじめこういう状況を想定しておくのが重要なのです。面接を受けているときには頭が真っ白になったり、言葉が出てこないことがあるかもしれないから、そのときにはどうすべきか?というのを考えておくと良いのです。就活では面接で言葉が出てこないときでも、そのときの対応の仕方、思考方法を知っておくと上手く対処できるはずですから。ここで重要なのは、適当なことしか思いつかないならば何も言わない方が良い場合もあるということです。だから、就活では面接を頭が真っ白になってしまって、何も言えないときには、それが言いたいことはあるのだが、それを忘れてしまったときには思い出そうとする作業が必要です。そして、そもそも何も答えが出てこないときには、しばらく考えてみることも重要です。そのいずれのケースにおいても、ある程度考えても何も出てこないとしたら、最終的にとるべき行動は、「すいません、分かりません」と答えることです。考えている最中には言いたかったことを思い出したり、これは良い答えだ!と思えるものが思いついたならば、それを答えると良いと思うのですが、そういったことが浮かばないときには、無理に答えようとはしない方が良いです。1番やってはいけないのは何か答えないといけないと思うことです。的確とは言えない答えをするくらいならば、何も答えないで、自分の知識不足とか、調査不足と認めてしまった方が、面接官の印象が良い場合がありますから。どうしても考えても何も出ないときには、何も答えないで謝っておくというのも勇気です。

 

就活では面接では言葉に詰まるようなときがある可能性は誰にでもあります。就活では面接では言葉が出てこないときに、多くは何も言わないのはマズイと思って、とにかく何かを言おうとすると思うのですが、何か言わないといけないわけではないと思います。面接っていうのは答えの内容だけを見ているわけではなく、就活では面接を通じてその人の人柄も見ているので、いい加減な仕事をしないという印象を与えられる行動も重要です。だから、適当なことをとりあえず答えておく姿勢よりも、分からないときは分からないとはっきり言ってしまう方が潔くていい印象を与えられると思うのです。したがって、就活では面接では言葉が出ないようなときでも、対応の仕方は重要ですし、あらかじめそこは頭に入れておきましょう。就活では面接で言葉に詰まるとき、頭が真っ白になったときに最終的には分からないと言ってしまうということが選択肢としてないと、とにかく何でも言い方答えないといけないという思考になりがちで、それによって面接官の印象が悪くなる可能性もありますから、就活では面接では上手くしゃべれないとしても、それは仕方ない、1問や2問くらいそういう瞬間があって当たり前だという気持ちでいましょう。就活では面接で上手くしゃべれないことは多々あります。言葉に詰まるとか、頭が真っ白になるとか、いろいろなレベルでありますが、焦ることはやってはいけないのです。焦ると早く何か答えないといけないという気持ちになり、益々論理的思考が働きづらくなりますし、結果的に的外れな回答になることもありますから。就活では面接で言葉が出てこないときでも冷静に対応することは忘れないでほしいと思います。

 

就活で内定を取るために必要なナビサイトの選び方

就活をするときにはナビサイトを使って行うことになりますけど、そのナビサイトはどうやって選んでいるでしょうか?就活生のほとんどは無意識のうちに有名なところを利用すれば良いだろうという感覚になっているのではないか?と思います。知名度が高くて有名なところならば問題ないだろう、みんなが使っているんだしといった感じで選んでいる人が実際多いと思います。しかし、そういったナビサイトの選び方はリスクがあるのです。それは知名度が高くて有名なナビサイトというのは、就活生の多くが登録して利用しているので、そのナビサイトを利用する人の数はとんでもなく多くなります。したがって、大量の就活生が登録して利用しているので、その大量の就活生が1人ずつ何十社も平均してエントリーするということを考えると、そのエントリーの総数はとんでもない量になります。そのとんでもない数のエントリーが、そのナビサイトに求人を出している企業にそれぞれ届くわけで、自分がエントリーした会社には自分以外の学生から大量のエントリーが届いている可能性があり、エントリー数が多くなればなるほど倍率が上がるので、内定が取りづらくなると言えます。知名度が高くて有名なナビサイトでは就活生の数が相当多いので、そういったことが起きやすいということになります。だから、多くの就活生が日ごろ何気なく利用しているナビサイトはそれだけリスクも抱えているので、そこは知っておかないといけないのです。そうなると、就活生の利用が少ない穴場的なナビサイトも一緒に利用していった方が良いということになります。例えば、「ニクリーチ」というサイトは1つおすすめです。ニクリーチというナビサイトはそもそもスカウト型のナビサイトで、ちょっと変わっているのです。通常は学生が企業を検索してエントリーをしますが、ニクリーチでは登録している学生を企業が検索してスカウトを送り、そこから選考を受けてもらうという流れになっているので、普通の就活とは違った流れになります。ニクリーチを利用するメリットとしては、内定を取れる確率が上がるということが言えます。それはすでに話したように、ナビサイトの知名度がそこまで高くはないと思うので、利用している学生はそこまで多くないですから、ナビサイトから同じ会社を受けるというケースが少ないので、倍率ががりづらいということがまず言えます。さらに、もう1つ大きなメリットがあるのです。

 

それは従来のやり方だと学生が気に入った企業にエントリーして受けるのですが、企業はその学生を気に入るか?は分かりません。そして、現実的には企業に気に入られるケースは少なく、不採用になるケースがかなり多いと思います。つまり、自分のことを気に入ってもらえない企業を多く受けてしまったということが言え、それは結果的に内定を取りづらい企業をたくさん受けてしまったということも言えるのです。でも、ニクリーチを利用すると、企業が気に入った学生にスカウトを送るので、その企業を受ければ、すでに企業に気に入られた状態で選考を受けられるので、この時点でかなり有利になっています。つまり、内定を取れる確率がより高い状態で受けられるので、ここがニクリーチのメリットになるのです。ニクリーチはスカウトを受けたら、その企業を受ける前に会社の人間と食事などをして、事前にお互いを理解する時間が設けられるみたいです。そのときにはこちらが聞きたいことを何でも聞くことができるので、入社した後にこんなはずじゃなかったという事態を避けやすくなります。また、企業からもいろいろな質問をされると思いますが、そのときにも自分をアピールすることができるので、他の受験者がそういった機会がないということを考えれば個別にそういう時間をとれるというのはかなり有利な状況を作ることができます。ニクリーチはスカウトが来るまでは特にやることはなく、スカウトがきたときだけ対応すれば良いので、その間は従来のナビサイトを使って企業を検索してエントリーをしたりすることも可能です。したがって、ニクリーチと従来のナビサイトは併用ができますから、そうやって2つ以上を使っていくことでリスクの分散ができます。スカウトは絶対にくるとは言えませんが、プロフィールを充実させたりして確率を上げることは可能だと思うので、こういったナビサイトは多くの就活生が知りませんし、他のライバルに差をつけたい人、本気で内定が欲しい人にとって知っておいてほしいです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

内定辞退の理由で勤務地や合わないからはダメ?留年したと嘘をつくのが鉄壁か?

内定辞退をするときにはすんなりいかないことも多々あって、どうしても企業からの説得を受ける可能

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

内容も意味も薄い就活の会社説明会は動画配信で良いだろ

就職活動で行われる会社説明会ってありますけど、これって必要ですか?私はあまり意味を感じたこと

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

学歴フィルターで地方国立の駅弁大学は?千葉大学、埼玉大学、広島大学あたりは通過する?

就職活動になると、いろいろな理不尽に遭うこともありますが、その中で学歴フィルターというものが

記事を読む

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言えば、サービス業というイメージ

記事を読む

スポーツメーカーの就職の難易度や倍率と評判は?激務や忙しい面はあるのか?

スポーツメーカーへの就職を考えている人も多くいると思います。スポーツメーカーというと、大手の

記事を読む

就活は顔で決まる?顔で選ぶ?重要ではあるがイケメンや可愛い人は有利かというと・・・

就活においては顔採用というものがあるのではないか?と言われています。顔採用というのは顔を基準

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑