履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

公開日: : 学生たちの就職活動

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書きで書くとなると、手間がかかってしまい、面倒に感じるという人は多いと思います。したがって、日本で当たり前になっている手書きの履歴書に関しては批判も多いです。履歴書を手書きにするのは頭おかしいと考えている人もいますし、履歴書を手書きというのは時代遅れだという人もいます。海外では履歴書を手書きにしているところというのはまずないでしょうから。確かに就活生の言い分はよく分かります。手書きの履歴書は時代遅れという感も否めないですけど、それが正しいと思っている人もいるみたいです。書き損じをした場合には履歴書が無駄になってしまうという点もありますから。書き直しをしないといけないというのも文化の1つみたいなので、履歴書を手書きにするというのは書き損じが無駄になるという点においても問題点と言えるでしょう。でも、中には「字が汚い人、字がまともに書けない人と一緒に仕事をしたくない」と言っている人もいるのです。これは企業の人事とは限りません。一般の人の場合もあります。私はこの批判を結構見ることがあるのですが、これは正直を的を射ていないと思います。履歴書を手書きにすることは悪習と一部では言われていますが、その批判が正当化されかねない批判だと思うのです。

 

字が汚いことで何の問題があるのか?

履歴書の字が汚い人を見分けて、その人と一緒に仕事をしないために、手書きにさせているんだという言い分があるようなのですが、私は無意味だと思います。なぜならば、字が綺麗か?どうかを見たいならば、履歴書で字を書かせる必要がないから。履歴書は代筆が恐らく可能で、その人の字か?どうかの判断ができない場合がありますから、本人が会社にきているときに書かせた方が良いと思いますし、履歴書みたいにあんなに大量の字を書かせる必要ないです。もっと少量で良いでしょう。つまり、字が汚い人と一緒に仕事をしたくないという思いを実現するためには、履歴書を手書きにするのは無意味で、他のもっと負担の少ない、確実に本人の字が分かる方法を使えば良いということになるのです。あとはそもそも字が汚いことで仕事に支障が出る可能性はほぼ0です。そんなところにこだわってどうするの?という思いがあります。さらに「字が汚い人は人格的に問題がありそう」みたいな書き込みも見たような記憶があるのですが、それも考え方がおかしいと思います。なぜならば、人間であれば不得意なものの1つや2つはあって当然だから。字を書くのが不得意な人がいても不思議じゃないし、逆に言えば字が綺麗な人だって運動が苦手な人だっているはずですし、人間は何かしら苦手なものを持っているはずで、それが字を書くことだった場合に、そんなに問題視しないといけないことなんでしょうか?字が汚い人がいると同様に、運動が苦手な人、歌を歌うのが苦手な人もいるはずです。何か苦手なことを持っている人が問題ならば、同様に運動が苦手な人や歌を歌うのが苦手な人もチェックしたりしてるんですかね?してるわけですよね。じゃあ、なぜ字を書くのが苦手な人だけ特別な目で見るのでしょうか?字を書くことが仕事に欠かせないものならば分かりますけど、実際関係ないでしょう?だから、履歴書を手書きで書くのは無意味と言われたり、字が汚い人は人格云々というのも無意味な考え方なのです。完全に時代遅れというか、考え方そのものが根本的に間違っている気がします。

 

履歴書を手書きで書くのは頭おかしいと思われても仕方ないと思うのです。考え方がおかしいと思いますから。なぜ手書きを強要するのか?字が汚い、上手くかけないことと仕事ができる、できないは何の因果関係もありません。実際、有名な話だと女優の沢尻エリカさんの子供の頃の履歴書みたいなのがネットで検索すると見つかるのですが、彼女のその頃の字は汚い方に入るのかもしれないですが、彼女は有名女優として活躍しているので、字の綺麗さと仕事は関係ないってことでしょう。大人になってからもあまり字は上手くなってないみたいですけどね。だから、字が汚い人を選別する必要性もなければ、パソコンでの履歴書の作成を認めない理由もないのです。履歴書を手書きで強要する意味は私は感じられません。つまり有効性がない時点で、履歴書を手書きというのは悪習になってしまうでしょう。時代遅れという言い方もできるかもしれませんが、就活生の負担と企業にとってのメリットを比べたときに、やっぱり手書きの履歴書の方が無意味な部分が大きすぎないか?と思います。実際、パソコンで履歴書を作ってデータで送ってしまえば紙を必要としませんから、資源にも優しいのではないでしょうか?履歴書を手書きにすると書き損じのときの無駄が大きいです。それはまたやり直さないといけない時間の無駄、紙の無駄がありますけど、やっぱりそういう部分を犠牲にしてまで存在する企業側のメリットがあまりにも小さい気がします。履歴書の手書きを強要する企業がどれだけあるのか?は分かりません。実際に強要しているところもあれば、強要はしていないが、暗にそういった状況が存在しているところもあるでしょう。したがって、日本の新卒の就活では履歴書は手書きが強要されているに近い状態化もしれないが、私に言わせれば無意味なやり方をしているという評価になってしまいます。手書きにこだわる理由が本当に分からないので、日本のガラパゴス文化の1つとして今後も残っていくならば、先行きがどうなるのかな?と思っています。

 

転職の際の職務経歴書はなぜパソコン印刷推奨なのか?

日本では転職のときには必ずしも手書きではない場合があります。職務経歴書というものを書くときには手書きではなくて、パソコン印刷が一般的なのです。しかし、そういったところはなぜ手書きではなくて、パソコン印刷の方を推奨するのでしょうか?新卒では手書きを推奨している企業も、転職ではパソコン印刷推奨というケースがあるはずなのです。そこについて疑問を感じている人もいて、それが「履歴書は手書きで職務経歴書はPC作成という意味不明なルールについて」に載っています。

結局のところ履歴書は「私文章」で、職務経歴書は「ビジネス文章」だからだい!という話もありますね。でも履歴書も職務経歴書も私文章なんじゃないですかね。一人称は「私」でしょ?企業の一員として書く文章じゃないですよね。自分の職歴について書くわけだし。だから職務経歴書はPCで作成しましょうねーという話はおかしいと思うんですよ。職務経歴書でも人柄がわかるんでしょ?だったらとことん手書きで書かせろよって思うんですよ。そこには一貫した主張が欲しい。もう有無をいわさぬ論理できて欲しいですよ。でも転職サイトの職務経歴書の説明欄の中に「職務経歴書は手書きだと読みにくいので、フォーマットして読みやすくするためにPCで作りましょうね」って書いてあるの読んで頭が沸騰しちゃいそうですよ。もう意味わかんない。じゃあ履歴書も汚い字で書かれるよりも読みやすいようにPCで作ったほうがいいじゃないですか。もうやだこの国。

なぜ新卒の履歴書は手書きなのに、転職の職務履歴書は手書きではないのか?この部分の矛盾は私もよく分かりません。職務履歴書がビジネス文書っていうのは分かりますけど、履歴書はビジネス文書じゃないっていうのは分かりません。どちらもビジネスで使いますが、履歴書は私的な内容も入っているからでしょうか?趣味や特技とか。でも、その違いが手書きか?どうかの手段を分ける理由になるんですかね?履歴書を手書きで書かせることも頭おかしいと感じる人もいるかもしれませんが、転職の職務履歴書の場合にはパソコンで作った方が良いという風潮はもっとよく分からないのです。パソコン印刷ならば、履歴書を手書きのように書き損じが生まれるわけではないので、作っている本人の負担も減りますから、良いと思うのですが、だったら新卒の就活の履歴書もパソコン推奨にしてもらいたい。どうして新卒の就活の履歴書は手書きを強要されている状況があるのか?手書きが推奨されるのか?人柄とかにこだわる企業があるならば、転職の職務履歴書も手書きで良いのでは?と思わないでもないけど、職務履歴書からは人柄を見る必要はないってことなのでしょうか?じゃあ、何で履歴書は見る必要があるのか?とも思いますけどね。そもそも履歴書の字から人柄が見られるのか?という問題もありますが。すでに話したように、字が綺麗とか、汚いとか、特徴云々というのは、その人の人間性の一側面を写すことにはなるが、あくまでも一側面でしかないので、そこで全てを評価する必要はないのでは?と思う。後々面接をやるわけだから、そっちの方がまだ人間性を把握できるのではないか?と思うのです。結局、履歴書の字では人間性は一部分しか判断できない。それはパソコン印刷も同じで、パソコンで作ってくるということは、理由はともあれ、手書きで書くよりも間違いなく読みやすいです。だから、人に配慮ができるような人なのかな?という人間性の判断は一部分ですが、できます。だから、パソコン印刷でも人事の人が観たい部分はちゃんと見られるので良いと思うんですけどね。それに履歴書の書いてある内容や文章の構成からも知性とか、表現力とか分かるんじゃないですか?そういった状況ならば、履歴書を手書きさせるというのは悪習と言われてもしょうがない気がします。確かにこの時代に履歴書を手書きさせるというのは時代遅れと言われますよ。同じことはパソコン印刷でも見られますから。だから、履歴書の手書きは無意味なのです。悪習と世間に言われてもこういう文化が続いているということは、企業側にとってもメリットが大きいと思っているのだと思います。いくら反論をしても、相手がそう思えないのならばどうしようもありません。履歴書の手書きは書き損じなどを生んで、無駄が多く生まれてしまう点を考慮すると、悪習と批判されても仕方ないと思いますけど、IT企業などでは履歴書やエントリーシートにおいて、手書きではなくてパソコンからフォーマットに記入する形になっているところも多少増えてきたと感じます。だから、以前よりは手書きの会社は少なくなってきているのだと思いますが、履歴書を手書きで強要する企業、手書きが望ましいと思っている企業はまだあるので、それが少しでもなくなることを個人的には願うばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

入社直前や入社式の前でも内定辞退は法的にOK

季節はどんどん冬から春に向けていく中で、内定を手にする就活生も増えていくと思います。しかし、

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

内定辞退の理由で勤務地や合わないからはダメ?留年したと嘘をつくのが鉄壁か?

内定辞退をするときにはすんなりいかないことも多々あって、どうしても企業からの説得を受ける可能

記事を読む

内定承諾書の提出前、提出後ともに内定辞退は可能です

内定を複数手に入れて浮かれている人もいると思います。内定が貰えないよりはもらえたほうが良いで

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

エントリーシートや履歴書でゼミやサークルに入ってない、辞めた人は空欄が良いのか?

就活でエントリーシートを書くときにゼミの欄というのがあるかもしれません。どの会社のエントリー

記事を読む

図書館の無料貸出しで出版業界の今後はオワコン化、衰退する?

出版不況とさえ言われているほど、出版業界はかなり厳しい立場に立たされています。レコード会社な

記事を読む

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

就活でバイト歴や職歴の期間で嘘をつく、水増しや捏造は経歴詐称でアウトか?

就職活動をするとき、またはアルバイトの面接を受けるときなど、履歴書やエントリーシートに職歴を

記事を読む

内容も意味も薄い就活の会社説明会は動画配信で良いだろ

就職活動で行われる会社説明会ってありますけど、これって必要ですか?私はあまり意味を感じたこと

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就

→もっと見る

PAGE TOP ↑