就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

公開日: : 最終更新日:2018/02/09 学生たちの就職活動

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?3d194f227e0ea4020f722971e84596a0_s

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどういった回答をすればいいのでしょうか?他社の選考状況というのは合否にかかわる重要な質問という認識の人もいるかもしれませんけど、こういった質問は会社にとっては重要でしょうけど、そもそもどうやって答えれば良いのでしょうか?この質問はいろいろな会社で聞かれる可能性があると思うのですが、評価されるためというか、ベストな回答はどういったものになるのでしょうか?そこについて知っておいてほしいと思います。そもそも就活で他社の選考状況を聞く意図は何なのでしょうか?というのも気になると思います。こういったことを聞く意図としては、優秀な学生を選別したいというのがあるかもしれません。というのも、就活で他社の選考状況について質問をすれば、内定をすでにいくつか貰っているとか、内定まで近いという人がいるはずなのです。そういった状況を見て、企業が優秀な学生を見つけ出すということができないわけではないので、そういった指標として機能する可能性があります。

 

就活で他社の選考状況を聞いてきたときのアピールになる回答は?

就活でこういうことを聞く意図の1つはすでに話したように、優秀な学生を見つけるためというのもあるのではないでしょうか?他社から内定を貰っている人は、他社が優秀と判断したわけです。つまり、他社が優秀だと判断した学生はそれだけ他の企業のお墨付きがついているわけで、かつ複数内定を貰っている人がいれば、その人はかなり優秀な学生と言える可能性があるので、これは内定を出しておいた方が良いと思う可能性があるのです。他社での内定を貰っている学生の優秀さが自社でも生きるか?というと、必ずしもそうは言えないものの、1つの指標にはなるのです。だから、内定を貰っているときにはそれは口にした方が良い気がします。また最終面接あたりまでいっているものも言った方が良いかもしれません。他社の選考状況の答え方の1つとしてはそういったところがポイントになると思います。ちなみに他社の選考状況で受けてないとか、そういう回答はどうなのでしょうか?受けていないという回答は同業他社だけなのか?それとも一切ということなのか?で違いますけど、あまりおすすめしません。同業他社にしろ、他の企業全部にしろ、就活の他社の選考状況の質問で受けてないという回答は、基本的に評価される可能性はほぼないでしょう。そういった回答をする人がたまにいるかもしれませんけど、嘘だと思われる可能性があると思うのです。だから、そう思われると評価が下がる可能性があるので知っておいてほしいと思います。

 

あとは他社の選考状況で御社だけという回答もあります。御社しか受けてないという回答の仕方もありますけど、これも微妙な回答だと思います。御社しか受けていないという回答も、嘘だと思われる可能性は大きいと思います。したがって、就活の他社の選考状況において御社だけしか受けてないという回答は評価されないどころか、嘘と思われる可能性の方が高いと思うのです。御社しか受けてないという人がいないというわけではないでしょうけど、確率から言えばかなり低いです。だから、他社の選考状況で御社だけしか受けてないという答え方をすると、嘘と思われる可能性が高いのではないでしょうか?したがって、御社しか受けてないという回答もおすすめできません。そうなると、おすすめの回答はどうなるか?というと、ある程度良いところまでいっている会社の選考だけを答えるというのが良いと思います。それ以外には答える必要はないと思います。だから、他社の選考状況では落ちた会社は答える必要ないと思いますし、同業他社以外の選考結果も伝えなくて良い気がします。

 

就活での他社の選考状況の答え方で同業他社以外は答えなくていい理由

他社の受験状況においては基本的には同業他社以外答えなくて良いと思います。自分が受けている会社と同じ業界の会社の選考状況のみ答えましょう。というのも、同業他社以外の他社の進行状況というのは会社としてもあまり興味がないと思うのです。すでに話したように優秀な学生を見極めたい場合には、関係ない業界の内定を貰っている学生を見つけても意味が薄れてしまうからです。だから、同業他社以外の他社の受験状況は言わないで良いと思います。あとは落ちたということも言わない方が良いですね。他社の選考状況では落ちたという話を聞いて、それが評価につながる可能性はあまり高くないと思います。先ほどの理論で言うと、他者が落とした人材は採らない方が良いかな?と思われてしまう可能性がないわけではないので、他社の選考状況では落ちたということは黙っておいた方が良いのです。どれは同業他社でも、そうじゃなくても同様です。そして、他は一切受けてないというのもNGです。先ほども言いましたが、本当にそこしか受けていない場合には、その通り言っても良いと思いますが、そういう人がいる可能性は普通に考えたらかなり低いので、疑われる可能性があるので、他にも受けているならば他には受けていないとは言わない方が良いです。他社の選考状況では他に落ちたケースしかない場合には、選考途中ですと言うくらいの方が良い気がするのです。だから、嘘をつく部分もちょっとはありますけど、他には受けてないはそれが本当のケース以外は辞めた方が良いですし、他に受けているところが全て落ちたとしたら、選考途中だという言い方が良いと思います。

 

就活の他社の選考状況というのは公務員でも聞かれる可能性はあります。公務員は同業のものしかほぼ受けないと思います。事務職は事務職しか受けないとか、そういう感じだと思うので、他者の受験状況みたいなのを聞かれたときには、全部答えて良いと思いますが、落ちたケースに関しては言わない方が良い気がするのです。内定を取ったケースや受けている途中の場合には言って良いと思います。就活の他社の選考状況は公務員においても聞かれる可能性がありますから、ちゃんと準備をしておくと良いと思います。就活での他社の進行状況というのは、多くの企業で聞かれると思います。かなりメジャーな質問だと思うのです。したがって、事前に他社の選考状況の答え方を決めておいた方が良いと思います。就活ではいろいろな質問がありますが、他者の進行状況というのは割と出やすい質問なので、面接を受けたら、数社に1回くらいは聞かれる可能性があると思っておいた方が良いでしょう。そういうつもりで面接対策のときに準備をしておいてください。

 

就活のナビサイトで内定をとりやすいところを使うのも重要

就活をするときに欠かせないのがナビサイトです。ナビサイトを通じて企業を検索してエントリーをしていくのですが、そのナビサイトの選び方においては気を付けてほしいことがあります。というのも、ナビサイトを利用するときには、無意識に有名で知名度も高い、みんなが使っているサイトを選んでいると思うのです。そういったところはやはり安心感もあるでしょうから。しかし、その何気ないナビサイトの選び方が就活の命運を変えることがあるので、知っておいてほしいと思います。それはどういうことか?というと、ナビサイトの選び方において有名で知名度の高いサイトというのは、確かに多くの就活生がしているはずです。だからこそ、みんなと同じサイトを使っているという意味で安心感はあると思います。しかし、就活生の多くが使っているサイトというのは、それだけそのナビサイトの利用者数が多いということになるのです。実際、多くの人が登録し、利用しているナビサイトは恐らく利用者は膨大でしょう。つまり、その膨大な就活生が同じサイトをナビサイトを利用しているということは、そのナビサイトに求人を出している企業に大量にエントリーが届くということになるのです。そうなると、1つの企業について大量のエントリーが届きやすくなるので、競争率が上がり、倍率も高くなる可能性がありますから、内定がとりづらい状況と言えるのです。したがって、有名で知名度も高い、みんなが使っているであろうナビサイトは、掲載企業の数が多いなどのメリットもありますが、利用者がとんでもなく多い、そこに集中しているので、どうしても内定がとりづらいというリスクもあるのです。

 

つまり、そういったサイトはメリットもあるため、利用を続けても構わないとは思います。でも、リスクは分散した方が良いので、知名度はそこまでないが、利用者が多くない穴場的なナビサイトも使って行くと良いと思うのです。そして、ナビサイトで穴場的なおすすめなサイトといえば「キミスカ」になります。このキミスカというサイトはいわゆるスカウト型のサイトになります。スカウト型というのは学生が企業を検索して、企業にエントリーして受けるという形ではなく、企業が学生を検索して、スカウトを送ってそこを学生が受けるという形になります。つまり、従来のやり方と順序が逆なんです。この部分に実は大きなメリットがあります。従来のやり方だと、学生が気に入った企業を受けるわけですが、選考の過程で自分をアピールして自分に興味を持ってもらうように仕向けますが、興味を持ってもらえないと不採用になります。そして、興味を持ってもらえるか?どうかは選考を受けてみないと分からないので、結果的に興味を持ってもらえないような企業もたくさん受けてしまうことになります。でも、キミスカを利用した場合には、スカウトが企業から来るので、スカウトが着た時点であなたに企業は興味をある程度持っているはずです。つまり、その企業を受ければ、すでに興味を持ってくれている企業のみを受けられるので、結果的に自分に魅力を感じない企業を一切受けないで済みます。ここに就活における効率的な企業選びができるのです。

 

また、スカウトはいろいろな業界や企業からくるので、自分が当初想定していなかったような業界や企業から来る可能性もあり、自分の気付いていないところに魅力や適性を見出してくれることもありますから、そういったところも受けていくと自分の就活でのフィールドや視野が広がるということも言えます。スカウトは絶対に来るというわけではありませんが、プロフィールなどを充実させておくと届く可能性が高まります。キミスカは登録だけしておいて、スカウトがくるまでは特にすることはないので、その間は従来のナビサイトを使って、自分で企業を検索してエントリーするというやり方をしていくと良いと思います。そして、スカウトが着たときだけ対応すれば良いので、やはり併用がしやすいというのはメリットになるでしょう。無料の会員登録をすれば利用できるので、本気で内定が欲しい人にとっては、知名度がそこまで高くなくて、利用者も多くないと思うので、穴場的なナビサイトとして、他の就活生に差をつけるチャンスでもあると思うので、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

社会人のスタート!入社式での髪色は?茶髪はダメ?

無事に就職活動を終えて、就職が決まれば、4月の上旬に入社式があると思います。入社式は会社の従

記事を読む

大手病は何が問題?何が悪いのか?克服する必要はなく基準がどこからか?などの問題の方が重要

就職活動では文系や理系別に就職した企業の人気ランキングのようなものがよく発表されます。そこに並ぶ

記事を読む

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽という

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

インターンシップに受かるには?面接の志望動機の内容次第で受からないことも!受かりやすい書き方とは?

就職活動を始める前にインターシップに参加してそこで就業体験をするという人も多くいると思います

記事を読む

就活で採用される気がしない、内定をとれる人、採用される人になるには?秘訣やコツは?

就職活動は内定をとれる人とそうじゃない人にどうしても分かれてしまいます。1人で複数個の内定を

記事を読む

就活のリクルートスーツはいつ買う?購入時期と選び方の注意

就職活動を始める際にはスーツが必要です。いわゆるリクルートスーツというものを着て、多くの学生

記事を読む

就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?

就職活動の面接で、何でこんな質問をするの?みたいな、納得できないような質問をするケースもある

記事を読む

グループワークはどこを見ている?受かる人や落ちる人の特徴は?うまくいかないときのコツは?

就活ではグループワークという選考が最近増えてきています。グループワークとは何か?というと、グ

記事を読む

内定者研修は服装は私服?スーツ?当日は何する?という内容で決めよう

内定者研修というのが、入社前にいろいろな企業で行われると思うのですが、この場合、服装はどうし

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑