就活の志望動機や自己PRの書き出しは結論から?差別化やインパクトは不要?

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 学生たちの就職活動

就活の志望動機や自己PRの書き出しは結論から?差別化やインパクトは不要?cc2c8a9bf6d572611cb15141a4ffc27e_s

就活や公務員試験における志望動機や自己PRの書き方とはどういったものになるでしょうか?志望動機は面接で聞かれる場合もありますけど、事前にエントリーシートや面接カードなどに書いておくこともあるので、言葉で話すのではなくて、文字にして書かないといけないケースも多々あると思います。そういったときにどうやって書けば良いのか?特に書き出しはどうしたら良いのか?という問題に苛まれる気がします。就活や公務員試験の自己PRや志望動機は書き出しが難しいというか、どういう手段でやれば良いのか?が分かりづらい、正解は何なのか?が出ない状況でもあると思うのです。どういう書き出しがベストなのか?の答えはありません。感じ方は人それぞれなので、何とも言えない部分はどうしてもあります。その中で自分が信じた書き方をしていくのが良いかと思いますが、私の1つのアイデアを示すならば、一般的に言われている就活の志望動機や自己PRは結論から書き出すというのが良いのではないか?と思うのです。

 

エントリーシートや面接カードの志望動機や自己PRの書き出しのやり方は?

志望動機も自己PRもどっちも変わらないと思いますけど、結局、結論を先に書いて、後から詳細を書き足す方が、私は読みやすいです。他の人はどう思うか?は分からないですけど、そういったものが良いのではないか?と思います。面接で話すときは別です。面接で話すときにはすでにエントリーシートや面接カードに書かれていることを面接官が頭に入れたうえで臨むので、同じやり方をしないといけないわけではないと思います。しかし、エントリーシートや面接カードに書く志望動機や自己PRは初めて見るので、情報として結論を先に言ってくれた方が分かりやすいと思います。新聞とかもそうじゃないですか?必ず記事には見出しがあるでしょう?それと同じなんですよ。見出しを見て、何が書いてあるのか?を想像するようにしています。ブログにもタイトルとかが絶対にあるわけで、その部分の役割を果たすのが、就活や公務員試験での志望動機や自己PRの書き出しで用いる結論部分となります。結論は新聞の見出しとか、ブログのタイトルの役割になっています。私は面接で話すときは特に考えなくても良いと思いますけど、エントリーシートや面接カードでは結論部分から書いていくのが良いと思います。新聞の見出しも見出しから読んで内容を推測して読み始めるのが、読者から見て読みやすいというのがあると思うのです、その狙いで良いと思います。

 

就活や公務員試験での志望動機や自己PRの書き出しは結論を先に言って、志望動機の場合には「私が御社を志望したのは〇〇だからです。それは・・・」といった感じで、自己PRでは「私には〇〇なところがあります。それは・・・」という感じで、それは・・・以降でその内容をより具体的に説明していくといった流れが良いと思います。就活や公務員試験で志望動機や自己PRが書けないという人もいると思います。書けない原因が何なのか?にもよりますけど、もし書き出しから分からないとか、そういった人の場合には、やはり志望動機や自己PRの内容を考えたら結論から書いていくと、読み手にとって理解しやすいものになるのではないか?と思います。この就活や公務員試験の志望動機や自己PRの書き方はインパクトはそんなにないです。同じような書き方をしている人は恐らくいますから。したがって、就活や公務員試験の志望動機や自己PRでインパクトを与えるならば、これは内容で工夫をするしかありません。しかし、インパクトが必要か?というと、そうは思えないのです。何でインパクトが必要なのでしょうか?差別化ができないと思っている人が多いと思うんですよ。就活や公務員試験の志望動機や自己PRで差別化をした方が良いと思っている人は結構いるんじゃないか?と思うんですけど、絶対にというわけではないと思います。というか、そこにこだわるのは何か違う気がするのです。

 

就活や公務員試験の志望動機や自己PRにインパクトはいらない?

志望動機や自己PRは差別化を図った方が良いと考える人もいるかと思いますけど、就活や公務員試験ではインパクトがあることが重要ではないのです。志望動機やジオPRの書き出しのポイントとして結論から話すだけでは差別化になりませんけど、そこまで必要ないと思うのです。こういったときの志望動機や自己PRは人事から見たときの印象の問題が大きいです。そういう意味ではインパクトも印象を形作る要素にはなりますけど、そこを極める必要はないと思います。というのも、インパクトがあるとしても、特に自己PRは評価対象にならないと思うからです。志望動機はまだ分からないですけど、自己PRはインパクトがあるか?よりも我が社で活躍してくれそうか?そのための能力や経験を持っているのか?の方が重要で、そこをプレゼンテーションしていくわけです。その結果、我が社で活躍できる余地があると判断されれば評価対象になる可能性が高まるということで、インパクトがあっても活躍してくれそうな予感がなければ、採用したいとは思われないでしょう。だから、就活や公務員試験の自己PRではインパクトにはこだわらなくて良いです。内容がどうなっているのか?の方が大切ですから。差別化をしないといけないわけではないです。むしろ、同調圧力がある日本においては人と違う志望動機や自己PRがどこまで評価されるかは疑問でもあります。

 

志望動機に関しても就活や公務員試験では差別化を図る必要性はあまりない気がします。就活や公務員試験での志望動機などはインパクトを求めても、やはり印象で決まりやすいです。それは話し方とかから見える知性などで、この人仕事できそうだなと思ったり、この人ダメそうだなと思うことがあるのではないか?と思うのです。話している内容が全く無関係とは言いませんけど、そっちよりも話し方から生まれる印象の方が合否に大きくかかわっているのではないか?と思います。そういう意味では、就活や公務員試験での志望動機や自己PRが書けないとしても、そこは大した問題にならないこともあるのです。コミュニケーション能力が重要とよく言いますけど、話すのが上手い人、慣れている人は本当に就活や公務員試験の面接は有利ですよ。私は内定をとるためにはそこがかなり鍵になる気がしてきます。だから、就活や公務員試験の志望動機や自己PRの書き出しについてはすでに話したとおりですが、インパクトや差別化に関してはこだわらなくて良いというか、それをやるならば面接で上手く話す練習、知的に思われるような会話の練習に時間を使った方が、私は賢明のように思うのです。就活や公務員試験の志望動機や自己PRでは書けないと考えている人もいるかもしれませんが、考慮すべきポイントとそうじゃないポイントをきちんと区別して考えられるようにすると良いと思います。

 

就活で内定を取るために必要なことはサイト選び

就活をするときにはナビサイトという存在が重要で、これを使っている人が多くいると思いますが、ナビサイトは有名なところ以外でも実はかなりおすすめな有益なサイトがありますから知っておいてほしいです。例えば、「キミスカ」というナビサイトは特におすすめで、ここは従来のナビサイトとはタイプが違っているのです。従来は学生が企業を検索しながら、気に入ったところを見つけたらそこにエントリーをして受けていくという流れになっています。しかし、このキミスカは企業が学生にスカウトを送る流れになっています。登録してある学生を検索して、気に入った学生、自社に欲しいと思った学生がいた場合にスカウトを送り、その人に自分の会社を受けてもらうように働きかけることになります。その結果、学生にとっても実はメリットがあるのです。それは自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということです。通常のナビサイトを使った場合には、自分が関心を持っている企業を受けるので、その企業が自分に関心を持つか?は分かりません。選考を通じて必死にアピールをしていくことになりますけど、それでも多くの就活生は自分が受けた企業の多くで不採用になるので、従来のやり方では自分に関心を持ってもらえない企業を、結果的にたくさん受けてしまうという言い方もできます。しかし、キミスカは企業側が学生にスカウトを送ってくるところが特徴的で、スカウトを受け取ってそこからスタートになるという意味では、スカウトが着た企業を受ければ、自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということになります。自分に対して一定程度の関心を持っていることが確定している企業を受けられるということはかなり大きなメリットになります。多少なりとも有利な状況となっているので、内定を取れる確率が少しでも高くなっているのです。スカウトを送るということは少なからず興味を持っている人材であるはずなので、スカウトが着た企業を受けることで内定を取りやすい状況に持っていける可能性があります。また、スカウトが着た企業を受けると一次選考や二次選考がパスできる場合もあるので、そういったときには相当有利なのです。キミスカは他のナビサイトと併用もできるので、今まで使っていたところをまだ使いたいならばそれで構いません。タイプが違うナビサイトを併用することでリスクを分散できますし、多くの就活生が知らないサイトになりますから、ライバルに差をつけることもできます。スカウトは必ず来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどすると確率が上がります。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

テレビ東京の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

民法のキー局に関してはどの会社も人気で倍率が高いですけど、テレビ東京の就職の倍率も非常に高い

記事を読む

日立製作所の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

日立製作所に就職したい人は多くいるでしょう。日立製作所の就職の難易度はどうか?というのはかな

記事を読む

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからスタートします。就活はエントリー

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

就活や公務員で他社の選考状況の答え方は?受けてないや御社だけ、落ちたはNG?

就活の面接などでは他社の選考状況を聞かれることが多々ありそうですけど、こういった場ではどうい

記事を読む

津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になる人もいると思いますけど、学歴フィルターと

記事を読む

就活で考える自己PRは単なる長所ではない!違いを明確に

就職活動では、自己PRを考える必要があります。多くの企業でこれを聞いてくるでしょうから。ただ

記事を読む

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

東映の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

東映と言えば、日本を代表する映画などの製作配給会社であって、知名度は抜群です。この東映に就職

記事を読む

学歴フィルターの基準やボーダーで関関同立や産近甲龍の学生はひっかかる?

就職活動でたびたび出くわす学歴フィルターですが、この学歴フィルターは主に関東圏の大学に対して

記事を読む

任天堂の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

任天堂というと、今は完全にゲームの会社というイメージではありま

タマホームの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判は?

タマホームというと、不動産業界においてかなり知名度がある会社に

マツダの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

自動車会社として有名なマツダはかなりの大手企業で、ここに就職を

大阪ガスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

大阪ガスに就職するにはかなり難易度は高いと思われます。しかし、

京成電鉄の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判があるのか?

京成電鉄は大手私鉄の1つですし、就職したいと考えている人も多い

→もっと見る

PAGE TOP ↑