大卒程度の参議院事務局の総合職の難易度、筆記と面接の倍率は?人物重視の試験種か?

公開日: : その他の話題

大卒程度の参議院事務局の総合職の難易度、筆記と面接の倍率は?人物重視の試験種か?dfd9e2149c255b805d1a81b174fd06af_s

参議院事務局の職員の採用試験の総合職は主に大卒者が対象になっていますけど、この試験はかなり難しいと言えそうです。というのも、倍率がとんでもなく高いのです。受ける人は毎年多くいるんですけど、最終合格となる人はかなり限られているので、なかなか受からないのです。参議院事務局の総合職の難易度はとんでもなく高いと言えるでしょう。毎年5月の後半に採用試験を行っているようなので、日程がかぶっていなければ受験してみると良いと思います。基本的には多くの公務員試験の試験種で実施している筆記試験の科目で受験ができますから。この参議院事務局の難易度は恐らく総合職と高卒を対象にした方もそんなに変わらないと思います。それくらいに難しいのです。大卒の人は総合職のほうを受けると思いますが、普通にやったら受からないと思った方が良いでしょう。参議院事務局の倍率はとんでもなく高いです。それは参議院事務局の総合職もそうです。倍率はかなり高いということを覚悟しておきましょう。

 

参議院事務局の総合職の倍率の高さは異常?

参議院事務局の採用試験の倍率は総合職に関しては最終合格者数は毎年10~20人くらいとなっています。しかし、受験者数がその年によって結構変動があるのです。600~900人くらい過去数年の傾向を見ると変動があるので、それによって大卒程度の参議院事務局の倍率も変わります。参議院事務局の総合職の倍率は20~30倍くらいと思った方が良いでしょう。一次試験から最終合格までそれくらいの難しさがあるということなのです。この時点でかなり難しい、受からない試験であるというのは分かると思うのですが、参議院事務局の難易度は筆記試験から難しいですね。参議院事務局に受かるにはこの筆記試験をまずは突破しないといけません。参議院事務局の総合職の出題科目はというと、一次試験は教養試験と専門試験になっています。教養試験は一般知能と一般知識を含む合計50題全問解答となっており、専門試験は80題から40題の選択解答ですが、各科目が5問から10問で編成されており、合計40題になるように科目ごとの選択になっています。教養試験も専門試験も参議院事務局の総合職の科目は一般的な事務職の公務員試験の出題科目とほとんど変わらないので、対応できると思います。出題科目の具体的なとろこは受験案内などを見て確認してほしいと思います。

 

参議院事務局職員の難易度は極めて高いのですが、参議院事務局の筆記の倍率と面接の倍率を細かく見ていくとどうなっているでしょうか?平成27年度は600人ほどが申し込んで、394人が受験しています。一次試験の合格者は192人なので、参議院事務局の総合職の筆記の倍率は約2倍くらいです。ここはそんなに難しくないと思います。しかし、参議院事務局職員の総合職の面接の倍率は162人から18人となっており、とんでもなく高いのです。正確にいうと、参議院事務局では試験内容は三次試験まであるようなので、二次試験と三次試験は独立しており、それぞれの受験者数が分からないので、正確な数字にはならないのです。162人から18人というのは最大の倍率ということです。現実的には6倍くらいはあるんですかね?それでも相当高いですけど、ちなみに参議院事務局の総合職の二次試験の試験内容は論文形式の専門試験と集団面接になっています。この参議院事務局の総合職の専門試験は法律部門と経済部門を選択して解答します。そして、集団面接もあるということになるので、二次試験から面接があるということになります。参議院事務局の職員は人物重視ということになるかと思います。参議院事務局の総合職の筆記試験の倍率は2倍程度なのに、面接の倍率がこれだけ高いわけですから。二次試験から面接があるということも大きいかもしれません。この面接の倍率だとかなり面接が得意な人じゃないとなかなか受からないでしょう。

 

参議院事務局の職員の総合職に受かるにはやはり面接が鍵

参議院事務局の総合職の難易度はすでに示した通り、面接の倍率が限りなく高いということが言えると思うので、参議院事務局は人物重視と言えると思います。参議院事務局の倍率は全体でも20倍くらいは最低覚悟しておいた方が良いですけど、その中でもほとんどが面接の倍率になっていますからね。参議院事務局の総合職の筆記の倍率は本当に低いと言って良いくらいだと思いますけど、面接の倍率は大変だといえるくらいだと思います。ちなみに問題のレベルにもよりますが、参議院事務局の筆記試験のボーダーラインというとどのくらいになるのか?は確実に予想はできませんが、筆記試験の倍率が同じくらいで推移していった場合には参議院事務局の筆記のボーダーは高くならないでしょう。教養試験と専門試験を合わせて5割台半ばくらいでも十分通過するかもしれません。問題のレベルにもよりますが。でも、参議院事務局の総合職の筆記の倍率が2倍くらいだとそれくらいかな?という気もします。でも、この試験種は明らかに面接試験が鍵でしょう。

 

参議院事務局の総合職の試験内容では面接は二次試験に集団面接、そして三次試験に個人面接があるので、その2回をこなさないといけないということに加えて、そのトータルの倍率が6倍程度あるかもしれないということです。専門試験の論文形式の試験も含まれているのですが、二次試験からはいよいよ人物試験で、そこから最終合格までの倍率を考えたら、やはり参議院事務局は人物重視になると思うんですけどね。少なくとも筆記重視という感じはしないです。この参議院事務局の面接の倍率を突破するには、やはり面接が苦手だと厳しいので、筆記対策のみならず、面接に関してもかなり力を入れていかないといけません。参議院事務局は筆記対策も当然必要にはなります。科目も多いですし。しかし、参議院事務局が人物重視だとすると、早い段階から面接に関しての対策も行っていかないと受からないでしょう。参議院事務局の総合職に受かるにはどちらかというと面接対策の方が重要かな?と思えてきます。大卒程度の参議院事務局の職員の総合職は難しいです。他の試験種と比べても圧倒的かもしれません。そういった情報を理解したうえで挑戦していってほしいと思います。本当に大変な試験種だと思いますから。でも、まずは参議院事務局の総合職の試験内容について細かく把握することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

東洋大学経営学部の偏差値や難易度は?評判は高いが就職実績や就職状況の特徴は?

東洋大学は総合大学として、非常に多くの学部を擁していますが、その中には経営学部もあります。経

記事を読む

no image

指定校推薦の枠はどれくらい?減る、増える理由は?なくなる理由は相当なことがあったとき?

指定校推薦というのは、それぞれの高校によって大学学部ごとの枠が決まっています。そして、その枠は毎年変

記事を読む

大阪商業大学の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインや合格最低点の情報について

関西には多くの私立大学がありますが、やはり有名なのは関関同立や産近甲龍です。しかし、そういっ

記事を読む

明治大学農学部の偏差値や倍率と評判は?合格最低点とボーダーラインは高いのか?

明治大学は私立大学の中でも理系が充実している方で、理系の学部が3つあります。その中の1つには

記事を読む

結婚式のご祝儀の相場以下は非常識?あてにする方が非常識?

Blogosに面白い記事があったので、ついつい読んでしまいました。これは結婚式のご祝儀につい

記事を読む

あのミスチルまでも!?歌手の口パクは何故非難される?

先日放送された、フジテレビの「FNS歌謡祭」にて、大物バンドのMr.Childrenが番組内

記事を読む

社会人の腕時計の選び方は何色?値段の相場や平均、おすすめブランドは?

社会人になると、身だしなみと称して、身につけないといけないアイテムが非常に多くなります。大学

記事を読む

仕事でメモを手書き推奨で、スマホの撮影NGは意味不明

スマートフォンが普及してきて、会社で仕事上で使っている人も多くいると思います。ただ、そんな便

記事を読む

立教大学の英語の傾向は短い時間で語数多い英文の処理が必要

立教大学に受かりたい人多いと思います。立教大学は日本のミッション系の大学の中でも非常に有名大

記事を読む

東京農業大学の偏差値のレベルや難易度は?応用生物科学部は難しいが、受かりやすい学部は生物産業科学部?

東京農業大学は都内の理系大学の中では非常に有名で、付属校が多く、私の中学時代の知り合いもここ

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑