就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?

公開日: : 最終更新日:2016/05/09 学生たちの就職活動

就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?2f9665c18705a5b6986e13e6b180cfc0_s

就職活動の面接で、何でこんな質問をするの?みたいな、納得できないような質問をするケースもあるようですね。それぞれあると思いますよ。これって、仕事と関係あるのか?とか、そういう疑問が出てくる質問は何かしら受けていると思うのです。学生からしてみれば、何の意図があるのか?分からないかもしれないが、企業としては意図があるのでしょうね。職業安定法などは、本人の能力や資質と関係質問すべきじゃないと言っているため、例えば就活などの面接で親の職業、家族構成、一人暮らしか?実家暮らしか?などを聞くことは違法になる可能性もあるわけですが、現実的には多くの企業は聞いています。それは、奉律を作っている側は本人に関係ないような質問はすべきじゃないとは言っているものの、企業側はそれは採用を決めるにおいて欠かせない質問だから。という理由があって聞いているのでしょう。別にこういう質問をするのは少数じゃないんですよね。ってことは、多くの企業にとって、法律が禁止をしても聞かないといけないものになるのでしょうね。

 

親の職業や家族構成を面接で聞く意図は?

これに関しては、恐らく想像しても多くの方は分からないと思うのですが、「就職活動の面接で家族構成などを質問してくる理由は?」のページに参考として回答が載っています。これが真実か?どうかは分かりません、載っている回答自体はまあまあ納得がいくかな?って感じはします。

元総務部人事課長からの回答です。
私も面接のときは 家族構成は聞いています。家族の職業も聞くことがあります。
家族構成については、まあ話の道具として使うだけで特に意味はありませんが 親なりが健康かは聞くこともあります 女性の場合 介護なりで休まれたり 辞められたりすることを警戒します。
親の職業を聞くのは ライバル会社に勤めていないか 定職についていて しっかりした家庭かを確かめるかです。
そういう質問をする会社は まともな会社ではなく 就職しても問題が多いとかの 根拠もない 質問者様の気にいるような回答もありますが 大企業・一流企業ほど 家庭環境等にも注意を払いますよ。
それと、質問者様が落とされるのは 家族に関する質問が原因と思っているようですが そうではないかもしれません。私の会社では 50人採用予定の場合 最終面接には75人ほどになります 3人に一人は落とすことになりますので 最終面接といえども安心はできません。家族の話しか出なかったとしても 内容ではなく その応答ぶりが評価されたのかもしれません。私の会社の事例でいえば50人採用で試験等で評価60番目以降の人は よほどのことがないと逆転できません。
質問者様が落ちるのは 家族のせいではありません 沢山いるライバルに比べ 自分の能力が相対的に足りなかったのです・・。その辺を勘違いしないようにして下さい。

 

家庭環境が、企業にとってはとても重要だってことなんでしょうね。就活の面接で親の職業を聞く意味は、親がきちんと働いているか?によって、家庭環境が円満になっているか?を確かめるためということでしょうか。そうなると、何かしらの問題が見えた場合には、それがきっかけになって、本人の精神状態にも影響し、それが仕事にも影響しかねないってことでしょうか。ライバル会社に勤めていないか?っていう部分はとても重要かもしれませんね。ってことは会社名まで聞くってことですかね?会社員とかだけじゃなくて、具体的な会社名も答えないといけないのですか。

 

採用側の立場から面接時に家族構成を質問する意図についてお答えします。
管理職として面接に立ち会う時に家族構成を質問して
女性の場合は、寿退社の可能性(腰かけ入社)を推測します。
女性の一人っ子の場合は、両親との将来が有るので両親の年齢とか職業から入社後に短期間で退職されてしまっては社員育成に掛ったコストが無駄になる為に
少しでも退職の可能性が低い女性を選びます。

祖父母に関しては、両親が共稼ぎで急病などで付き添う事が出来ない時に相談者さんが付き添わなければ成らず業務に支障が出る可能性を推測します。

母親が専業主婦の場合は、祖父母の介護等で動けるので相談者さんの業務に支障が出る可能性が低いと判断します。

両親の職業や会社名を質問する意図ですが、企業名から会社が業務上関係が有るなら
親御さんの情報を仕入れて相談者さんの評価に加えると思います。
そして、親御さんが同業の場合は企業の機密保持の為に採用を見合わせる事も有ります。

家族構成から相談者さんの人格や性格も垣間見る事が出来ます。

判断は、面接官によって違いますが家族構成から育ってきた環境等も想像できますので
相談者さんのパーソナルな総合判定で会社のカラーに合うか会社としてのリスキーな人間かの最終判断だと考えて下さい。

圧迫面接で人間性を否定されているような言動をする面接官もおりますが、気にしないで自分の自然な姿で適性を理解してくれる企業に採用される事を期待します。

 

実はこの質問はどちらかというと、女性が多いみたいで、この教えてgooに投稿したのも女性のようです。女性の場合には傾向的には退職する確率が上がるので、そのための予防策として、そういう可能性が少なそうな人を選ぶために、家族構成を聞くこともあるようです。そんなに退職のリスクを気にするなら、男性を中心に採用していれば良いような気もしないでもだけですけど、それでも女性を採用する気があるってことは、女性社員がある程度必要ってことなんでしょう。退職のリスクを背負ってでも女性を採用したい。でも、退職のリスクが少ない人を採用したいということでしょうか。あとは介護の問題もあるのでしょう。これは男女あまり関係ないですが、それも退職や休職のリスクになりますから、やっぱり企業にとって不都合な社員を雇いたくないのでしょう。

 

家族構成や親の職業について聞かれて答えたくない場合には?

こういう就活などの場で、親の職業や家族構成の質問をされたら答える義務はないというのが、法律の会社になると思います。一応、面接などで親の職業や家族構成の質問は禁止されているので、聞いたら違法という可能性もありますが、だからといって実際に質問されて拒否をしたら、採用可能性が下がることになりますから、結局、親の職業や家族構成の質問に回答を拒否することだけでは、解決策にはなりません。本人がそんなことを聞いてくる企業はこっちから願い下げだ!と思うならば、それでも構わないと思います。家族構成や親の職業の質問には受かるための答え方が存在しているはずです。つまり、すでに説明したように退職のリスクなどを企業の連想させないような答え方をすれば良い。中には面接で家族構成を聞かれて、親が離婚している、母子家庭だとか、答えづらいような状況の就活生もいるかもしれません。離婚をしている、母子家庭という場合、それが企業目線では何らかのリスクとして判断される可能性があるので、不利になるのか?というと、そうなるかもしれないです。親の職業に関してもライバル企業である可能性はかなり低いと思いますから、正直に答えて問題ないケースが多いと思います。法律上は親の職業や家族構成の質問は禁止しており、違法になるケースもありそうですが、現状それだけ企業にとっては欠かせない質問なので、サービス残業と同様に法律を無視している状況です。というか、サービス残業と同様に他の企業がやっているから、うちも良いだろうという認識なのではないでしょうか?面接で親の職業や家族構成の質問されたら嘘をつくという答え方もありますが、念入りに調べる可能性もあることから、それ自体もリスクがありそうです。受かるためには、回答の拒否は無理ですし、嘘もリスクが高い。そうなると、正直に答えて、それが企業にとって望ましい回答だと願うしかないのではないでしょうか?就職活動はそういう意味で、本当に難しいと思います。
 

内定を取るために知っておきたい新しいタイプのナビサイト

就職活動をするときに欠かせないのがナビサイトになりますが、多くの方に知っておいてほしいのが「キミスカ」になります。ここは従来の就活ナビサイトとは方向性が違うのです。従来のサイトは自分で企業を検索し、応募していくことになりますが、このキミスカは企業が学生を検索し、欲しいと思った人に声をかけてスカウトしていきます。スカウトがくると、一次、二次選考などをパスして採用試験を受けることができる場合もあるようです。本来は自分が興味を持った企業に自分がアプローチしていきますけど、キミスカでは企業の方から声がかかるので、実際に声がかかった場合にはその時点で、その人に企業が興味持っている状態です。したがって、企業が自分に興味を持つか?分からない従来のやり方と比べて、より内定までいきやすいと言えるでしょう。気になる人だけをスカウトするわけですから。自分は登録をしてプロフィールページでいろいろなアピールを載せておけば、それを見た企業の人事からスカウトが届き、選考をパスして先に進める可能性もあります。そして、ときには予想外の業界や考えてもいなかった会社があなたの適性や魅力を見出してスカウトを送ってくる可能性もあり、就職活動のフィールドというか、視野が広がる効果もあるでしょう。このキミスカというナビサイトは多くの学生は知りません。逆に皆さんが今利用しているのは誰もが知っている人気のサイトかもしれません。誰もが利用しているサイトは、単純に利用者が多いわけですから、利用者が多ければそこに載っている企業にエントリーが殺到し、倍率が上がりやすくなるので内定が取りづらくなります。そうなると、相対的に内定が取りやすい要素を備えているのはそこまでメジャーじゃない、利用者も多くないサイトです。自分はプロフィールを充実させるだけで、企業を検索することもエントリーをする手間もいりません。スカウトを待つだけで良いので、今使っているナビサイトを使いながら併用できます。就職活動における可能性を広げる効果があると思うので、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

93642975e4fa330729ed31f0bce4ca18_s

内定辞退を電話でするのは緊張して怖い!怒られるのが嫌なら手紙で郵送しよう

内定辞退をするときにはいろいろな方法が考えられますけど、1番メジャーなのは電話ですかね?電話

記事を読む

814bf6636f583038fa63c9eacd350a5c_s

合同説明会は予約必要?してない人も参加可能で無断欠席もあり

毎年12月くらいからかな?合同説明会が始まると思います。こういった合同説明会はだいたい予約制

記事を読む

a3e6f27ef69386b777e5c657dc179af9_s

面接等で「私服でお越しください」の正解を知るイベントがある

就職活動の場では、学生にスーツではなく、あえて私服を要求する会社もあります。それは企業側の思

記事を読む

524e6bb3d5b564bb3f997d64e2f7b81a_s

やりがいより労働条件が大切な就活生が不採用なのは当然

以前、『「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない』などのニュース記事で、給料の

記事を読む

af5cc610a35667ec08a40314a8b8d95e_s

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

4d3cb4c07b0dcc1cdbe7feae3fe9c3d0_s

AO入試や推薦入試は就職に不利なのか?就職できないは幻想だが企業の偏見はありそう

就職活動をするときには、AO入試や公募推薦、指定校推薦などで入学する学生が不利になるという言

記事を読む

6ecae5444f34486c127ab811b2fc3e99_s

就活での自己PRが思いつかない人は、失敗体験をアピール!

就職活動をしていると、いろいろな企業の面接で自己PRを聞かれると思います。また、「学生時代頑

記事を読む

7613c4b17c84d62a301c3dd96cec1171_s

大学職員の仕事内容は楽なのか?それともきつい?忙しい?

大学職員になりたい!と思っている方は多いかもしれないですね。私が大学生だった頃、同じ大学の友

記事を読む

cc2c8a9bf6d572611cb15141a4ffc27e_s

就活の志望動機や自己PRの書き出しは結論から?差別化やインパクトは不要?

就活や公務員試験における志望動機や自己PRの書き方とはどういったものになるでしょうか?志望動

記事を読む

61f6d29013a5b6aee384f6531a9532bf_s

就活や転職の志望動機でお金のため、お金が欲しいからがNGは解せない

就職活動や転職活動、またはアルバイトの面接などで志望動機を聞かれたときに、人事の人にとって望

記事を読む

no image
経営学部や商学部は何を学ぶのか?数学できないときつい?学ぶ内容は面白い、楽しいことも多い?

経営学部や商学部は社会科学系の学部としてはかなりメジャーで、多くの大学

no image
指定校推薦の枠はどれくらい?減る、増える理由は?なくなる理由は相当なことがあったとき?

指定校推薦というのは、それぞれの高校によって大学学部ごとの枠が決まって

no image
公務員の志望動機で民間じゃない理由が浮かばない?人の役に立つ、人のために働くは弱い?

公務員になりたい理由として、人のためになることをしたいとか、人のために

149f02d3cfe33baad80d81f94549f4be_s
広島大学の偏差値や難易度は?センターの足きりのボーダーや入りやすい学部と倍率などについて

広島大学は中国地方における最難関大学と言えると思います。ここは

no image
早慶の現役生と浪人生の比率は?早稲田や慶應の浪人の割合は?二浪や三浪もいる?

早慶と言えば、日本の私立大学の最高峰に位置する大学ですが、ここまでのレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑