すかいらーくグループの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2021/03/24 学生たちの就職活動

すかいらーくグループの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ファミリーレストランは日ごろから多くの人たちが利用しているのではないか?と思いますけど、そういった多くの有名ファミレスのグループ会社となっているのがすかいらーくグループです。このすかいらーくグループの就職の難易度はどうなっているのか?というのは気になるでしょう。すかいらーくグループと言えば、ジョナサン、バーミヤン、ガストなどの有名なファミレスを運営しています。そんなすかいらーくグループの採用試験の難易度に関しては、倍率を知っておくと良いのですが、すかいらーくグループの就職の倍率のデータが見つかりません。したがって、すかいらーくグループの就職における倍率は正確には分からないので、そこは知っておかないといけません。しかし、倍率はそこまで高くはないと思うのです。グループ全体での採用なので、採用人数はかなり多いと思います。採用人数は毎年100~200人程度なので、かなり多くて、それによってすかいらーくグループの就職における倍率は上がりづらくなっています。あとは飲食業界が就活生に人気とは言い難いと思いますから、その点からも倍率は上がりづらいと思います。そういった部分を含めて、すかいらーくグループの就職の難易度を把握しておきましょう。

 

すかいらーくグループの就職では学歴フィルターはある?

すかいらーくグループの採用試験の難易度において重要なのは学歴フィルターでしょう。すかいらーくグループの就職の倍率が不明なので、学歴フィルターの有無に関しては推測しかできません。ただ、採用人数は多いようですから、意外とすかいらーくグループの採用試験の倍率は低い可能性があります。ただ、確実なことは言えませんし、大企業なので学歴フィルターがある可能性は存在するでしょうし、の出身大学をチェックしていきましょう。すかいらーくグループの就職の難易度に関係しますから、学歴フィルターの有無はある程度理解していきましょう。すかいらーくグループの就職の出身大学としては大東亜帝国クラスまでは採用が確認できます。したがって、こういった状況を見えると、すかいらーくグループの就職では学歴フィルターはない気がするのです。すかいらーくグループに就職したい人にとってはこういった部分は重要ですが、恐らく学歴フィルターはないと思います。そもそも飲食業界といったところが学歴フィルターを使うイメージもあまりないですからね。すかいらーくグループの就職における難易度として重要な面になりますが、学歴による線引きはしていないということなのです。

 

しかし、学歴や大学名を一切見ないということではないと思うので、そういったところは理解しておいてほしいです。就活においてはいろいろな選考で学歴や大学名を見ると思いますが、すかいらーくグループの就職でも学歴や大学名は一応チェックすると思います。しかし、合否に関係する割合は高くはないでしょう。結局は人物重視であり、面接試験などが重視されるので、そういったところが重要になるのです。すかいらーくグループの採用試験における難易度として重要なので、こういった面も頭に入れておきましょう。すかいらーくグループの就職の倍率が分からないので、正確な難易度は把握できませんが、間違いなく難しいとは思います。そして、すかいらーくグループの就職の評判に関しても把握しておきましょう。すかいらーくグループの社員の口コミを見て、働き方などに就いて事前に知っておいてほしいのです。すかいらーくグループの就職の評判を見ると、会社の実態を把握することができますから。

 

すかいらーくグループの就職の評判はどうなっている?

すかいらーくグループの就職ではまずは各店舗に配属されて、そこでの運営に携わることになります。すでに話したように、すかいらーくグループではガスト、バーミヤン、ジョナサンなどの有名な店舗があるので、そういったところで仕事をすることになるのです。実際、店舗での勤務に関しては結構重労働になることも多く、すかいらーくグループの社員の口コミでは激務な雰囲気もあります。しかし、重要なのは配属される店舗ごとに忙しい程度はかなり違うということです。店舗の立地によってお客さんの入り具合が異なりますし、あとはアルバイトなどの人員がどれだけ整っているか?によっても変わるのです。社員の負担はアルバイトの人数によっても変わりますから。ただ、バイトが足りている店舗も少ないようで、バイトで働いている人も激務っぽいですよ。アルバイトでも週6で働かされるという口コミがありますから。社員に関しては店舗ごとに異なりますが、忙しいところは2店舗掛け持ちとかもあるようですし、人によっては激務なのかな?と思えてきます。休憩時間に関しては、アルバイトが優先なので社員は休めないこともあるとか、残業が多くて月に80時間程度になることもあるとか、口コミを見ると飲食業界は仕事が忙しいなというイメージがより鮮明になります。

 

休日に関してはしっかりとれて満足という口コミもあれば、思うようにとれないとか、お店優先で働かされるという口コミもあるので、やっぱり店舗次第なのかな?と思います。すかいらーくグループの就職の評判では全体的に不満の声が多く、満足いっているという声はあまりないので、ただ飲食業界はどこも似たような感じな気がするんですよね。アルバイトを集めるのにも苦労するところがあって、時給も上げづらいから人手不足のままで、社員でなんとか回すってところもあると思いますから、そういったところはすかいらーくグループの仕事は激務になりがちです。離職率もそれなりにあります。すかいらーくグループの離職率は公開されていますが、過去3年間の定着率が75~90%となっており、年度によって違います。つまり、離職率は毎年10~25%程度ってことです。ある年に入社した社員のうち、3年間で10~25%程度は辞めているということになります。この数字は飲食業界では普通くらいなんじゃないか?と思います。すかいらーくグループの離職率を見るときには、業界の平均が重要なので、どの会社もある程度は高いと思います。すかいらーくグループの就職の評判を見ると忙しい部分はかなりありそうです。すかいらーくグループの仕事は激務になることもありますが、店舗運営を経て本部での仕事になればまた大分違うでしょう。したがって、激務だったとしてもそれがずっと永遠に続くわけではないと思います。すかいらーくグループの採用試験の倍率はそこまで凄い高いわけではないので、内定が簡単なわけではないものの、人気業界ではないのでチャンスは大いにあると思います。あとは大手の会社なので安定はしているでしょう。そういった面でメリットもあるので、すかいらーくグループに就職したい人はこういった会社の実態も把握したうえで受験をしていきましょう。

 

就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、キミスカはある大きなメリットを持っている状況になります。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけやすいですし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

ベンチャー企業へ就職のメリットやリスクは?将来は倒産が不安?

就職活動で1つ目玉になるのがベンチャー企業です。ベンチャー企業もリクナビやマイナビに載ってい

記事を読む

新卒の就活生の企業選び、求人の探し方のポイント

新卒の大学生は、多くが就職活動に奔走していることと思います。さて、皆さんはどうやって就職活動

記事を読む

就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

就活では面接官の反応みたいなのが気になる人も多くいるのではないでしょうか?面接官がどういう反

記事を読む

コナカの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

就活用のスーツをここで買っているという人もいるかもしれませんが、紳士服のコナカに就職したいと

記事を読む

no image

エーザイの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

エーザイに就職したいと思っている人はその難易度を把握しておきましょう。エーザイの就職の難易度を知って

記事を読む

ENEOSフロンティアの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ENEOSフロンティアの就職の難易度はどうなっているのか?調べておきましょう。エネオスという

記事を読む

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言えば、サービス業というイメージ

記事を読む

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは多くの人にあるかもしれません。

記事を読む

沢井製薬の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

沢井製薬の就職の難易度はどうなっているのか?沢井製薬の就職における難易度を調べるときには、倍

記事を読む

九州電力の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

九州電力の就職の難易度はどれくらいでしょうか?かなり難しい会社であるという認識はあるでしょう

記事を読む

丸紅の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

丸紅の就職の難易度はどうなっているのか?ここに関して知りたいと

HOYAの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

HOYAに就職したいと考えている人はその難易度について調べてい

慶應大と上智大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

慶應義塾大学と上智大学は一般的にはややレベルの差があると見なさ

電気通信大学とMARCHのレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

電気通信大学とMARCHはどっちが上でしょうか?どちらかと言え

日東電工の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日東電工の就職の難易度はどうなっているのか?実際に難易度をチェ

→もっと見る

PAGE TOP ↑