不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

公開日: : 学生たちの就職活動

不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません。不動産業界は大手から中小まで多くの会社があって、候補にする学生はそれなりに多いのかもしれないです。ただ、不動産業界の就職の難易度については正しく知っておきましょう。そして、不動産業界の働き方に関しても頭に入れておいてほしいと思います。不動産業界の採用に関してはある大きな特徴があって、それによって内定を貰うこと自体はそこまで大変とはなっていません。したがって、大手企業は別としても、中小ならば就活の難易度はそこまで高いとは言えないでしょう。そういったところが不動産業界の就職の難易度の特徴になります。倍率などは企業ごとに違いますけど、不動産業界は採用数が多いので、倍率もあまり高くはならないこともあります。不動産業界に就職したい人はそういった部分についても知っておきましょう。不動産業界の評判などに関しても紹介していきたいと思います。内定を取る難しさのみではなくて、不動産業界に就職した後のこともちゃんと考えておきましょう。

 

不動産業界に就職する難易度はどれくらいか?

不動産業界に就職するときの難易度に関してはすでに少し話しましたが、内定を取りやすい場合もあります。というのも、不動産業界というのは全体的に激務です。激務というのはその業界でもあるので、不動産業界特有の話ではないものの、不動産業界の場合には激務のきつさがまた違うのでしょう。多くの人は営業をすることになると思いますが、営業の激務ってきついのです。オフィスの中でずっと仕事をしているケースの激務とは違い、移動することも結構あるので、激務の程度がより大きくなることがあります。だから、離職率が高いと言われています。離職率が高いというのは不動産業界が全体的に激務だからと言えます。不動産業界は激務できついから離職率が上がるのですが、離職率が高いがゆえに、不動産業界の新規採用数は非常に多くなります。だから、倍率が上がりづらいので、不動産業界は意外と就職がしやすいのです。不動産業界の就職の難易度は中小企業に限って言えば、低い方じゃないか?と思われますが、現実的な不動産業界の倍率は会社ごとに違うので、不動産業界の難易度もそれぞれ少しは違うということになります。不動産業界の倍率よりは、企業ごとの倍率を調べた方が良いと思いますけどね。不動産業界の難易度については低い場合があるということで、不動産業界に就職したい人にとってはこういったところは知っておいた方が良いでしょう。不動産業界の仕事内容は全体的にきついので、そこは知ったうえで入社しないといけないですけどね。不動産業界は特に激務で、多くの人は営業を担当することになると思います。不動産業界の営業はやることが多いので忙しいと言われており、だから離職率が上がるのでしょう。それでいて給料は歩合制の部分が大きく、そこまで稼げない人も多いようです。

 

不動産業界では物件販売に関する広告を自分で作ったり、物件の大家さんのところに出向いてあいさつをしたり、あとはお客さんの意向に沿って動かないといけない部分も多く、忙しい大変な営業マンが多いのです。こういったところは他の業界の営業マンも少なからずやっていて、忙しいはずなのですが、不動産業界はノルマが非常に厳しく、ノルマが達成できないと厳しく叱責されるなどの評判があるのです。不動産業界の全部の会社がそうというわけではないにしても、そういう評判があるということは、ある程度は共通している部分である可能性があります。不動産業界が激務で、かつノルマが厳しい、そして給料があまりもらえないとなれば、離職率は高くなるのは当然でしょう。不動産業界が悪いというつもりはありませんが、不動産業界の特徴としてはそういった状況があります。でも、不動産業界以外の業界が同じような部分がないのか?と言えば、ありますよね。営業はどの業界も激務です。だから、不動産業界に限らず、営業職を担当する人は同じような状況になりかねないというのは知っておいた方が良いです。営業は向き不向きがかなり関係していると思うのです。でも、不動産業界は就職の倍率が低いケースもあり、難易度が低いので内定が取りやすいから、そこを受けて就職するという人は常にいます。だから、会社としてもそういう体制を変えないのではないか?と思います。辞めてもすぐに就職希望者がたくさんきますから。不動産業界に就職したい人は楽に就職できるわけではないが、比較的就職しやすい業界である可能性があります。ただ、不動産業界は仕事内容がきつい場合が多く、激務で給料が安い可能性は十分に考えられるのです。でも、他の業界でも営業職をやれな、不動産業界だけではなく激務な状況はあると思うので、今どきはどの業界でも忙しい面はあるということで、そこはある程度許容しないといけないところかもしれないというのは、頭に入れておいてほしいと思います。不動産業界の評判に関してはどこもある程度共通しているので、知っておくと良いと思います。

 

就活におけるナビサイト選びが内定を取るために非常に重要!

就活をするときにはナビサイトを利用することが多いと思いますけど、そのナビサイトはどうやって選んでいるでしょうか?多くの就活生はあまり深くは考えていないと思います。無意識のうちに有名なところ、知名度が高いところを選んでおけば大丈夫だろうという判断をしていると思うのです。しかし、そういったナビサイトは必ずしも就活生にとって選ぶべきところとは言えないのです。なぜならば、そういったところはみんなが使っているからです。有名で知名度が高ければ、就活生の多くが登録することになります。だから、結果的にほとんどの就活生が特定の有名なナビサイトに集中してしまうという現象が起きます。多くの就活生が特定のサイトに集中すると、そのサイトから大量の就活生がエントリーすることになるので、そのエントリーの総数は膨大になります。その膨大なエントリーがそのナビサイトに求人を出している企業にそれぞれ届くことになりますから、そのナビサイトに求人を出している会社というのは1社あたりのかなりのエントリーが届くこともあり、結果的に倍率が高くなりやすいのです。自分がエントリーした会社に他にも大量の就活生がエントリーしているという状況が普通にありえます。そうなると、内定が取りづらいのです。倍率が上がるわけですから。したがって、知名度は高くはないが、多くの就活生が利用していない穴場的なナビサイトを使うことは有効で、リスクを分散することができます。例えば、「キミスカ」はおすすめで、ここはいつも使っているナビサイトとは違って、就活生がエントリーするのではなく、企業が学生をスカウトするという画期的なサイトになります。企業がキミスカに登録している就活生の中で興味がある人がいれば、スカウトを送り、自社を受けてもらうという流れになるのです。キミスカでは企業からアプローチをかけるという流れになっていますが、それによって非常に大きなメリットが生まれます。それはすでに自分に関心を持っている企業を受けることができるということです。

 

従来のやり方では、就活生が自分にとって理想と思う企業にエントリーして受けていくので、企業側はその学生を気に入るとは限りません。多くの場合、就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、結果的に自分に関心を持ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったということになり、それは自分を採用する確率がほとんどなかった企業を受けてしまったということが言えるのです。結果論ですけどね。ただ、キミスカはスカウトが着たところを受ければ、すでに自分に興味を少なからず持っていることが確定します。スカウトを送ってくるということは、自分に対して良い印象を持っているということですから。そこを受ければ少しでも内定が取りやすい状態になっている会社を受けられるのです。そして、キミスカのすごいところはスカウトが着た企業を受けると、一次選考や二次選考をパスして特別扱いで選考に臨めるケースがあるということです。これも大きなメリットになります。確実に内定に近づいている状態で受けられるわけですから。こういったところがキミスカのメリットになります。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと一緒に使うこともできるので、併用ができますから、タイプが違うナビサイトを組み合わせるというのも1つリスクを分散させるときには重要なポイントと言えると思います。多くの就活生はキミスカのようなナビサイトを知りませんから、他の学生に差をつけることがしやすいですし、自分以外のライバルが従来のやり方で高い倍率の中で受けている中、自分がそれとは違う状況で優位に就活ができるとなれば、かなり有利ですから、本気で内定が欲しい人にとっておすすめだと思いますし、無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

パイオニアの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

パイオニアと言えは、電気や電子機器、通信機器などのメーカーになりますけど、大きな会社だけにパ

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

no image

内定辞退をして再受験、再応募は可能?もう一度受けることは不利になる可能性もある

内定辞退をしたが、その企業にもう1度応募したくなったというようなケースがありえるかもしれません。そう

記事を読む

熊谷組の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

熊谷組というと、建設業界として非常に規模が大きい有名な会社と言えるでしょう。この熊谷組に就職

記事を読む

就活でリクルートスーツはなぜ必要?実は必要な理由はない?

就職活動では当たり前のリクルートスーツという謎のものがあるが、これはどうして必要なのでしょう

記事を読む

面接官がメモをとらない、何も書かないでも落ちるフラグではない!書き込みの内容次第で決まる

面接を受けているときには面接官がどういう動作をしているか?気になる人もいると思います。それを

記事を読む

面接で逆質問がない場合、思いつかない際の考え方!いくつ、何個用意しておけば良いの?

就活ではいろいろな質問をされることが多いです。公務員試験でも同様ですが、面接においては逆質問

記事を読む

NTTドコモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTTドコモの就職における難易度は非常に高いという想像ができるでしょう。日本の携帯電話の会社

記事を読む

アデコの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アデコに就職したいと考えている人はその難易度をまず理解しておきましょう。アデコの就職の難易度

記事を読む

面接等で「私服でお越しください」の正解を知るイベントがある

就職活動の場では、学生にスーツではなく、あえて私服を要求する会社もあります。それは企業側の思

記事を読む

日本総合研究所の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日本総合研究所の就職の難易度はどうなっているのか?日本総合研究

同志社女子と京都女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

同志社女子大学と京都女子大学は関西では非常に有名な女子大です。

広島銀行の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

広島銀行の就職の難易度はどうなっているのか?広島銀行に就職した

産業能率大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

産業能率大学は世の中の知名度はあまり高くはありませんが、そこそ

アデコの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アデコに就職したいと考えている人はその難易度をまず理解しておき

→もっと見る

PAGE TOP ↑