食品業界、メーカーの就職は安定性や評判が高いが難易度や倍率もヤバイ

公開日: : 最終更新日:2017/03/22 学生たちの就職活動

食品業界、メーカーの就職は安定性や評判が高いが難易度や倍率もヤバイ8cf06e1a97f77b21839090faed1e5852_s

就職活動をするにあたって、どの業界を志望するか?というのは、極めて大きな要素です。1つに絞らなくても良いと思いますし、福栖の業界を受けていっても構わないと思いますが、就活生に昔から人気なのは、食品会社です。食品メーカーは老舗が多く、大きな有名な企業がひしめいているので、割と安定したところが目に付きます。安定したという部分はやはり多くの就活生にとっても重要です。しかも、食品メーカーが扱っているのは食品なので、生活に絶対に必要なモノです。具体的に何を扱っているか?にもよりますが、同じ大企業でも娯楽の品などを扱っている会社と比べたら、需要が落ちる心配も少ないので、大企業の中でも、さらに安定した企業経営がしやすいという特徴もあると思います。そういった部分のメリットも食品業界にはあると思うのですが、そこへの就職の難易度は高いです。それは大企業が多いということもありますし、昔から人気の業界ですから。食品業界はとても倍率が高いことが予想されます。そういった事情を理解したうえで、就職活動の中で食品業界を受けていきましょう。

 

食品メーカーの就職のための難易度と倍率の高さ

すでに就活における食品業界の難しさ、倍率が非常に高いという点を紹介しましたが、これ自体はもうデータとしても残っているみたいです。2015年の就職活動における人気上位の企業、倍率が得意に高い企業のランキングでは食品メーカーがこぞってランクインしています。やっぱり多くの学生にとって、身近な存在なんでしょうね。すでに述べたように、食品っていうのは、誰もが口にするもので、嫌でもいろいろな製品を食べていることから、次第にその食品を作っている会社が頭に入ります。有名、無名問わず日頃からいろいろな会社のものを食べているはずで、無意識にそういう会社を意識してしまっているのかもしれないです。だから、食品メーカーは馴染みのある企業が多く、就職活動においても、名前がパッと浮かびやすいため、多くの人がエントリーをして、選考を受けるようになるため、倍率も跳ね上がりやすいと。そして、難易度も非常に高くなりやすいのです。それが『内定競争倍率「高い50社、低い50社」はどこか』の記事にも書いてあります。

まずは高倍率ランキング50社を見ていこう。1位は大手食品メーカーの明治。事務系総合職は応募者約1万1000人に対して内々定者数は4人。倍率は唯一の4ケタとなる2750倍だ。2位には繊維商社の蝶理(552倍)、3位には乳業大手の森永乳業(533倍)が入った。

注目は、なんといっても食品メーカーの強さ。明治、森永乳業に続き、味の素ゼネラルフーヅ(6位、376倍)、ヤクルト本社(7位、318倍)、カゴメ(9位、308倍で技術系含む)と、トップ10の半分を占めた。11位以下でも、サントリー食品インターナショナル(14位、275倍)、ハウス食品グループ(15位、268倍)、味の素(16位、267倍)などが続く。

大手食品メーカーは待遇の良さに加えて事業の安定性、そしてやはり「食」という誰しもに身近な存在なのも就活生の人気を集めている理由だろう。いずれも、数千~1万人超の応募者に対し、内々定者は数人~数十人と非常に狭き門だ。「御社の商品が好きだから」という志望動機だけで、選考を勝ち抜くことは困難なことが想像できる。

明治の就職倍率が2750倍って凄いですね。ここまでの就活の倍率、難易度は見たことないですよ。キー局のアナウンサーとかのレベルかもしれません。それ以外でも、100倍を越える倍率はもはや当たり前くらいの感じで、名前を聞いたことがあるような有名な企業であれば、100倍は最低でもあるというのは覚悟しておいた方が良いです。ちょっとマイナーな会社になると、倍率は落ちるかもしれませんが、それでも難しいことには変わりないと思いますし、何よりもマイナーな会社であっても、食品業界自体が人気なので、やはり多くの就活生が受けにくることは変わりないということですね。つまり、食品業界を志望する学生は、食品業界を受けて構いませんが、やはり業界を1つに絞るというのは、リスクが大きいです。これはどの業界にも言えることですが、倍率や適性などの問題において、1つの業界に絞ってしまうと、そこが自分にとって不利な要素を含んでいる場合に、内定がものすごく取りづらい状況になってしまいます。しかも、それに本人が気付かないという場合もあるので、志望業界は1つではなく、複数にしていった方が内定をとれる確率は上がる気がします。食品業界への就職は特に倍率が高いので、難易度も相当なレベルだと思った方が良いのです。

 

食品業界は学歴、大学名もかなり重要になってくる可能性がある

食品業界はほとんどが大手企業なので、すでに紹介したように最終倍率も相当なものです。最終倍率が100倍を越えているということは、選考が本格化する前に絞っている可能性も高いです。そうなれば、会社説明会への参加やエントリーシートの提出の時点で、学歴による選考をしている可能性も結構あるんじゃないか?と思います。大手企業ほど学歴フィルターなどで足きりをしますからね。そうなると、有名大学、高偏差値の大学じゃないと無理とまでは言いませんが、企業によっては厳しい場合も考えられます。これは大手企業を受ける学生も宿命かもしれませんね。就活において学歴っていうのは、最重要ポイントではないが、学歴がないとそもそもスタートラインにすら立てない企業もあるということなのです。有名国立大学、早慶上智くらいまでなら問題ないと思いますが、それ以下の大学になると、学歴フィルターが影響してくる可能性もあると思いますよ。でも、受けるだけ、エントリーするだけならタダですから、諦めないでやってほしいとは思いますけどね。でも、そういった部分も含めて、食品メーカーへの就職は難易度が高い、難しいというのが分かってもらえるのではないでしょうか?数ある就職活動の業界の中でも、特に難しいのがこの食品メーカーへの就職になると思いますよ。食品会社への就職に憧れている方も多くいますが難易度を理解して、リスクも理解して、他の業界と併せて就職活動をしていくことをおすすめします。

 

食品業界の職種や仕事内容、そして評判は?

食品メーカーは、ある程度仕事内容自体は共通していると思いますが、商品開発、研究開発、商品企画、マーケティング、営業、販売促進などになるかと思います。いろいろな職種があるので、どれで働くか?によって、食品メーカーでの仕事がきついか?大変か?どうかも変わってきます。しかし、特に多くの人が気にしているのは、海外での仕事かもしれません。食品メーカーは大手企業ということもあって、海外勤務は相対的に多いでしょうし、絶対に海外というわけではないですが、海外で仕事ができそうな語学力に堪能な人間は相対的に有利とも言われています。あと、海外勤務じゃなくても食品会社は全国転勤が多そうですね。これも大手企業の宿命です。食品メーカーは全国転勤は避けるのは難しいです。食品メーカーは安定している代わりにそういったリスクもあるので、そこを理解しておかないといけないのです。それでも他人に自慢できるとか、誰もが知っている社名だからと、食品会社は特に評判が良い面もあります。もちろん、仕事内容はきつい面もあると思いますが、それはどこも共通でしょうから。誰もが知っている社名で、安定していて、給料や年収もそれなりに高いのが食品業界、食品メーカーになりますから、その点においては食品メーカーは評判が高い面もあります。そこまでブラックな感じは受けませんが、結局は就職する会社にもよるかもしれません。食品メーカーは安定、給料や年収が高い、知名度が高いというメリットが大きいですが、海外勤務、全国転勤などのデメリットもあるので、そういった両面を理解した上で受けていきましょう。

 

就活で内定を取れる確率を上げられるアドバイザー在籍のWEBサイト

就職活動をしているときというのはどうしても不安が付きまとうものではないでしょうか?1人で行わないといけないものでもあるので、やはりそこが自信を持てない1つの原因になるかもしれないのです。しかし、就職活動に詳しい人間と二人三脚で就活を行っていけたら全然違うと思います。「無料就活支援サイト【ココリク】」というサイトでは、就職に詳しいアドバイザーがあなたの就職活動をサポートしてくれるので、内定を取れる確率が上がる可能性が期待できます。アドバイザーというのは何か?というと、普段は就活のナビサイトに在籍している人のことで、彼らは新卒の就職に相当詳しいです。そして、ココリクにはそういったアドバイザーが複数いるので、彼らに企業の選び方はどうしたら良いのか?志望動機の作り方はこれで良いのか?内定を取るためにはどうしたら良いのか?など、就活に関する質問や相談をすることができて、親身になって答えてくれます。つまり、自分専用のアドバイザーを確保することができるので、それによって就職活動における疑問点や気になる点を解決することができますし、内定の確率を上げられるようないろいろなアドバイスをもらえる可能性があるのです。また、それぞれのアドバイザーが在籍するナビサイトには特別推薦枠というのがあるのですが、ココリクを利用している人はその特別推薦枠を利用することができるケースがあり、それによって同じ企業を受けるときでもより内定の確率が高くなることも考えられるので、かなり有利です。しかも、特別推薦枠では選考を受ける前に履歴書の添削や面接の練習などをアドバイザーと共に行っていけるので、内定の確率も高くなりそうですよね。こういったメリットがあるのがココリクになります。多くの就活生はこういうサイトを知りませんから、自分が利用していればライバルに差がつく可能性もあります。内定獲得のためにかなり有利だと思うので、良かったら参考にしてみてください。無料の会員登録で利用が可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

エントリーシートが通らない、落ちる就活生の特徴

就職活動をやっていて、エントリーシートなどの書類選考が通らないという人もいますよね。こうした

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

就活や転職の志望動機でお金のため、お金が欲しいからがNGは解せない

就職活動や転職活動、またはアルバイトの面接などで志望動機を聞かれたときに、人事の人にとって望

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

図書館の無料貸出しで出版業界の今後はオワコン化、衰退する?

出版不況とさえ言われているほど、出版業界はかなり厳しい立場に立たされています。レコード会社な

記事を読む

就活でリクルートスーツはなぜ必要?実は必要な理由はない?

就職活動では当たり前のリクルートスーツという謎のものがあるが、これはどうして必要なのでしょう

記事を読む

合同説明会は予約必要?してない人も参加可能で無断欠席もあり

毎年12月くらいからかな?合同説明会が始まると思います。こういった合同説明会はだいたい予約制

記事を読む

no image

内定辞退はあっさり終わるが普通?怒鳴られる、キレる、会社に呼ばれるは稀?

内定辞退をしたいと思っている学生は結構いると思うのですが、なかなか内定辞退をする勇気を持てないという

記事を読む

大企業はうらやましい?激務で入りたくない人も!メリットがデメリットになる理由

大企業に入りたいという人がいる一方で、大企業には入りたくないと思っている人もいます。大企業で

記事を読む

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書き

京都橘大学のキャンパスの立地条件や雰囲気と評判や口コミは?就職支援や就職実績はどうなっている?

京都橘大学はキャンパスへのアクセスがいろいろな方法によって可能

東洋大学の看板学部は?学部の序列や順位を難易度でランキングにしてみました

首都圏の私立大学では中堅大学になりますが、規模も大きくて有名な

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからス

京都女子大学のキャンパスの立地条件や評判と口コミ、就職支援や就職実績の内容は?

京都女子大学は京都を代表する女子大で、それなりに難しい大学です

→もっと見る

PAGE TOP ↑