SPIで落とされる人の割合や通過率は?性格検査や診断は運ゲーか?

公開日: : 最終更新日:2021/04/19 学生たちの就職活動

SPIで落とされる人の割合や通過率は?性格検査や診断は運ゲーか? – Retire in their 20s19fa6e1892001e5ec46584c28d05d36c_s

就職活動で確実にSPIなどの筆記試験を受けていくと思うのですが、こういった筆記試験を受けている中でも通過率が高い人と低い人がいると思います。結構SPIに受かる人と落とされる人で分かれやすいのです。そりゃ試験なので、そういう傾向はどうしてもあると思いますけど、それはどうしてなんでしょうね?筆記試験なので、努力の量で、頭の良さで全てが決まるということにも一見見えますけど、必ずしもそういうわけではないのです。SPIなどの筆記試験でも、通過しやすい人とそうじゃない人がいるので、どうしてそういう違いが生まれるのか?分析することは大切です。そして、SPIの意外な落とし穴としては、足きりとして利用されていて、受ける意味がそれほど感じられない場合もあるかもしれません。またはSPIの中では筆記試験よりも対策が難しい性格検査の方が肝になっているとか。SPIは筆記試験の部分と性格診断や適性検査の部分に分かれますから大変なんです。勉強だけできれば良いというわけではないようですし。足きりというのは、必ずしも筆記試験の点数で決められているとは限らないということです。学歴などで判断されて、結局SPIはお飾りになっている可能性もありますから。学歴フィルターだと気付かれないために、あえてSPIを実施して上手く隠そうとしているケースもあるかもしれません。そうなると、SPIでどれだけ頑張っても、学歴で乗り越えられないケースが多々あるということも言えるでしょうか。

 

SPIの通過率はどれくらいなのか?

企業によるのでしょうかね?というか、その場合には筆記試験の前にどれだけの選考があるか?というのも1つの重要になってきます。SPIが1次選考であれば、ここで一気に足きりをするために落とす人数も多いのかもしれませんが、SPIの前に何かしら選考をやっている場合もあります。つまり、この場合では、選考はやっていないが、事実上学歴フィルターとかで、すでに絞られている可能性もあります。そういうケースでは、SPIでは、そこまで絞らない可能性もあるが、このケースでは学歴フィルターはあるのか?ないのか?というのは簡単には判断できません。また、先ほど言ったように、SPI自体が学歴フィルターの要素を加味していて、筆記試験の点数で合否が決まっていないという場合もあるので、学歴フィルターが多くの企業で導入されているという前提に立つと、結局は会社説明会の参加の時点で、行われているのか?その後の選考の中に含まれているのか?の違いでしかないでしょう。そうなると、学歴はやっぱり重要かもしれないということです。

 

通過率は明確なことは言えませんが、平均は5割くらいなんじゃ?と思います。少ないと、2,3割、多いと7.8割通る気がしますが、これも企業の考え方次第ですね。あと、学生が応募してくる前から、すでにどういう流れで選考をしていくのか?という大枠はだいたい決まっていると思いますが、その年の学生のエントリー次第では、かなり多くのエントリーが集まってきて、予想以上に足きりをしないといけなくなってしまった。みたいな場合では、一次選考では予定上に落とす人数を増やさないといけないみたいな状況もあり、それがSPIの場合であれば、通過率が一気に下がることもあるかもしれません。ただ、そういうケースでは学歴フィルターを使って、説明会に参加する人数を絞るケースの方が多そうですけどね。やり方は企業それぞれなので、何とも言えませんが、SPIの通過率に関していうと5割くらいが平均になりそうな気がします。平均なので、企業ごとに結構差があるという意味では、平均を出してもあまり意味がない気もしますけどね。

 

求める人物像を参考にしてもあまり意味がないというケース

SPIは国語、算数(数学)、英語などのいわゆる学校の勉強面を見ている問題と性格面を見ている問題に分かれると思います。性格面の問題の方ももちろん、SPIとして出題している以上は関係してくるものだと思いますが、これが原因で落ちている可能性も否定できません。このSPIの中でも性格検査、適性検査と呼ばれている方がどれだけ合否に影響しているのか?は分かりません。ちゃんと見ていて、自社に合うか人間か?どうかを見極めているのかもしれないし、これはお飾りで、学歴フィルターで実は選考していて、筆記だけだと自分の手応えが分かってしまうから、ちゃんと点数をとれたのに落とされると、あれ?何で落ちたの?と疑問に思う就活生が出てきてしまうので、SPIとが違い、正解が分からない、手応えが分からない性格診断、適性検査をSPIに入れておけば、それが企業の求める人材にマッチしていなかったから落とされたんじゃ?と錯覚させることもできるため、あえて課しているケースもあるかもしれませんから。しかし、実際は想像しかできないので、わかりません。でも、仮にSPIに含まれるちゃんと性格診断のほうを自社が求める人材に合っているか?という視点で見ていたとしても、これって対策のしようがないじゃないですか?運ゲーでしょう。求める人物像なんてどうやって分かるのよ?ということになります。

 

リクナビやマイナビのページには、求める人物像が書いてあるし、会社説明会でも言っている場合もあるじゃないか!という反論がありそうですが、これも実はあまり意味がないケースもあります。少なくとも、リクナビやマイナビに載っている求める人物像は、会社が求人を載せてもらうときに必要事項を書くのですが、そのときに求める人物像の欄があるから、仕方なく書いているというケースが多いのだそうです。だから、企業にとってみれば、別に求める人物像なんてないけど、みんなが履歴書やエントリーシートを書くときと同じですよ。空欄もあれだから、とりあえず埋めておこうと思って書いているケースもあるので、その場合には全く参考にはならない。企業がそこに書いてある人物像の人間を欲しがっているわけではないのですから。だから、参考になりそうでならないのです。でも、会社説明会であえてそういうのを発表している場合には、ちゃんと企業がそういうポリシーを持っているからこそ言ってくれているということになるかもしれませんから、その場合にはある程度参考にしても良いのかもしれないですね。求める人物像がちゃんと企業が抱いている欲しい人材の姿に一致しているという前提ならば、それを真似て、そういう人材に見えるようにSPIの性格検査、適性検査の部分を答えていくという方法もありますが、少なくともリクナビやマイナビに載っている求める人物像は、欄があるから仕方なく書いたという企業も結構混じっている可能性もあるので、あまり鵜呑みにしない方が良いかな?と思います。だから、求める人物像がはっきりしない、明確に掴めないというケースであれば、もはや運ゲーと言っても良いような気がします。

 

就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度が低いと言えるサイトの中にも実はおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができる部分は非常に魅力的です。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

ケンコーマヨネーズの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ケンコーマヨネーズに就職したいと考えている人はまずはその難易度をチェックしておいてほしいです

記事を読む

ENEOSフロンティアの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ENEOSフロンティアの就職の難易度はどうなっているのか?調べておきましょう。エネオスという

記事を読む

NTTドコモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTTドコモの就職における難易度は非常に高いという想像ができるでしょう。日本の携帯電話の会社

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

成成明学獨國武の就職の評判は?学歴フィルターで成蹊、成城、明治学院は影響ある?

大学受験の括りで成成明学といったものがあります。これに國學院、獨協、武蔵を加えるパターンもあ

記事を読む

SMBC日興証券の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

SMBC日興証券と言えば、証券会社の中でも非常に知名度が高い大きな会社です。就活生の就職した

記事を読む

UCC上島珈琲の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

UCC上島珈琲の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職したいと思っている人であれ

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

メガバンクへの人気というのは就活生の中では常にあるわけで、三井住友銀行に就職したいと考えてい

記事を読む

津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になる人もいると思いますけど、学歴フィルターと

記事を読む

神奈川県立生田高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立生田高校は神奈川県川崎市多摩区にある男女共学の公立高

正則高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

正則高校は東京都港区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東

成城学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

成城学園高校は東京都世田谷区にある男女共学の私立高校です。最寄

神奈川県立百合丘高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立百合丘高校は神奈川県川崎市多摩区にある男女共学の公立

玉川学園高等部の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

玉川学園高等部は東京都町田市にある男女共学の私立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑