電気通信大学とMARCHのレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

公開日: : その他の話題

電気通信大学とMARCHのレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは? – Retire in their 20s

電気通信大学とMARCHはどっちが上でしょうか?どちらかと言えば、MARCHの方が知名度は高く、電気通信大学はあまり有名ではありません。しかし、電気通信大学は理系の分野ではかなり評判が高いですし、そこそこ難易度も高いので、MARCHのレベルであれば割と近い状況だと思われます。したがって、両者の偏差値やレベルを比較して、どっちが上か?について考えていきたいと思います。また、それぞれの大学のイメージについても考えていきたいと思います。電気通信大学とMARCHはともに頭いい大学であり、難易度は十分に高いでしょうけど、各大学の特徴などを踏まえたうえで、どっちがいいか?について理解していくと良いと思うのです。

 

電気通信大学とMARCHの偏差値の違いは?

電気通信大学とMARCHの偏差値やレベルはどっちが上か?について考えていきたいと思います。電気通信大学の場合には学部が1つしかなく、情報理工学部のみとなっています。河合塾の偏差値を見ると、55.0~60.0であり、この数字はMARCHと比べると同じくらい友言えるでしょう。MARCHの場合には明治大学、青山学院大学、立教大学の偏差値が高めで、法政大学と中央大学はやや低めになります。全体を総合すると、理系学部は50.0~62.5の間くらいです。したがって、電気通信大学と同じくらいのレベルになります。実際はどっちが上か?という正確な判断は難しいですけど、大雑把に言えば同じような難易度なのです。ちなみに関関同立になると、MARCHよりもやや偏差値が下がるので、電気通信大学の方が上と評価できると思います。関関同立も同志社大学とそれ以外の大学で大分状況が変わりますが、基本的にはMARCHよりは下という扱いになっているのです。比較対象が上智大学となると、やや上智の方が上と言えるかもしれませんが。

 

電気通信大学とMARCHはどっちが上か?と言えば、同じくらいのレベルという評価になりますが、世間一般ではそもそも電気通信大学の難易度を正確に把握している人は少ないでしょう。というか、電気通信大学を知っている人もかなり少ないのではないか?と思われます。したがって、大学自体の知名度については大きな差があるでしょう。だから、電気通信大学とMARCHはともに頭いい大学とは言えるものの、両者の難易度の違いについて理解している人は、実際のところあまり多くないと言えると思います。では、電気通信大学とMARCHのイメージや雰囲気の違いについても知っておきましょう。特に両者のキャンパスの立地条件については把握しておいた方がいいです。そのうえでどっちがいいか?について考えていくようにしましょう。

 

電気通信大学とMARCHのイメージや雰囲気の違いは?

電気通信大学とMARCHのイメージや雰囲気の違いについて見ていきたいと思います。これらの大学の1番の違いと言えば、その知名度でしょう。MARCHは明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学いずれも有名ですが、電気通信大学は知名度は微妙でしょう。一般的にはあまり知られていません。また、キャンパスの立地条件にも違いがあります。電気通信大学は東京都調布市にあり、都内ではありますけど、23区内ではありません。MARCHの場合には、文系は都心に近いです。しかし、理系学部は郊外になることが多く、明治は神奈川県川崎市(東京都中野区)、青学は神奈川県相模原市、法政は東京都小金井市といった場所になりやすいです。中央は東京都文京区、立教は東京都豊島区なので、都心に近いですが。この状況でどっちがいいか?と言えば、好みの問題がかかわってきます。これは関関同立もそうです。同志社大学や立命館大学は京都府、関西大学は大阪府、関西学院大学は兵庫県にメインキャンパスがありますが、理系だと就学キャンパスが文系と微妙に違うケースもあるでしょうし、どっちがいいか?は各自で異なる問題でしょう。ちなみに上智大学の理系は東京都千代田区にキャンパスがあります。

 

電気通信大学とMARCHでは就職の違いはある?

電気通信大学とMARCHにおいて、就職に関する違いはあるのか?というと、ないとは言えないでしょう。偏差値やレベルに関して言えば、電気通信大学の方が明らかに上とは言えない状況です。しかし、理系に関しては私立大学よりも、国公立大学の方が基本的には設備面で優れているので、その点が評価されやすいです。だからこそ、就職において電気通信大学とMARCHではどっちがいいか?というと、電気通信大学と言える余地はあります。しかし、電気通信大学は学部が1つしかなく、学生数がMARCHの各大学と比べてもかなり少ないです。OBやOGの数で言えば、相対的にかなり少ないため、この点で言えばMARCHが有利と言える余地があります。理系の学生を多く採用する会社でも、営業や事務など、文系の学生を採ることはよくあるため、文系も含めて学生が多くいるMARCHの方が、特定の会社の採用実績においても数が多くなりやすいです。そして、すでに採用実績が多くある大学の方が、採用しやすいという傾向が存在します。これは関関同立でも、上智大学でも同様でしょう。電気通信大学とMARCHはともに頭いいと言える学歴です。そのうえで、どっちがいいか?というのは、非常に難しい部分だと思います。要するにどちらを選んでも大きくは変わらないかもしれないということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

同志社女子と京都女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

同志社女子大学と京都女子大学は関西では非常に有名な女子大です。全国的にそれなりに知名度があり

記事を読む

横浜市立大学の評判や口コミや立地条件は?就職率や就職状況、医師の国家試験の合格率についても記載

横浜市立大学はキャンパスが4つほどあります。学部は2つしかないのですが、キャンパスは4つある

記事を読む

専修大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

専修大学附属高校は東京都杉並区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は京王線の代田橋駅、東京

記事を読む

東京農業大学第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京農業大学第一高校は東京都世田谷区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は小田急小田原線の

記事を読む

駒澤大学の偏差値は普通、合格最低点から受かりやすい学部は?

東京都の駒澤大学駅、または桜新町駅から通うことができる駒澤大学に入りたいと思っている方も多い

記事を読む

貞静学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

貞静学園高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東京メトロ丸の内線の茗荷谷

記事を読む

広島大学の偏差値や難易度は?センターの足きりのボーダーや入りやすい学部と倍率などについて

広島大学は中国地方における最難関大学と言えると思います。ここは広島県でもトップの大学になると

記事を読む

センター試験の廃止は反対意見やデメリットが多い?達成度テストの記述式は必要ないと思う

未来の受験生は知っておきたいことですが、センター試験は廃止されることになっています。センター

記事を読む

指定校推薦の校内選考の決め方は?どうやって決めるのか?選ばれるには評定平均がやはり重要か?

指定校推薦はどうやって決めるのか?選ばれるにはどうすればいいのか?これに関しては、最終的には

記事を読む

明治学院大学の難易度やレベルは難しい?入りたい人はMARCHを目指せ!

明治学院大学を目指している方もいるのではないでしょうか?首都圏のミッション系の大学として、上

記事を読む

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

狭山ヶ丘高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

狭山ヶ丘高校は埼玉県入間市にある男女共学の私立高校です。最寄り

公募推薦は受かりにくい?受かる確率は?向いている人の特徴と受かる気がしない場合の対策

公募推薦は受かる確率はどれくらいか?という点が気になる人が多い

都立駒場高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立駒場高校は東京都目黒区にある男女共学の公立高校です。最寄り

→もっと見る

PAGE TOP ↑