サラリーマンは地方移住、田舎暮らしに失敗するリスクが大きい

公開日: : その他の話題

サラリーマンは地方移住、田舎暮らしに失敗するリスクが大きい038b8d8a26b8283221a010db64ed12a8_s

リタイア生活を考えているときに、地方に移住する人が結構いますよね。有名なのはブロガーのイケダハヤト氏でしょうか?彼はリタイア生活を意図しているわけではないかもしれませんけど、ある程度ネットでも影響力を持った人として、地方移住の先駆者になったと思います。彼は高知県に移住して、かなり充実した生活を送っているみたいですね。実際、彼のブログには今でも高知県に関する話題がとても多いです。私自身、高知県に限らず地方についてほとんど知らないのですが、彼がほとんど連日写真入で、高知県の魅力について語ってくれていると、どうしても惹き付けられますね。高知県に対する見方がどんどん変わっていく感じです。彼はそういう地方に移住して、地方の魅力を伝えてくれるブロガーが増えてほしいと願っているみたいです。

 

地方に移住する魅力とは?

地方に移住すると、都会に住んでいるときには味わえない部分を体感できるのでしょうね。高知県はどちらかというと、田舎のイメージが今もあります。田舎暮らしに逆に憧れている人もいると思います。定年退職して田舎に引っ越したり、リタイア生活のために田舎暮らしを洗濯するという人もいるでしょう。田舎の方はやはり家賃なども安いです。その分賃金が安いということもいえますけど、イケダ氏のように住んでいる場所にとらわれない仕事をしていると、賃金の安さというのは大した問題になりません。それは仕事をする場所が変わるだけで、仕事そのものに変化はないからです。彼は相変わらずブログを書き続けています。彼のようなフリーランスをメインの仕事にしていると、ネット環境さえあれば、場所は問題ならないんですね。

 

地方に移住しても、影響を受けない働き方

従来のように、サラリーマンとして雇用されていると、そこは同じようにはいきません。移住するとなると、働く先(会社)などが変わる。職場も変わるから、またそこに慣れるまでに時間もかかるし、転職した結果、給料が安い、休みがとれない、労働時間が多いとか、いろいろな変化があると思います。その変化が良い方になることもあるかもしれませんけど、そうじゃないケースだと困りますよね。だから、働いているときに地方に移住するリスクって、サラリーマンは物凄い大きいと思うのです。ただ、ネットを中心にしたフリーランスの場合は、先ほども言ったようにネット環境さえ整っていれば、都会か?田舎か?または日本か?それ以外の国か?といったことは問題になりません。どこに住んでいようと同じ仕事がそのまま引き続き行えます。最近はフリーランスが増えていますよね。ある意味、リスクを恐れないで地方に移住できるのがフリーランスなどの非雇用者になると思います。

 

フリーランスの人が地方に移住すると、どういう影響を受けるか?というと、単純に家賃などの安さ、お金がかからないというメリットのみをほ享受することになるということです。イケダ氏はこうやって、地方で生活することの魅力やメリットを伝え続けています。それは彼自身は地方に移住して良かったと思えているからでしょう。私なんかも今は都会なのか?分かりませんが、首都圏に住んでいます。ただ、高知県のみならず、地方への関心は以前よりは高まっています。同じような人もいるのではないでしょうか?ちょっと都会を脱出して、地方に住んでみたいな・・・。と思っているけど、働いているうちは無理だと考えている人もいそうです。サラリーマンとして働いていると、そう簡単に地方に引っ越すというのはできないですよね。やはりサラリーマンの制約の多さがネックになります。

 

フリーランスになると、可能性が無限に広がる

イケダ氏は地方へ移住してくれる人が増えるのを願っているようで、ブログにて地方で生活することの魅力を伝え続けています。私は働き方について多くの人に常識にとらわれない見方をしてほしいと思っています。私自身、フリーランスとして生活していますから、サラリーマンと比べると大分自由度が大きいです。したがって、フリーランスとして仕事をする魅力とかも伝えれいければと思います。屋とわれの身でない働き方になると、本当にいろいろな意味で世界が変わりますよ。そして、都会じゃ出来ないような地方での移住生活というのも叶う確率は上がるでしょう。田舎暮らしや地歩への移住に憧れているけど、それが達成できそうにないという人へ、それが達成できるヒントをできるだけ提供していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

上智大学の学部の順位や序列は?偏差値やレベルでランキングを作成してみました

上智大学の学部は国際的な要素を備えたものを多く揃えています。その中ではどういう序列になってい

記事を読む

学歴コンプレックスは一生消えない?治らない?多い大学は日東駒専か?治し方はどうする?

学歴コンプレックスというのは多くが抱えているものかもしれません。これは気にしない人は気にしな

記事を読む

金沢大学の立地条件や雰囲気と学生の評判は?就職実績や就職率はかなり良い?

金沢大学というのは北陸地方ではかなり大きな大学になると思いますけど、この金沢大学は評判などは

記事を読む

名城大学の偏差値や難易度は?入りやすい学部と倍率、そしてセンター利用のボーダーラインなどについて

名城大学という大学が愛知県にあります。愛知県内ではかなり知名度があると思いますけど、それ以外

記事を読む

若者が車を買わない、興味がない理由は価値観の変化が大きい

最近の若者は本当にモノを消費しなくなった。景気があまり回復しない原因の一端には若者の消費行動

記事を読む

神奈川大学の給費生のレベル、難易度は高い!偏差値の割に倍率は低い

神奈川大学では、ちょっと変わった入試を実施してます。それが給費生という試験で、これは一般入試

記事を読む

早稲田大学人間科学部の偏差値、難易度は普通に高い!評判も上々で就職実績、就職状況も良好

早稲田大学には相対的に受かりやすい学部というのが存在しますが、その中には早稲田大学人間科学部

記事を読む

実践女子大学の学生の評判や口コミは?メリットや魅力は立地条件?就職実績や就職率は?

実践女子大学は女子大の中では知名度も高いですし、人気もある大学だと思います。その理由の1つは

記事を読む

指定校推薦に合格後の取り消しの理由や過ごし方は?バイトや赤点をとって成績が悪い、欠席が多いなど

指定校推薦は学校内の推薦に通れば、大学の試験を受けてほぼ100%合格が決まります。そして、実

記事を読む

医学部の受験に数学がなぜいるのか?必要性はあるの?いらないという意見もあるが

医学部を受験する際にはいろいろな理系科目を勉強することになりますが、その中で数学が課されるこ

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就

→もっと見る

PAGE TOP ↑