ヒルトングループの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2022/03/31 学生たちの就職活動

ヒルトングループの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある? – Retire in their 20s

ヒルトンホテルなどで有名な日本のヒルトングループに就職したいと考えている人も多くいるでしょう。そういった人はやはり難易度を頭に入れておく必要があります。ヒルトングループの就職の難易度を調べるにあたっては、やはり倍率の情報が重要になります。したがって、ヒルトングループの就職における倍率を調べていきたいのですが、倍率に関してはどうやら非公開になっているようです。つまり、ヒルトングループの就職の倍率を知ることは厳しいと言え、難易度については把握するのが厳しい状況です。でも、倍率を公開している会社の方が少ないので、仕方ないとは思いますが。しかし、ヒルトングループの就職の難易度については、他にも知っておくべきポイントがあります。それは学歴フィルターの有無です。

 

ヒルトングループの就職では学歴フィルターはあるのか?

日本におけるヒルトングループの採用試験の難易度では、学歴フィルターの部分がどうしても気になってくるはずです。従来であれば、学歴フィルターについて調べるためには、倍率のデータが必要です。しかし、すでに話したように、ヒルトングループの就職では倍率を公開していないようなので、倍率から調べることができません。ヒルトングループの就職の倍率に関しては、採用人数からするとそこまで高いとは思えませんが。例年は100~200人ほど募集しているので、学歴フィルターが高いほどの倍率になっているか?というと、そこまでという感じはしないです。コロナ禍以降、採用人数は減る状況もありえるものの、業界の立ち位置の部分を踏まえると、応募者も減りそうな雰囲気も感じますし。また、ヒルトングループの就職の採用実績校を見ても、全国の国公立、私立大学となっているので、学歴フィルターがある可能性はそんなに高くないと思います。

 

学歴フィルターは恐らくないのではないか?と思いますけど、だからといってヒルトングループの就職で学歴や大学名を見ていないとは言い切れません。そういった部分も多くの企業ではチェックしている可能性が高いでしょう。就活では、通常は学生のあらゆる面を見て、合否のための判断をしていきますから、その中には学歴や大学名のチェックポイントも含まれていると思います。しかし、あらゆる面なので、学歴や大学名だけで決まることはなく、結局は他にもいろいろな部分に気を配っていかないといけないのですが。ヒルトングループの就職の面接対策については特に重要と言えると思います。志望動機や自己PRなどをしっかりと考えて、そのうえで受験をしていきましょう。また、ヒルトングループの就職の評判に関して、事前にしっかりと調べておくことをおすすめします。社員の口コミを見ておけば、ある程度の状況は把握しやすいはずです。ヒルトングループの仕事は激務なのか?について、特に知っておくと良いです。

 

ヒルトングループの就職の評判はどうなっている?

ヒルトングループの就職の評判についてチェックしていきましょう。今回は特に日本ヒルトンに関して調べていきます。社員の口コミを確認すれば、どういう日常が存在しているのか?が理解できると思います。まずは平均年収から確認していきたいと思います。ヒルトングループの平均年収は?というと、400万円強となっています。これは悪くない数字と言えると思います。しかし、重要なのは働き方に関する口コミでしょう。ヒルトングループの残業時間に関するデータがあるので、それに関して見ていきます。このデータによると、1か月あたりの平均的な残業時間は20時間前後となっています。この数字であれば、激務という雰囲気はほぼないと思います。実際、口コミをチェックすると、繁忙期を除いては残業はないと言われているので、年間の大半の時期は激務とは感じづらいと評価できるでしょう。

 

ヒルトングループの場合、完全週休二日制となっている状況です。だから、土日はしっかりと休めますし、休日出勤のようなものは滅多にないと言われています。また、ヒルトングループでは年間で最低1回は5日を超える連続休暇を取得するルールが存在しており、強制的に休める環境があるので、有給休暇も使いやすいという評価が可能でしょう。全ての人たちがこういった状況になるとは言えないかもしれないですけど、割と良い評判が見られるため、こういった部分は頭に入れておいてほしいです。ホテル業界はかなり激務なイメージがありそうですが、ヒルトングループの場合には必ずしもそうとは言えない面があると思います。勤務する場所によって多少の違いはあるかもしれませんが、そこまで大きくは変わらないでしょう。ヒルトングループの採用試験の難易度も大切ではあるものの、こういった会社の評判は事前にしっかりとチェックしてほしいです。そのうえで自分なりに納得をした状態で、受験をしていくと良いのではないか?と思います。

 

就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに利用するナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度が低いと言えるサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

そのため、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

野村信託銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

野村信託銀行に就職したいと思っている人はまずは難易度を理解しておきましょう。野村信託銀行の就

記事を読む

就活のリクルートスーツはいつ買う?購入時期と選び方の注意

就職活動を始める際にはスーツが必要です。いわゆるリクルートスーツというものを着て、多くの学生

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

不二越の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

不二越の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職したいならば、難易度に関して特に知

記事を読む

HOYAの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

HOYAに就職したいと考えている人はその難易度について調べていきましょう。HOYAグループと

記事を読む

面接官の態度で合否は決まる?笑顔、エレベーターの見送り、やる気ないは不採用のサイン?

就活や公務員試験の面接において、面接官の態度で合否が分かれることはあるのでしょうか?そういう

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

アデコの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アデコに就職したいと考えている人はその難易度をまず理解しておきましょう。アデコの就職の難易度

記事を読む

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからスタートします。就活はエントリー

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

都立田園調布高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立田園調布高校は東京都大田区にある男女共学の公立高校です。最

日本大学第二高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

日本大学第二高校は東京都杉並区にある男女共学の私立高校です。最

神奈川県立平塚江南高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立平塚江南高校は神奈川県平塚市にある男女共学の公立高校

湘南学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

湘南学院高校は神奈川県横須賀市にある男女共学の私立高校です。最

駒込高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

駒込高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は

→もっと見る

PAGE TOP ↑