選挙の投票率低下って、何が問題なの?対策は必要なの?

公開日: : 最終更新日:2016/01/21 その他の話題

選挙の投票率低下って、何が問題なの?対策は必要なの?aa262b2f4fa149b48500e0956cf5b0eb_s

安倍晋三内閣が衆議院の解散を視野に入れているみたいです。年内にも総選挙が実施されるとの見通しみたいです。わずか2年余りでも解散に野党からも批判は多く出ていますけど、わが国の選挙は、ここ数年で投票率が低下傾向にある。衆議院、参議院、そして都知事選などは一貫して投票率はやや低下の一途を辿っている。その原因は主に若者世代、20代、30代の投票率の低下でしょう。この世代では投票率が3割台という選挙も中にはあり、深刻というべきなのか?は分からないものの、高齢者の投票率と比べると、かなり差が出ていると言って良いと思います。さて、日本では選挙の話題になると、毎度というほど「投票率」の話題になります。投票率が低い!上げるにはどうすれば良いんだ!といった話は尽きることはないでしょう。それだけ国民の多くが投票率を気にしているのです。でも、私からすれば、何でそんなに投票率は重要なんだろうか?投票率が低いと何が問題なんでしょうか?それを納得いくように説明できますか?

 

投票率が低いと、それだけ民意が反映されない

選挙に行って投票という意思表示を示す人が少ないと、確かにそう感じる人も少ないのかもしれないけど、私は投票に行って、誰に投票するか?どの政党に投票するか?または白紙で投票するか?だけが民意ではないと思う。選挙に行かないで投票率を上げるというのも、1つの民意だと思う。実際、投票に行かない人が増えると、投票率が下がります。そして、メディアやネットを中心にして、「何でこんなに投票率が低いんだ!?オマエラさっさと選挙行け!」といような文句が飛んでくることは見慣れた光景です。つまり、選挙に行かないという選択肢が多くの国民に影響を与えているのです。影響を与えている以上、投票に行かないという人たちの意図は正確には図れないものの、一種の意思表示と見ることはできるでしょう。これも立派な民意の反映だと思うんですね。

 

投票率が低いと、組織票が有利になる

これは多分、事実としては会ってると思います。要は組織票っていうのは、どんな選挙でも一定した得票数が毎回期待できるものですから、ある選挙の総投票数が少なくなれば、なるほど毎回変わらない数を確実に得られる組織票を持った候補者は有利です。ただ、組織票を持った候補者が有利になるのは何が問題なんでしょうか?それが問題になるのは、その候補者を支持していない人たちですよね。少なくとも、その候補者を支持している人たちにとっては、それは問題点どころか、有利な点になります。これを問題点として捉えるのは相対的であって、組織票自体はそもそもルール違反ではなく、単なる戦略の1つに過ぎない。組織票が有利になるから困るというのは、組織票を使えない候補者を支持している人たちの嘆きにしかならないと思うのです。これを選挙全体の問題点をとして捉えるのはおかしいのではないか?と思います。

 

国全体を平等に良くする選挙結果や政治はありえない

結局、選挙における投票率が低いことによる恩恵を受ける人たちとそうじゃない人たちがいる。それは投票率が高くなっても同じ。そして、政治についていえば、誰にとっても望ましい政治なんてものは存在しない。あくまでも相対的でしかない。自民党が良いと言う人もいれば、民主党が良いと言う人もいるし、共産党が良いと思っている人もいる。政治家や政党自身もそれぞれ自分たちが正しいと思っているわけですからね。政治のあり方にそれぞれの理想はあっても、正解はないわけですから、これが相対的でしかないということです。だからこそ、日本には複数の政党があるのでしょう。それぞれの政党が望ましいの日本の姿、望ましい政治のあり方を掲げて、他の政党と争っています。もし誰にとっても共通の1つの良い政治が存在するのであれば、それだけ目指せば良いだけであって、政党は1個で良いし、中国みたいに独裁で良いのかもしれない。でも、日本はそうなっていないし、日本国民は中国の政治形態を決して是とはしないでしょう。やっぱり資本主義社会なのだから、政党も選挙を通じて競争すべき。というのが多くの人の頭の中にあると思います。

 

国民1人1にに支持する候補者、支持する政党、望ましいと思う政治のあり方は十人十色のはずです。だから、先ほど出した組織票がのさばればそれで恩恵を受ける人もいるし、組織票のせいで不利を受ける人だっている。1つの政治があれば、それがプラスに働く人もいれば、マイナスに働く人もいる。それと同じで、高い投票率、低い投票率にかかわらず、それぞれにおいて、その投票率がプラスに作用する人々、マイナスに作用する人々が存在する。だから、投票率の低下を嘆いているような人は、別に日本のためにそう言っているのではなく、単純にその低い投票率が自分にとってマイナスでしかないから。でしょう。選挙が近くなると、ネットでTwitterやブログなどで「選挙に行こう!」と語り続ける人、または選挙に行かない人を批判したり、叩く人がいますけど、あれも要は組織票が有利になると、組織票に頼れない候補者を支持している自分たちが不利になるから、あなたたち選挙に行って、私たちが支持している候補者を当選させて!と言っているようなものに感じます。逆にその低い投票率がプラスに作用するような人は、それに何らの不満も無いし、文句も言わないのではないでしょうか?投票率が上がれば日本が良くなるとか、下がると日本はダメになるとか、そんな一概に語れるものじゃないと思う。政治って、そんな単純なものじゃないと思うから。

 

【あわせて読みたい記事】

投票義務化のメリット、デメリットと日本で投票義務制が実現しない理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

東京理科大学の偏差値、難易度は上智並み!受かりやすい学部は?

理系の方が目指す大学と言うと、結構限定されてきますよね。私立大学だと、首都圏では早慶の理系学

記事を読む

関西学院大学で難易度や倍率で受かりやすいのは人間福祉学部?

関西の方は私立大学というと、どうしても関関同立が思い浮かびますが、それ以外にも私立大学はある

記事を読む

2科目受験や1科目受験のメリット、デメリットは?3科目よりも難易度や倍率が上がり難しい!

大学入試では2科目入試や1科目入試というのがたまにあります。中堅大学以下のレベルの大学だと割

記事を読む

社会人に相応しいのは長財布?二つ折り?色は何色が最適?

社会人になると、身に付けるものいろいろと気を使わないといけないのがダルいと感じている方も多い

記事を読む

早稲田大学法学部の偏差値や難易度はトップクラス!評判も実績も高い

早稲田大学では、やはり看板学部としては政治経済学部が偏差値でも、知名度でもトップに君臨してい

記事を読む

経済学部は何するところか?何を学ぶ、何を勉強する?向いている人はどんな人?

大学の経済学部って何を勉強するのでしょうか?経済学部で学ぶ内容はなんとなくは分かるのではない

記事を読む

ホテルでの短期バイトで許容される髪型、髪色とは?

学生の長期休暇などはリゾート地で短期バイトをする人が非常に多いです!こういったバイトはリゾー

記事を読む

学習院大学と成蹊大学の難易度の比較はどっちが上?法学部、文学部、経済学部などのレベルは違う?

学習院大学と成蹊大学というのは、割と難易度が近い存在だと思います。予備校のランキング表などを

記事を読む

偏差値が高いがレベルは普通?立教大学は英語はなんとかなる!

マーチの中でも1番の難易度といってもいいかもしれない立教大学は非常に合格するのは難しい大学で

記事を読む

指定校推薦で落ちる理由や確率は?面接や小論文で失敗すると不合格の可能性はある?

指定校推薦は99.9%落ちないとされている試験ですが、絶対に落ちないわけではありません。そし

記事を読む

京都女子大学の偏差値や難易度は?倍率やボーダーラインと入りやすい学部はあるのか?について

京都にある女子大の中でも特に偏差値が高いのが京都女子大学になり

第二新卒の就職で成功する人の特徴とうまくいかない人が失敗しないためのおすすめサイトの紹介

第二新卒として就活をしている人の中でも成功する人と失敗する人が

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけな

大阪経済大学の評判や口コミは?キャンパスの立地条件や就職支援、就職実績はどうか?

大阪経済大学というのはキャンパスはどういった場所にあるのか?と

名古屋大学と早慶はどっちが上?難易度やレベル、就職を比較するとどっちがいい?

名古屋大学と早慶はどちらが上でしょうか?非常にざっくりとした質

→もっと見る

PAGE TOP ↑