働いている人、社会人のための失敗しない通信制大学の選び方

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 その他の話題

働いている人、社会人のための失敗しない通信制大学の選び方61c230d8c1b9c7f78bf81a08e0fae891_s

通信制の大学を選ぶときにどういう基準で選んだ方が良いのでしょうか?通信制の大学に通いたいと思っている人や通う気のある人というのは、何らかの事情を抱えていますよね。通信制の大学じゃないといけないという事情があると思います。例えば、社会人で働いている人の場合は、当然普通の四年制大学に通っている時間的余裕はありませんから、どうしてもそれ以外の選択肢をとるしかない。通信制の大学であれば、働いている人でも十分通える可能性がありますから。そういったとにかく本業がまずあって、大学に普通に通っている時間はないという方は、通信制の大学を選ぶと思うのですが、そのときの選び方について失敗しないようにしていきましょう。通新制大学も今は増えてきましたから、その中で自分に合ったところを選びたいですね。

 

大学のキャンパスに通う必要がないということ

これは非常に重要ですね。働いている方などは特にそうですけど、いちいちキャンパスまで通っている時間的な余裕はないです。仕事を放ったらかしにして、大学で授業を受けていたらクビになってしまいます。だから、その都度大学に通う必要がないということ。それはつまり家でも授業が受けられるような通信制の大学を選ぶということが重要です。そういうところは基本的にパソコンさえあれば、自宅でも、それ以外の場所でも、その人の都合の良い好きな場所から授業が受けられるはずです。したがって、通学が不要というポイントを抑える必要があると思います。そうしないと仕事と大学で学ぶことの両立が難しいと思うので、これは絶対に外せないポイントだと思います。

 

働く人でも卒業可能か?どうか

これはそういった社会人のような方でも、ちゃんと大学で学んで卒業をしていけるように配慮されているか?ということです。社会人の方は当然普通の学生と比べても、勉強に費やせる時間は少ないです。だから、当然単位を取得していくペースも遅いのではないか?と思います。そこで重要なのは卒業までにどれくらいかけても大丈夫か?ということです。通常の四年制大学ならば、当然4年で卒業していく人たちが1番多く、5年以上かける人というのは、圧倒的少数派です。でも、通信制大学はいろいろな事情を抱えた人たちが学びにきているので、境遇は人それぞれ違います。四年制大学に通う人はその学業が本業なので、4年で卒業可能なわけですけど、社会人を代表とする、通信制大学を考える人たちは、それだけに時間を費やしている余裕はない可能性が高いので、大学で学び、単位を取得し、卒業を目指すためのペースは間違いなく遅いはずです。通常の四年制大学ならば、6年以上かけていたりすると、除籍になってしまう恐れもありますけど、そういうことなく、自分のペースで卒業を目指していける大学か?どうかというのは通信制大学を選ぶときに非常に重要です。

 

学費や単位の仕組みはどうなっているか?

単位を積み重ねて卒業を目指していくわけですけど、単位は卒業までにどれくらい必要なのか?はまずチェックしておきましょう。だいたい、その大学もそんなに差があるとは思えませんし、四年制大学とほぼ同じくらいの単位が必要とされているところが多いと思いますけど。学費については入学金や授業料はいくらかかるか?そして、大切なのは授業料を支払う仕組みです。入学金などは固定費用なので、あまり差はないかもしれませんけど、授業料については一律で支払う場合もあれば、単位数に比例して増えるというところもあります。四年制大学とかはだいたい一律で決まった金額を毎学期支払うことになると思いますけど、そうじゃない大学も通信制の場合はあります。どっちが良いか?というのはそれぞれ一長一短だと思うので、何とも言えませんけど、社会人の方にとっては、時間をあまりかけられませんから、少しずつ授業を履修して、単位を取得していく傾向にあるため、一律だと、毎学期たくさん履修できないので、損と言えるかもしれません。

 

社会人にとって最もオススメできるのはサイバー大学

こういった条件を満たしてる大学はそうないですが、サイバー大学は非常にオススメです。サイバー大学は通学不要です。パソコンから授業を受けることができ、試験もパソコンからです。しかも別に決まった時間帯に決まった授業を受ける必要はなく、個人の都合やスケジュールに合わせて、好きなように受けていけるのが特徴です。また、サイバー大学は4年間で卒業する必要はありません。それ以上かけても全然OKです。個人の好きなペースで授業を受けて、単位を積み重ねて、卒業ができるので、利便性が非常に高いです。そして、学費に関しては、入学金などの固定費用以外では、授業料は単位数に応じて変わります。卒業までに124単位必要なのですが、1単位ごとに授業料がかかる仕組みです。だから、普通の四年制大学は一律に授業をとられるので、留年したりして、5年以上かかると、1年分余計に授業料がかかってしまいます。でも、サイバー大学では、1単位ごとに授業料がかかりますから、別に5年でも、6年でも、10年でも124単位分の授業料がかかるというのはみんな一緒です。だから、卒業までに時間がかかっても、余計にお金はとられません。仕事の合間で授業に出て単位を取得していかないといけない社会人にとっては、1番理想的なスタイルではないでしょうか?実際、このような特徴から、サイバー大学は30代、40代あたりの働いている方の入学が多いです。大卒資格を通信制の大学でとるならば、1番オススメしたい大学ですね。具体的にサイバー大学についてもっと知りたい方、どんな学部があって、どんなことを学ぶのか?実際、学費はどれくらいかかるのか?サイバー大学の学生の生の声など、そういった情報をもっと知りたい方はホームページをご覧になるか?無料で資料請求もできますから、本当に通信制の大学をお考えの方、サイバー大学にちょっとでも興味を持った方はオススメしたいと思います。

働きながら学ぶ/サイバー大学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

津田塾大学の偏差値や難易度は高いが倍率や受験科目は?ボーダーや合格最低点は?

津田塾大学は私立大学の女子大では1番の偏差値を誇っています。偏差値で言うならば60前後になる

記事を読む

no image

大学をサボるのは普通?言い訳を考えたり罪悪感を覚える必要はない

大学をサボると罪悪感が生まれるという人もいるかもしれません。私も大学の授業をサボったことは何度かあり

記事を読む

no image

早稲田と慶應の違いはイメージ?どっちが難しい?どっちが好き?学部の比較で文学部、法学部、経済学部、商学部の差は?

早稲田大学と慶應義塾大学はともに早慶と呼ばれて、私立大学ではトップ2という認識かもしれません

記事を読む

上智大学のキャンパスの雰囲気や授業の評判は?就職実績は強い

早慶上智として関東の私立大学はこの3つがだいたいトップに君臨していますが、上智大学に進学した

記事を読む

浪人生は予備校に行くべきか?行かないと、宅浪は失敗の原因になる?

大学受験が思うような結果にならなかった場合には、浪人をするか?進学をするか?考えないといけま

記事を読む

大学の卒業アルバムは強制で購入?いらない人も多い?値段や服装はどうする?

大学の卒業アルバムというのはどういう扱いなんでしょうかね?高校までは卒業アルバム用の写真を撮

記事を読む

大学生や社会人に最適な中小企業診断士の予備校は資格スクエア

学生から働いているサラリーマンなどに結構人気になっているのが中小企業診断士になります。この資

記事を読む

MARCHで入りやすいのは偏差値的に法政大学のあの学部!

MARCHという大学群がありますが、その中で1番入りやすいとされているのは法政大学です。この

記事を読む

理系で女子学生が少ない理由は世間の風潮?比率的に女子学生が多い学部もある

理系には女子が少ないというのは以前からずっと言われていていることで、文系には多くの女子がいる

記事を読む

亜細亜大学のキャンパスの立地条件や学生の評判、口コミと就職実績や就職支援の魅力について

亜細亜大学というと、何が有名か?と言えばいろいろな評判があると思います。私の印象ですと芸能人

記事を読む

京都女子大学の偏差値や難易度は?倍率やボーダーラインと入りやすい学部はあるのか?について

京都にある女子大の中でも特に偏差値が高いのが京都女子大学になり

第二新卒の就職で成功する人の特徴とうまくいかない人が失敗しないためのおすすめサイトの紹介

第二新卒として就活をしている人の中でも成功する人と失敗する人が

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけな

大阪経済大学の評判や口コミは?キャンパスの立地条件や就職支援、就職実績はどうか?

大阪経済大学というのはキャンパスはどういった場所にあるのか?と

名古屋大学と早慶はどっちが上?難易度やレベル、就職を比較するとどっちがいい?

名古屋大学と早慶はどちらが上でしょうか?非常にざっくりとした質

→もっと見る

PAGE TOP ↑