相模鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2021/03/06 学生たちの就職活動

相模鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

相模鉄道は神奈川県を主に通っている路線であり、鉄道会社となっています。相模鉄道に就職したいと考えている人も多くいると思いますけど相模鉄道の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?相模鉄道の就職の難易度を調べるときには、相模鉄道の就職の倍率が重要です。しかし、相模鉄道の就職の倍率については詳細が名データが見つからないので、非公開になっているのではないか?と思います。相模鉄道の就職の倍率が分からないので、そういった中で相模鉄道の就職における難易度を理解するのは難しいですけど、問題はやはり学歴フィルターです。相模鉄道の就職では学歴フィルターがあるか?というのを確認しておくのが大切です。相模鉄道の就職において学歴フィルターが存在するのか?というのは重要なので、相模鉄道に就職したい人はそこも考えておきましょう。

 

相模鉄道の就職では学歴フィルターはあるのか?

相模鉄道の就職で学歴フィルターがあるか?については、倍率を参考にしたいところです。相模鉄道の就職の倍率が分かれば、そこからヒントを得られるのですが。ただ、実際はそういった倍率の情報がないので、相模鉄道に就職したい人は別の観点から調べないといけません。しかし、採用実績校に関しても情報がなく、「全国の国公立、私立大学」と書かれているのみです。これを文字通り読めば、全国の大学からOKとなるので、学歴フィルターはないとなりますが。しかし、相模鉄道の就職の倍率が思ったほど高くないという可能性もあります。相模鉄道の就職の採用人数が20~30名なので、すごい少ないわけではないので、学歴フィルターを実施するほどとは思えないのです。したがって、推測になりますけど、相模鉄道の就職では学歴フィルターはない気がします。採用実績校とか、相模鉄道の就職における倍率などが分かると良いのですが、そういった情報がないので。でも、相模鉄道はそこまですごい応募者が多くなりそうな雰囲気はないのではないか?と思いますから、相模鉄道の採用試験の難易度にかかわる学歴フィルターに関しては、可能性は低いと思います。

 

相模鉄道の採用試験の難易度は簡単とは言えないでしょうから、そういった意味ではどっちにしろ難しいとは思います。しかし、学歴フィルターの有無はかなり大きいと言えると思うのです。相模鉄道に就職したい人は学歴や大学名が一切関係ないということではないので、そこは知っておきましょう。学歴フィルターが存在する可能性はかなり低いと思いますけど、相模鉄道の就職では学歴や大学名は見ていると思います。しかし、気にしてもしょうがないので、相模鉄道の就職で学歴や大学名も関係しているという認識があれば良いと思います。重要なのはやはり面接対策でしょう。相模鉄道の志望動機や自己PRをしっかりと練って、そのうえで受験をしていきましょう。相模鉄道の就職の評判に関しても頭に入れておくべきでしょうから、相模鉄道の社員の口コミをチェックして、相模鉄道の仕事は激務なのか?についても知っておくと良いと思います。

 

相模鉄道の就職の評判はどうなっている?

相模鉄道の就職の評判をチェックしてほしいですけど、やっぱり社員の口コミを見ていく必要があります。相模鉄道の就職の評判を理解したうえで、受けていってほしいと思います。相模鉄道の口コミとしてはやはり労働時間に関して気になるでしょう。相模鉄道の1日の平均の労働時間は8~9時間となっていますけど、現業職は忙しいという雰囲気です。現業職の口コミとしては月の残業時間が100時間程度ある場合も存在するらしいので、激務な働き方をしている人もいます。全員が全員同じではないにせよ、相模鉄道の仕事が激務になっている人もいるということなのです。あとはどうしても休みたいときには、代わりの人間を用意しないといけないという、バイトでありがちな状況みたいです。48時間程度家に帰れないこともあるようですから、現業職はかなり忙しいのです。しかし、これは相模鉄道だけではなく、鉄道業界の現業職はどこも同じような感じだと思いますが。現業職が激務というのは、この業界で働く以上はしょうがないと思います。ちなみに相模鉄道の就職では現業職のことをエキスパート職と呼ぶようです。募集の時点でも、そういった名前になっていますから知っておきましょう。エキスパート職は乗務と車両技術に分かれ、前者が特に現業職になると言えます。

 

残業時間に関しては、現業職はかなり多いと言える可能性がありますが、残業代を稼ぐためにあえて残業をしている人もいるようなので、必ずしも残業が長いことを悪いと思っているわけではなさそうです。相模鉄道の仕事は激務になることも十分にありえると思いますけど、エキスパート職の常務に関しては仕事はかなり忙しいと思っておきましょう。すでに話したように、元々の休日以外で休みをとることが難しいとされていますが、有給休暇の他にリフレッシュ休暇が用意されているので、そういった制度を利用しての休みは取りやすいようです。休みがとりにくい中でも、休みをとるための制度は用意されているので、そこは相模鉄道の就職の評判として知っておきましょう。全体的に相模鉄道の就職の評判を見ると、現業職は忙しい、本社はそうでもないという言い方になると思います。現業職以外の口コミがほとんど見つからないので、それ以外の職種に関しては何とも言えませんが、現業職ほどの激務ではない可能性もあります。相模鉄道の採用試験の難易度とは別に、こういった口コミなども調べておいて、会社の実態を把握しておきましょう。そのうえで受験をしていくと良いと思うのです。

 

就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」に関しては多くの就活生は頭に入れておくと良いと思います。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位な状況が実現します。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコン

記事を読む

SMBC日興証券の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

SMBC日興証券と言えば、証券会社の中でも非常に知名度が高い大きな会社です。就活生の就職した

記事を読む

ソニーミュージックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無は?激務という評判はある?

音楽業界の中では特に有名と言えるソニーミュージックエンタテイメントに就職したい人は多くいるで

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは多くの人にあるかもしれません。

記事を読む

面接で逆質問がない場合、思いつかない際の考え方!いくつ、何個用意しておけば良いの?

就活ではいろいろな質問をされることが多いです。公務員試験でも同様ですが、面接においては逆質問

記事を読む

マルハニチロの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

マルハニチロと言えば、食品会社の中ではかなり規模が大きい方で、就活生からも人気です。以前はマ

記事を読む

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

no image

印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多くの就活生が毎年受けています。

記事を読む

内定を手にして暇なとき、入社までにやっておきたいことは?

就職活動で内定を手にして、入社まで特にすることがないと思っている方も多いのではないでしょうか

記事を読む

東京大学と東工大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

東京大学と東京工業大学はどっちが上でしょうか?どちらも非常に有

JR東海の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

JR東海の就職の難易度について知っておきましょう。JR東海に就

九州大学と早慶のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

九州大学と早慶はどっちが上か?こういったところが気になっている

ヒルトングループの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ヒルトンホテルなどで有名な日本のヒルトングループに就職したいと

日本総合研究所の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日本総合研究所の就職の難易度はどうなっているのか?日本総合研究

→もっと見る

PAGE TOP ↑