三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

公開日: : 最終更新日:2019/04/24 学生たちの就職活動

三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

メガバンクへの人気というのは就活生の中では常にあるわけで、三井住友銀行に就職したいと考えている人もいると思います。三井住友銀行の就職の難易度というのをチェックしておきたいですけど、問題になるのは倍率です。三井住友銀行に就職したい人に関しては難易度を知っておきたいのですが、三井住友銀行における就職の倍率は非公開となっているので、そこから難易度を理解するのは厳しいです。ただ、普通に考えたら、倍率はある程度は高いと思われます。したがって、三井住友銀行に就職するにはかなり難易度は高いと思っておきましょう。三井住友銀行に関してはまず気になるのが学歴フィルターでしょう。学歴フィルターがあるのか?ないのか?という点は相当気になると思うので、三井住友銀行に就職したい人はまずそこを考えていきましょう。

 

三井住友銀行の就職で学歴フィルターはあるのか?

三井住友銀行の採用試験の難易度に関して、学歴フィルターがあるか?というのは重要です。三井住友銀行の就職の倍率に関して分からないので、学歴フィルターがあるか?推測するのは難しいです。あとは採用実績校の情報も分かりません。ナビサイトでは非公開と書かれているので、三井住友銀行の採用実績校に関してはデータがないということで、学歴フィルターの有無に関して判断する材料が乏しいのです。強いて挙げるならば、三井住友銀行では採用人数がかなり多いですから、それによって意外と倍率が高くないと言えるケースもあると思うのです。採用人数は300人強くらいはあるらしいです。したがって、これだけの募集人数があるとすれば、どれだけ応募人数が多いとしても、意外と倍率が高くないということも言えます。実際の倍率が公開されていないので、想像の話ですけど、学歴フィルターを必要とするほどの倍率になっていない可能性があるのです。三井住友銀行に就職するには数多くの選考が用意されているのですが、学歴フィルターがあればそれも1つの選考になりますし、人によっては高い難易度として立ちふさがる可能性があるのです。

 

しかし、根拠は乏しいものの、三井住友銀行では学歴フィルターがある可能性は低いと思います。三井住友銀行に就職するには学歴フィルターが仮になくてもかなり難易度が高いので、人によっては朗報ですし、人によってはそうじゃないという結論になるでしょう。高学歴の人にとっては学歴フィルターで絞ってくれた方が、受かりやすくなるわけですし、学歴に自信がない人にとっては門前払いにならない方が良いわけですから。どっちがいいか?は人によるということです。三井住友銀行の就職では学歴や大学名は無関係ではないと思います。学歴や大学名をチェックして、一定の評価として合否に関係していると思います。しかし、学歴や大学名だけで決まるということではないと思いうのです。三井住友銀行の就職における難易度は非常に高いはずなので、倍率がどれだけあるか?は分からないものの、銀行で、かつメガバンクは超人気なので、三井住友銀行の採用試験は間違いなく高いので、志望動機や自己PRなどで面接対策をしっかりとやっておきましょう。三井住友銀行の就職の評判も重要なので、社員の口コミもチェックしておくと良いと思います。

 

三井住友銀行の就職の評判はどうなっている?

三井住友銀行に就職するにはかなり難易度は高いと思うのです。しかし、そういった中で内定を得ても、満足いく働き方ができないと苦労が報われないので、入社する前に三井住友銀行の評判を知っておきましょう。三井住友銀行の社員の口コミを見ていると、三井住友銀行だけではなく、現代の銀行が抱えている事情が垣間見えてきます。銀行はちょっと前までは花形の業界でしたが、今はそうとも言えない部分が少なからずあります。人を減らしているところが多く、メガバンクも例外ではないようです。そのため、仕事量の割に人が少ないという感じの口コミもありますし、残業がそれなりに多そうです。三井住友銀行の仕事は人によっては激務と言えるレベルでしょう。ただ、社員の口コミを見ていると、効率化をする際に、画期的な仕組みなど、新しいものを導入する姿勢があまりないようで、それが残業の多さなどに関係しているようです。経営のためにやっていることと言えば、やはり第一に人を減らすことだが、減った分を保管するための部分については不十分という状況でしょう。だから、メガバンクと言えども今後は斜陽産業に含まれてしまう可能性はあります。人が減っても仕事量が変わらないということは、長時間労働の側面もあるわけですから。現状は残業時間はちゃんと規制があるので、ものすごく多いわけではないが、残業がないと仕事が成り立たない部署は割とあるようです。

 

三井住友銀行の仕事はかなり大変そうとか、激務という印象の人もいるかもしれませんが、労働時間や残業の問題を除けば、意外とそうでもない可能性もあります。三井住友銀行の就職の評判で言われているところとしては、休日は結構恵まれている状況のようで、例えば土日は基本的に休みですし、有給休暇は取りやすい雰囲気であると。むしろ、率先して会社の方から取得を促している雰囲気があるようです。また、1週間連続休暇制度なるものもあるようですし、休日出勤はほとんどないという口コミがあるなど、休みに関しては評判が良いのです。部署によりけりの部分もあるかもしれませんけど。特に休日出勤に関しては部署によってはありえる可能性があります。ただ、三井住友銀行の仕事が激務か?というと、こういうところを見るとそうでもないんじゃない?という気がしてくる人もいると思います。三井住友銀行の評判はいろいろな面から調べておいてほしいですけど、こういった部分も含めて理解しておきましょう。三井住友銀行の仕事は忙しい時もあるとは思いますけど、必ずしも三井住友銀行の仕事が激務という感じではないと思います。三井住友銀行に就職するにはかなり難易度が高く、多くのライバルに勝たないといけませんけど、そのためには情報が必要です。企業研究などをしながら、会社の実態を調べていくと、面接などで話せることも増える可能性がありますし、そういったところから会社への理解度が伝わり、有利になるかもしれないのです。三井住友銀行に就職したい人はしっかりと対策をして、選考を受けてほしいと思うので、会社について詳しく調べておくようにしましょう。

 

就活で内定を取るためにおすすめのナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自由に選び、そのうえで受けていきますから、企業の方が自分のことをどのように思うか?というと、それは受けてみないと分からないのです。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。関心があるか?どうかを確かめる術は通常はありませんが、そういった部分が事前に確認できてしまうというのは大きな魅力です。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

新卒の就活生の企業選び、求人の探し方のポイント

新卒の大学生は、多くが就職活動に奔走していることと思います。さて、皆さんはどうやって就職活動

記事を読む

大手病は何が問題?何が悪いのか?克服する必要はなく基準がどこからか?などの問題の方が重要

就職活動では文系や理系別に就職した企業の人気ランキングのようなものがよく発表されます。そこに並ぶ

記事を読む

入社直前や入社式の前でも内定辞退は法的にOK

季節はどんどん冬から春に向けていく中で、内定を手にする就活生も増えていくと思います。しかし、

記事を読む

スポーツメーカーの就職の難易度や倍率と評判は?激務や忙しい面はあるのか?

スポーツメーカーへの就職を考えている人も多くいると思います。スポーツメーカーというと、大手の

記事を読む

2017卒の合同説明会の時期はいつから?何月頃から始まる?

就職活動のスタートは、合同説明会から始まることも多いです。合同説明会は別に出る必要ないという

記事を読む

SMBC日興証券の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

SMBC日興証券と言えば、証券会社の中でも非常に知名度が高い大きな会社です。就活生の就職した

記事を読む

ドラッグストアの就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判はあるのか?

ドラッグストアへの就職を考えている人もいるのではないでしょうか?ドラッグストアというと、有名

記事を読む

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就職の難易度はどうなのでしょうか

記事を読む

エントリーシートが通らない、落ちる就活生の特徴

就職活動をやっていて、エントリーシートなどの書類選考が通らないという人もいますよね。こうした

記事を読む

エントリーシートや履歴書で修正液使うと落とす企業は避けるべき

就職活動等で履歴書やエントリーシートを書くケースも多いと思いますが、その際にどうしても間違え

記事を読む

ビズリーチの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビズリーチに関して、就職の難易度というものを知っておいてほしい

大阪、名古屋、東北、北海道、九州大学の旧帝大は学歴フィルターの影響を受けることはある?

学歴フィルターというのは、就活をしている人にとってはかなり気に

東芝テックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

東芝テックの就職における難易度はどれくらいか?東芝テックに就職

島根大学、鳥取大学、山口大学は就活で学歴フィルターの影響を受ける?関係ある?

中国地方の島根大学、鳥取大学、山口大学といった大学に在籍してい

ケンコーマヨネーズの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ケンコーマヨネーズに就職したいと考えている人はまずはその難易度

→もっと見る

PAGE TOP ↑