二松學舍大と大東亜帝国、日東駒専のレベルはどっちが上?頭いい?イメージや雰囲気の違いは?

公開日: : その他の話題

二松學舍大と大東亜帝国、日東駒専のレベルはどっちが上?頭いい?イメージや雰囲気の違いは?

二松學舍大学と言えば、あまり知名度は高くないかもしれませんけど、中堅大学あたりのランクになると思います。二松學舍大学が頭いいと言えるか?は微妙でしょう。この二松學舍大学は文学部と国際政治経済学部のみですが、この2つの学部では偏差値の差がかなりあります。したがって、大学全体としてのレベルは何とも言えないのです。二松學舍大学の偏差値を見て、大東亜帝国や日東駒専との比較をしていくと良いと思いますけど、二松學舍大学に関しては学部ごとの比較になると思います。それぞれの学部ごとにレベルが全く異なりますから。そういった意味では受験するときにもそういったところは知っておかないといけないでしょう。あとは二松學舍大学と大東亜帝国、日東駒専とのイメージの違いなども知っておくと良いと思います。明らかに違いがあると思うので、二松學舍大学とそういったところの比較は必要になります。受験する前にはそういったところも知っておきましょう。

 

二松學舍大学の文学部は大東亜帝国や日東駒専と比較してどっちが上?

二松學舍大学では文学部のレベルが高いです。割と難しいです。河合塾の数字を参考にすると、学科によりますけど、47.5~55.0となっています。ただ、ほとんどは52.5~55.0です。この数字は明らかに大東亜帝国のレベルを超えていると言えるでしょう。二松學舍大学と大東亜帝国ではどっちが上か?というと、文学部に関しては二松學舍大学になります。大東亜帝国は平均が40.0~47.5くらいでしょうから、越えていると言えると思うのです。文学部は非常に難しいようですけど、教員を目指している人にとって二松學舍大学の文学部は人気みたいです。二松學舍大学の文学部のレベルは非常に高いですけど、日東駒専と比較してどうなのか?というのは重要です。二松學舍大学と日東駒専ではどっちが上か?というときに、文学部の比較をすると、これに関しては近いと言えると思います。つまり、文学部に関しては頭いいと言える余地はあるでしょう。日東駒専は今すごい難しいですから。日東駒専の文系学部に関しては50.0~55.0くらいです。したがって、ほとんど同じくらいでしょう。日東駒専も上位と下位で異なりますが、駒澤大学や専修大学の下位レベルの方だと二松學舍大学の文学部の方が上かもしれません。

 

日本大学や東洋大学と比べると、ちょっと足りないかもしれませんが、二松學舍大学の文学部のレベルは高いです。近年は日東駒専が難化してきており、かつてのMARCHを彷彿させるかのような難易度になってきているのです。そこと同等となれば、文学部については、二松學舍大学は頭いいと評価して良いと思います。したがって、日東駒専は中堅大学というイメージではなくなってきています。日東駒専が頭いいイメージが徐々にできつつあるので、二松學舍大学も頭いいイメージが少しずつ醸成される可能性はあります。だから、それと同程度のレベルである二松學舍大学の文学部は難しいと言えると思います。二松學舍大学の文学部についてはそういった感じで普通に難しいという認識でいましょう。そして、国際政治経済学部はどうでしょうか?こちらに関しては、文学部と比べると偏差値は落ちます。問題はその数字がどれくらいか?ということです。二松學舍大学の国際政治経済学部は、文学部と比べるとレベルに差があるので、同じ大学ではありますけど、差はあるということです。2つしか学部がないのですが、二松學舍大学の国際政治経済学部は大東亜帝国、日東駒専と比較してどっちが上なのか?について考えていきたいと思います。

 

二松學舍大学の国際政治経済学部は大東亜帝国や日東駒専と比較してどうか?

二松學舍大学の文学部はかなり難しいということが言えますけど、国際政治経済学部は河合塾の偏差値で45.0となっています。国際政治経済学科、国際経営学科ともに同じ数字です。この数字は日東駒専と比較すると明らかに低いです。大東亜帝国と比較するとちょうどくらいかな?という感じです。だから、二松學舍大学の国際政治経済学部と日東駒専はどっちが上か?と言えば、日東駒専になります。しかし、二松學舍大学の国際政治経済学部と大東亜帝国はどっちが上か?というと、同じくらいかな?という気がします。理由は正確には分からないものの、文学部が特に難しいというのが二松學舍大学の特徴で、国際政治経済学部はレベルで言うと少し下がります。したがって、大学全体ではどのくらいのレベルか?というのが難しいですが、大学全体で言えば、二松學舍大学は日東駒専とどっちが上か?というと、日東駒専でしょう。さすがに大東亜帝国よりは上でしょう。二松學舍大学と大東亜帝国との比較で言えば、そういった状況なので、やはり中堅大学ということになると思います。二松學舍大学とそれぞれの有名大学群のイメージや雰囲気の違いはでしょうか?そこも知っておくと良いでしょう。

 

二松學舍大学と大東亜帝国や日東駒専のイメージ、雰囲気の違いは?

二松學舍大学というのはどうしても知名度がそこまでないです。大学自体が小規模ですし、スポーツなどで有名になることもあまりないので。二松學舍大学と大東亜帝国、日東駒専を比較したときのイメージや雰囲気の違いとしてはそこがまず大きいです。だから、知名度に関しては大きな差があります。偏差値では日東駒専と二松學舍大学の文学部は変わりませんが、そのことを知っている人が世の中にどれだけいるか?は分かりません。ただ、二松學舍大学のキャンパスはかなり都心にあります。最寄り駅で言うと、九段下、飯田橋、市ヶ谷あたりになります。だから、その点は日本大学の法学部や経済学部、専修大学の法学部あたりのイメージと近いです。二松學舍大学の魅力の1つにはキャンパスの立地条件があるでしょう。そこに関しては日東駒専の一部と似た雰囲気です。キャンパスの立地が近いと、ある程度キャンパスで過ごすときの雰囲気は近くなると思います。しかし、学生数に差があるので、その点は雰囲気における違いになります。全体として、二松學舍大学と日東駒専、大東亜帝国ではイメージや雰囲気が異なるというのはありますが、1番の違いは規模と知名度でしょう。そこは入学前に知っておくと良いと思います。二松學舍大学と大都亜帝国や日東駒専はどっちが上か?というレベルの比較だけではなくて、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

東京理科大学の雰囲気と学生の評判は?留年率が高いのが特徴

東京理科大学は、理系の方であれば非常に多くの方が目指す総合理系大学です。早慶上智にも匹敵する

記事を読む

no image

金沢大学の偏差値や難易度、倍率とセンター試験の足きりのボーダーラインについて簡単に紹介

金沢大学というのは北陸地方にある国立大学であり、非常に難しい大学の1つです。この金沢大学は学部が3つ

記事を読む

夫婦で働いている、共働き世帯に食材宅配はメリットが大きい

今は共働き世帯が非常に増えてきていると思います。それだけ家計が苦しい、2人とも働かないといけ

記事を読む

青山学院大学のオープンキャンパスに行く人が見ておくべきポイントは?【青山キャンパス編】

夏になるとオープンキャンパスに参加する人も多くいると思いますが、私の卒業した大学である青山学

記事を読む

名古屋大学と早慶はどっちが上?難易度やレベル、就職を比較するとどっちがいい?

名古屋大学と早慶はどちらが上でしょうか?非常にざっくりとした質問ですけどね。名古屋大学は全国

記事を読む

オープンキャンパスには何年生から行くべき?何回行けば良い?

夏休みの高校生のイベントといえば、オープンキャンパスですよね!振り返ってみると、私も何度か行

記事を読む

進研模試の信用度や信頼度はあてにならない?判定の信憑性は厳しい?

模試はいろいろな予備校が実施しているものを受けるという人も多いのではないか?と思いますけど、

記事を読む

青山学院女子短期大学の偏差値や難易度、受験科目は?倍率などで入りやすい学科は?

青山学院大学には短大もあるんですよね。青山学院女子短期大学という名称になりますけど、この短大

記事を読む

近畿大学の評判や口コミは?就職率や就職先の企業の魅力が人気で雰囲気も良い?

近畿大学は関西圏では一際目立つ大学の1つとなっています。規模が非常に大きく、文系、理系を問わ

記事を読む

早稲田大学スポーツ科学部の英語、国語、数学、小論文の難易度や傾向と対策は?

早稲田大学スポーツ科学部の入試は他の早稲田大学の学部と比べると難易度はやや落ちます。しかし、

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑