ニートや職歴なしで、面接に落ちるの怖い人が就職する方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/29 既卒者、第二新卒者の就職方法

ニートや職歴なしで、面接に落ちるの怖い人が就職する方法 – Retire in their 20scadb36a8c35429c5462ccfba8f685f4a_s

ニートの人で働く気がある人というのもいると思います。でも、なかなか踏ん切りがつかない面接をうける勇気が出ない。という方もたくさんいると思います。本当に何歳になっても面接って慣れませんし、嫌ですよね。私なんかも2度と受けたくないと思っているくらいです。何で面接が嫌いか?というと、あの何ともいえない独特の雰囲気、緊張感に耐えられないというのもありますし、高確率で落とされるだろうと推測できてしまうからなんです。どうせ、受けてもまた落とされるんだろ?という一種の諦めとか、恐怖にも似た気持ちがあるのかもしれません。どうせ、また落とされる空白期間とかを尋ねられて、それに答えられずに四苦八苦して不採用になる。お決まりのパターンだろ?ってのが皆さんの本音ではないでしょうか?そこをいかに改善していくか?がポイントになるでしょう。

 

面接が怖い、苦手意識を持ってしまう理由

確かにそういうパターンは、容易に想像できるかもしれません。私自身もコミュ障ですから、面接で自分が饒舌に話せている姿を想像できませんから。だから、面接官の反応を見るのが辛い。そして、最終的に落とされるのがお決まりだから、面接は受けたくない。そういう感じです。要は面接に対して苦手意識があるから。というのが大きいのです。でも、面接が苦手な人でも、少しでも働く気がある、正社員になりたいと思っている、就職できたら良いな・・・。という気持ちがあるならば、その苦手な面接を克服するチャンスはあると思いますよ。面接ってのは1人で対策をしたり、考えても埒が明かないというか、なかなか上達しないものです。客観的に分析できないですから。

 

適切な指導と慣れによって、面接への苦手意識は消える?

そういう意味では、誰か見てくれる人がいると良いですよね。しかも、経験豊富でその道に長けた人なら尚更良いでしょう。今まで働いた経験のない人や正社員の経験がない人は、そもそも面接の実力が不足しているということもありますけど、そもそも面接慣れしていないというのも原因としてあると思います。場数が足りないと思うのです。まずは場数を踏むこと、そして、適切な指導を受けることを心がけると、面接への苦手意識や恐怖心も少しずつ払拭できる気がするのです。じゃあ、そういうことを手伝ってくれるところってないのか?いやいや、結構ありますね。そういう会社が最近多いですから、無料でそういった支援をしてくれる会社を利用すると良いでしょう。

 

本気で就職を目指すのなら、「第二新卒ナビ」に頼るべき

その中で「第二新卒ナビ」という会社では、第二新卒、またはニートや職歴なしの人に対して、サポートを充実させているのです。ここでは、ニートやフリーターの方を中心に、就職活動のスタートからゴールまで完全に面倒を見てくれているのです。例えば、無料の登録をすると、まず電話による簡単なヒアリングを行って、後日キャリアコンサルタントと一対一の面談を行って、まず今後の将来について話し合います。そのときに希望の条件とか、働き方があれば、それを踏まえた上で、非公開求人を含めて、オススメの求人をどんどん紹介してくれて、応募する企業を決めることになります。そのときには必要になる書類を作成しますけど、1つ1つキャリアコンサルタントが不備がないか?とか、あなたの魅力がちゃんと伝わるか?とかのチェックをしてから出すことになるので、大丈夫です!

 

そして、企業に書類を出すときには、キャリアコンサルタントが書いた推薦状も一緒に添付されます。これは面談等を行って、キャリアコンサルタントが実際に感じた求職者の魅力とか、良いと思ったところ、応募企業の仕事で生かせそうな特徴などを盛り込んだもので、第3者目線からのものになるので、企業も採用の可否を決定するときには参考にしてくれるものです。実際、キャリアコンサルタントと、第二新卒ナビに求人を出してくれている企業とは、日頃からつながりがある場合も多いので、キャリアコンサルタントからの推薦があれば、そこはやはり有利に働くでしょう。そして、面接の前には面接の基本的なスキルやマナーのおさらいから始まり、実践力を養うために、過去のデータ等から導き出した応募企業専用の面接対策をしていきます。キャリアコンサルタントからの適切なアドバイスもあり、実践的な練習もできると思うので、そこを通じて、当初持っていた苦手意識や不安も大分軽減されていると思います。面接が恐い、就職活動をするのが恐いという方は、経験豊富で、いつでも相談できる相手がいると、大分心強いですよね。気持ちの面でも頑張ろうという気になれる会社があなたの力になってくれるので、本気で就職したいと思っている方には是非オススメしたいと思います。

 

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

no image

第二新卒の就職の難易度は?内定率や就職率を上げる求人の探し方は積極採用の企業を見つけること

就職活動は新卒や中途採用がメインみたいな感じになっていますけど、最近はその中間に位置する人の就活も積

記事を読む

第二新卒の就活でも職務経歴書の提出は必要?

第二新卒として就職活動をしている人たちも多いと思います。第二新卒といっても、いろいろな境遇の

記事を読む

第二新卒の就活で

第二新卒として就職活動をしている方もいるでしょう。そういった方の中には、あまりうまくいってい

記事を読む

無職期間の長いニートでも支援やサポートを受ければ就職できる

ニートをやっている人など、ずっと働いていない人は、その空白期間がどうしても気になってしまうの

記事を読む

ニートやフリーターを脱出して、確実に就職する方法

ニートの人たちは、中には正社員として働きたいと思っている。就職したいと思っている人たちが多く

記事を読む

既卒者やフリーターの就活の時期はいつからが最適?

大学を卒業して、既卒として就職活動をされる方もたくさんいます。彼らは卒業後すぐに始めている人

記事を読む

既卒で就職するため、面接が得意になる?オススメな就活サイト

既卒として就職活動をする場合には、どういう方法で行っていけば良いのでしょうか?すでに新卒の就

記事を読む

【朗報】新卒者よりも既卒者の方が就職しやすい理由とは?

「既卒で就職活動をするのは不利!」と思われる方が非常に多いように思えます。ただ、本当にそうで

記事を読む

既卒で就職を諦めない人へ、なんとかなる方法を教えます!

世間一般的にいうと、既卒で就職活動をしている人は、あまり状況は芳しくないとされています。やは

記事を読む

フリーターが就職するには、正社員になるには何歳まで?

フリーターの人でも正社員を目指している人はたくさんいると思います。フリーターのままだと何が困

記事を読む

常総学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

常総学院高校は茨城県土浦市にある男女共学の私立高校です。最寄り

千葉県立検見川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立検見川高校は千葉県千葉市にある男女共学の公立高校です。

帝京大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

帝京大学高校は東京都八王子市にある男女共学の私立高校です。最寄

横浜市立大学は高学歴でモテる?医学部の存在で頭いいイメージ、横浜に立地している点でオシャレな印象を抱きやすい?

横浜市立大学は神奈川県内にある公立大学であり、偏差値はそれなり

埼玉県立所沢北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立所沢北高校は埼玉県所沢市にある男女共学の公立高校です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑