音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

公開日: : 学生たちの就職活動

音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

音楽業界といえば、レコード会社を代表するような非常に華やかなイメージのある業界だと思います。就職したいと思っている人も多くいるでしょう。しかし、そういった音楽業界の就職の難易度は高いのでしょうか?倍率はどうなっているのか?そして、働き方はどうなのか?といった部分は知っておいた方が良いでしょう。レコード会社というのは2000年以前まではかなりの人気の業界だったと思います。CDを出せば、人気アーティストなら100枚越えが当たり前の時代は、大手のレコード会社の就職の倍率は凄まじかったでしょう。しかし、2000年を超えて、徐々にCDが売れなくなってくると、状況は変わってきます。2003年頃から、CD以外で音楽を聴ける環境がどんどん増えてきたため、現代に至るまでにCDの売り上げはなかなか回復しませんし、音楽以外でも娯楽が増えたことで、相対的に音楽にお金を使う人は減りましたね。音楽業界の今後は決して明るいとは言えないは思いませんが、非常にやりがいのある業界であるということは言えそうな気がします。

 

音楽業界での働き方はどうか?激務なのか?

レコード会社などの音楽業界の今後は正直言って明るいものではないでしょう。そのためにどの会社も生き残るために必死であり、レコード会社などの音楽業界の仕事は激務になりがちな面も考えられます。音楽を聴く手段が多様化し、娯楽自体が以前よりも増えた今、音楽業界の売り上げが伸びる余地はあまりありません。しかし、音楽業界を通じて働くと、自分たちが作り上げてきたものがテレビやラジオ、お店などで販売され、かつ脚光を浴びるという大きな達成感を得られるのです。有名なアーティストらの力になって働くことができるという部分はかけがえないのことであり、レコード会社などの音楽業界の評判としてかなり大きいです。レコード会社に就職する難易度は低いとは言えませんが、それはやはり昔ながらの華やかなイメージ、憧れが今でも残っているからです。ただ、レコード会社などの仕事は忙しい部類に入る可能性はあります。利益が伸びづらい業界なので、音楽業界は会社によっては激務になる可能性は大いにあるのです。営業職になるとどの業界も忙しいので、レコード会社などの音楽業界でも忙しい可能性は高いですし、激務になりやすい職種です。ただでさえ売り上げを伸ばすのが難しいとなれば、営業職にかかる負担は重くなりがちで、レコード会社などの音楽業界では営業職は激務になる可能性が高いと思います。ただ、レコード会社などの音楽業界の口コミでは、意外な面もあります。全ての会社がそうというわけではないものの、レコード会社などの音楽業界では労働時間それ自体は長いが、拘束時間が長いだけで、働いている時間はそこまでじゃないという口コミがあるのです。レコード会社などの音楽業界の評判に特有なのかもしれないですけど、スタンバイの時間も多いので、拘束時間は長いが実労働時間はそこまでじゃないという口コミがあります。レコード会社などの音楽業界では仕事が忙しいことが多いとは思いますけど、そういった側面がある場合もあるのでしょう。

 

レコード会社などの音楽業界は作用産業と言われており、今後は衰退の可能性も否定できません。AKB48のように、CDを販売はしてはいるが、別の部分い重きを置いて価値を提供できるようなアイデアがないと、この業界は厳しいでしょう。いろいろな会社の評判を調べて、柔軟なやり方をとれる会社を見つける必要があります。今は吸収合併も普通にあるので、レコード会社などの音楽業界の将来性は何とも言えません。大手企業に関してはまだ大丈夫かもしれませんが、それでも分かりません。本当に就活をする時点での会社選びが重要で、レコード会社ごとの評判をチェックすることが必要なのです。業界自体の将来性は明るいとは言えないが、音楽が好きな人は多く、憧れを持つ業界でもあるため、人気は高いです。先ほども言ったようにやりがいはあるようなので。レコード会社などの音楽業界の就職の倍率はそれなりに高く、就職の難易度は全体的には高いと思います。将来性が明るいとは言えないけど、倍率が高い業界というのは珍しいかもしれませんが、それだけ人気なのです。音楽は日常生活で増えれている人が多いでしょうから。最近はYoutubeでチャンネルを開設し、PVやライブ映像をあえて無料で配信することによって興味を持ってもらい、ライブなどに人を動員するような策をとっているところもあります。そういったやり方が功を奏することができれば、そういうレコード会社の今後はまだ明るいと言えます。時代に沿った柔軟な発想を持てる会社が生き残っていくのでしょう。

 

今後生き残るのは音楽を販売するにあたっての発想力が豊かな会社?

結局、レコード会社などの音楽業界の就職の難易度は大手であればやっぱり高いです。誰もが知っているアーティストが所属するレコード会社の就職の倍率は高くなりやすいので、本当に難しいと思います。レコード会社などの音楽業界の就職の難易度は会社ごとに違うために何とも言えませんが、誰もが知っている会社であれば就職の難易度は非常に高いと思っておきましょう。仕事が忙しい可能性は大いにありますし、激務に感じる可能性も否定できません。あとは音楽業界の衰退を受けて、人員を減らす会社が多いようなので、それも激務につながっている面はあります。1人1人の仕事量が増えるわけですから。業界全体が斜陽産業である以上、レコード会社としては激務ならざるを得ないので、仕事は自然と忙しい状況になりがちです。実労働時間がそこまで長くない場合があるとしても、現代ではどの会社も忙しいので、レコード会社などの音楽業界も例外ではないということで、就職の難易度は高い場合が多いですが、仕事の忙しさの程度についても頭に入れておいてほしいです。レコード会社などの音楽業界の口コミをチェックして、評判がどうなのか?を会社ごとにチェックしましょう。業界自体の今後が不透明な以上、今後生き残ることができるか?どうかを決めるのは会社の規模よりも、時代に合った柔軟なやり方をとることができるか?という部分です。大手の会社でも確実に安心はできず、経営や仕事の姿勢の部分を口コミなどを見て細かくチェックした方が良いでしょう。会社説明会でそのあたりを質問したり、ネットでレコード会社ごとに口コミを調べてチェックしたりということが必要になると言えます。レコード会社などの音楽業界では大手じゃなくても生き残る会社があるはずですし、そういったところは倍率も相対的に低い可能性があります。レコード会社などの音楽業界に就職したい人はそういった会社を見つけていきましょう。

 

就活で内定を取るためにはナビサイトの選び方が重要

就活をする際にはナビサイトを通じて行うのが一般的でああり、就活生のほとんどはどこかしらのナビサイトに登録をしているはずです。恐らくメジャーなところ、知名度が高いところに登録して利用している人がほとんどだと思いますが、ナビサイトの数は意外に多くて、マイナーというか、知名度がそこまでないようなところにもおすすめのところが結構あります。例えば、「キミスカ」はその1つになりますけど、このキミスカというナビサイトは一風変わっているのです。それはどこか?というと、スカウト型のサイトという点になります。普通は学生の方がナビサイトに求人が出ている企業を検索して、興味があるところにエントリーしていくという流れになっています。しかし、キミスカは学生は受け身の立場であり、キミスカを通じて採用活動をしている企業が、キミスカに登録している学生にスカウトを送るという流れになっているのです。つまり、学生は自らエントリーするのではなく、企業からのスカウトを待つという形になるのです。このキミスカのようなタイプのナビサイトは実はあるメリットを生むことになります。それは自分への関心が向いていることが確定している企業を受けられるということです。通常のやり方の場合、自分が興味のある企業を受けるのですが、企業側が自分に興味を持つか?は分かりません。選考を受けてアピールをしていくことになりますけど、ほとんどの就活生が自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、自分に関心を持ってもらうのは難しいのです。しかし、キミスカは企業からスカウトを送ってきた場合にその会社を受けられるのですが、スカウトが着た時点で自分への関心が一定程度存在することが確定しています。

 

したがって、その会社を受けることができれば、自分への関心が既に存在する企業を受けられるので、その点においては有利なのです。企業側はキミスカに登録したときのプロフィールを見て、自社に必要な人材になってくれそうだと思った人にスカウトを送るので、やはり少なからず関心が存在しているということは重要であり、選考を受けるときには有利に働きます。また、キミスカではスカウトが着た会社を受けた場合に一次選考や二次選考をパスできるケースがありますから、そういったケースでは相当有利です。内定に近づいた状態で受けられるわけですから。キミスカでは絶対にスカウトが来るとは言えないものの、プロフィールを充実させたりして、その確率を高めることはできます。また、こういったナビサイトは多くの就活生は知らないと思うので、メリットが実はあるキミスカを利用して就活をすると、他のライバルに差をつけることができるチャンスでもあると思います。キミスカは今まで使っていたナビサイトと併用もできます。いつも通り自分で会社を選んでエントリーをしながら、スカウトが着たときだけ対応すれば良いのです。タイプが異なる2つのナビサイトを組み合わせることで、リスクの分散にもなりますし、無料の会員登録をすると利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽という

記事を読む

オワハラは当たり前?起きた原因は?対処法は嘘をついて入社すると言っておけばおk

就職活動をしていて、内定が近くなると面接官から言われることがあります。それは「今受けている他

記事を読む

エントリーシートの大学で学んだこと、学んだ内容、勉強内容など大学で頑張ったことの書き方のポイント

就活をするときにはエントリーシートを書かないといけませんけど、そのときの項目と言うのはいろい

記事を読む

インターンシップの内容は何をする?何をさせる?どんなことをするのか?どんな感じか?

インターンシップというのは一体何をする場なのでしょうか?インターンシップの内容に関しては、漠

記事を読む

就活でノンゼミバイサーや友達がいない、友達が0は不利?内定とれない原因になる?

就職活動においては1つある要素が重要になってくることがあります。それがノンゼミとか、ノンバイ

記事を読む

マツモトキヨシの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務な評判は存在する?

マツモトキヨシと言えば、言わずと知れたドラッグストアでもありますが、ここに就職したいと思う人

記事を読む

無い内定で焦りや不安を感じている就活生が巻き返す方法

就職活動が本格的に始まるのがだいた3月あたりでしょうか?その時期は、まだこれから良い会社に入

記事を読む

インターンシップの服装はスーツか?カジュアルや私服でお越しください、動きやすい服装でと言われたら?

就職活動の前段階に参加することも多いのがインターンシップです。このインターンシップは就業体験

記事を読む

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。女性の方が多いのかな?とは思い

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

アサヒビールの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビール会社に関して、日本では大手の会社がいくつかありますけど、

青山学院と学習院のレベルはどっちが上か?文学部、法学部、経済学部で比較!イメージや雰囲気の違いは?

GMARCHという感じで、予備校などで扱われることも多いですけ

自動車メーカーの就職の難易度や倍率は?激務で忙しい評判や将来性はある?

自動車業界への就職を考えている人もいるのではないでしょうか?自

中京大と名城大のレベルはどっちが上?頭いい?イメージや雰囲気の違いと就職での差はある?

東海地方の有名大学として中京大学と名城大学があります。どちらも

オリエンタルランドの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

オリエンタルランドと言えば、一般的に社名はあまり浸透していない

→もっと見る

PAGE TOP ↑