ドラッグストアの就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判はあるのか?

公開日: : 学生たちの就職活動

ドラッグストアの就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判はあるのか?

ドラッグストアへの就職を考えている人もいるのではないでしょうか?ドラッグストアというと、有名なお店がいくつかありますが、ドラッグストアは小売業界になるので、その点が特徴的と言えます。ドラッグストアへの就職の難易度はどうなのか?倍率は高いのか?なども気になるかもしれませんが、1番重要なのは評判でしょう。ドラッグストアの就職の難易度については、倍率などの要素を含めて後半に紹介していきます。ドラッグストアの働き方は激務なのか?といったところは就活生も気になると思います。ドラッグストアというのはコンビニでもなければ、スーパーでもないということで、特徴的な面がありますし、そういった部分について評判として知っておきましょう。ドラッグストアは小売業界なので忙しいとは思いますが、どういった勤務をするのか?について、あらかじめ知っておきましょう。ドラッグストアの就職は文系も理系も可能ですし、ドラッグストアの業界に就職したいと思っている、就職を考えている人はドラッグストアで働くということについて詳しくなっていた方が良いと思います。

 

ドラッグストアでの勤務はどういった感じか?

ドラッグストアの就職は文系でも理系でも可能です。理系のイメージもあるかもしれませんが、募集学科には文系学科が明記されているところがほとんどだと思います。ドラッグストアでの働き方としては本部と店舗勤務があります。若いうちは店舗勤務になるはずです。一定の年齢を超えると本部勤務という可能性が出てきます。ドラッグストアの就職の評判について、一般的に言えば、店舗勤務の方が忙しいです。ドラッグストアの中は一部の社員と多くのパートになるのです。薬剤師を除けば、ほとんどが主婦などの年配の女性になることも多いです。すなわち、社員が少ないというのもありますけど、社員よりもパートの人の方が年上というのが普通にあるのです。また、ドラッグストア勤務のパートの人は結構長く勤める人も多く、パートの人の方が社員の人よりお店に詳しいということもありますから、社員としてはやや仕事がしづらいということもあるのです。また、社員しか男性がいないということもあり、重い荷物を運んだりする作業を優先的にやらないといけないこともあって、結構体力的にきついという口コミもあります。小売業界は全般的に激務ですから、ドラッグストアも例外ではありません。ドラッグストアはコンビニみたいに24時間営業ではありませんけど、スーパーと同様に朝早くから夜まで営業しており、社員の店舗での勤務時間はそれなりに長いです。あと、勤務時間も不規則になりがちです。例えば、朝の9時から夜の10時まで営業していたとして、その中の全ての時間いるわけではないとしても、結構長く勤務する傾向にあり、勤務する時間帯は日によって違うということも考えられるのです。

 

ドラッグストアでの仕事は忙しい可能性がありますが、労働時間は長い傾向にあり、かつ不規則というのが特徴です。こういったところはドラッグストアの就職の評判ではよく言われているのです。実際、ドラックストアでの店舗勤務が忙しい程度というのは、それぞれで異なると思いますが、ドラッグストアのような小売業界は基本的には激務と言われているので、それを知っておくと良いと思います。一般の会社と比べても営業時間が長いですから。普通の会社は夕方に定時がありますが、小売業界は店舗の営業時間まで勤務するのが普通みたいなところもあるので、夜遅くまで勤務しないといけないことも多いと思います。ドラッグストアの勤務はシフト制になっている場合もありますけど、それでも元々人気の業界とは言い難い面もあるため、あまり人が集まらないのです。ドラッグストアの就職の評判は決して良いものではなく、少ない人数で営業時間内を回さないといけないため、必然的に従業員の1人あたりの労働時間は長くなります。そういった部分によって、ドラッグストアの就職では激務になりやすいということも言えます。激務になりやすいという面は小売業界の特徴なのでしょうがないです。ドラッグストアでは店舗勤務は忙しいと思っておきましょう。本部での勤務になるとまた違いますけど。

 

ドラッグストアの就職の難易度はどうか?

ドラッグストアの就職の評判としてはこんな感じですが、就職の難易度はどうでしょうか?ドラッグストアの就職の倍率などに関しても見ておきましょう。ドラッグストアは小売業界の中でも離職率が高い方になるので、そういったデータを反映しているのか?は分かりませんが、一般的に人気の業界とは言い難いです。スーパーやコンビニも離職率が高い面はありますけど。ドラッグストアの就職の難易度は高い方ではないです。離職率が高い業界ということで、避ける就活生もいますし。だから、就活における業界全体から言えば、ドラッグストアへの就職の倍率は高くはないです。具体的な数字は何とも言えませんけど、人気の業界の大手の会社は100倍、200倍とかありますから。それと比べたらだいぶ低いとは思います。それに離職率が高いってことは、辞める人が多いというデータがあるので、それを見越してたくさん採る可能性もあるので、採用人数が多くなれば、ドラッグストアの就職の倍率も下がります。実際は大手の会社とそうじゃない会社で倍率は変わりますけど、全体的な難易度は高くはないと思っていいと思います。ドラッグストアの就職の倍率は個別の会社によって変わりますが、全体的には難しいと言える範囲ではないと思うのです。基本的にある程度高学歴と言われている人たちは多くは受けないと思いますから、人気という点でいうと高くはないと思うので、相対的には受かりやすい業界だと思います。しかし、ドラッグストアの就職の評判とかをある程度チェックして、働き方や激務の度合いなどを想像したうえで受けてほしいと思うのです。ドラッグストアの就職の難易度なども多少掴んでおきながら受けてほしいと思います。今の時代はどの業界も激務なりがちだと思うので、小売業界じゃないから激務ではないということはないと思いますが、ドラッグストアなどの小売業界は忙しい面は確実にありますから、そういったことはちゃんと把握しておきましょう。

 

就活で内定を取るためにはナビサイトの選び方が特に重要!

就活生はネットを使って就活をする人が多いはずなので、どこかしらのナビサイトを利用して会社を探していると思いますが、ナビサイトはいろいろなところがあって、数が結構多いです。多くの人はその中でも有名なところ、みんなが利用しているところに登録していると思いますが、そういったメジャーなナビサイトとは別に知名度は低いが、かなり優良なところがあるので知っておきましょう。それは「キミスカ」というサイトで、このナビサイトはちょっと変わった特徴を持っています。それはナビサイトにて学生が企業を探して、気に入ったところにエントリーするというものではなく、キミスカで採用活動を行っている企業の方がキミスカに登録している学生の中で検索をし、プロフィールなどを見て自分の会社を受けてほしいと思った人にスカウトを送るという流れなのです。これは従来の就活のナビサイトからすると、非常に変わった部分と言えますけど、実はこの部分においてキミスカの真価が発揮されるのです。キミスカを利用するメリットはこういったところにあると言えます。キミスカでは自分で会社を選ぶのではなく、会社の方が学生を選ぶということになりますが、スカウトが着たとしたら、その時点で実はかなり優位な状況が出来上がっています。通常は自分で会社を検索してエントリーするので、会社の方が自分を気に入るか?どうかは分かりません。選考の中で自分の魅力を伝えていき、自分を気に入るように仕向けますが、なかなか難しいです。

 

多くの就活生は自分が受けた会社の多くから不採用を受けるので、自分に興味を持ってもらうのは難しいのです。しかし、キミスカを利用すると、最初から会社側が自分に興味を持っているところを受けることができます。スカウトが着たということは、そこは自分に対して少なからず興味を抱いているということになりますから。つまり、スカウトが着たところを受ければ、すでに自分に対して関心を抱いている会社を受けられることが確定するので、そこは有利なのです。実際、キミスカではスカウトが届いた会社を受けると一次選考、二次選考などをパスして受けることができる場合もあり、内定に近づいた状況で受験ができる場合には相当優位な状況にあると言えます。キミスカは今まで使ってきた別のナビサイトと併用ができます。だから、今まで通りに自分で会社を検索してエントリーして受けていくというやり方をしながら、キミスカに登録をしてスカウトを待つというやり方もできるわけです。タイプが異なるナビサイトを併用することで、リスクを分散できますから、そういったメリットもあるということになります。キミスカは絶対にスカウトが来るとは言えないものの、プロフィールを充実させたりして、その確率を高めることは可能です。無料の会員登録をすると利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

AO入試や推薦入試は就職に不利なのか?就職できないは幻想だが企業の偏見はありそう

就職活動をするときには、AO入試や公募推薦、指定校推薦などで入学する学生が不利になるという言

記事を読む

就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?

就職活動の面接で、何でこんな質問をするの?みたいな、納得できないような質問をするケースもある

記事を読む

内定辞退の理由で勤務地や合わないからはダメ?留年したと嘘をつくのが鉄壁か?

内定辞退をするときにはすんなりいかないことも多々あって、どうしても企業からの説得を受ける可能

記事を読む

就活で入社後にやってみたい仕事、実現したいことの答え方

就職活動をしていて、企業からの面接でいろいろな質問を受けることがあると思いますが、答えるのに

記事を読む

就活でエントリーシートが通らない、落ちる人が見直すべき点

驟雨職活動ではいろいろな場面で要求されるエントリーシートです。これが一次選考になるケースも割

記事を読む

オリエンタルランドの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

オリエンタルランドと言えば、一般的に社名はあまり浸透していないというか、知らない人も結構いる

記事を読む

音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

音楽業界といえば、レコード会社を代表するような非常に華やかなイメージのある業界だと思います。

記事を読む

内定辞退を電話でするのは緊張して怖い!怒られるのが嫌なら手紙で郵送しよう

内定辞退をするときにはいろいろな方法が考えられますけど、1番メジャーなのは電話ですかね?電話

記事を読む

就活でたくさん受ける意味って?エントリーを大量にすることの問題点

就職活動において、エントリーはどれくらいするでしょうか?リクナビやマイナビを使えば、気軽にエ

記事を読む

PAGE TOP ↑