コンビニ業界の就職の難易度や倍率は?離職率と激務という評判はある?

公開日: : 学生たちの就職活動

コンビニ業界の就職の難易度や倍率は?離職率と激務という評判はある?

小売業界というのは、全体的にブラックな業界であるという指摘を受けることが多いですけど、コンビニ業界というのはどうでしょうか?有名なチェーン店が多くありますけど、コンビニ業界は業界自体は相当安定していると思います。コンビニの需要それ自体は本当に高く、コンビニ業界が衰退する未来は今後100年くらいはちょっと考えられないと思います。それくらいに私たちの生活に必要なコンビニに就職したいと思っている人もいるでしょう。コンビニ業界に就職する難易度はどれくらいか?そして、働き方の評判はどうなのか?などについて知っておいてほしいと思います。コンビニに就職することを考えている人は、どういう働き方をするのか?について知っておかないといけないと思うのです。特に重要なのはこういったところでしょう。コンビニの仕事は激務なのか?というのは非常に気になるところですね。コンビニ業界もバイトと正社員ではまた違うのですが、特に正社員の方が忙しいです。特に入社してから一定年数が経過するまでは本当に忙しいと思っておいた方が良いと思います。

 

コンビニ業界に就職すると毎日が忙しい?

コンビニ業界に正社員として就職すると、基本的には現場を任されることになりますね。その現場での評判をしっておきましょう。店長などの役割を命じられることがあるのです。そこでアルバイトの人たちと一緒にお店の運営をしていくことになりますが、コンビニでの勤務はバイトよりも正社員の方が激務です。コンビニ業界に就職すると激務だと思っておいた方が良いです。シフトで出勤しているバイトと比べて、店長などはほぼ毎日決まった時間勤務することになるので、労働時間は結構長いです。バイトが結構集まるお店とそうじゃないお店がありますが、バイトが集まらないと休みをまともにとれないということもあります。24時間365日営業しており、基本的にお店の休日はありません。それがコンビニ業界の評判にも関係してきます。こういった状況では、お店の運営の中心となるのはバイトで、バイトがそれなりに多くいる店舗は店長などが休日を取りやすくなりますが、バイトが集まらない、辞めてしまうようなところは、自分でお店を持たせるしかないので、休む暇なんかないのです。こういう事実を知ると、コンビニのバイトに対して店長がきつく当たるのもなんとなく理解できてしまう人もいるかもしれないです。休むなら代わりを連れてこいと言ってくる人もいますが、それは店長の身になると、ちょっと分からないでもないかもと思えてくる面もあるのでしょう。つまり、コンビニ業界に就職して激務になるか?どうかはバイト次第ということになります。

 

人手が集まるコンビニはまだ良いですけど、そうじゃないコンビニは社員がずっと店にいて勤務し続けるということもあります。夜寝る間も惜しんで勤務するのです。そういうケースは少ないとは思いますけど、現実的にあります。だから、お店としてはいかにバイトを集めて定着させるか?ということが重要なのです。そうしないとコンビニ業界の就職は忙しい毎日になってしまいます。あと、コンビニ業界に就職する際に知っておかないといけないのはノルマです。本部から店長に対して、売り上げのノルマなどが課せられます。これが結構きついのです。忙しい部分とは違ったきつさになります。コンビニ業界に就職すると忙しいという側面はありますが、ノルマがあるのでそれを達成しないと出世に響きます。将来的には本部で仕事をするチャンスがありますけど、それはノルマを達成できるか?によっても変わるのです。そういう状況があるから、バイトに対して自爆営業を課したりする店長が増えるのです。しわ寄せが本部から店長へ、店長からバイトへとなっているのです。コンビニ業界の就職は激務もそうですけど、ここがきついので、あらかじめ知っておかないといけないのです。コンビニ業界の就職の評判はちゃんとチェックしておかないといけませんが、こういったコンビニ業界の就職の評判を観察すると小売業界がブラックと言われる面がよく分かると思います。コンビニ業界の激務ぶりはかなりだと思いますし、本部からのノルマの圧力というのも過酷だと思うので、そういったところをコンビニ業界の就職の評判として認識して、受けていかないといけないのです。では、コンビニ業界の就職の難易度はどうなのでしょうか?コンビニ業界の就職の倍率などを知っておくと、そういったところが理解しやすいと思います。

 

コンビニ業界の就職は難しいのか?

コンビニ業界の就職の難易度は高いのか?というと、一般的には高くはないです。そもそも小売業界は不人気なのです。だから、応募する学生は多くありません。また、コンビニ業界は離職率がそれなりに高いです。だから、辞める人も多く、採用人数も多いところが多いです。大手のコンビニになると募集人数は相当多いです。大手であっても、コンビニ業界は離職率が高いので、採用人数も多くて、コンビニ業界の就職の倍率は上がりづらいです。コンビニ業界の就職の難易度は高いとは言えないと思います。例えば、大手のローソンは採用の倍率が約20倍とされているので、大手企業にしては低いでしょう。したがって、コンビニ業界の就職の倍率はあまり高くないです。コンビニ業界の就職は簡単ではないですけど、大手企業であっても難易度は高い方じゃないので、大手企業の中では就職しやすい業界になると言えます。コンビニ業界の就職の難易度はそういった感じで捉えておくと良いですが、倍率が20倍以上あれば、そう簡単に内定はもらえないので、小売業界も大手となると難しいのです。でも、想像以上の倍率ではないと思うので、コンビニ業界の就職の倍率に関してはそういったことを知っておいてほしいと思います。コンビニ業界への就職は忙しいときも多く、離職率が高い状況もありますけど、本部で働けるときはかなり魅力的ですし、平均年収に関しても結構高いので、魅力はちゃんとあります。そして、業界自体が安定しているので、コンビニ業界は将来性もありますし、働き続けやすい環境ではあると思います。コンビニ業界の就職の評判なども含めて、ここで働きたいか?どうかを考えてほしいと思うのです。

 

就活におけるナビサイトの選び方が内定を取れるか?どうかを決める!

就活をするときにはインターネットからナビサイトに登録をして、そこから会社にエントリーをしていくという流れが一般的です。したがって、多くの就活生はナビサイトにまず登録するというのが就活の出発点になりますけど、ナビサイトの数は非常に多くあります。その中で多くの就活生は聞いたことのある、誰もが知っている有名なところに登録をして、利用しているのではないでしょうか?そういったところはどうしても選びたくなってくると思いますけど、それ以外にも穴場的なおすすめのところがあるので、特徴的なナビサイトを知っておいてほしいと思います。例えば、「キミスカ」というナビサイトは非常におすすめなのです。このキミスカはスカウト型のサイトで、従来であれば学生が自分自身でナビサイトから企業を検索して、興味を持ったところにエントリーをしていく流れです。しかし、キミスカではサイトに登録している学生を企業が検索して、興味を持った人のスカウトを送って、自社を受けてもらうという流れになっています。このキミスカには大きなメリットがあって、それは自分に興味を持ってくれていることが確定している企業を受けられるということなのです。スカウトを送ってくる時点で興味は絶対に持っているはずですから。通常は企業側が自分に対して興味を持ってくれるとは限りません。自分が気に入ったところを受けているだけですから。だから、選考をしてみた結果、アピールはしたけど、興味をほとんど持ってもらえず不採用になるというケースも十分ありえるのです。したがって、始めから自分に対して興味を少なからず持っていることが確定している企業を受けられるというのは非常に大きいのです。その分、同じ企業を受ける他の就活生よりも優位な状況になっていますし、内定を取れる確率が上がるということも言えるでしょう。また、スカウトが着た企業を受けると、一次選考や二次選考をパスして選考に臨めることもあるのです。ここが大きなメリットになります。このキミスカというナビサイトは今まで使ってきた他のナビサイトと併用もできます。同時に並行して使っていくこともできるのです。だから、タイプが異なるナビサイトを複数組み合わせることで、リスク分散にもなりますから、そこも大きなメリットになると思うのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えませんが、自分のプロフィールページを充実させたりして、確率を高めることはできますし、他の就活生はこういったサイトを知らないと思うので、ライバルに差をつけて就活をしたい人にもおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

インターンシップに受かるには?面接の志望動機の内容次第で受からないことも!受かりやすい書き方とは?

就職活動を始める前にインターシップに参加してそこで就業体験をするという人も多くいると思います

記事を読む

面接官の態度で合否は決まる?笑顔、エレベーターの見送り、やる気ないは不採用のサイン?

就活や公務員試験の面接において、面接官の態度で合否が分かれることはあるのでしょうか?そういう

記事を読む

就活は顔で決まる?顔で選ぶ?重要ではあるがイケメンや可愛い人は有利かというと・・・

就活においては顔採用というものがあるのではないか?と言われています。顔採用というのは顔を基準

記事を読む

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職したいと思っている人も多くいると

記事を読む

就活でたくさん受ける意味って?エントリーを大量にすることの問題点

就職活動において、エントリーはどれくらいするでしょうか?リクナビやマイナビを使えば、気軽にエ

記事を読む

no image

日本銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本銀行に就職したい人もいると思います。日本銀行は日本で最も安全な就職先とも言えるかもしれま

記事を読む

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言えば、サービス業というイメージ

記事を読む

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

女子高生は大学進学を考えるときには、男子高校生とは違う部分で迷うかもしれません。というのも、

記事を読む

エントリーシートと履歴書で内容がかぶる、重複するのは問題ない

就職活動で存在する履歴書とエントリーシートの違いって何でしょうか?多くの学生は1つの企業から

記事を読む

SPIができない、落ちまくる人はSPIがない会社、やらなくていい会社を探そう

就職活動で受けている人も多いSPIですけど、これはなかなか難しいですし、あまりSPIができな

記事を読む

no image
中央大学の滑り止めや併願はどこがいい?日東駒専や成成明学獨國武はどうか?

中央大学に関してはMARCHの下位レベルという印象が強いかもしれません

学習院大学の併願や滑り止めはどこがいい?駒澤、専修や獨協あたりがおすすめか?

学習院大学は首都圏の難関私立大学として有名ですが、MARCHと

no image
甲南と京都産業はどっちが上か?頭いい?法学部、経済学部、経営学部でレベルの比較は?イメージや雰囲気と就職の違いなど

関西では産近甲龍という有名私大のグループがありますけど、最近は近畿大学

no image
エーザイの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

エーザイに就職したいと思っている人はその難易度を把握しておきましょう。

協和発酵バイオの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

協和発酵バイオに就職したいという人もいるはず。そういったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑