百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

公開日: : 学生たちの就職活動

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就職の難易度はどうなのでしょうか?そして、百貨店への就職をすることへの評判はどうなのでしょうか?働き方なども気になるかもしれません。百貨店というのは小売業界の中では非常にランクが高い印象かもしれませんが、最新の百貨店事情を知っておかないといけないと思います。そこが難易度にも大きく関係してきますから。百貨店に就職したい人はその難易度を知っておかないといけませんが、近年は百貨店の就職の難易度は下がってきていると言われています。それは倍率が落ちてきているということなのです。百貨店の就職の倍率は1番高くて100倍とかで、もちろんそれ以下の倍率のところも多くあるので、難易度は結構違いがありますけど、必ずしも難しいとは言えないと思います。就活生の人気は高いとは言い難いと思うのです。そういった部分について詳しく紹介していきたいと思いますが、百貨店に就職したい人はこういった業界に関して詳しくなっておきましょう。

 

百貨店の就職の難易度や倍率は高いのか?

百貨店への就職の難易度は昔は高かったです。今は低いとは言いませんけど、以前と比べたら大分下がったと思います。就活生の人気が下がってきているのです。それは将来性を見据えてのことなのか?どうしても今後伸びると思える業界じゃないというところが大きいと思います。百貨店の将来性というのは良いとは言えないと思います。そういったところも含めて、百貨店への就職の評判としてチェックしていきたいです。今後に関しては業界全体としては現状維持か、下がるかのどちらかでしょう。というのも、百貨店だけに限りませんが、小売店は今後業績が伸びるところは限られると思います。通販サイトが強いので、そこに勝てるところはなかなかないのです。当初は店舗のみの販売だった会社も通販に乗り出したりしているので、通販は強いです。そういう意味では百貨店も通販に参入すれば良いわけですけど、通販がメインの会社と比べて、百貨店はどうしてもサブになってしまうので、売り上げがどこまで上がるか?は不明です。そもそも百貨店で買い物をしようとする人が通販を利用するか?というと微妙なのです。通販を最初から利用しようとする人は、通販で有名な会社を選びがちです。だから、なかなか厳しい気がします、そういった状況なので、百貨店の就職の難易度は下がってきているのではないか?と思います。百貨店の就職の倍率は会社によって違うので、そこは認識しておきましょう。百貨店への就職の難易度に関してはアバウトですが、こういった感じで会社ごとに百貨店への就職の倍率が違うので、大手と中小ではまた違いますし、個別で難易度が違うというのは認識しておかないといけません。でも、全体から言えば百貨店への就職の難易度は高いとは言い難いと思います。大手に関しては難しい可能性はありますけど、そうじゃないところはチャンスはあると思います。個別に企業ごとに百貨店への就職の倍率を調べられたら1番良いと思います。あとは百貨店への就職の評判に関しても知っておきましょう。小売業界は忙しいイメージがあると思いますし、百貨店への就職では忙しいことが多いのか?激務なのか?については知ったうえで応募してほしいと思います。

 

百貨店に就職すると激務で忙しいのか?

これは企業ごとに違うと言えますけど、スーパーなどと比べたらまだマシじゃないか?と思うのです。どうしてもスーパーは閉店時間が遅いです。残業帰りのサラリーマンなどがスーパーに寄ることはあっても、百貨店に寄るみたいなことは考えづらいと思うのです。そういった事情もあり、スーパーは割と遅くまで営業しており、その時間まで残って仕事をしている社員が多くいるのです。実際、私はスーパーでバイトをしていたことがありますが、そこは有名な会社ですけど、閉店は夜の11時でした。遅いですよ。当時は大学生だったから良いものの、社員の人は大変だったと思いますよ。百貨店はスーパーと比べたらまだ激務じゃないと思います。ただ、基本的に年中無休が多いので、休日は不規則になりがちだと思います。休みが取れないとは言えませんが、休日は不規則になりがちというのは百貨店への就職における評判です。あとは時期的に忙しいときは必ずあります。例えば、年末年始、お中元やお歳暮の時期などは代表的かもしれませんが、そういったときには百貨店では激務になる可能性があります。激務になることがあるのはどの業界でも一定程度は共通のはずです。したがって、百貨店への就職で激務に感じても、それが特別珍しいとは思わない方が良いでしょう。普通程度の忙しい感じはあると思いますけど、激務に感じる瞬間はそこまで多くないかもしれないです。百貨店への就職の評判はちゃんと調べて納得したうえで応募してほしいです。あと、百貨店への就職をするときには将来性はちゃんと考えておいた方が良いかもしれないです。規模がそれなりにあるようなところでも倒産しているところもあるので、大手であっても安心はできないと思います。業界全体として上がり目がなかなかないわけですから、百貨店への就職では将来性はきちんと考えておきましょう。

 

就活で内定を取るためにはナビサイトの選び方が重要になる!

就活をするときにはナビサイトを利用して行いますが、そのナビサイトの選び方は考えておかないといけない部分があります。多くの就活生は無意識のうちに有名で知名度が高いところを登録して、利用しているのではないか?と思いますけど、そういったところは誰もが知っているナビサイトがゆえに、就活生の多くが使っているという安心感はあるものの、あるリスクが存在しているのです。それは多くの就活生が使っているという部分によるもので、有名なナビサイトは利用している就活生の数がとんでもなく多いので、彼ら全員が行うエントリーの総数も膨大になります。そうなると、そのナビサイトに求人を出している会社に対して行われるエントリーの数がかなり多くなるのです。就活生1人あたり何十社もエントリーすることが珍しくないので、有名なナビサイトは利用者数の多さにより、エントリーの総数が膨大になり、そのナビサイトに求人がある1社ごとに届くエントリーの数も多くなりやすいため、自分がエントリーした会社に自分以外の就活生からのエントリーが大量に届いている可能性があります。すると、競争率が上がるので、倍率も高くなり、内定が取りづらくなるということが言えます。したがって、知名度は下がるが、就活生の利用者が少ない穴場的なナビサイトも使っていくとリスクが下がるので、おすすめと言えると思います。例えば、「キミスカ」はおすすめです。このキミスカというナビサイトは従来のものとは違って、学生がエントリーをするのではなくて、企業側学生にスカウトを送る形でアプローチをする流れになっています。ここが最大の特徴であり、大きなメリットになるのです。というのも、従来は学生が気に入った企業にエントリーをしますが、学生が気に入っても企業がその学生に興味を持つか?は分かりません。たいていの学生が自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、結果的に自分に興味を持ってもらえない企業を多く受けてしまったということになります。

 

しかし、事前に自分に興味を持つか?どうかなんてわかりませんから、これはしょうがないこととも言えます。でも、キミスカを利用すると自分に興味を持つ企業だけを受けられるのです。というのも、スカウトが来ないと受けることができないのがキミスカのシステムなのですが、スカウトが着た時点で企業はあなたに少なからず興味を持っています。したがって、スカウトが着た企業を受ければ、確実に自分に関心を持っている企業を受けることができるのです。ということは、内定が出る確率がより高いところを受けることができるというメリットがあるということになります。ここは大きいです。また、キミスカでは一次選考や二次選考をパスして選考に臨めるケースもあり、そういった場合にはさらに内定へと前進できるわけです。キミスカはスカウトが来るまでは特にやることもなく、スカウトが着たら対応すれば良いので、それまではいつも使っているナビサイトから、いつものようにエントリーをしていくと良いと思います。そうやって従来のナビサイトとキミスカを両方使うと、タイプが違うナビサイトを組み合わせることができますから、リスクの分散にもなります。実際、キミスカは多くの就活生は知らないでしょう。したがって、利用者が増えづらいので、自分が受けるところを他の就活生が多く受けているということは起きづらくなります。多くの就活生が知らないナビサイトなので、周囲のライバルに差をつけたい人にとってはおすすめですし、無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

学歴フィルターの仕組みは?ボーダーは日東駒専や大東亜帝国あたり?どこからが影響する?

就活で重要な学歴フィルターというのは多くの学生が知っているでしょう。学歴フィルターで気になる

記事を読む

就活の面接官の相性や好みは存在する?本音で興味ない反応をとることはあるのか?

就活では面接官の反応みたいなのが気になる人も多くいるのではないでしょうか?面接官がどういう反

記事を読む

インターンシップの服装はスーツか?カジュアルや私服でお越しください、動きやすい服装でと言われたら?

就職活動の前段階に参加することも多いのがインターンシップです。このインターンシップは就業体験

記事を読む

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書きで書くとなると、手間がかかって

記事を読む

no image

就活で内定がもらえない人、うまくいかない人の特徴、受かる気がしない人が採用されるには?おすすめの方法を紹介!

就活をしているけどうまくいかない人もいるでしょう。内定を取るというのは非常に大変なことで、誰もがうま

記事を読む

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからスタートします。就活はエントリー

記事を読む

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコン

記事を読む

就活で男と女の髪型の注意点は?茶髪やパーマでも内定出る?

就職活動をするときには、企業側の目線に立って、いろいろな点に注意しないといけません。それが非

記事を読む

2017年卒の就職活動はいつから?リクナビはいつ登録する?

2017年の就職活動は一体、いつから始めたら良いのか?気になるかもしれません。今、大学3年生

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑