津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

公開日: : 最終更新日:2018/06/03 その他の話題, 学生たちの就職活動

津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になる人もいると思いますけど、学歴フィルターというのは曖昧な基準で、ここからというものはありません。基準はそれぞれの企業によって違いますし、そもそも基準は存在せずに、上位の大学から選考や説明会のお知らせが届くという仕組みになっているケースもあります。したがって、学歴フィルターの形というのはいろいろと存在することをまず知っておかないといけません。就活に関しては学歴フィルターの仕組みはまず2つあって、1つは基準が設定されて、それ未満の大学の学生はそもそも選考に参加できない、説明会に参加できないといったことになります。もう1つはそもそも基準などはなく、大学別のランクが一定ごとに設定されており、会社説明会の案内などが上から順に届き、満席になったところで終了し、それ以降はお知らせが届かないといったシステムになっているケースもあります。こちらのケースでは下位の大学の学生が会社説明会に参加できるか?は上位大学の学生次第ということになります。運よく枠が余っているケースもありますし、すでに満席になっているケースもあるので、その都度参加できるか?は変わるのです。

 

津田塾、日本女子、東京女子大学の学生は学歴フィルターの影響を受ける?

そして、今回の本題になりますが、津田塾や日本女子、東京女子大学といった大学に所属する学生にとって、学歴フィルターの影響はどうなのでしょうか?まずは基準が設定されるケースに関してですが、一定の基準があって、それ未満の学生は会社説明会などに参加できないとされていますが、こういった女子大はどうなのか?というと、微妙だと思います。津田塾は大丈夫なケースが多い気がします。津田塾は大学のランクで言うと、MARCHと同等の扱いをされるのではないか?と思います。以前と比べてMARCHレベルと言えるか?どうかは怪しくなってきましたが、人事のイメージではまだMARCHと同等という感じでしょう。したがって、津田塾大学がMARCHと同等の扱いをされるならば、学歴フィルターの影響はなさそうな気はします。皆無ではないにせよ、98%くらいは大丈夫な気がするのです。日本女子と東京女子は恐らく同じくらいのランクだと思いますけど、こちらの2つの大学はどのくらいの評価になるのでしょうか?基本的にはMARCH未満でしょう。とはいっても、日東駒専よりは上だと思います。

 

日本女子大学と東京女子大学は一般的に言えば、日東駒専以上、MARCH未満になると思うので、津田塾大学と同等の評価にはならないと思いますが、学歴フィルターの影響で言えば、少ないと思います。学歴フィルターのボーダーラインはだいたいMARCHか日東駒専と言われていますが、MARCH以上というのは稀な気がするのです。したがって、日東駒専以上が多いならば、日本女子大学と東京女子大学は学歴フィルターの影響は少ないでしょう。関係ないケースが多いのではないか?と思います。そもそも女子大は共学と同じように見ているか?どうか分かりませんし、結局は企業によりけりなので、確実なことは言えませんが。津田塾や日本女子、東京女子大学あたりは学歴フィルターへの影響は少ないとは思います。しかし、すでに話したような別のパターンも学歴フィルターではあります。そもそも基準が存在せずに、上から順々に大学のランクごとに学生に会社説明会のお知らせを流していくパターンです。大学のランクが下位の学生ほど、そのお知らせが届くのが遅くなるので、それまでにすでに埋まってしまっている可能性があるわけですが、これはいろいろと予測が難しいです。これは企業の規模によって影響度が変わります。要するに旧帝大などの難関国立大学、早慶上智クラスの学生がどれだけ多くエントリーしているのか?というのが関係してきます。津田塾や日本女子、東京女子大学あたりよりもランクが上の大学生が多ければ多いほど、学歴フィルターの影響が大きくなるのです。

 

つまり、そういう高いランクの学生が多く応募するような企業、つまり大企業ほど津田塾や日本女子、東京女子大学の学生は学歴フィルターの影響を受けやすいとなりそうです。逆に自分よりも上のランクの学生があまり応募しないような企業、中小や零細企業のケースでは津田塾や日本女子、東京女子大学の学生は学歴フィルターの影響が少ないと思います。大企業は難しいわけですけど、それは学歴フィルターの影響の度合いというのもあるわけです。自分よりも上のランクの学生が少ない企業ほど、自分のところに回ってくるまでに埋まっている率が低いと思うので、企業の規模によって津田塾や日本女子、東京女子大学の学歴フィルターの影響の度合いは変わるということです。したがって、津田塾大学は概ね学歴フィルターの影響は少ないと思います。しかし、日本女子大学と東京女子大学は相対的に影響はありそうな気がします。とはいっても、影響がどの程度あるのか?というのは自分が受ける企業にもよります。そもそも学歴フィルターが内容な企業も多いので、津田塾や日本女子、東京女子大学でも学歴フィルターの心配をしないで良いケースの方が多いと思います。そもそも中小零細は学歴フィルターがないことの方が多いでしょうし、大企業も学歴フィルターを使っているのは一部だと思います。したがって、そもそも大学のランクに関係なく、学歴フィルターの影響を受けるケースはごく一部だと思うのです。大企業しか受けないというケースはともかく、そうじゃないならばそんなに気にしなくて良いと思います。

 

津田塾や日本女子、東京女子大学の学生はMARCHと同じ程度の有利さになるかも?

これは学歴フィルターではなく、就活全般に関することで、要するに女子大の学生は共学よりも有利とされているのです。したがって、同じくらいのレベルの大学ならば女子大の方が就活では有利になる可能性があります。女子大にしかない枠、女子大にしか届かない求人もありますし、女子大は学生の数が共学よりも少ない傾向にあるので、大学の就職サポートを上手く活用すれば、共学の学生が受けられるサポートよりも手厚くなりやすいのです。学生の数が少ないので、1人にかけてもらえる時間が長くなりますから。書類選考の添削や模擬面接などは特にその傾向にあると思います。したがって、津田塾や日本女子、東京女子大学の学生は同じランクの共学の大学よりはいい結果が出せる可能性もあるということです。一般職などの求人は女子大に多くくるので、そういったところを狙うと有利になるのではないでしょうか?津田塾や日本女子、東京女子大学の学生はそういった面もあるので、自信を持って就活をしていってほしいのです。津田塾大学、日本女子大学、東京女子大学は学歴フィルターの影響はなくはないかもしれないが、現実的には一部の状況に限られ、バランスよくいろいろな企業を受けていくならば、影響を受けることは少ないというのは言えると思います。

 

内定を取るためにはナビサイト選びがとても重要!

就活をするときに利用するナビサイトの中にはちょっと変わった趣向のところがあり、それが「キミスカ」になります。このキミスカというサイトは通常のナビサイトとは違い、学生が企業にエントリーする形ではなく、企業が学生をスカウトするという流れになっています。登録している学生の中から企業にとって良い人材だと思われる、採用意欲を沸せる人をプロフィールなどから判断し、スカウトを送って自社を受けてもらうのです。こういったタイプのナビサイトは変わっていますけど、ある大きなメリットがあります。それは自分に対してすでに興味を抱いている企業を受けられるということです。多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けると思うのです。内定までたどり着けるのは受けた中の一部でしょう。それは自分に興味を持つか?どうかわからない中で企業を選んで受けているからです。事前に自分を欲しがる企業か?どうかわからない中で受けないといけないので、結果として興味を持たれないで不採用になることは多くあるのです。しかし、キミスカはスカウトが来たところからスタートになりますから、スカウトが来たということは少なからず自分に興味を持っているわけです。じゃないと、スカウトは送ってきませんから。したがって、スカウトが来た会社を受けるということをすれば、すでに自分に対して関心などを抱いているが確定している企業を受けることができるので、内定をとtれる確率はより高い状態となっている企業を受けることができるのです。ここはキミスカの大きなメリットなのです。このキミスカは従来の学生が企業を検索してエントリーするタイプのナビサイトと併用もできます。一緒に使うことも可能なので、タイプが異なるナビサイトを同時に使うことでリスクを分散できますから、内定を取れる確率も上がる可能性があるのです。あと、キミスカはスカウトが来た企業を受ければ一次選考や二次選考をパスして臨めるケースもあり、内定が取りやすい仕組みになっているのです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りません。したがって、自分がキミスカを利用すれば周りがこういったサイトを使っていない中で優位に立てる可能性もあるので、本気で内定が欲しい人、周りに差をつけたい人は無料の会員登録で利用できるので、知っておいてほしいです。スカウトは絶対に来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどして確率を上げることはできますから、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

南山大と中京大のレベルはどっちが上?頭いい?文学部、法学部、経済学部などで比較!イメージや雰囲気の違いは?

東海地方の有名私立大学に南山大学と中京大学があります。この2つは一般的に言えば、ランクが異な

記事を読む

東京理科大学の雰囲気と学生の評判は?留年率が高いのが特徴

東京理科大学は、理系の方であれば非常に多くの方が目指す総合理系大学です。早慶上智にも匹敵する

記事を読む

AO入試や公募推薦の面接のマナーや言葉遣いは大切!コツは失敗しないわけないと思うこと

推薦入試はたいてい面接がありますから、そのための対策をしていかないといけません。推薦入試とい

記事を読む

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります。この2つは関西では超有名だと

記事を読む

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難易度を知っておくべきでしょう。

記事を読む

指定校推薦で落ちる理由や確率は?面接や小論文で失敗すると不合格の可能性はある?

指定校推薦は99.9%落ちないとされている試験ですが、絶対に落ちないわけではありません。そし

記事を読む

アルビオンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

アルビオンの就職の難易度はどうなっているのか?化粧品メーカーとして有名なアルビオンに就職した

記事を読む

グループワークはどこを見ている?受かる人や落ちる人の特徴は?うまくいかないときのコツは?

就活ではグループワークという選考が最近増えてきています。グループワークとは何か?というと、グ

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

甲南大学法学部の偏差値や難易度は?倍率や評判とボーダーラインはどうなっている?

甲南大学の中では法学部の難易度というのはどうなっているのでしょうか?甲南大学法学部に入りたい

記事を読む

ビズリーチの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビズリーチに関して、就職の難易度というものを知っておいてほしい

大阪、名古屋、東北、北海道、九州大学の旧帝大は学歴フィルターの影響を受けることはある?

学歴フィルターというのは、就活をしている人にとってはかなり気に

東芝テックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

東芝テックの就職における難易度はどれくらいか?東芝テックに就職

島根大学、鳥取大学、山口大学は就活で学歴フィルターの影響を受ける?関係ある?

中国地方の島根大学、鳥取大学、山口大学といった大学に在籍してい

ケンコーマヨネーズの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ケンコーマヨネーズに就職したいと考えている人はまずはその難易度

→もっと見る

PAGE TOP ↑