学校事務になるには?なりたい人の難易度や年齢制限は何歳まで?倍率は高い?

公開日: : 公務員という働き方

学校事務になるには?なりたい人の難易度や年齢制限は何歳まで?倍率は高い? – Retire in their 20s

学校事務になりたいという人もいると思うのですが、学校事務になるためにはどうしたら良いのでしょうか?学校事務の募集は基本的には公務員としてのものになると思うのですが、これはいわゆる公務員試験を受けて、学校事務の公務員として働くということになると思います。公立の学校に配属されることになるのではないでしょうか?私立の学校事務もありますが、こちらは学校ごとに募集がされると思うので、学校名を検索して、ホームページから採用情報を知るということになると思います。学校事務になるにはその2つの方法があるのです。一般的には自治体のホームページをチェックして、採用情報を見て、そこから応募するということになるでしょう。学校事務は、一般的な市役所の公務員と同様に、自治体のホームページからまずは受験の申し込みをして、そこから受験をしていくことになります。学校事務になるにはそうやって試験を受けて、合格をするということが必要になるので、公務員試験を受けるという認識になるでしょう。私立の学校事務であれば、民間の就活に近い形になるかもしれませんけど、公立の場合には公務員試験という扱いになると思うのです。

 

学校事務になるには筆記試験からの受験が必要

学校事務になるには私立の場合には、それぞれで選考内容が異なっている可能性があり、一概には言えません。筆記試験がある場合もあるでしょうし、ない場合もあるのかもしれないです。公立の場合には公務員試験として受験をするので、その自治体のホームページを調べれば、受験案内があるはずなので、それを見ればどんな選考をやっているのか?が分かると思います。それを見ていくと公立の学校事務になるにはどんな試験を受ければ良いのか?が分かると思います。学校事務になるには筆記試験は必須で、公立の場合にはいわゆる市役所職員などが受ける教養試験を受験するケースが多いように思います。専門試験がある場合もありますが、それは大卒程度の試験でしょう。高卒程度の場合には教養のみというケースが多い気がします。学校事務になりたい人は高卒程度か、大卒程度か、どっちに応募するのか?を考えないといけません。年齢的に大卒程度じゃないと無理というケースもありますけど、大卒程度の学校事務になるには専門試験という、大学で扱うような内容の勉強をしていかないといけないと思うのです。法律、経済、政治、国際などいろいろなジャンルの科目があります。専門試験までやるとなると、かなり時間も必要ですし、何よりも内容が難しいので、対策は大変です。学校事務の難易度はかなり高いと言える可能性もあります。学校事務の試験科目がどうか?というのは、それぞれの自治体のホームページに載っているので、そこからチェックしておきましょう。

 

学校事務になるには難しい場合もあります。難易度はそれなりに高いですから。ただ、学校事務と一言で言ってもなかなか難しいと思います。それは倍率などもそれぞれの自治体で違っていますから。学校事務の倍率は自治体によって結構違います。私立の場合にもそれぞれで倍率が違うので、学校事務は倍率が高いところもあれば、低いところもあるのです。公立の学校事務の倍率の平均は恐らく5~10倍くらいだと思います。しかし、これはある程度大きな自治体を受けた場合の話です。小さい自治体では学校事務を募集していても若干名とかだったりして、募集人数が少ないので、倍率が上がりやすくなる場合があります。学校事務の難易度はこういった部分でも決まるので、倍率が高いか?低いか?というのも重要なのです。だから、学校事務になりたい人はどの自治体を受けるか?でかなり違うので、そこは調べておきましょう。恐らく自治体の職員情報のページに過去の実施結果が載っていると思うので、そこから学校事務の採用試験の結果が見られると思います。学校事務の筆記試験の倍率もそうですが、面接試験の倍率なども分かるのではないか?と思います。一次試験の倍率から、二次試験の倍率などを含めて、トータルの倍率で、その自治体の学校事務の難易度を判断できると思います。学校事務の倍率は個別に調べないといけませんが、自分が受ける自治体のホームページに載っていることがあるので、そこから調べていきましょう。大きな自治体であれば、過去の実施結果はだいたい載っていると思うのです。学校事務になるにはそういった倍率からも難易度を調べておくということをしておきましょう。

 

学校事務になるためには年齢制限はあるのか?

学校事務になりたい人は年齢制限が気になる人もいるのではないでしょうか?これは私立と公立で違うと言えるでしょう。私立は民間企業になるので、年齢制限が設けられているというケースはほぼないのではないでしょうか?ただ、書類選考などで年齢によってははじかれることもあると思いますけど。公立の学校事務に関しては、たいていの場合で年齢制限があります。公務員の年齢制限はだいたい決まっています。経験者採用を除いては30歳前後というケースが多いです。だから、学校事務は何歳までOKなのか?というときには30歳くらいまでということになるでしょうか?ただ、これは自治体によって違うので、そこは知っておかないといけないと言えます。公立の学校事務の年齢制限は28歳くらいということもあれば、30歳を過ぎてもOKというケースもあるでしょうし、平均が30歳ということであって、個別のケースで違っていると思います。したがって、学校事務になるときには何歳までなら良いのか?というのは、目安としては30歳くらいだが、30歳でも応募できるところとそうじゃないところに分かれるということになると思います。学校事務の年齢制限についても自分が受ける自治体ごとに確認をしておいてほしいということになるのです。

 

学校事務の難易度ははっきり言って難しいと思います。公務員試験として受けるときには結構な勉強が必要なので。学校事務の倍率が高いところは特に難しいです。筆記試験の難易度が高い場合もありますし、専門試験までやらないといけないところは特に難しいです。学校事務で教養のみというケースもあると思うので、大卒程度でもそういったところを見つけられればまだ良いかもしれませんが。学校事務では何歳までかという条件がある場合もあるので、受けたいところを全て受けられるとは限りませんけど。学校事務になりたい人はその難易度を確認して、必要な筆記試験の科目などを調べて、計画的に対策をしていきましょう。公務員試験として学校事務を受けるときには、1番時間がかかるのが筆記試験の対策になりますから。こちらをとにかく早くやっていってほしいと思います。学校事務になるには本当に大変な就職試験の対策が必要になるので、しっかりと長い期間を用意して、準備をしてから受験していきましょう。学校事務は難しいですから、そこは理解をしてから対策に取り組んでほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

裁判所職員の難易度は高いが、面接試験で男性が不利すぎる

裁判所職員の一般職や総合職という試験種があります。公務員試験の国家公務員の試験種の中では、そ

記事を読む

公務員試験で年齢ギリギリは不利?高齢で職歴なしの26歳、27歳、28歳あたりは受からない?

公務員試験では年齢が結構いっている人などはなかなか採用されないということも言われています。一

記事を読む

国家一般職と地方上級の違いは?難易度や倍率でどっちが簡単?併願をおすすめするが・・・

国家一般職は国家公務員の採用試験の中では特に人気で、多くが受ける試験種です。そして、同じく地

記事を読む

労働基準監督官の難易度や倍率は?筆記のボーダーラインや足きりの基準点は何割?

労働基準監督官という採用試験は非常に難しいです。なぜならば、国家公務員だからです。国家公務員

記事を読む

公務員試験の併願のパターンの例は?どこを受ける?どこでもいい場合には?

公務員試験を受けるときには併願先を考えないといけません。どこでもいいという人もいるのかもしれ

記事を読む

特別区の論文の対策は参考書の解答例、模範解答をパクることから始まる

特別区の一次試験は、よく言われているように論文が大切なのでしょう。択一試験の方は、難易度が高

記事を読む

面接官の態度で合否は決まる?笑顔、エレベーターの見送り、やる気ないは不採用のサイン?

就活や公務員試験の面接において、面接官の態度で合否が分かれることはあるのでしょうか?そういう

記事を読む

特別区は運ゲーの論文の配点が高く意外と難易度高いし難しい

東京都特別区は公務員試験の行政職の採用試験の中では、まあまあ難易度が低い方じゃないか?と言わ

記事を読む

国家総合職の面接の倍率や志望動機の書き方や記入例は?服装はクールビズで良いのか?

国家総合職を受験する人は一次試験に合格すると、二次試験が待っています。二次試験は人事院面接で

記事を読む

特別区の面接は女性が有利で落ちない?失敗で即不合格?加点なしを回避するには?

特別区の面接試験は以前からいろいろな噂があります。その1つが女は有利なのではないか?というこ

記事を読む

都立田園調布高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立田園調布高校は東京都大田区にある男女共学の公立高校です。最

日本大学第二高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

日本大学第二高校は東京都杉並区にある男女共学の私立高校です。最

神奈川県立平塚江南高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立平塚江南高校は神奈川県平塚市にある男女共学の公立高校

湘南学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

湘南学院高校は神奈川県横須賀市にある男女共学の私立高校です。最

駒込高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

駒込高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は

→もっと見る

PAGE TOP ↑