面接で逆質問がない場合、思いつかない際の考え方!いくつ、何個用意しておけば良いの?

公開日: : 学生たちの就職活動

面接で逆質問がない場合、思いつかない際の考え方!いくつ、何個用意しておけば良いの?

就活ではいろいろな質問をされることが多いです。公務員試験でも同様ですが、面接においては逆質問というものがあり、これにいかにうまく答えるか?で合格するか?どうかが決まるということもあります。したがって、就活などの面接で逆質問をされたらどのように答えたら良いのか?というのは誰もが気になるところだと思うのです。就活などの面接で逆質問に関しては考えるのが難しいということも言えます。実際、就活などの面接で逆質問というのは聞かれる可能性が高いので、絶対に考えておかないと思うのですが、就活などの面接で逆質問がない場合というのもあると思います。就活などの面接で逆質問がない場合にはどうしたら良いのか?というと、考えるしかないです。絶対に聞かれるとは言えませんが、民間企業にしろ、公務員試験にしろ、逆質問を聞かれる可能性は結構高いです。そして、何もないと言うと、かなり評価が下がると思います。したがって、就活などの面接で逆質問は絶対に考えておかないといけないのです。アピールできる最大のチャンスなので、ここで何もしないというのは他の就活生と差がついちゃいます。基本的に面接の質問は全て自分アピールするときに使えるのですが、質問の範囲内のことしか言えないので、言うことが制限されています。でも、逆質問はその制限がない状態なのです。

 

就活などの面接で逆質問は最大のアピールチャンスであることを忘れてはいけない!

逆質問は何の制限もない状態でアピールできるので、この機会で何もないというのは、面接官としてもがっかりでしょう。また、ちゃんとアピールをしてくる他の就活生と一気に差がつきます。だから、就活などの面接で逆質問でない場合というのは決してあってはいけないのです。就活などの面接で逆質問が思いつかない人は当日何も答えられないと、それで落ちると思った方が良いかもしれないです。そのくらいに致命的なことなのです。就活などの面接で逆質問が思いつかない人は当日までに考えないといけませんが、どうやって考えれば良いのか?ということです。すでに話したように、就活における質問に対する回答は基本的にはアピールをする場になります。したがって、就活などの面接で逆質問もアピールできるような内容がベストなのです。就活などの面接で逆質問が思いつかないとしても、考え方はそれで分かるでしょう。質問それ自体がアピールになるってことは、逆質問の考え方は自ずと分かってくると思います。就活などの面接で逆質問の考え方は質問をするだけでアピールにならないといけないので、例えばやる気を、働く意欲といったものを前面に出した逆質問は効果的です。具体的に言うと、「御社で働くことができたら、〇〇の事業に携わりたいと思っていますが、この事業を任してもらうにはどういったスキルや経験があった方が有利でしょうか?」といったものです。

 

この逆質問のポイントは自分の能力を高めて、会社に貢献しようとする姿勢が感じられるところです。単純に「残業は多いですか?」、「給料はどれくらいもらえますか?」といった質問は会社にとって何のメリットもありませんから、アピールになりません。でも、この質問は会社にとってメリットがありますからアピールになるのです。就活などの面接で逆質問がない場合というのはこういう考え方で、逆質問をすることがそのままアピールになるというものを考えると良いのです。そして、就活などの面接で逆質問はいくつ用意すると良いのでしょうか?何個用意すべきか?というのが悩むと思います。例えば、自己PRとかでは1つではなく、複数用意した方が良いと言われると思うのです。「他には?」と聞かれる可能性がありますから。就活などの面接で逆質問に関しては他に聞きたいことある?と言われない保証はないので、2個は考えておくと良いと思います。3個以上は確率が相当低い気がします。だから、就活などの面接で逆質問はいくつ考えると良いのか?に関しては2個用意しておけば良いと思って良いでしょう。何個も考えるのは大変でしょうから。考えるときの方向性は一緒です。それがそのままアピールになるようなものを考えないといけないのです。就活などの面接で逆質問はいくつも考える必要はありませんが、2個はとりあえず用意しておくと良いと思います。

 

面接で逆質問がされないのは不合格フラグなのか?

また、さらに重要なのですが、就活などの面接で逆質問は聞かれないということもあります。面接で逆質問がされないというのは何か気になる人もいると思うのです。就活などの面接で逆質問がされないとしたら、それは何かのフラグなのか?と思うかもしれません。すでに話しましたけど、就活や公務員試験の面接の逆質問は絶対にされるわけではありません。されないこともあるのです。だから、逆質問が聞かれないとしてもそれはそういうときもあるということになると思います。就活などの面接で逆質問がされないとしても、あまり気にしない方が良いと思うのです。結局、面接官の気分や考え方次第で、そのときの質問は変わりますし、あとはそもそもどの段階で逆質問が待っているか?は分かりません。一次面接なのか?二次面接なのか?それ以降なのか?ということです。どこかの段階ではされるとは思うのですが、逆に言うとされないときもあるということなので、就活などの面接で逆質問がされないとしても気にしなくて良いと思います。他にも面接で逆質問がされない人は多くいると思いますから。そういう人が不合格だったという話は聞いたことがないでしょう。したがって、就活などの面接で逆質問が聞かれないとしても、それは気にしないで良いと思います。

 

就活におけるナビサイトの選び方で内定を取れる確率が変わる!

就活をするときにはナビサイトを使うという人が多いと思います。そういったところから企業にエントリーをして就活をしていくことになりますけど、そのときのナビサイトの選び方というのは非常に重要です。ナビサイトの選び方1つで内定が取れるか?どうかが変わりますから。就活におけるナビサイトの選び方に関しては1つポイントがあります。それは多くの人が利用している有名なサイトはリスクがあるということです。就活生ならば誰もが知っていて、実際に多くが利用しているサイトを自分も使っているということは割とよくあると思いますけど、そういったナビサイトは就活生のほとんどが利用しているため、その多くの就活生がそれぞれ大量のエントリーをしていくことになります。すると、そのナビサイトに求人が出ている企業に対して、大量のエントリーが殺到することになるのです。エントリーが大量に殺到するとどうなるのか?というと、その企業に数多くの学生が応募していることになるので、競争率が一気に上がり、倍率が上昇することになります。つまり、有名なナビサイトは多くの就活生がそこを利用しているので、その多くの就活生がナビサイト内に載っている企業に大量のエントリーを送るという状況が生まれ、倍率が上がり、結果として内定が取りづらくなるのです。これは多くの就活生が気付いていない可能性があるのです。つまり、知名度はそこまでないが、就活生がそこまで利用していない穴場的なナビサイトを使うことも考えておくと良いと思います。例えば、「ニクリーチ」というナビサイトは恐らく多くの就活生は知りません。知名度がそこまでないとは思いますけど、それだけ利用する就活生が少ないので、倍率が上がりづらくなり、ここから企業を受ければそれだけ内定が取りやすいと言える可能性があります。このニクリーチというナビサイトはある特徴があるのですが、それは学生が企業を検索するのではなく、企業が学生を検索してスカウトを送るという部分です。通常とは逆の流れで、企業が登録している学生のプロフィールを見て、この人が欲しいとか、この人に興味があると思ったときにスカウトを送るところから就活がスタートします。ニクリーチは登録をすると、プロフィールを充実させて、あとは企業からのスカウトを待つだけですが、スカウトを待つタイプのナビサイトはある重要なメリットがあります。

 

それは従来は学生が企業を検索して、気になるところにエントリーして選考を受けていきますけど、選考を受けていく過程で、自分のアピールを通じて企業側が自分に関心を持てば、内定を取れる確率が上がるということになりますけど、興味を持ってもらえなければ不採用になるということになります。そして、多くの就活生は不採用の数の方が圧倒的に多くなると思いますが、それは結果的に自分に興味を持ってもらえなかった企業を多く受けてしまっていたということになります。従来のやり方では、自分に興味を持ってもらえるか?は事前に分かりません。受けてみないと分からないのです。しかし、ニクリーチは企業からスカウトがくるところが特徴なのですが、スカウトがくるということはその時点で自分に興味を持っているということになります。したがって、自分に対して関心があると確定している企業を受けられるという点において、非常に効率的です。つまり、内定を取りやすい企業を受けられるということになるのです。ここはニクリーチにおけるかなり大きなメリットになります。ニクリーチはスカウトがくると、そのスカウトを承認するか?どうか考えて、承認をするとその企業とコンタクトをとって、事前に企業の人間と個別に直接会って話をする機会があります。そこで食事などをして、企業の人間と会話をして、こちらが聞きたいことを聞いたり、向こうが聞きたいことを聞いたりして、お互いに理解をする時間があります。就活生としては個別に自分が聞いておきたいことを質問できるので、入社した後にこんなはずじゃなかったということを回避しやすくなりますし、向こうからの質問に答えることで、そういった中でアピールもしやすいでしょうし、選考を迎えるにあたって有利になる部分というのはあるのではないでしょうか?そういった機会を経た後に選考を受けて内定を目指していくのですが、先に自分自身に興味を抱いている時点で、他の就活生よりも多少有利になっている可能性がありますから、内定が取りやすいという意味ではおすすめです。絶対にスカウトがくるわけではないですけど、多くの就活生が知らないナビサイトなので、ここで採用活動をしている企業を受ける人は相対的に少なくなり、倍率が上がりづらくなって内定を取れる確率が高いと思いますし、多くの就活生が使っていないという意味では、ライバルに差をつけるチャンスなので、プロフィールなどを充実させてスカウトを待ってみると良いかもしれません。従来のやり方である学生が企業を検索してエントリーしていくタイプのナビサイトもそのまま使いながら、併用もできますから、リスクを分散するためにも、本気で内定が欲しい人にはおすすめと言えます。無料の会員登録をすると利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活は顔で決まる?顔で選ぶ?重要ではあるがイケメンや可愛い人は有利かというと・・・

就活においては顔採用というものがあるのではないか?と言われています。顔採用というのは顔を基準

記事を読む

職場や面接でクールビズの服装でネクタイはマナー的に必要か?シャツは半袖?長袖?

クールビズ的な格好が容認されてから大分経つ気もしますが、クールビズの服装はこれといった明確な

記事を読む

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。女性の方が多いのかな?とは思い

記事を読む

履歴書の手書きは時代遅れの悪習で無意味?書き損じの無駄を強要するおかしさ

日本の新卒の就活では履歴書は手書きが一般的です。履歴書を手書きで書くとなると、手間がかかって

記事を読む

面接官がメモをとらない、何も書かないでも落ちるフラグではない!書き込みの内容次第で決まる

面接を受けているときには面接官がどういう動作をしているか?気になる人もいると思います。それを

記事を読む

新卒で内定が取れない、面接に受からない就活生は発想を転換すべき

新卒で就職活動をしているが、なかなか内定が出ない。卒業が迫ってきたという切迫感を感じている方

記事を読む

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

アサヒビールの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビール会社に関して、日本では大手の会社がいくつかありますけど、その中でもとくに有名なのがアサ

記事を読む

就活が終わらない、死にたい←運ゲーだから貴方は悪くない

就職活動って何のためにするのでしょうか?それはお金を稼ぐためですよね。何のためにお金を稼ぐの

記事を読む

内定辞退の理由で勤務地や合わないからはダメ?留年したと嘘をつくのが鉄壁か?

内定辞退をするときにはすんなりいかないことも多々あって、どうしても企業からの説得を受ける可能

記事を読む

西武鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

西武鉄道というと、複数の路線があり、都心の駅も多く通っています

豊田通商の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はあるのか?

豊田通商はトヨタグループの会社になりますが、トヨタグループとい

桜美林大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上?イメージや雰囲気の違いと就職の比較について

桜美林大学のレベルというのはどれくらいなのか?というのは気にな

三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

メガバンクへの人気というのは就活生の中では常にあるわけで、三井

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑