神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

公開日: : 最終更新日:2018/04/30 その他の話題, 学生たちの就職活動

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダーラインはいろいろな説があります。しかし、そういった議論の中ではあまり話題にならない大学というのもあって、それは大学のランクはそこそこなのだが、知名度があまりないところです。例えば、神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学といった大学は1つのグループとして捉えられることもあります。日東駒専とか、大東亜帝国と比べるとマイナーですが、この5つの大学は同じようなランクと言われており、大東亜帝国と日東駒専の間の位置する大学のランクとされているのです。そして、これらの大学は就活でどういう扱いを受けるのか?というのは気になる人も多くいるでしょう。神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の5つの大学は知名度が一般的に言えばあまり高くありません。したがって、一般的に言えばこれらの大学は学歴的にはきついのではないか?と思うかもしれませんが、大東亜帝国という有名な大学群よりもランクは上とされているのです。世間的に有名な大学よりも上の大学ならばなんとかなるかもしれないと言われています。あと、学部によっては日東駒専のレベルにあるところもあります。玉川大学、文教大学、武蔵野大学の教育学部はそのくらいのレベルにありますから。したがって、意外と難しい大学群でもあるのです。

 

神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学歴フィルターの考察

神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の5つの大学は就活で学歴フィルターに関係するのか?影響するのか?に関してはする可能性は十分あります。学歴フィルターというのはいくつかのパターンがあって、一定のランク以上の大学じゃないとそもそも門前払いというケースもあれば、全ての大学に一応可能性はあるが、門が開かれるか?はより上位のランクの大学生次第というケースもあるのです。後者のパターンがよく分からないと思うので、詳しく説明をしていきたいと思いますけど、要するにAランク、Bランク、Cランク、Dランク、Eランクの大学があったときに、会社説明会の案内を順番に日付をずらしてお知らせしていくというパターンがこれにあたります。最初はAランクの大学生にお知らせを送って、参加人数の枠が一部埋まると。そして、次に日付を変えてBランクの大学生にお知らせを送ります。すると、また参加者の枠が一部埋まると。それを繰り返していくわけです。つまり、自分よりも上位のランクの大学生の動向によって、自分にお知らせがくる頃に枠が空いているか?どうかが決まるということで、理論上は全ての大学生にチャンスがあります。

 

実際はAランクの大学生で全て枠が埋まることもありますし、Cランクの大学生までで全ての枠が埋まることもありますし、Eランクの大学生まで枠が残っていることもあります。だから、神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学生は学歴フィルターの影響を受ける可能性は十分にあるが、受けることがあっても学歴フィルターを実施している会社の会社説明会に参加できないとは限らないのです。だから、学歴フィルターのパターンというのがいろいろとあるので、就活での学歴フィルターのパターンによって、神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学生が影響を受けるか?というのが決まりますから、何とも言えないということになります。学歴フィルターに関しては確実にほぼ関係ない大学が一部あるだけで、それ以外の大学はケースバイケースで変わると思います。だから、神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学生が学歴フィルターに関係するか?というのもケースバイケースだと思います。

 

学歴フィルターの心配がほぼいらない大学は一部のみ

学歴フィルターの影響を間違いなく受けないと言える大学は本当に一部だと思います。私立大学で言えば早慶くらいでしょう。上智大学は微妙だと思います。95%以上の確率で大丈夫な気はしますが、一部の超大手企業は早慶と上智を区別することがありますから。そして、それ以下の大学は何らかの形で学歴フィルターの影響を受ける可能性があります。つまり、早慶はまず大丈夫だと思うが、上智大学未満の私立大学は学歴フィルターに少なからず関係するということが言えると思うのです。ただ、大学のランクが上がるごとに学歴フィルターの影響を受ける度合いというのは少なくなります。だから、上位大学の方が有利ということも言えるでしょう。神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の場合には日東駒専よりも下の扱いになると思うので、上位大学とは言い難いかもしれませんが、世の中には私立大学だけで相当ありますからね。そういう意味で言うと、全体で比較すると神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学生は上位と言えば上位です。学歴フィルターに影響があるか?どうかを悩めている時点で、ある意味そういう大学の特権ですから。そういった意味では学歴で有利になることもないかもしれないが、不利にもならないところじゃないか?と思うのです。

 

神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学生は学歴フィルターについては非常に悩ましいラインのところにいると言えると思うのです。影響があるともないとも言えるところにいると思うのです。現実的にはたくさんの会社を受ければ、確率的に少なからず学歴フィルターの影響は受ける可能性が高いと思います。ただ、よほどの大企業を受けない限りは、そういった部分に関係しないで就活を勧められる可能性もないわけではないです。中小企業の中には学歴フィルターを利用していないところも多くあると思いますし、大企業も全部ではないです。何らかの足きりの方法をとっているところも学歴フィルターではなく、WEBテストとか、エントリーシートとか、それ以外の方法を使っているケースもありますし、神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学生でも巻き返せるチャンスを持っているケースは普通にあると思います。だから、学歴フィルターは就活のほんの一部だと思って、あまり気にしないで臨んだ方が良い気がします。神奈川大学、玉川大学、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学の学生は学歴フィルターが関係するか?に関しては正確なことは言えませんけど、学歴フィルターはどの大学がどの程度影響するか?というのは受ける企業次第ということで覚えておきましょう。

 

就活をするときにはナビサイトの選び方で内定の確率が変わる!

就活をするときにはナビサイトを使って行うというのが一般的ですけど、ナビサイトはいろいろなサイトがあるので、その中からどこを選ぶか?というのが重要になります。現実的に多くの就活生は各ナビサイトの特徴を調べて、比較して吟味してから選ぶなんて手間はほとんどかけていないと思います。誰もが知っているであろう有名なところを無意識の選んでいると思うのです。しかし、そういったナビサイトを利用するのはあるリスクを抱えていることになるので知っておきましょう。それは有名なナビサイトというのは就活生の大半がそこに登録し、利用していることになりますが、そのナビサイトから行われるエントリーの総数というのはかなり膨大になるわけです。そうなると、そのナビサイトに求人を出している企業にはその大量のエントリーが届くことになり、それぞれの会社は多くのエントリーを抱えやすくなるということになります。だから、自分が使っているナビサイトが有名で知名度が高いところでだとすると、そこは就活生が大量にいて、彼らが大量にエントリーをすることになり、自分がエントリーした会社に他の就活生が数多くエントリーしている可能性があり、競争率が上がるので、倍率が高くなり、内定が取りづらくなります。ここが問題なので、知名度は低いが、就活生の利用者が多くないナビサイトを利用するとリスクが分散されます。例えば、「キミスカ」はおすすめなので知っておきましょう。このキミスカというナビサイトは一般的なナビサイトとは違って、自由にエントリーするようなタイプのサイトではないのです。登録している学生を企業が検索し、気になった学生にスカウトを送り、そこから就活がスタートするのです。そこがキミスカの特徴でもあり、メリットになります。

 

従来のやり方の場合、学生が気に入った企業を受けることになり、企業があなたを気に入るか?は分かりません。したがって、自分が受ける企業の選考の中で自分の良さをアピールして、企業に採用をしてもらうように仕向けますが、その中でアピールが上手くいって関心を持ってもらえれば採用確率が上がるということになります。しかし、現実的には多くの就活生が自分が受けた企業のほとんどか不採用を受けるわけです。それは自分のことを気に入るか?どうかが事前には分からないので、結果的に自分には関心を持たない企業も多く受けてしまうことになるのです。したがって、従来のやり方はそういったところに注意点があるということなのです。しかし、キミスカは企業からスカウトが着たところがスタートになります。スカウトが着たということはすでに自分に関心を持っていることの表れなのです。したがって、その企業を受ければ、すでに自分のことを多少なりとも気に入っている部分があるはずなので、内定を取れる確率が少しでも上がります。最初から自分への関心が高い企業を見極められて受けられるという点がキミスカのメリットになります。キミスカを利用すると一次選考、二次選考をパスできる場合もあるので、そういったときにはすでに内定に近い状態からスタートでき、内定を取れる可能性が高いです。そういったところも魅力です。すでに使っているナビサイトがあっても、それと併用できますから、キミスカと従来のナビサイトを組み合わせれば、タイプが違うサイトを使い分けることにより、リスクも分散されると思います。だから、そういった就活の戦略を練るのも大切だと思います。また、こういったナビサイトは多くの就活生は知らないので、利用者数がそこまで多くないという意味では、自分が受ける会社に他の就活生も大量に受けるということは考えづらいので、そこも大きいです。多くの就活生が知らないという意味では、周りのライバルに差をつけるチャンスでもあるので、本気で内定が欲しいという人は無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

クールビズの期間はいつからいつまで?実はかなり長い!

2015年も5月あたりからもう暑くなってきますよね。会社で働いている人などは、もう早くクール

記事を読む

横浜国立大学の都市科学部が新設!受験科目や偏差値、難易度は?学ぶ内容は?どんな勉強をする?

横浜国立大学は学部自体は少ないのですが、毎年多くの受験生が受験している難関国立大学です。その

記事を読む

指定校推薦の枠は1つあたり何人まで?定員越え、定員オーバーで落ちるという事態はありえる?

指定校推薦は基本的には行内で選考が行われて、それを通った人が大学の面接や小論文などの試験を受

記事を読む

京都府立大学のキャンパスの雰囲気や評判や口コミ、就職支援や就職実績はどうか?

京都府立大学は京都にある公立大学で、このあたりだとかなりの難易度で難しい大学と言えると思うの

記事を読む

早稲田大学の文系の学部の序列や順位は?偏差値や人気でランキングしてみた!

早稲田大学には非常に多くの学部があります。文系の学部が中心ではありますが、理系の学部も割と充

記事を読む

会社説明会のキャンセルの影響は?期限はいつまで?当日の朝はどうなのか?言い訳で上手いのは?

就活をしているときには会社説明会に参加する機会が多くあるはずですが、どうしても参加できないと

記事を読む

就活の面接で親の職業、家族構成の質問の意図と答え方はどうする?

就職活動の面接で、何でこんな質問をするの?みたいな、納得できないような質問をするケースもある

記事を読む

ベーシックインカムで働かなくなる?労働意欲や働かない人の問題は起きないと思う

ベーシックインカムが導入されると、人々が働かなくなるという言説があります。ベーシックインカム

記事を読む

個別の大学、学部の赤本をやる時期はいつから?使い方は?何年分解けば良い?

大学受験のための赤本ってありますが、これっていつからやるのが良いのでしょうか?確かに赤本は発

記事を読む

就活で入社後にやってみたい仕事、実現したいことの答え方

就職活動をしていて、企業からの面接でいろいろな質問を受けることがあると思いますが、答えるのに

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑