日本大学法学部の偏差値や倍率と評判、合格最低点やボーダーラインはどうか?

公開日: : 最終更新日:2018/02/06 その他の話題

日本大学法学部の偏差値や倍率と評判、合格最低点やボーダーラインはどうか? – Retire in their 20s

日本大学の文系学部の中では特に偏差値が高いのが法学部と言われています。日本大学の場合には理系学部が充実していて、文系学部はそこまで数は多くないものの、文系学部も受験生には人気です。その中でも日本大学法学部に関しては偏差値も高く、難しい学部として知られているので、受験生もそこは知っておいてほしいと思います。日本大学法学部は文系学部の中でも中心的な学部として名高いですが、この日本大学法学部に入りたい人は多くいます。日本大学では入試方式が多様化していて、それぞれで難易度も違いますし、入試科目も異なっていると思いますけど、どういった方法で受験するにしろ、日本大学法学部は場合によっては日東駒専の難易度ではなくて、1個上の成蹊大学、成城大学、明治学院大学の難しさになることもあります。日本大学法学部の偏差値も実際にそういった大学に近いケースもあるので、日本大学法学部に入りたい人はまずはそういった部分を頭に入れておいてほしいです。日本大学法学部の難易度に関しては、以下で詳しく説明していきたいと思います。

 

日本大学法学部の偏差値はどうなっている?

日本大学法学部の偏差値は河合塾のものを参考にすると50~55くらいで、これは日東駒専の中でも上位になると思います。日本大学法学部では法律学科、政治経済学科、新聞学科、経営法学科、公共政策学科に分かれており、この中で偏差値が高いのは法律学科です。52.5~57.5まであります。日本大学法学部の河合塾の偏差値で57.5を記録しているのは法律学科だけで唯一です。この中で偏差値が特に低い学科は経営法学科です。50~52.5なので、日本大学法学部の中では低い方になると思います。ただ、そこまでの差ではありませんが。日本大学法学部の評判というのも学科ごとに違うということでしょう。学科が5つもある法学部は珍しいので、そういう意味では日本大学法学部の難易度はそれぞれの学科で異なるということになりますし、それぞれで評判も違うということなのでしょう。日本大学法学部の偏差値は学科ごとに違いますが、センター利用入試のボーダーラインというのも学科ごとに違います。日本大学法学部のセンター利用のボーダーラインは70~75%くらいで学科ごとの差はあまりありません。3教科型と4教科型があるのですが、それぞれでも少しボーダーラインが違います。3教科型だけだと72~75%くらいみたいですが、ほぼ差がないのでどの学科でもあまり変わらないかもしれません。このくらいのボーダーラインの差だと年度ごとに普通に変わる範囲でしょうから、日本大学法学部をセンター利用で受ける人はボーダーラインについては知っておいてほしいですが、どの学科も難易度はあまり変わらないというのも覚えておきましょう。

 

日本大学法学部に入りたい人は一般入試だけではなくて、センター利用入試もあるということは知っておかないといけないと思いますが、日本大学法学部の倍率について見ておいてほしいと思います。日本大学法学部の一般入試ではA方式とN方式があって、それぞれⅠ期とⅡ期があるとされています。それぞれの入試方式でも倍率は違うのですが、学科ごとにも倍率は少し違いがあります。ただ、1つの年度の学科の倍率の違いを比較することにあまり意味はない気がします。偏差値と違って、倍率は毎年大きく変わることもあるので、ある年の学科ごとの倍率の違いを見て、それで倍率の高い、低いを見分けるというのはあまり得策ではないかもしれません。自分が受ける年の倍率は傾向が変わっている可能性もありますから。日本大学法学部の倍率は入試方式、学科によって違いますが、低くても3倍程度、高いと5~10倍くらいあるという、非常に難解というか、傾向が掴みづらい感じです。学科や入試方式ごとに倍率は違うのですが、それぞれで結構数字がバラバラなのです。どの学科が高い、低いという違いもありますけど、その傾向は年度によって変わる可能性があるため、そこまで気にしない方が良いと思いますが、詳細について知りたい人は日本大学のホームページを見ると細かくチェックできると思います。日本大学法学部では倍率の平均は恐らく5倍前後くらいになると思いますから、そこそこありますけど、中には5倍~10倍くらいの倍率になるケースもあり、そういったところは日本大学法学部の中でも特に難易度が高いと言えるのです。それだけ受験生に評判があるのが日本大学法学部になるということなのでしょう。日本大学法学部に入りたい人は多くいるからこそ、こういった高い倍率になるのです。日本大学の倍率を見ると、評判が良いという部分が認識しやすいと思います。

 

日本大学法学部の合格最低点はどうなっている?

日本大学法学部に受かりたい人は入試における情報として、幅広く調べていかないといけないと思いますが、合格最低点の情報も知っておきたいところです。日本大学法学部の合格最低点はインターネットで情報が見つかるので、そこで調べておいてほしいと思います。例えば、「https://passnavi.evidus.com/search_univ/2930/border.html」では日本大学の学部学科、入試日程別の合格最低点が載っていますから、こういったところでチェックをしてほしいと思います。日本大学法学部の合格最低点に関しては、データとしては重要ですけど、合格最低点というのは毎年変わるので、自分の受ける年度には過去の合格最低点とは違っている可能性があります。したがって、過去の合格最低点は日本大学法学部の過去問を解くときに、どれくらいの確率で受かりそうか?を考えるときには有効かな?と思いますが、それ以外ではあまり活用の仕方がないかもしれません。したがって、日本大学法学部の合格最低点はそういった感じで見ておいてほしいと思います。あとは日本大学法学部の評判もチェックしておきたいところです。日本大学法学部の学生の口コミを見て、大学学部の評判について調べておくことをしておいてほしいです。

 

日本大学法学部の学生の評判はどうなっている?

日本大学法学部の口コミをインターネットで検索すれば、学部の評判は分かります。日本大学は学部によってキャンパスが細かく分かれている大学なのですが、法学部の学生は水道橋にキャンパスがあります。東京ドームにも近く、最寄駅からすぐなので通いやすいという口コミもありますし、周辺には居酒屋、カフェ、コンビニ、カラオケ店などもあって、充実しているようです。都心にキャンパスがあるので、その部分については、日本大学法学部の評判にもなりますし、魅力やメリットとも言えるでしょう。ただ、キャンパス自体はそこまで広いわけではなく、ビルがいくつか建っている感じの一般的なキャンパスとは違っているようで、そこが日本大学法学部の学生の口コミとしてもあります。文系学部も文系ごとにキャンパスが違っているのが日本大学の特徴になるので、1度オープンキャンパスに行った方が良いですね。日本大学法学部の口コミはいろいろなものがあって、授業やゼミに関するものは学科ごとに結構違いがあります。日本大学法学部は学科が5つあって、そこも珍しいですが、法律学科、政治経済学科、新聞学科、経営法学科、公共政策学科ごとに口コミも違うので、ここでは紹介しきれないので、そういった部分について気になる人は日本大学法学部の学生の口コミを検索するか、ホームページを見てもらえれば学科ごとの学ぶ内容の違いは分かりやすいと思います。日本大学法学部の評判は全体的には良いですし、キャンパスも都心にあって便利で、学科が細分化されているため、学びたい領域に合わせて選びやすいというのも特徴になります。日本大学法学部に受かりたい人は魅力やメリットに関しては、幅広く調べてもらって、そのうえで受験勉強をしてほしいと思います。

 

【あわせて読みたい記事】

日東駒専の偏差値やレベルで順位、序列は?評判や難易度が高いのが特徴

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

武庫川女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどの情報

関西には有名な女子大というのがいくつかあるのですが、その中には武庫川女子大学があります。これ

記事を読む

同志社大学法学部の偏差値は60前後?難易度は倍率で見ると低い!評判は高い

同志社大学法学部は、関西地方では非常に有名で名門とも言えると思います。京都大学法学部や大阪大

記事を読む

産業能率大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

産業能率大学は世の中の知名度はあまり高くはありませんが、そこそこの難易度があります。自由が丘

記事を読む

金沢大学とMARCHはレベルではどっちが上?就職の比較はどっちがいい?有利なのか?

北陸地方ではかなり人気の高い金沢大学ですけど、その金沢大学はこのエリアでは受験生に特に人気で

記事を読む

早稲田大学の文系の学部の序列や順位は?偏差値や人気でランキングしてみた!

早稲田大学には非常に多くの学部があります。文系の学部が中心ではありますが、理系の学部も割と充

記事を読む

同志社大学は頭いいしモテる人気の大学!キャンパスの立地も魅力的!

関西では特に有名な私立大学が同志社大学です。この同志社大学は関西でも有数の私立大学で、関東地

記事を読む

東京工科大学の八王子、蒲田キャンパスの雰囲気と評判、就職率や就職状況

東京工科大学は理系の大学になりますが、キャンパスは2つあって、それぞれのどちらかで学ぶことに

記事を読む

医学部の受験に数学がなぜいるのか?必要性はあるの?いらないという意見もあるが

医学部を受験する際にはいろいろな理系科目を勉強することになりますが、その中で数学が課されるこ

記事を読む

愛知大学のキャンパスの雰囲気と学生の評判や口コミ、就職率や就職実績などについて

愛知大学のキャンパスは名古屋キャンパスと豊橋キャンパスがありますが、メインキャンパスは名古屋

記事を読む

慶應義塾大学理工学部の偏差値や倍率は?評判や合格最低点はどうなっている?

慶應義塾大学理工学部は学科が幅広く、かなり規模が大きい理工系の学部になります。慶應義塾大学理

記事を読む

神奈川県立生田高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立生田高校は神奈川県川崎市多摩区にある男女共学の公立高

正則高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

正則高校は東京都港区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東

成城学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

成城学園高校は東京都世田谷区にある男女共学の私立高校です。最寄

神奈川県立百合丘高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立百合丘高校は神奈川県川崎市多摩区にある男女共学の公立

玉川学園高等部の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

玉川学園高等部は東京都町田市にある男女共学の私立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑