内定が出ない就活生、内定ないまま卒業の既卒者の逆転方法

内定が出ない就活生、内定ないまま卒業の既卒者の逆転方法a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

大学在学中に就職活動をしていたが、どうやら内定をとれないまま卒業してしまいそうだ。また、すでに卒業してしまったという場合、既卒になってしまうわけですが、大学生の心境からすると、やはり既卒になってしまう恐怖というのは計り知れないみたいです。それは既卒の方が新卒よりも明らかに不利と考えているからでしょう。既卒になると、そもそもそういう人をちゃんと募集している企業が少ないということもいえると思いますし、そういった点から見て、やはり新卒のうちに就職しておかないといけない!既卒になったらヤバイ!就職失敗したら人生終了だ!と考えてしまう人が多いのではないか?と思います。ただ、本当に既卒になってしまったら、就職はきついのか?というと、私は疑問なんです。その理由を以下で説明していきたいと思います。

 

新卒にはない、既卒にしかないメリットがある!

新卒には、新卒で募集している企業が多いというメリットがありますよね。相対的に既卒は門戸を開いてくれている企業が少ないというデメリットがあります。しかし、既卒にはメリットないのでしょうか?ないわけはないのです。それはまず1点、既卒は世の中の「既卒は就職は無理」という風潮に踊らされて、真面目に就職活動をやっていない人が多い、フリーター生活をしていたりして、就職しようとする気がそもそもない人が多いのです。でも、新卒の大学生の多くは真面目に就職活動をやっていますよね。そうなると、いくら既卒を募集している会社が少ないといっても、そもそも真面目に就職しようと努力している人もそこまで多くないので、単純に求人数と就活をしている既卒者の比率、求人数と就活をしている新卒者の比率は大して変わらないのでは?と思います。

 

そして、さらに大きいのは既卒者に対するサポートですよ。既卒者は、実は民間企業で、就職支援として内定までエスコートしてくれる会社が実は多くあります。新卒の人は、そういう会社ありますか?なかなかない(後で紹介する「第二新卒ナビ」くらい)ですよね。つまり、新卒の人は頼れるのは、大学の就職課、ハロワークくらいでしょう。それらがそこまで頼りになるか?は分かりません。ただ、企業として、既卒者支援をしている会社というのは、本当に徹底したサポートまで期待できますから、内定を獲れるんじゃないか?という実感を持てるのは後者じゃないか?と思います。新卒の大学生は、ほとんど頼れるのは最後は自分のみという感じで、就職活動が上手くいかなくても自分で何とかするしかないのが現状だと思います。しかし、既卒者はそうじゃないんですね!ちゃんと上手くいかないときに頼れる人が存在するのです。

 

在学中の大学生、既卒者が頼れる「第二新卒ナビ」の魅力

例えば、「第二新卒ナビ」という会社は、第二新卒、既卒、在学中の方にご利用いただけます。1度会社に就職したけど、早く辞めて転職したい方、大学を卒業してまだ就職していない方、今新卒の大学生でまだ内定を得ていない方など、幅広い方々に利用してもらえるのです。第二新卒ナビは登録自体は無料ですから、気軽にしてもらいたいと思うのですが、登録をして、実際にサポートをしてほしい!と希望した場合に、どういう風に支援をしてくれるのか?ここが気になりますよね。具体的には無料の会員登録をすると、本人確認のために電話によるヒアリングが行われます。そこで簡単な現状や今後の希望や方向性などについて伺うことになると思います。そして、その後は2人で相談を重ねながら、応募する企業を決めていきます。

 

応募する企業が決まると、書類選考があります。書類選考はちゃんと第二新卒ナビのカウンセラーが添削をしてくれて、不備のないものに仕上げてくれるので、非常に安心です。また、書類応募時には同時にカウンセラーからの推薦のようなものが行われるので、そのために第二新卒ナビの書類選考通過率は9割近い数字を誇っています。非常に求職者のために尽くしてくれるというのが分かりますよね。その後は面接対策もバッチリで、就職のプロから見て、直すべきところなどをきちんと指導していき、受かるための面接の実力と自信をつけて、本番に挑んでいくことができるのです。こうした非常に手厚いサポートを全て無料で受けられるので、ありがたいということになります。既卒のまま何もしないと、当然フリーターで生活していく可能性もあり、そうなると収入は当然満足いかないで、伸び悩むと思います。フリーターも若うちは良いかもしれないですけど、30歳を越えてくると、仕事が見つからずに、フリーターすらできなくなる可能性もあります。また、ある程度いい歳をで非正規雇用や定職に就いていないとなると、世間の目も冷たくなり、結婚もできない、子育てもできない。そういった問題点は社会の中で度々話題になります。だからこそ、本気就職する気があるのであれば、若いうちの方が就職はしやすいので、就職活動を始めるのもできるだけ早い方が良いということなります。勿論、在学中の方も在学中から始めれば、在学中に内定を獲れる可能性も高まりますからね。既卒になる前に就職できるなら、それに越したことはないでしょう。そのときにここまで手厚くサポートしてくれるのが第二新卒ナビなんです。お先真っ暗かもしれない未来を変える一歩を踏み出せたら良いと思いますね。

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

サンデリカの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はあるのか?

コンビニエンス向けの弁当、調理パン、麺、惣菜などを製造しているサンデリカという会社に就職した

記事を読む

マニュライフ生命の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

マニュライフ生命保険の就職の難易度はどれくらいか?というのは気になるでしょう。マニュライフ生

記事を読む

芝浦工業、工学院、東京都市、東京電機大学と学歴フィルターの影響はある?

学歴フィルターというのは就活をする以上、かなり気になる存在だと思いますけど、この学歴フィルタ

記事を読む

就活であなたの強み、あなたが人に負けないことは?自慢や夢も答え方は同じ?

就活では面接などにおいて変わったような質問をされることがありますけど、変わったように聞いてい

記事を読む

就職失敗=人生終了?新卒じゃないと就職できないは嘘です

新卒の大学生は就職活動の戦場において、本当に生死をかけた戦いをしているに等しいです。それは春

記事を読む

テレビ東京の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

民法のキー局に関してはどの会社も人気で倍率が高いですけど、テレビ東京の就職の倍率も非常に高い

記事を読む

コーエーテクモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

コーエーテクモの就職の難易度についてまずは知っておいてほしいです。コーエーテクモの就職の難易

記事を読む

no image

日本銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本銀行に就職したい人もいると思います。日本銀行は日本で最も安全な就職先とも言えるかもしれま

記事を読む

ブルボンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとして有名なブルボンは非常に大きな会社なので、ここに就職を考えている人も

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

丸紅の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

丸紅の就職の難易度はどうなっているのか?ここに関して知りたいと

HOYAの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

HOYAに就職したいと考えている人はその難易度について調べてい

慶應大と上智大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

慶應義塾大学と上智大学は一般的にはややレベルの差があると見なさ

電気通信大学とMARCHのレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

電気通信大学とMARCHはどっちが上でしょうか?どちらかと言え

日東電工の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日東電工の就職の難易度はどうなっているのか?実際に難易度をチェ

→もっと見る

PAGE TOP ↑