就活の写真の写り方や表情は笑顔はダメ?貼り方は両面テープがおすすめ!

公開日: : 学生たちの就職活動

就活の写真の写り方や表情は笑顔はダメ?貼り方は両面テープがおすすめ!

就活ではいろいろなシーンで写真を使うと思います。特に多いのが履歴書やエントリーシートですけど、こういった場面で使う写真というのは悩む人も多いと思います。どういった写真を使えば良いのか?というのが多くの就活生の頭にあるのです。就活での写真はまず写り方に関して疑問の人もいると思います。笑顔は良いのか?とか、表情の問題で悩む人がいると思うのです。就活での写真の写り方はまず重要で、笑顔に関しては悪いわけではないと思いますが、笑顔で写っている写真はほとんどない気がします。真顔という表現が1番しっくりくると思いますけど、真面目な表情をしている写真がほとんどだと思います。エントリーシートや履歴書の写真の表情は笑顔のケースはほぼないと思います。就活の写真の写り方としては真顔が基本ということなのでしょう。そういった感じで、就活で写真を撮るときには考えていくと良いのではないか?と思います。就活の履歴書やエントリーシートで使う写真の選び方というのは本当に大変なので、必要なポイントを1つ1つ抑えていってほしいと思います。

 

就活の写真における表情の問題

就活における写真の問題に関してはやはり表情が気になるところでしょう。笑顔はどうなのか?という疑問を持っている人もいるでしょうけど、基本的には笑顔で写真を撮る人は少ないと思います。笑顔が悪いとは思いません。しかし、こういった写真では一般的には笑顔では撮らないということなのです。笑顔が悪いわけではないが、非常識な人間と思われる可能性はあります。まあ、非常識って言葉は必ずしもマイナスを意味する言葉ではないですけど、人事の中には非常識を悪として捉えている人もいると思うので、非常識と思われる行動をとるのは就活では避けた方が良いのです。そういった状況の中で就活は行わないといけないので、就活生としても窮屈さは感じていると思います。そして、就活の写真の写り方に関しては真顔が基本的には正解ということで良いでしょう。つまり、無表情ということです。就活での写真の写り方はそういった感じで、無表情で写れば良いと思うので難しくはないと思います。あとは写真の貼り方です。就活の写真の写り方に関しては解決しても、今度は撮った写真をどうやって貼るか?が重要になります。就活の写真に関しては貼り方はどうすべきか?というときに、のりを使う人が多くいる気がします。写真を貼るときに1番最初に思いつくのはのりだと思うのですが、のりはできれば避けた方が良いです。なぜなら、のりは履歴書やエントリーシートが汚れてしまう可能性があるからです。丁寧に貼っても、のりの量が多すぎて写真の端からのりがあふれ出てくることがあります。そうなると、ふき取るしかないのですが、ふき取っても跡が残ったりすることもあります。したがって、できれば履歴書やエントリーシートの写真の貼り方ではのりは避けた方が良いです。

 

では、どういったものを使って貼れば良いのか?というと、おすすめは両面テープです。これは写真を1番綺麗に貼れる方法だと思います。両面テープを使うと、就活の写真をかなり綺麗に貼れるので、見栄えは特に良いと言えると思うのです。したがって、就活での写真の貼り方に関しては両面テープを使うのが最善と言えると思います。それ以外の方法は両面テープ以上の精度にはならないと思うので、やはり就活の写真の貼り方について悩んでいる人、のりを使おうと思っている人は両面テープでいきましょう。1つ買っておくとかなり多く使えると思いますから。就活の写真においては表情をどうするか?という問題もありますけど、貼り方も重要です。無表情で真面目に写っている写真も貼り方がイマイチだと、全体の見栄えがあまりよくないので、就活での履歴書やエントリーシートにおける写真は本当に気を遣って考えていかないといけないのです。履歴書やエントリーシートだけを見て選考をすることもあるので、そういったときには写真の表情や貼り方によって合否が変わることもあると思いますから。これから就活をしていく人は写真の表情や貼り方については本当に考えて、人事にとって評価されるような履歴書やエントリーシートを作っていってほしいと思います。就活の写真では写り方も重要ですけど、貼り方も考えておかないといけないということです。両面テープは1つあると便利なので、就活で内定を取った後も使うかもしれませんし、就活の写真の貼り方で両面テープを使うことをあらかじめ考えておいたうえで、早めに買っておくと良いと思います。

 

就活をするときのナビサイト選びが内定をとれる確率を変える

就活をするときにはナビサイトに登録をしてから、そこからエントリーをして就活をしていくことになると思います。そういったナビサイトは非常に便利な存在ではありますけど、どのサイトに登録して利用するか?というのがとても重要なのです。恐らく多くの就活生は、無意識のうちに知名度が高くて、誰もが使っているであろうナビサイトを選んで登録していると思います。そういうナビサイトを選ぶことが正解であり、ほとんどの就活生が使っているのだから間違いないだろうという判断が恐らく無意識のうちにされていると思うのですが、実は注意点もあります。それは就活生の中で有名で、かつ誰もが使ってると思われるナビサイトを利用して就活をすると、内定を取れる確率が下がるかもしれないということです。それはどうしてか?というと、要するにこういう有名で誰もが使っているナビサイトというのは就活生の多くが利用している=利用者がとても多いということになります。特定のナビサイトの利用者がめちゃくちゃ多いと、そのサイトからエントリーされる数もめちゃくちゃ多いということになります。そうなると、そのナビサイトに求人が載っている企業に対して大量のエントリーが届き、競争率がかなり上がるということになるのです。つまり、倍率が高くなるので、それによって内定が取りづらい状況が起きる可能性があります。したがって、内定を取りたいならば、倍率が上がりづらいナビサイト、つまり就活生の中ではメジャーではないナビサイトを使った方が、利用者が少ない分、エントリーが殺到しづらいために、倍率が低くなるのではないか?ということも言えます。そんなときにおすすめなのが「ニクリーチ」です。このニクリーチというサイトはスカウト型のサイトで、学生が企業を検索するのではなく、企業が欲しい人材だと思った学生を検索してスカウトを送るというタイプのナビサイトになります。スカウト型のサイトはどういうメリットがあるのか?というと、実は大きなメリットがあります。ニクリーチのようなサイトの場合、スカウトを企業が送ってきてからその会社を受けるか?どうかを決めることになります。ここで重要なのは、スカウトが着た時点でその企業はあなたに関心を持っているということです。関心があるからこそスカウトを送ってくるわけですから。

 

あらかじめ登録したプロフィールをもとにスカウトを送るのですが、従来のナビサイトは学生が企業を検索してエントリーし、選考を受けるので、選考を通じて自分に興味を持ってもらうように仕向けないといけません。それができれば内定をもらえるかもしれませんが、できないと不採用になるので、結果的に自分に関心を持ってくれない企業を多く受けてしまうことになるわけです。でも、ニクリーチは興味があると言える学生にスカウトを送りますから、スカウトが着たときにはその会社を受けることで、すでに自分に関心を持っていることが確定したうえで受けられるので、内定を取れる確率は高いのです。そして、スカウトが着た会社のみを受けることで、自分に関心を持っている企業だけを受けられるので非常に効率的です。そういったメリットがあるのが大きいです。ニクリーチの使い方は会員登録をして、プロフィールを登録しておくと、そのプロフィールを見た企業が気になった学生にスカウトを送ります。そのスカウトを承諾すると、実際に企業の人間と会って話をしたり、食事をする機会が与えられます。そこでは事前に自分が聞いておきたいことを何でも聞けたり、逆に企業側が聞きたいことを聞いてそれに答えたりという時間になるので、お互いがお互いを理解するための時間が確保されるということになります。驟雨喝性からすると事前にいろいろなことを質問できる時間があるということで安心感を持ちながら受けられるというメリットもありますけど、企業からすれば事前にこういった場を設けて、質問をしたり、会話をしたりすることで、学生の人柄とか、考え方に対して十分な理解をしてから選考に臨めるということが言えます。それはつまり、その会社を受ける他の就活生と比べて、あなたに対する理解がかなり及んだ状態で選考に進めるので、会社としても人柄とか考え方をあらかじめ十分に知っている人の方が採用リスクが少ないと考える可能性もあります。つまり、コネ採用をするときと同じメリットが生まれるわけです。素性に関して詳しく知っている人の方がリスクも少ないし安心感もあるということで、コネ採用はあるわけですが、そのときに発生するメリットと同じようなメリットが発生し、その状態で選考を受けられるので、有利になる可能性はあります。こういった部分で魅力があるのがニクリーチと言えると思います。絶対にスカウトがくるとは言えませんが、今まで使っていたナビサイトをそのまま使いながら、普段は特に何もしないでスカウトが着たときだけ対応すれば良いので、併用ができるという点もありがたいです。無料の会員登録をすればニクリーチは利用できますから、就活をしていて本気で内定が欲しい人は良かったら参考にしてほしいと思います。

プロフィールを登録しておけば、
後は待っているだけで企業からスカウトが
届くので非常に簡単でお手軽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

住友林業の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

住友林業の就職の難易度に関して理解をしてほしいと思います。住友林業に就職したい人はまずは倍率

記事を読む

就活の自己PRで向上心、前向きさアピールは非常に効果的!

新卒の大学生の就職活動の自己PRのネタで悩んでいる人も多いかもしれません。自己PRはいろいろ

記事を読む

2017年卒の就職活動はいつから?リクナビはいつ登録する?

2017年の就職活動は一体、いつから始めたら良いのか?気になるかもしれません。今、大学3年生

記事を読む

就職したくない、就職しない人はむしろ勝ち組な理由

  就職したくないという気持ちを持っている人はたくさんいると思います。私もず

記事を読む

新卒で内定が取れない、面接に受からない就活生は発想を転換すべき

新卒で就職活動をしているが、なかなか内定が出ない。卒業が迫ってきたという切迫感を感じている方

記事を読む

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言えば、サービス業というイメージ

記事を読む

インターンシップの服装はスーツか?カジュアルや私服でお越しください、動きやすい服装でと言われたら?

就職活動の前段階に参加することも多いのがインターンシップです。このインターンシップは就業体験

記事を読む

内定辞退で後輩への迷惑等の脅し、脅迫なんて気にする必要ない

内定辞退をすると、企業もそうだが、大学や後輩などにも迷惑がかかると言われることもあります。そ

記事を読む

学歴フィルターの仕組みは?ボーダーは日東駒専や大東亜帝国あたり?どこからが影響する?

就活で重要な学歴フィルターというのは多くの学生が知っているでしょう。学歴フィルターで気になる

記事を読む

マスコミ業界、広告代理店の就職の志望動機や自己PRの考え方、書き方の例

マスコミ業界を受けるという就活生も多くいると思います。そういった方々は当然志望動機を練らない

記事を読む

西武鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

西武鉄道というと、複数の路線があり、都心の駅も多く通っています

豊田通商の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はあるのか?

豊田通商はトヨタグループの会社になりますが、トヨタグループとい

桜美林大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上?イメージや雰囲気の違いと就職の比較について

桜美林大学のレベルというのはどれくらいなのか?というのは気にな

三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

メガバンクへの人気というのは就活生の中では常にあるわけで、三井

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑