大阪経済大学の偏差値や倍率は高い?合格最低点やボーダーラインと入りやすい学部について

公開日: : 最終更新日:2017/12/27 その他の話題

大阪経済大学の偏差値や倍率は高い?合格最低点やボーダーラインと入りやすい学部について865135aeb9fa5b92349c11af1134ed85_s

大阪経済大学は関西地方にある私立大学で、関東では知らない人も多くいそうですけど、関西では知らない人の方が少ないかもしれません。関西には有名私立大学がいくつかあるので、そういったところを比べると知名度は落ちるかもしれませんけど、それでも大阪経済大学は人気ですし、それなりに受かるのは大変です。大阪経済大学の偏差値はどれくらいか?というと、これは関西では中堅大学くらいの難易度があると思います。大阪経済大学の偏差値は学部にもよりますけど、全体的には50強くらいになると思います。したがって、難易度でいえば真ん中よりは上になると思うので、大阪経済大学は難しい大学と言えるのではないでしょうか?学部ごとに難易度が違っていますけど、恐らく看板学部は経済学部になるのではないか?と思います。でも、大阪経済大学の偏差値は経済学部が高いというわけではありません。どの学部もあまり偏差値は変わらないので、大阪経済大学の場合には入りやすい学部などもあまりないと思います。大阪経済大学を受けるときにはどの学部を受験するか?をまず考えるべきですが、各学部の難易度について考えていきましょう。

 

大阪経済大学の入りやすい学部はどこになるのか?

大阪経済大学の偏差値を見ると、経済学部、経営学部、情報社会学部、人間科学部のいずれの学部もほぼ横並びなので、難易度に差はない状態です。そうなると、大阪経済大学の入りやすい学部というのは事実上存在しないということになります。偏差値には差がほぼないので、外見上はどの学部を受けてもあまり難易度は変わらないということなのです。しかし、倍率などを見ると違いが見つかる可能性はあります。あとはセンター利用入試のボーダーラインがどうなっているのか?という点も注目です。大阪経済大学の難易度の比較としてセンター試験で合格に必要な得点率を見るという手もあります。センター利用入試の大阪経済大学のボーダーラインは何割くらいは必要なのか?というと、お概ね6割台の前半から7割台中盤あたりの数字になっています。これはどの学部もそういった感じなのですが、大阪経済大学の場合にはセンター利用入試でもいくつかの入試方式に分かれているので、そこを理解することがまず重要です。大阪経済大学のセンター利用入試では3教科、4教科、ベスト2という3つの入試方式があるのですが、この中で言うとやはりベスト2が1番ボーダーラインの得点率が1番高いです。7割以上のボーダーラインが必要なケースというのは基本的にベスト2になるので、3教科のセンター利用入試の場合にはそこまで高いボーダーラインにはならないということも知っておきましょう。

 

大阪経済大学の3教科のボーダーラインは何割か?というと、6割台の後半ということになっています。ただ、3教科に関しても大阪経済大学のボーダーラインの得点率は66とか、67%くらいなので、ほぼ差はありません。したがって、大阪経済大学の入りやすい学部はちょっと決めづらいです。穴場の学部とかも元々ないのですが、受かりやすい学部というのは判定できないので、それぞれの学部に対する希望を生かして学部選びをすると良いと思います。大阪経済大学は受かりやすい学部はほぼないということで、どの学部も同じくらい難しいということを覚えておくと良いと思います。大阪経済大学に入りたい人は学部選びが重要ということは言えますけど、学部によって受かる難易度はほぼ変わらないと言えます。ただ、学部によっては学科まで見るとちょっと難易度が下がる場合があるのです。例えば経営学部のビジネス法学科はちょっとだけ偏差値が低いです。とはいっても、そんなに変わらない感じですけど。でも、少しでも確率を上げたいならば、そういう穴場の学部じゃないですけど、少しでも偏差値の低い学部学科を探すというのも手です。経営学部ビジネス法学科の前期B方式はちょっとだけ偏差値が低いです。大阪経済大学の偏差値はその都度変わる可能性があるので、こういった情報はその都度自分でもチェックしておいてほしいと思います。中堅大学ではありますが、簡単に受かる大学ではないので、そのことを考慮したうえで大阪経済大学の対策をしていってほしいと思います。大阪経済大学に入りたい人は偏差値違いの情報もチェックしないといけませんが、倍率はやはり必要な情報になります。大阪経済大学の倍率によっても学部ごとの難易度が比較できる場合もありますから。

 

大阪経済大学の倍率はどれくらいか?

大阪経済大学の一般入試の倍率はどうなっているのでしょうか?大阪経済大学ではA方式、B方式2教科、B方式3教科、後期D方式と言う3つの入試方式がありますけど、同じ学部であればA方式とB方式2教科、B方式3教科の倍率はほとんど同じような傾向になっています。いずれも4~5倍くらいで6倍以上のところもありますが、あまり多くないですし、3倍台のところもあります。この3つはほぼ同じ傾向で、後期D方式だけがいずれも高い倍率という点も全ての学部で共通しています。後期D方式の倍率ががくぶにもよりますが、10倍を超えるケースもあり、かなり難易度が高いです。ただ、どの学部でも後期D日程が1番倍率が高いです。だから、大阪経済大学の難易度では後期D方式は非常に高いということになります。大阪経済大学の一般入試の倍率は低くないですし、標準的な倍率と言える数字が多いと思うのですが、後期D方式に関してはかなり高い場合もあるので、知っておかないといけないのです。大阪経済大学の倍率に関しては、先ほど言ったように経営学部ビジネス法学科の倍率はちょっとだけ低いかな?という気がします。後期D方式は10倍を超えていますが、それ以外は3~4倍くらいなので、多少低い気がするのです。ただ、そこまでの差ではありません。大阪経済大学の入りやすい学部として経営学部ビジネス法学科というのも一応候補にはなりますけど、倍率は今後も同じように推移するとは限りませんし、偏差値も上がる可能性がありますから、何とも言えないと思います。

 

大阪経済大学の合格最低点の注意点とは?

大阪経済大学の倍率に関しては過去の傾向としてこういった感じとなっていますが、あとは合格最低点の情報も重要です。合格最低点は過去問を解くときに使うデータになりますけど、大阪経済大学の合格最低点は学部学科別、入試方式別にホームページに載っているのではないか?と思うので、過去問の年度ごとに調べておいてほしいのですが、ここで注意なのはその合格最低点を超えても受からないケースがあるということです。大阪経済大学の一般入試の合格最低点は偏差値法が使われているみたいなので、一般的に言えば実際にとった点数よりも下がったものが合格最低点になるので、素点ではないという意味では、実際の点数は合格最低点をそこそこ上回らないと受からない可能性があるということになります。したがって、過去問を解くときには大阪経済大学の合格最低点の捉え方には注意をして、目標はできるだけ高く設定しておくと良いと思います。大阪経済大学に入りたい人は合格最低点を調べておいて、過去問を解きながら傾向やレベルを分析して、そこから自分にとって必要な対策、補強しないといけないところ、出題傾向からいって苦手な分野について補強をするような時間をとっていきましょう。

 

大阪経済大学の大学案内が無料で請求できる!

大阪経済大学を受験する予定の人、興味を持っている人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておきましょう。ここで請求できる資料は大阪経済大学の大学案内で、入試情報や学生生活の情報が特に満載となっています。大阪経済大学の入試情報に関しては学部別、入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などが細かく分かりやすくまとめられていると思うので、大阪経済大学の入試情報について理解がしやすいと思いますし、過去の入試結果から倍率や合格最低点などの情報も載っている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えると思うのです。また、大阪経済大学の学生生活の情報に関しては、学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどうか?卒業後はどういう進路を歩むのか?と言ったことに関して、学部別に詳しく紹介されていると思うので、自分が大阪経済大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?について非常に理解がしやすいですし、こういったものを読めば、今まで知らなかった大阪経済大学の魅力についても知ることができて、受かりたいという気持ちが強くなると思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「大阪経済大学」と入れて検索して、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると氏名や住所を記入するページがありますから、そこに入力をして送信すると自宅に大学案内が届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

【あわせて読みたい記事】
大阪経済大学の評判や口コミは?キャンパスの立地条件や就職支援、就職実績はどうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

上智大学と同志社大学はどっちがいい?どっちが上?就職や知名度や人気において関東と関西で全然違う?

関西では抜群の知名度と偏差値を誇る同志社大学は関東で言うと上智大学と比較されることがあります

記事を読む

西南学院大学の偏差値や倍率と入りやすい学部は?ボーダーラインや合格最低点の情報

西南学院大学というのは九州にある私立大学で、割と全国的にも名前が知られていると思います。西南

記事を読む

横浜市立大学の滑り止めはどこがいい?日東駒専や成成明学獨國武あたり?併願のおすすめは? 

横浜市立大学を受験する人は滑り止めを受けるときにはどこを候補にしていけば良いのでしょうか?横

記事を読む

おせち料理、年越しそば食べる割合は?食べない人が増加中

今の若い人たちを中心にして、年越しそばやおせち料理を食べないという人が増えているそうです。そ

記事を読む

早稲田大学法学部の英語と国語の難易度、レベルは高すぎ!勉強法や傾向と対策は過去問中心!

早稲田大学法学部では、どの入試科目も非常に難易度の高い問題が出題されます。しかし、早稲田大学

記事を読む

医学部の面接での服装や髪型、髪色の身だしなみは?見た目が合否を分けるので注意!

医学部の面接を受けるときにはいろいろな点について注意をしないといけません。面接は見た目が重要

記事を読む

入試が難しく、難易度も高い上智大学の受かりやすい学部は?

東京都の四谷にある上智大学に入ってみたいという方もいるかもしれません。私も受験生の頃は上智大

記事を読む

名古屋市立大学の偏差値は高い!倍率やセンターの足きりのボーダーラインや入りやすい学部はある?

愛知県の名古屋市には名古屋大学と南山大学という2つの有名大学がありますが、この2つの大学以外

記事を読む

慶應義塾大学理工学部の偏差値や倍率は?評判や合格最低点はどうなっている?

慶應義塾大学理工学部は学科が幅広く、かなり規模が大きい理工系の学部になります。慶應義塾大学理

記事を読む

no image

慶應義塾大学と一橋大学、筑波大学、横浜国立、千葉はどっちが上?難易度の比較をしてみた

慶應義塾大学は日本を代表する私立大学で、レベルも高いですし、入りたいと思う人も多いですね。慶

記事を読む

甲南大学経済学部の偏差値や倍率と入試科目は?評判やボーダーラインの情報について

甲南大学経済学部の偏差値はどうなっているのでしょうか?甲南大学

名古屋外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインはどうなっている?

愛知県にはいろいろな私立大学がありますけど、その中で名古屋外国

学習院女子大学の偏差値や倍率は?入試科目や配点はと合格最低点はどうなっている?

学習院女子大学というのは都心にある女子大で、人気も高いですし、

甲南大学法学部の偏差値や難易度は?倍率や評判とボーダーラインはどうなっている?

甲南大学の中では法学部の難易度というのはどうなっているのでしょ

大阪商業大学の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインや合格最低点の情報について

関西には多くの私立大学がありますが、やはり有名なのは関関同立や

→もっと見る

PAGE TOP ↑