就活であなたの強み、あなたが人に負けないことは?自慢や夢も答え方は同じ?

公開日: : 学生たちの就職活動

就活であなたの強み、あなたが人に負けないことは?自慢や夢も答え方は同じ?a74a62136f34853b9211acef2aff1395_s

就活では面接などにおいて変わったような質問をされることがありますけど、変わったように聞いているものでも、実はストレートに答えやすい質問というのがあります。それがあなたの強みは何か?またはあなたが人に負けないことは何か?という質問です。これはたまに聞かれる可能性がある質問なので、あらかじめ準備をしておくと良いと思うのです。しかし、この質問は答え方は決まってます。あなたの強みは何か?というのは完全にあなたのアピールポイントを聞いているわけでしょう。自己PRをしてください!っていうことと同義だと思うのです。で、就活というのは基本的に志望動機や自己PR以外のことはまず聞かれない。それが形を変えて聞かれているということに過ぎないと思います。そうだとすると、どんな質問も最終的には自分のアピールへとつなげることが重要になるのです。アピールポイントがない回答はほとんど評価されない可能性もあるのです。就活であなたが人に負けないことは何か?と聞かれたら、自己PRをすべきという風に捉えれば良いと思います。これだけは負けないことって1つや2つくらいはあるのではないでしょうか?それを答えてほしいのですが、答えるときのポイントがあるので、それはちゃんと理解をしておきましょう。

 

就活であなたが人に負けないこと、あなたの強みを聞かれたら

就活では同じような質問がいろいろな企業で何度もされると思うので、そのたびに基本的には答え方は同じです。ただ、問題なのはそういう質問だという捉え方をしないといけないということで、それができないケースがあるかもしれないということです。あなたが人に負けないことやあなたの強みは何か?という聞き方ならまだちょっと分かりやすいかもしれませんけど、就活ではあなたの自慢とか、あなたの夢は何か?という聞かれ方をする場合もあります。自慢をしてくれという質問の仕方は珍しいかもしれませんけど、たまにあると思います。就活であなたの自慢をしてくれと言われてもちょっと困るかもしれませんが、ここだけは人に負けないことという意味は含まれていると分かります。そこから結局は会社にとって自分がいかに魅力的な人間か?それを自慢を通じてアピールするわけです。だから、あなたの自慢をしてほしいという質問はガチの自慢というよりは、何らかの能力、経験、知識、特性などを話して、それがその受ける会社の具体的な業務において役立つ、生きる、メリットとして機能するということにつなげていくと良いです。これはあなたの自慢をしてくれという聞き方だけではなくて、あなたの強みとか、そういう聞き方でも一緒です。就活ではあなたの強みは何ですか?という自己PRの内容に近い聞き方をする場合もありますが、あなたの夢は何ですか?とか、自己PRには思えない聞き方をする場合もあります。あなたの夢は何か?と言われたら、社長になりたいとか、そういう話になりがちです。そういう夢がダメなわけではないでしょう。ただ、社長になりたいとだけ伝えても面接官には響かないのです。なぜならば、社長になりたい人は他にも大勢いるし、なりたいだけでなれるわけでもないですし、社長になりたいと言われたからと言って、じゃあその人を採用したいと思いますか?という話なのです。

 

つまり、就活であなたの夢は何ですか?と聞かれたらその夢の内容を答えて、さらにはどうやったらその夢を実現できるのか?を話すと良いと思いますし、さらにはその過程で会社への貢献ができるようならば、なお良いわけです。具体的な筋の通った話ができるような人ということで印象が良くなるかもしれませんし、結果的に会社にとってメリットのある人として映るわけですから。社長になりたいという例で言えば、どうすれば社長になれると考えるか?というプロセスを話すわけですが、自分にはこんな能力があって、それを生かして、その会社のこんな業務においてこんな活躍ができる、それで会社に貢献できて、会社の信頼を得ながら、出世していく過程が如実に伝えられます。そして、その過程で会社の業績をアップさせられるということを伝えられるわけです。あなたの夢はと就活で聞かれたら、プロセスとしてはそういった流れが良い気がします。夢を話して終わりだとほとんど点数は貰えないのではないでしょうか?なぜその夢なのか?その夢を実現するには?その夢を実現すると会社にどんなメリットが?などの情報が必要でしょう。だって、会社で新しい企画とか、商品やサービスのアイデアを出すときに、こんなアイデアはどうですか?と上司に提案したとして、上司がなぜそれなんだ?それを実現するための具体的な策はあるのか?それを実現すると会社にどういう利益が出るのか?と質問して、何も答えられなかったら、そのアイデアが取り上げられることはないでしょう。つまり、仕事ができる人というのは、そういったことについて詳しく答えられる人じゃないでしょうか?だから、面接においてそういうところまで答えられたら、仕事ができる人間として認識される可能性もあります。ちゃんと「考えられる人間」ということになるのです。

 

アピールの仕方はいろいろあるけど、何らかの自己PRの内容が必要

就活における質問というのは、どんなものであっても自分の良さを伝えられることが重要で、それを聞いて会社が欲しいと思うような内容にしていかないといけないのです。聞き方はいろいろあるわけです。すでに話したようにあなたが人に負けないことは何か?とか、あなたの自慢は何か?とか、ちょっと変えてくるのですが、意味合いはほとんど変わっていないと思います。結局はあなたがここだけは人に負けないということを述べて、それが会社で働くうえで役に立つものであることというのが重要なのです。そういった感じで就活で聞かれるあなたの夢は何か?とか、あなたの強みは?という類の質問の答え方を考えていきましょう。こういう質問は就活の合否を決めうるものになりますから、真剣に考えておかないといけません。最終的には自分の良いところを相手に伝えられるように構成を考えてほしいと思うのですが、ポイントとなるのは自己PRは別に聞かれるということなのです。恐らくどの会社の面接でも自己PRは聞かれます。しかし、こういったあなたの強みを話してくださいとか、あなたが人に負けないことは?といった質問は別にされる可能性があるので、そうなると最初に言う自己PRの内容と被らない方が良いと思います。すでに話したこととは別の良いところを伝えられるようにしていくと、別の視点からあなたの良いところが面接官に伝わると思いますから。同じ内容を話しても、さっき聞いた話だし・・・と思われる可能性もあるのです。それに自己PR以外で改めてこういう質問をしているということは、他の自己PRを聞きたいという思惑でもあるのではないか?と思うのです。だから、要するに自己PRは複数用意しておかないといけないのです。そういう前提で考えないといけないのです。そこが難しいところなのです。

 

臨機応変に答え方やアピール内容の表現を変えないといけないところが難しい

自己PRって1つ考えるだけでも大変という人はいると思うのですが、就活ではあなたの夢とか、そういうことを聞かれることに備えて、人にはここだけは負けないという強みを話していかないといけないでので、2つ以上は必要です。また、こういう聞き方をされなくても、「他には?」みたいな聞き方をされる場合もあります。つまり、自己PRを1つ話して、さらにもう1つ要求されるみたいなこともある可能性があるので、やはり2つ以上は用意しておいた方が賢明です。就活では人にはここだけは負けないことを複数用意していかないといけないのですが、それらの全てがちゃんと自分が面接を受ける会社の業務に関連するものであること、かつその会社の中での業務において役に立つと言えるものじゃないといけないので、結構条件がつくということになります。そうなると、かなり絞られてくるので、結構自己PRを考えるのは大変ということになります。自己PRというのは、本当に企業にとって戦力になると思える部分を感じ取れるか?が重要なので、そこまで考えて導き出さないといけないという点では本当に難しいです。だから、1つ考えてもう1つ考えたりするというのは大変ですし、質問のされ方によって、話したい自己PRの部分を適宜アレンジしていくようにしないといけないでしょう。例えば、就活の面接であなたが人に負けないことと聞かれた場合とあなたの夢は何か?と聞かれた場合では答え方がちょっと変わります。前者は人にここだけは人に負けないことを話さないといけませんが、後者は夢として話すので、話し方というか、話の構成や表現方法がちょっと違うと思うのです。だから、そこも難しいところになります。質問のされ方によって、回答の仕方をちょっとずつ変えないといけないというのは難易度が高いと思います。そこは臨機応変に対応しないといけないところもあるので、こういう質問は聞き方は統一してくれというのが就活生の本音だと思います。ただ、本当に企業によって聞き方が違う場合があるので、そこは頭に入れておかないといけませんし、ここで紹介した聞き方以外でももしかしたらバリエーションがあるかもしれませんから、そうなるとこのタイプの質問はかなり難易度が高いと言える可能性もあります。就活は冒頭でもお話ししましたが、志望動機と自己PRしか聞かれないという点を頭に入れていくことが重要で、どんな質問も最終的には自分がいかにこの会社に入りたいか?自分がいかにこの会社にとって必要な人材か?をアピールすることを考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

アナウンサーになるには有利な大学や学部は関係ある?アナウンサーになりやすい出身大学なんてない!?

アナウンサーになりたい場合には大学名は必要なのでしょうか?どの大学が有利とかあるのでしょうか

記事を読む

内容も意味も薄い就活の会社説明会は動画配信で良いだろ

就職活動で行われる会社説明会ってありますけど、これって必要ですか?私はあまり意味を感じたこと

記事を読む

ベンチャー企業へ就職のメリットやリスクは?将来は倒産が不安?

就職活動で1つ目玉になるのがベンチャー企業です。ベンチャー企業もリクナビやマイナビに載ってい

記事を読む

就活で留年は影響ない?関係ない?不安でも聞かれない体験談を紹介

就活においては自分が抱えているいろいろな問題を気にしてしまうことがよくあると思います。例えば

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダ

記事を読む

就活で男女の前髪は長い、短いはNG!中途半端の方が良い

就職活動をしていて、いろいろと自分の身だしなみにも気を使いますよね。就職活動では、人事に自分

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

インターンシップの服装はスーツか?カジュアルや私服でお越しください、動きやすい服装でと言われたら?

就職活動の前段階に参加することも多いのがインターンシップです。このインターンシップは就業体験

記事を読む

グループディスカッションで協調性がない、空気読めない人はイライラさせ、うざいやつと思われて落ちる

就職活動の場で割と行われているのがグループディスカッションですが、これは集団の中の協調性や課

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑