司法書士のための予備校はWEB通信の映像講義が主流

公開日: : その他の話題

司法書士のための予備校はWEB通信の映像講義が主流1c09f995a6e25a00fc0ca8f3f7d1567d_s

今は様々な資格を取得して、それを業務に生かす、またはそれに専念して食っていく方も多いですが、学生のうちから、または働きながら司法書士を目指される方も珍しくないですよね。司法書士は法律資格の中でも、相当な難易度とされています。司法書士の資格を持っていると、やはり業務の幅が広がり、就職などでも有利になることも考えられますし、自分で事務所を開いて、仕事をするということも考えられます。司法書士を目指す場合にはかなり長期的な計画で望まないといけないでしょう。合格は非常に難しいですし、司法試験まではいかないまでも、やはり合格までに相当時間がかかることは覚悟しないといけません。その中で、1つ問題になるのは独学でやるか?予備校に通うか?ということです。

 

予備校に通って勉強している人の方が恐らく多い

独学では不可能ということはありませんけど、予備校に通って勉強している人が多いですよね。特に学生のうちから司法書士を目指している方などは、特に時間に余裕があるということもあり、予備校に通って専門的な勉強をしている方が多いです。今は資格試験予備校も司法書士の受講生に対するサービスを本当に充実させているので、実際に予備校を利用してみると便利と感じることも多いように思います。それは予備校に通う手間やコストが大分削減されてきたというのがあると思います。基本的に学生以外で仕事をしていない人(仕事を辞めて、司法書士の勉強に専念している人やフリーターの人など)以外は勉強や仕事で、割と時間をとられますよね。大学に通ったり、会社に通勤したりで、勉強時間を確保するのが本当に大変なのです。その中でどうやって予備校に通うのか?が1つ問題点でした。

 

WEBから授業を視聴する時代に!

従来はやはり直接に予備校に通って、そこで授業を受けるというのが誰もが想像する当たり前の形でしたが、そのスタイルも残りつつ、今はWEB通信の授業を選んでいる人も非常に多いのです。それはどうしてか?というと、明らかにこちらの方が便利だからです。手間もコストもこちらの方がかかりづらいのです。手間というのは、予備校に通う時間と労力です。コストは交通費など。そういったものが限りなく0になるのがWEB通信による受講スタイルなのです。特に「クレアール」では、この映像講義について力を入れている予備校として有名で、多くの方々がここで日々学んでいます。このクレアールではどういう風に授業を受けるのか?というと、パソコンやタブレットなど、ネットに繋がる機器があれば、それを使って授業を視聴します。映像による講義を見て勉強するということです。授業を聞くという意味では、教室で聞くのとパソコン画面から聞くのと大差はありませんけど、実はこの2つの受講の仕方の違いは、実は非常に大きな違いを生んでいます。

 

それは映像講義ならではのメリットになりますけど、何度も何度も視聴可能ということです。つまり、1回聞いてちょっと理解が難しいな。と感じた場合には、従来ならどうですか?同じ講義をまた聞くのは難しいですよね。その場合には、別途DVDを借りて見てください。と言われます。1回あたり500円とかになるわけですよ。ただ、WEB通信の場合は、当然あらかじめ録画された映像講義のファイルがストリーミング配信されているので、Youtubeやニコニコ動画を観ているときと一緒で、気になるところに巻き戻したり、1度見終わってもまた最初から視聴したり、そういう使い方ができるということなのです。だから、せっかく予備校に通ったのに、理解できない部分が多くては意味がありません。だからこそ映像講義は受講生にとって、人気になっているのだと思います。

 

学生、社会人にとってクレアールのWEB通信はまさに最適!

従来の講義の受け方と比べて、明らかに利便性が上昇しているじゃないですか?だからこそ今は普通に校舎に通うよりも、それ以外の場所からパソコンやタブレット端末などを利用して、WEBから授業を視聴するという手法を選ぶ受講生が本当に増えている。この流れは今後どんどん加速していくものと思われます。司法書士は非常に難関資格です。何年かかるか?分かりません。特に学生、社会人で受けようと考えている方は学業、仕事の合間で勉強をして、予備校にも通わないといけません。とにかく時間がないのです。だからこそ、移動にかかる時間が極力少ないWEB通信は本当に優れているといえます。大学が終わって、仕事が終わって、予備校に通う必要はありません。大学のキャンパス内、会社のオフィスの中でパソコンを持ち込んで、授業を視聴することが可能です。また、そのまま直で家に帰って、授業を視聴するのも可能です。そして、もう1つ言っておきたいのは、予備校に通う場合は、あらかじめ授業のスケジュールが決められた上で、それに則る形で受けないといけないのですが、WEB通信は、そんなことないですよね。いつ(日にちや時間帯)授業を受けるか?どのくらいのペースで授業を受けるか?という決定は自分でできます!だから、予備校側の都合ではなく、自分の都合を最優先してOKというところも非常に優れているといえるでしょう。予備校選びをする際には、クレアールは今の時代にまさにフィットした、働きながら、大学に通いながら司法書士の勉強をする方にとって、特に便利な予備校になると思います。クレアールについて気になる方、WEB通信を利用した映像講義について気になる方、司法書士を目指すのに、どういうコースが用意されているのか?費用は?期間は?などを詳しく知りたい方は、ホームページをご覧になられるか、資料請求は無料でなので気軽にしてみても良いと思います。

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる映像講義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

指定校推薦に合格後の取り消しの理由や過ごし方は?バイトや赤点をとって成績が悪い、欠席が多いなど

指定校推薦は学校内の推薦に通れば、大学の試験を受けてほぼ100%合格が決まります。そして、実

記事を読む

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかもしれませんけど、人気の女子大で

記事を読む

上智大学の入試の合格最低点とボーダーは何割?倍率は高くない

東京の私立大学では、超有名大学になる上智大学ですが、ここは非常に難易度が高いです。早慶に匹敵する大学

記事を読む

偏差値が高いがレベルは普通?立教大学は英語はなんとかなる!

マーチの中でも1番の難易度といってもいいかもしれない立教大学は非常に合格するのは難しい大学で

記事を読む

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学という印象が強いのではないでしょ

記事を読む

首都大学東京の雰囲気や評判はどんな感じ?就職率は割と高い

東京都の八王子市にある国公立大学で首都大学東京があります。前身の東京都立大学と比べると、キャ

記事を読む

学歴コンプレックスは一生消えない?治らない?多い大学は日東駒専か?治し方はどうする?

学歴コンプレックスというのは多くが抱えているものかもしれません。これは気にしない人は気にしな

記事を読む

なんのために大学に行く?勉強のためなら大学に行く意味や理由、必要性はない

大学はなんのために行くのでしょうか?勉強をするため?そう思いこんでいる人がいますね。しかし、

記事を読む

専修大学で受かりやすい学部は難易度的に商学部と経営学部?

専修大学は偏差値的に見ても中堅大学で、日東駒専の一角として全国的に知名度のある大学です。広島

記事を読む

入会費、年会費、送料が激安の食材宅配業者はパルシステム

注文した商品を家に届けてくれて、スーパー等に買出しに行く手間がかからず、何かと便利なのが食材

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就

→もっと見る

PAGE TOP ↑