司法書士のための予備校はWEB通信の映像講義が主流

公開日: : その他の話題

司法書士のための予備校はWEB通信の映像講義が主流1c09f995a6e25a00fc0ca8f3f7d1567d_s

今は様々な資格を取得して、それを業務に生かす、またはそれに専念して食っていく方も多いですが、学生のうちから、または働きながら司法書士を目指される方も珍しくないですよね。司法書士は法律資格の中でも、相当な難易度とされています。司法書士の資格を持っていると、やはり業務の幅が広がり、就職などでも有利になることも考えられますし、自分で事務所を開いて、仕事をするということも考えられます。司法書士を目指す場合にはかなり長期的な計画で望まないといけないでしょう。合格は非常に難しいですし、司法試験まではいかないまでも、やはり合格までに相当時間がかかることは覚悟しないといけません。その中で、1つ問題になるのは独学でやるか?予備校に通うか?ということです。

 

予備校に通って勉強している人の方が恐らく多い

独学では不可能ということはありませんけど、予備校に通って勉強している人が多いですよね。特に学生のうちから司法書士を目指している方などは、特に時間に余裕があるということもあり、予備校に通って専門的な勉強をしている方が多いです。今は資格試験予備校も司法書士の受講生に対するサービスを本当に充実させているので、実際に予備校を利用してみると便利と感じることも多いように思います。それは予備校に通う手間やコストが大分削減されてきたというのがあると思います。基本的に学生以外で仕事をしていない人(仕事を辞めて、司法書士の勉強に専念している人やフリーターの人など)以外は勉強や仕事で、割と時間をとられますよね。大学に通ったり、会社に通勤したりで、勉強時間を確保するのが本当に大変なのです。その中でどうやって予備校に通うのか?が1つ問題点でした。

 

WEBから授業を視聴する時代に!

従来はやはり直接に予備校に通って、そこで授業を受けるというのが誰もが想像する当たり前の形でしたが、そのスタイルも残りつつ、今はWEB通信の授業を選んでいる人も非常に多いのです。それはどうしてか?というと、明らかにこちらの方が便利だからです。手間もコストもこちらの方がかかりづらいのです。手間というのは、予備校に通う時間と労力です。コストは交通費など。そういったものが限りなく0になるのがWEB通信による受講スタイルなのです。特に「クレアール」では、この映像講義について力を入れている予備校として有名で、多くの方々がここで日々学んでいます。このクレアールではどういう風に授業を受けるのか?というと、パソコンやタブレットなど、ネットに繋がる機器があれば、それを使って授業を視聴します。映像による講義を見て勉強するということです。授業を聞くという意味では、教室で聞くのとパソコン画面から聞くのと大差はありませんけど、実はこの2つの受講の仕方の違いは、実は非常に大きな違いを生んでいます。

 

それは映像講義ならではのメリットになりますけど、何度も何度も視聴可能ということです。つまり、1回聞いてちょっと理解が難しいな。と感じた場合には、従来ならどうですか?同じ講義をまた聞くのは難しいですよね。その場合には、別途DVDを借りて見てください。と言われます。1回あたり500円とかになるわけですよ。ただ、WEB通信の場合は、当然あらかじめ録画された映像講義のファイルがストリーミング配信されているので、Youtubeやニコニコ動画を観ているときと一緒で、気になるところに巻き戻したり、1度見終わってもまた最初から視聴したり、そういう使い方ができるということなのです。だから、せっかく予備校に通ったのに、理解できない部分が多くては意味がありません。だからこそ映像講義は受講生にとって、人気になっているのだと思います。

 

学生、社会人にとってクレアールのWEB通信はまさに最適!

従来の講義の受け方と比べて、明らかに利便性が上昇しているじゃないですか?だからこそ今は普通に校舎に通うよりも、それ以外の場所からパソコンやタブレット端末などを利用して、WEBから授業を視聴するという手法を選ぶ受講生が本当に増えている。この流れは今後どんどん加速していくものと思われます。司法書士は非常に難関資格です。何年かかるか?分かりません。特に学生、社会人で受けようと考えている方は学業、仕事の合間で勉強をして、予備校にも通わないといけません。とにかく時間がないのです。だからこそ、移動にかかる時間が極力少ないWEB通信は本当に優れているといえます。大学が終わって、仕事が終わって、予備校に通う必要はありません。大学のキャンパス内、会社のオフィスの中でパソコンを持ち込んで、授業を視聴することが可能です。また、そのまま直で家に帰って、授業を視聴するのも可能です。そして、もう1つ言っておきたいのは、予備校に通う場合は、あらかじめ授業のスケジュールが決められた上で、それに則る形で受けないといけないのですが、WEB通信は、そんなことないですよね。いつ(日にちや時間帯)授業を受けるか?どのくらいのペースで授業を受けるか?という決定は自分でできます!だから、予備校側の都合ではなく、自分の都合を最優先してOKというところも非常に優れているといえるでしょう。予備校選びをする際には、クレアールは今の時代にまさにフィットした、働きながら、大学に通いながら司法書士の勉強をする方にとって、特に便利な予備校になると思います。クレアールについて気になる方、WEB通信を利用した映像講義について気になる方、司法書士を目指すのに、どういうコースが用意されているのか?費用は?期間は?などを詳しく知りたい方は、ホームページをご覧になられるか、資料請求は無料でなので気軽にしてみても良いと思います。

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる映像講義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

文教大学と大東亜帝国、日東駒専のレベルはどっちが上?頭いい?の比較やイメージ、雰囲気の違いについて

文教大学というと、世間一般的にはあまり知名度は高くないと思います。知らない人は結構いるんじゃ

記事を読む

都内、神奈川、埼玉、千葉等在住の方にオススメな食材宅配サービス

食材宅配サービスを利用してみたい!とお考えの主婦の方、一人暮らしの方などいると思います。食材

記事を読む

清泉女子大学の偏差値のレベルは日東駒専くらい?受かるには難易度は高くないが

女子大というと、いろいろな大学が思い浮かびますけど、関東では名が通っているのが清泉女子大学に

記事を読む

中央大学の都心回帰はいつ?経済、商、法学部がキャンパス回帰でレベルも人気も復活?

中央大学は長く東京都の八王子市に多摩キャンパスを構えてきました。理系に関しては東京都の文京区

記事を読む

高千穂大学の評判とキャンパスの雰囲気は素晴らしい!就職率や就職状況も結構良い

高千穂大学という大学をご存知でしょうか?一時期、この高千穂大学の宣伝を頻繁に見ていた人もいる

記事を読む

和洋女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

和洋女子大学に入りたいと思っている人や受験する可能性があるという人はいると思いますが、和洋女

記事を読む

大東文化大学の雰囲気や口コミと評判はどうか?就職実績や就職状況は割と良い

大東文化大学に入学を希望される方は非常に多いです。毎年多くの方々が受験していますし、推薦入試

記事を読む

武蔵大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの得点率について

武蔵大学は近年偏差値が上がってきている大学の1つで、難関大学と呼べる可能性も持っていると思う

記事を読む

東京工芸大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京工芸大学というのは工学部と芸術学部が一緒になった大学で、非常に珍しい大学と言えると思うの

記事を読む

神奈川大学の給費生の入試は落ちたとしても一般免除で合格になることがある!?

神奈川大学の給費生の試験は難易度が極めて高いとされており、受かるのはなかなか難しい試験です。

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑