進研模試の信用度や信頼度はあてにならない?判定の信憑性は厳しい?

公開日: : その他の話題

進研模試の信用度や信頼度はあてにならない?判定の信憑性は厳しい?9f1b77823883232cf31f4d3770063fca_s

模試はいろいろな予備校が実施しているものを受けるという人も多いのではないか?と思いますけど、予備校以外の模試を受ける機会もあるのではないでしょうか?それが進研模試です。これは多くの高校生が学校単位で受験していると思います。しかし、進研模試はどうしても信頼度が低いというイメージを持っている人がいるのではないでしょうか?偏差値がすごい高く出ますし、他の模試と比べて判定の信憑性などはどうなのか?という意見もあるでしょう。進研模試は受験者数が非常に多いので、その点においては信頼度はある気がします。しかし、重大な欠点があるのです。それは進研模試の母集団のレベルです。というのも、進研模試は恐らく浪人生は受けてないと思いますから、受験者は現役生に限られると思います。基本的に浪人生の方が全体の学力レベルは高い気がするのですが、その層が進研模試の母集団には入っていないので、そこで進研模試の受験者のレベルはちょっとどうなの?という感じがします。とはいっても、元々模試の信頼度というのは、そんなものという気はするのです。それについて詳しく解説していきます。

 

進研模試の信頼度は他の模試とそんなに変わらない?

進研模試は現役生しかほぼ受けていないので、その点において信頼度がどうなのか?という部分はありますけど、他の模試は浪人生が受けているということは言えますが、それがどこまでの信用度の差になるか?ということなのです。進研模試は判定があてにならないというわけではないですけど、判定が厳しいという声もあるのです。他の模試は相対的に判定が甘いと言えるのかもしれません。あとは受験者数で言えば進研模試よりも少ないと思いますから、そこが信憑性の部分においてどうなのか?ということになるでしょう。進研模試も信頼度では問題点として挙げられるような部分があるかもしれないですけど、それは他の模試にも違った側面において存在していると思うので、どの模試も信用度という意味ではどうなのか?と思える部分はあるということであって、進研模試の信用度が特に低いとは思わないです。進研模試というものが模試の中ではそもそもメジャーな存在ではないというイメージが、なんとなく判定とかがあてにならないという感覚になっている面もあるのかもしれないです。進研模試は受験者数は多いですけど、でも3大予備校の次という存在かな?と思いますから、そこが進研模試の信用度に影響している気がします。進研模試は偏差値が高く出すぎているため、そこが判定などの信憑性に影響している面もありそうですけど、人によっては判定は厳しいとしているので、進研模試の判定はあてにならない部分は少なからずあると思います。

 

でも、他の予備校の模試の判定はあてになるのか?というと、それもそこまで信用できるとは思いません。というか、模試というのは目安だと思っていますから、どの模試を受けてもそこまで信用できるというものはないのではないか?と思います。だから、進研模試の判定があてにならないかもしれませんけど、他の模試も信頼度がそんなに変わるものではないと思うので、模試全般が同じようなものだと思ったほうが良いと思うのです。進研模試を受けているときには、信用度がどうなのか?という部分に関しては疑問を持つ人もいるかもしれませんけど、そんなに特別気にしなくても良いのではないか?と思います。逆にそれ以外の模試を受けるときでも模試は成績が良いとか、悪いとか、そういったところはそこまで関係ないと思った方が良いでしょう。模試はどれを受けても利点や欠点があるので、そこまで個別の模試ごとに詳しく分析しても、大雑把に言えば変わらないという評価になる気がします。

 

模試の結果を参考に志望大学に受かる可能性は図れない?

模試というのは当然ですが、本番の入試とは問題の難易度、傾向などが違います。そして、多くの模試は国公立大学の受験者向けに作られているのです。記述模試は特にそうですね。マーク模試はセンター試験用なので、ある程度は参考になると思いますけど、記述模試は私立大学の受験者にとっては参考にはなりますけど、参考程度までではないか?と思うのです。大切なのは志望大学の過去問で何点とれるか?合格点に届くか?であるので、模試の結果と実際の入試結果が全然違うということがあるのです。したがって、A判定が出ていても落ちることはありますし、E判定でも受かることはあります。それは模試と本番の入試が別物だからです。だから、進研模試の判定はあてにならないということはないですが、それは目安であって、受かる確率ではない。また、現時点での状況なので、今後赤本などを使って過去問対策をやることで、模試では結果が出ていないけど、本番の入試では力を発揮し、合格できるという可能性は含まれているのです。したがって、進研模試の信用度とかとは関係なく、模試の結果で志望大学を絞るようなことはあまりしない方が良いと思います。

 

志望大学を決める、受験大学を決めるときには赤本などを解いて、その出来によって決めるのが良いと思うのです。模試は本当に目安として見ておいて、入試本番のことを考えるならば、志望大学の過去問をやることがとにかく大切です。その結果によって受かりそうか?どうかを考えるのが良いと思いますし、進研模試の判定などはあてにならないか?どうかに限らず、自分がどの大学を受けるべきか?というときにはそこまで考慮する存在ではなくて良いと思うのです。過去問をやれば、その大学学部の入試問題との相性やレベルが分かりますから。模試よりも圧倒的に簡単な問題の大学もありますし、そうじゃない大学もありますから、模試の結果とは全然違う結果になる可能性を秘めた大学学部もあるという認識は常に持っておきましょう。進研模試の感じ方は人それぞれだと思いますけど、判定が厳しいとか、甘いというのは実際あるのかもしれませんが、そこを気にしてもしょうがない部分があると思います。だから、模試の判定と自分が受ける大学の合格確率はそこまで関係ないことと模試の判定で受験する大学学部を決めることはできればしない方が良いということは言っておきたいと思います。模試の扱い方は気を付けましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

青山学院大学の評判や雰囲気は?人気が高く魅力的で憧れる人、行きたい人も多い!

青山学院大学に通ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そういう方はどんな雰囲気

記事を読む

偏差値が高いがレベルは普通?立教大学は英語はなんとかなる!

マーチの中でも1番の難易度といってもいいかもしれない立教大学は非常に合格するのは難しい大学で

記事を読む

東大模試の難易度やレベルは高い?おすすめはどれ?受けるべき?受けないとヤバイ?

東京大学を受験する人はまず受けるでしょうね。東大模試です。この東大模試はいくつかの予備校が行

記事を読む

公募推薦は欠席日数や遅刻は関係する?部活やってない、帰宅部は不利?受からない?

推薦入試というのは一般入試と同様に幅広く行われている入試形態になります。高校受験や大学受験で

記事を読む

成城大学と明治学院大学はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?ほぼ同じ評価か?

成城大学と明治学院大学はどっちが上でしょうか?成城大学と明治学院大学ではレベルに差があるのか

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的には知名度はないかもしれませんけ

記事を読む

関西学院大学の英語、国語、社会科、数学の難易度、入試傾向と対策

関西学院大学は関西方面の難関大学になりますが、ここは毎年全学部日程と個別日程の入試を行ってお

記事を読む

亜細亜大学の偏差値や倍率はどうか?入りやすい学部やボーダーラインや合格最低点の情報

亜細亜大学と言えば、東京にキャンパスを置く有名大学です。大学の規模はそこまで大きくはないもの

記事を読む

司法書士のための予備校はWEB通信の映像講義が主流

今は様々な資格を取得して、それを業務に生かす、またはそれに専念して食っていく方も多いですが、

記事を読む

神田外国語大学の偏差値は高くないが、面接対策の必要で難易度は跳ね上がる?

外国語専門の大学というと、そこまで多くの数は存在していません。全国でもそんなにないのではない

記事を読む

no image
中央大学の滑り止めや併願はどこがいい?日東駒専や成成明学獨國武はどうか?

中央大学に関してはMARCHの下位レベルという印象が強いかもしれません

学習院大学の併願や滑り止めはどこがいい?駒澤、専修や獨協あたりがおすすめか?

学習院大学は首都圏の難関私立大学として有名ですが、MARCHと

no image
甲南と京都産業はどっちが上か?頭いい?法学部、経済学部、経営学部でレベルの比較は?イメージや雰囲気と就職の違いなど

関西では産近甲龍という有名私大のグループがありますけど、最近は近畿大学

no image
エーザイの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

エーザイに就職したいと思っている人はその難易度を把握しておきましょう。

協和発酵バイオの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

協和発酵バイオに就職したいという人もいるはず。そういったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑