内定辞退をして再受験、再応募は可能?もう一度受けることは不利になる可能性もある

公開日: : 学生たちの就職活動

内定辞退をして再受験、再応募は可能?もう一度受けることは不利になる可能性もある内定辞退をしたが、その企業にもう1度応募したくなったというようなケースがありえるかもしれません。そういったときには再応募は可能なのでしょうか?内定辞退からの再応募は可能ですが、受かる確率が下がる可能性はあるかもしれません。内定辞退をしたら再受験は不可としている企業がないわけではないですけど、そういった企業は少数派だと思うのです。したがって、受けたいならば受けられるケースが多いでしょう。仮に内定辞退からの再度応募はできないとしている企業は、ホームページの新卒採用のページとかに明記されているのではないでしょうか?確実に確かめておきたいならば、直接問い合わせても良いと思いますが。ただ、多くの会社では内定辞退からの再応募は可能であると思います。しかし、再応募が可能であっても、内定を貰える確率がどうか?という問題があるでしょう。やはりそこは気になると思います。でも、これは会社によると思います。会社によると思うので、あまり気にしてもしょうがないと思います。

 

内定辞退をして再応募をすることは不利になるのか?

そもそもこの問題を語るときには、どういう状況が起きているか?を考える必要があります。内定辞退をして再受験をするということは、恐らく次の年度で受けるってことなんでしょうか?そうなると、もしかしたら人事が変わっている可能性があります。前の年と人事が違っていれば、そもそもその人が内定辞退をしたのか?どうかがまず分からないのではないか?と思うのです。だから、そういうケースでは泣いて自体からの再度応募は不利になりません。もう一度受けるというこをしても、それが分からない可能性もあるでしょう。内定辞退をした人とチェックしている会社がそんなにあるのか?も分かりませんが、内定辞退をした人を拒む会社以外はそこまでチェック体制が厳格ではない可能性もあります。内定辞退をした人が再度応募することを拒んでいない会社は、チェック体制がどこまで行われているか?にもよると思います。そもsも内定辞退をした人が応募できないということならば、ちゃんとホームページに書いてあるでしょうし、書類選考で落ちるでしょう。そういった点に問題がなければ、再受験をすること自体は問題ないと考えており、後はその人に対してどういう魅力を感じているか?によると思います。

 

だから、前年内定を貰ったときに是が非でも来てもらいたいと思われていた場合には、今年更に受けたとしたら、また内定を貰える可能性はあるかもしれないです。それだけ戦力として見られている可能性がありますから。でも、問題は先ほど言ったように、人事が変わっている可能性があるわけです。また、人事は変わっていなくても、去年担当した面接官が変わっているなどすると、それが原因で去年と評価が変わる可能性がありますし、それによって去年は本当に是非入社してもらいたいと思われていたが、今年はそうはいかないという可能性が出てきます。そういったときでも内定辞退からの再受験は不利になる可能性があるということになります。内定辞退をしたということを企業の人事が知った場合、どういう感情になるのか?にもよると思いますね。内定辞退をした人に対して、一律にあまりよくない感情を持つ人もいると思うが、個人的にはその人の実力とか、才能の部分に注目して採用するので、去年内定辞退をしたとか、していないとかの合理性の部分とはやや離れた点にはほとんど注目しないと思います。だから、私みたいな人が人事ならば、内定辞退をして再受験をして、も不利にはならないが、そういう人ばかりではないでしょう。感情的に去年内定辞退をしたのだから、そんな人間は採用したくないと思っている人もいると思います。そういったときには内定辞退からの再応募は不利になるのです。

 

人間の感情とは非合理的なものであるという前提に立つべき

合理性を重視するならば、あくまでもその人自身の能力を1番に見て、それで合否を決めるべきとなるので、内定辞退をしたか?どうかはもはや関係なく、再受験は認めるべきだとなります。内定辞退をしてもう一度受けることは何ら問題ないはずなのです。しかし、人間の感情というのは、そういった合理的なものではありません。目先のことしか考えないケースがとても多いのです。例えば、分かりやすい例を挙げると、会社の上司と喧嘩をして、「こんな会社辞めてやる!」と言い放って帰ってしまったが、よくよく考えてみると、会社辞めてどうやって生活するの?再就職できる当てはあったの?などの部分を全く考えていないならば、この行動は完全に非合理的です。感情に任せてやってしまった行動になります。人事もそういう行動をとるということがあるということです。内定辞退のときに怒鳴りちらしたり、キレたりするのもその1つでしょう。そんなことをしたら、来年度以降の採用活動に響く可能性があるのに、内定辞退をされた苛立ちから感情的にそういった行動に走ってしまうというのは、人間であれば誰しもがやってしまう可能性があるのです。内定辞退をしてもう一度受けるということは、かつて会社が欲しがっていた優秀な人間を採りそこなったが、また採れるチャンスがきた!と好意的に見るべきなのに、1度内定辞退をした人間はいらないよ!と、門前払いしてしまうのは、チャンスを逃していることになるので、客観的に見たら機会損失で、非常にもったいないという印象を持ちます。でも、そういう会社は絶対にあります。

 

内定辞退を認めない会社、不利にする会社は機会損失の可能性

内定辞退をして再度応募を認めない会社はありますし、認めても不利になる可能性があるならば、それに合理的な理由がなければ、そのやり方は個人的にはあまり支持できませんし、採用活動のやり方としてどうなのか?という面もあります。内定辞退をされたということを根に持つということは人間の感情面から言えば、当然のことかもしれません。でも、その当然の感情を抑えて採用活動に臨める人事とそうじゃない人事では採れる人間の質に差が出てくるかもしれないのです。どうしても就職活動っていうのは、主観的な採用理由になりがちだと思うんですよ。主観的な見方が悪いわけではないです。というか、短い時間で客観的に評価しようと思って難しい面がありますから。だから、従来の就職活動のやり方が続けられる限りは、主観的な面で採用理由になってしまうのは致し方ない。でも、できるだけ客観的な面から採用できるように専攻の方法を変えるとか、主観的な理由による採用、不採用を抑制して、客観的な面からの採用理由を重視するようにするとかすれば、採用活動による結果も良い方向に変わるかもしれないのです。面接官が受験生に論破されるような状況があれば、面接官としてはイラッとして不採用にしがちかもしれませんが、論破するってことは論理的に施行に基づいて、根拠を正しく持ち合わせて、話の展開ができる人であり、無茶苦茶優秀である可能性を秘めているのです。学生でも、大人でもそういうレベルの思考ができる人って少ない印象ですから。内定辞退で再度応募を認めていない企業があれば、私は再応募を認めた方が良いと思いますし、内定辞退をしてもう一度受けるときに不利にする企業があれば、そんなことをする必要はないんじゃないか?と思います。ということは最後に言っておきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

食品業界、食品会社の面接などの志望動機の考え方は自己PRや付加価値との関連

食品会社、食品業界への就職を考えている人にとっては、食品業界でどういう志望動機を作っていくべ

記事を読む

就活で成績が良い、悪いは関係ないが取得単位が少ない言い訳は考えておこう

就職活動で成績がどれだけ関係あるでしょうか?成績が悪いとそれだけ就職活動では不利なのでしょう

記事を読む

内定辞退で後輩への迷惑等の脅し、脅迫なんて気にする必要ない

内定辞退をすると、企業もそうだが、大学や後輩などにも迷惑がかかると言われることもあります。そ

記事を読む

内定者研修は服装は私服?スーツ?当日は何する?という内容で決めよう

内定者研修というのが、入社前にいろいろな企業で行われると思うのですが、この場合、服装はどうし

記事を読む

就活は平均で相当お金がかかるが、お金がかかりすぎの現状を変えるには?

就職活動が始まるとともに、多くの学生はいろいろな企業に行って会社説明会や選考を受けることにな

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

就活でノンゼミバイサーや友達がいない、友達が0は不利?内定とれない原因になる?

就職活動においては1つある要素が重要になってくることがあります。それがノンゼミとか、ノンバイ

記事を読む

大企業はうらやましい?激務で入りたくない人も!メリットがデメリットになる理由

大企業に入りたいという人がいる一方で、大企業には入りたくないと思っている人もいます。大企業で

記事を読む

就職したくない、就職しない人はむしろ勝ち組な理由

  就職したくないという気持ちを持っている人はたくさんいると思います。私もず

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑