横浜市立大学の偏差値や難易度は?センター試験の足きりのボーダーラインや倍率は?

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 その他の話題

横浜市立大学の偏差値や難易度は?センター試験の足きりのボーダーラインや倍率は? – Retire in their 20se30a6e356869c2fb133c850a11f705aa_s

横浜市立大学は公立大学ではありますけど、首都圏の大学の中では難しい、名門大学と言えると思います。学部が2つしかなくて、国際総合科学部と医学部です。したがって、医学部を狙っている人が選択肢の1つにすることもありますし、文系で横浜市立大学を受ける人は自動的に国際総合科学部になると思います。横浜市立大学は規模は小さいですが、首都圏の公立大学として非常に人気となっている面もあるのです。学部が2つしかないのでそんなに選択肢があるわけではないですけど、横浜市立大学の偏差値は国際総合科学部が60前後という感じです。この横浜市立大学国際総合科学部の偏差値をどう評価するか?は難しいですけど、普通に難関大学だと思います。そして、医学部の偏差値は60台後半となっています。横浜市立大学は学部によって難易度の差はありますけど、医学部のみならず、国際総合科学部も普通に難しいと言えると思います。横浜市立大学では入りやすい学部とかの概念はほとんどないと思いますけど、国際総合科学部は学科が複数あったり、入試方式も複数あったりするので、どうやって受けるか?によって受かりやすさも変わってくると思います。

 

横浜市立大学国際総合科学部の難易度や受験科目は?

横浜市立大学の偏差値のうち相対的に低い方が国際総合科学部になると思いますが、この学部は4つの学科を備えています。国際教養、国際都市、経営科学、理学系の4つです。したがって、理系でも十分受けられるということでしょうか?横浜市立大学の国際総合科学部は前期試験しかないようですけど、センター試験のボーダーラインというのかな?その数字としてはA方式とB方式で違っています。それぞれ4つにA方式とB方式がありますが、理学系を除いて3つはいずれもB方式の方がかなり高い数字に、「パスナビ」を見るとなっています。これは難易度が違っているということなのでしょう。横浜市立大学の難易度は国際総合科学部の中でもどういった受け方をするか?でまた変わってくるということなのです。パスナビを見る限りでは、横浜市立大学で入りやすい学部は国際総合科学部の経営科学A方式かな?と思われます。ここはセンター試験のボーダーラインが66%となっており、恐らく数字的には1番低いものとなっています。偏差値も中でも低いので、横浜市立大学では難易度としては受かりやすい学部の1つになりそうだと思います。横浜市立大学ではセンター試験の足きりはあるのか?というと、ないのではないか?と思われます。医学部は分かりませんけど、国際総合科学部の方はパスナビなどでのボーダーラインに設定されている数字を越えていれば大丈夫じゃないですかね?

 

横浜市立大学ではセンター試験の足きりはあるのか?どうかは確定的な情報はないですけど、国際総合科学部に関してはあまり考えづらいです。よほど志願者数が増えない限りは横浜市立大学ではセンター試験の足きりはあまりないのではないか?と思います。ボーダーラインに関しても医学部の受験生だけが気にすれば良いかもしれません。しかし、センター試験で良い点数をとっていくことに越したことはないので、対策はしっかりとやっていきましょう。国際総合科学部では経営科学A方式が特に受かりやすい学部なのかな?と思いますけど、これも年によって変化する可能性がありますね。横浜市立大学の受験科目は理学系を除いて、A方式はセンター試験が7~8科目で、二次試験が英語と小論文になっているようです。そして、理学系を除くB方式の受験科目はセンター試験が3科目で、二次試験は英語と小論文です。したがって、B方式の方はセンター試験の受験科目の負担が軽いので、センター試験のボーダーラインと言えるか?どうか分かりませんが、そっちの方が数字としては高いのです。ちなみに理学系の受験科目はA方式もB方式もセンター試験は7科目で、二次試験は3科目となっています。ここでは横浜市立大学の受験科目は簡単にしか紹介しませんでしたが、気になる方はホームページなどで調べてみてください。横浜市立大学では受かりやすい学部と言えるか?は分かりませんが、文系の受験生は理学系以外の3つが狙い目になるのかな?と思います。横浜市立大学の国際総合科学部の倍率は2~3倍前後くらいになっていると思います。年によって倍率は変わるかもしれませんけど、横浜市立大学の国際総合科学部の倍率は高くないです。厳密に言うと、国際教養、国際都市、経営科学、理学系の4つごと、A日程とB日程ごとでそれぞれ違っている面もあります。自分でも横浜市立大学の国際総合科学部の倍率は調べておきましょう。倍率だけ見るとそこまでの難易度ではないかもしれませんが、センター試験も二次試験もしっかりと対策をしていきましょう。

 

横浜市立大学医学部の難易度や受験科目は?

横浜市立大学医学部はセンター試験の足きりが恐らくあります。そのボーダーラインはどれくらいか?というと、私が調べたところでは89%という数字になっていました。今後どうなるか?分かりませんが、そのくらいが横浜市立大学医学部の足きりのボーダーラインになりそうです。センター試験を突破しないといけないので、まずはそのための勉強をしていかないといけませんが、医学部の看護は69%という数字になっているので、やや難易度が下がります。横浜市立大学医学部のセンター試験では足きりを突破する必要がありますけど、何割か?という情報はあらかじめ知っておきましょう。そして、問題は横浜市立大学医学部の受験科目です。横浜市立大学医学部の受験科目はセンター試験が7科目で、二次試験は英語、数学、理科の3科目に加えて面接と小論文みたいです。そして、医学部の看護はセンター試験が6科目で、二次試験は小論文のみとなっています。こういったところが少し違っているので、知っておきましょう。受験科目の詳細については横浜市立大学のホームページなどを見ておきましょう。

 

横浜市立大学ではセンター試験の足きりが何割か?というのがまず気になるでしょうけど、国際総合科学部はセンター試験の足きりがない可能性もあります。横浜市立大学でセンター試験の足きりのボーダーラインが何割か?を知らないといけないというのは恐らく医学部になるでしょう。横浜市立大学の医学部の倍率は2~3倍くらいで国際総合科学部とほとんど同じくらいだと思います。横浜市立大学の倍率については今後もほとんど変化はないでしょう。特に医学部は変化がないようにセンター試験の足きりのボーダーラインが調節されると思いますから。あとは横浜市立大学でのセンター試験と二次試験の比率なども重要ですね。横浜市立大学はセンター試験と二次試験ではどっちが比率が上なのか?というのは情報としては直接載っていないのですが、センターの方が比率が高いみたいな記述は見つかります。それが本当なのか?はよく分かりませんが。予備校の先生とかに聞くと分かる可能性もあるのではないでしょうか?横浜市立大学は偏差値でいえば国際総合科学部は普通に難しいでしょうし、医学部もやはり難しいです。公立大学なので、横浜市立大学の難易度というのはちょっと分かりづらいかもしれませんけど、ここを志望している方はしっかりと情報を集めていきましょう。

 

【あわせて読みたい記事】

横浜市立大学の評判や口コミや立地条件は?就職率や就職状況、医師の国家試験の合格率についても記載

横浜市立大学とMARCHではどっちが上?就職や偏差値、難易度でどっちがいいのか?

横浜市立大学の滑り止めはどこがいい?日東駒専や成成明学獨國武あたり?併願のおすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

医学部の面接での志望動機が思いつかない!嘘でも良いのか?考え方や書き方の例

大学の医学部を目指す受験生は、面接試験があって、そこで志望動機などを聞かれる可能性があります

記事を読む

日本大学の滑り止めや併願はどこがいい?おすすめは大東亜帝国や拓殖、桜美林、産業能率、神奈川、玉川、東京経済あたり?

日本大学を受験する人の場合、滑り止めや併願はどういったところを受けるといいのか?そういった部

記事を読む

埼玉県立本庄高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立本庄高校は埼玉県本庄市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR高崎線の本庄駅で、

記事を読む

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いのか?そのおおまかな部分を知りた

記事を読む

平塚学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

平塚学園高校は神奈川県平塚市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR東海道線の平塚駅で、

記事を読む

白鴎大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点はどうなっている?

栃木県にある私立大学としてはそれなりに有名なのが白鴎大学です。テレビ番組の企画などで使用され

記事を読む

電車のクーラーが効きすぎ!寒い!逆に暖房が暑すぎ!いらない!という声もある

電車内にはいろいろな人が乗ってくるので、全員にとって快適な過ごし方はできないでしょう。特に夏

記事を読む

帰国子女は大学受験に有利、入りやすいからせこい?ずるい?羨ましい?

大学受験の王道は一般入試とされているが、それ以外でも多様な入試によって大学入学をして来る人も

記事を読む

東京学芸大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや成成明学獨國武あたりか?

東京学芸大学を受験するにあたって、滑り止めや併願先で悩んでいる人もいるのではないか?と思いま

記事を読む

学習院大学の偏差値で入りやすい学部は文学部!倍率や合格最低点、ボーダーが低い日東駒専レベルの学科がある!

学習院大学と言えば、学部が少なくて少数精鋭の学生が学んでいるという印象ではありますけど、学習

記事を読む

都立立川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立立川高校は東京都立川市にある男女共学の公立高校です。最寄り

千葉県立小金高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立小金高校は千葉県松戸市にある男女共学の公立高校です。最

千葉県立安房高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立安房高校は千葉県館山市にある男女共学の公立高校です。最

千葉県立柏中央高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏中央高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

水城高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

水城高校は茨城県水戸市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は

→もっと見る

PAGE TOP ↑