ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

公開日: : 学生たちの就職活動

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。女性の方が多いのかな?とは思いますが、ブライダル業界の現状と今後はどうなるのか?気になる人もいるでしょう。ブライダル業界への就職は難易度は高いのか?ということも重要ですが、それよりもさらに重要な情報もあります。ブライダル業界への就職の倍率などを考慮しながら、将来性や今後どうなるのか?などについても考えていきましょう。ブライダル業界の今後について完全に予測をすることは難しいですが、ブライダル業界の市場規模は縮小傾向になっていく可能性が高いのではないか?と思います。現時点でも結婚式への需要は減少している気がしますけど、それがある程度のところまでは進む可能性があります。問題は主に2つあるんですよね。それは結婚式を実施する率の減少と結婚をする人たちの減少です。この2つの両方とも減少傾向にある現状では、ブライダル業界の将来性はどうなのか?というと、何とも言えないでしょう。少なくとも将来性が明るいとは言えないと思います。ブライダル業界に就職をしたい人は現状や今後と評判などについて知っておくと良いと思います。

 

ブライダル業界で働くということは?評判はどうなっている?

ブライダル業界の就職の難易度などを知る以前に、ブライダル業界の魅力やメリット、デメリットなどについても知っておきましょう。ブライダル業界の評判は検索すればかなり情報が出てきますが、ブライダル業界で働く人は激務というのは当然という風潮があります。ブライダル業界の口コミとしてあるのは季節によって激務の度合いが変化しやすく、忙しいときにはこれでもか!というくらいに忙しく、朝の7時半くらいに出社して、終電くらいで帰るという生活もあるようです。特に春と秋は結婚式の人気シーズンですが、このあたりの季節はかなり忙しい日々を過ごす可能性があります。また、ブライダル業界の特徴としては土日に休日がとりづらいというのがあるでしょう。どうしても結婚式の当日は土日や祝日なので、そういった日は休みづらいというのがあると思います。ブライダル業界は土日が忙しいのです。ここはブライダル業界の評判の特徴になりそうですけど、ブライダル業界が激務というのは特にこの業界に特徴的というわけではありません。ある程度激務なのは、どの業界、どの会社でも同様だと思います。だから、他の業界に就職しても仕事は忙しいと感じるはずです。誰もが認めるようなホワイト企業というか、誰もが働きたいと思える企業というのは、そうはないと思いますから。だから、ブライダル企業の仕事内容が忙しいとしても、それは特徴的ではなく、他もそうだという感じだと思います。

 

ブライダル業界は働く人のやりがいによって支えられている部分はあるでしょう。ブライダル業界は一般的な会社とは違う事業内容なので、そこが特徴的でもあり、そこに魅力を感じている人も多いと思います。サービス業ということになりますが、ブライダル業界に就職する人は多くいるのは、そういうブライダル業界のやりがいや魅力を感じる人が多くいるからなのです。やりがいとして大きいのは人の人生の一大イベントにかかわって、喜んでもらえるという部分で、そういったところにやりがいを見出す人は多いです。他人のために一生懸命になれる人は向いているでしょう。したがって、ブライダル業界は忙しい事実をそのやりがいでカバーすることができるという言い方もできるのではないでしょうか?忙しいのはどこもある程度は共通しているけど、ブライダル業界にしかないやりがいがあるのならば、今後もある程度は人気の業界と言えると思います。ブライダル業界に全く興味がない人にとっては、激務だけが目立つ業界になるかもしれませんけど、興味がある人にとってはそれなりに楽しく感じられる業界かもしれません。ブライダル業界の評判に関しては個々の企業の口コミを調べていくことが良いと思います。そして、ブライダル業界の年収の平均はどうなのか?という部分も気になるでしょう。そういったところも調べていくと良いと思いますが、ブライダル業界の平均の年収といったものはどうなのでしょうか?安いのでしょうか?就職先を決めるときにはかなり気になるところだと思います。

 

ブライダル業界の平均年収はどれくらい?

ブライダル業界の評判を語るうえでは平均の年収というのは重要ですが、かなりバラバラで、平均年収を出す意味があまりないかもしれません。ブライダル業界は上位10社ほどの年収の平均のデータがありますが、上位10社でもかなり差があります。下は350~400万円くらいで、上は700~800万円くらいです。これは上位10社の中での話であり、他の企業はさらに低くなります。だから、どの企業に勤めるか?でブライダル業界の平均年収は数百万円くらい変わります。上位は年収は高いですけど、そうじゃない企業になると平均年収はあまり高くないということになると思います。上位10社の中ですでに世の中の平均年収を下回る企業がありそうなので、ブライダル業界の平均年収は全体と比べると高くはないと思います。実際、ブライダル業界の今後を考えると将来性がある業界とは言えない部分も少なからずあるのです。多くの人がご存知の通り、結婚式を挙げる率は低下傾向にあり、挙げるカップルもお金をそこまで使わないケースもあるのです。娯楽産業なので、生活に必要なものじゃないという意味では、どうしても不安定な業界とも言えます。他にも娯楽産業は多くありますけど、娯楽の中でもいろいろなジャンルの事業を行っていたりとリスク分散をしているケースが多く、ブライダル事業のみという企業は将来性としては微妙だと思うのです。だから、ブライダル業界の会社は事業内容として結婚式関連以外にも何をやっているのか?を考慮していかないと、将来性として不安定な会社に就職することになるかもしれないのです。そういったところは考えておかないといけないでしょう。そして、ブライダル業界への就職の難易度に関してですが、ここが特に気になるかもしれないです。ブライダル業界に就職する難易度に関しては分析は難しいところもありますが、考察をしていきます。

 

ブライダル業界の就職の難易度はどれくらいか?

ブライダル業界に就職する難易度はどれくらいでしょうか?倍率については個別の企業ごとに異なっているので、何とも言えませんが、ブライダル業界で就職の倍率が高いところは限られると思います。大手というか、有名なところは倍率がそれなりに高い可能性はあると思いますけど、中小に関しては倍率はそこまでではないのではないか?と思います。ブライダル業界は将来性や今後に関しては必ずしも良好とは言えないですし、それは就活生の中にも知っている人は多くいると思いますし、難易度は高い方ではないと思います。したがって、簡単ではないありませんが、人気業界とは言えないと思うので、就職する難易度が高いとまでは言えないと思うのです。個別の企業ごとに倍率を調べられれば、それぞれで難易度はさらに変わりますけど。ブライダル業界の就職の難易度については全体としてはそういった感じになると思います。漠然としたいい方になりますが、難しい方ではないと思うのです。ただ、採用人数にもよるので、今後のことを見据えて採用数を抑える会社は応募者が少なくても倍率が高くなることがあるので、必ずしも難しくないと言えない場合もあると思うのです。ブライダル業界は忙しい面もあり、激務にも耐えないといけない特徴がありますけど、やりがいや魅力もあります。そういったブライダル業界の評判も知ったうえで、エントリーをして選考を受けていくようにしてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

面接に行きたくない人もぶっちではなく、欠席の連絡はすべき

就職活動において、様々な辛い経験をすると思うのですが、そのときには面接などに行きたくないとい

記事を読む

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります。この2つは関西では超有名だと

記事を読む

新卒で内定が取れない、面接に受からない就活生は発想を転換すべき

新卒で就職活動をしているが、なかなか内定が出ない。卒業が迫ってきたという切迫感を感じている方

記事を読む

オワコンのテレビ局への就職は勝ち組?難易度や倍率と釣り合わない?

テレビ局などのマスコミ業界は非常に難易度が高いです。マスコミ業界って、業界全体は何かオワコン

記事を読む

就職しやすい、受かりやすい、内定が取りやすい業界や企業の特徴とは?

就職活動において、内定をとりやすい業界っていうのもあると思いますよ。長く就職活動を続けている

記事を読む

SPIができない、落ちまくる人はSPIがない会社、やらなくていい会社を探そう

就職活動で受けている人も多いSPIですけど、これはなかなか難しいですし、あまりSPIができな

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

no image

夏の暑い就活で上着、ネクタイは必要?着ないと不利になるか?

夏の就職活動ではスーツの上着やネクタイはしていった方が良いのでしょうか?5月あたりになると、気温も上

記事を読む

就活は顔で決まる?顔で選ぶ?重要ではあるがイケメンや可愛い人は有利かというと・・・

就活においては顔採用というものがあるのではないか?と言われています。顔採用というのは顔を基準

記事を読む

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは

大阪産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

大阪にある大阪産業大学は関西では規模がそれなりに大きい私立大学

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を

→もっと見る

PAGE TOP ↑