集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 学生たちの就職活動

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?40d29c936533e240e3dad1ffbb4300e3_s

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、ほぼ全員の就活生が対策をしないといけないと言えると思いますけど、これはすごい難しいんですよ。1回も体験していない人は、特にそれを実感する可能性が高いです。1回目はほぼ何も出来ない終わる可能性もあります。集団討論の何が難しいのか?というと、人によってはしゃべれないのです。逆に集団討論では話しすぎという人もいますけど、全く話せないという人もいるので、両極化しやすいということが言えます。集団討論はとにかく話さないといけないと思ってしまうと、益々ドツボにハマっていくパターンかもしれません。全く話さないと評価の対象にすらならないと思いますが、何か話さないと!と思って、出た言葉っていうのはそんなに評価されないケースが多いと思います。集団討論ではその場その場に応じた効果的な発言が求められていると思うので、発言をすれば何でも良いというわけではないのです。そうなると、益々難しく感じるかもしれません。

 

集団討論で必要なのは討論の結論に影響を与える発言

集団討論は基本的には結論に正解を求めているわけではないと思うので、結論がどういう方向にいっても構わないとは思います。しかし、結論に至るためには、集団討論に参加しているメンバーの発言が反映されているはずです。結果的に結論に辿り着くのに大きな影響を与えるような発言は、その討論においては非常に重大な影響力を持っていたと言えますし、討論に参加しているメンバーからも意見の重要性を認められた証拠でしょう。だからこそ、その発言が結論に影響しているとも言えるわけですけど。つまり、討論の結論にほとんど関係ない、影響を与えていない意見は評価が相対的に低い可能性もあります。全部が全部そうというわけではないですけど、討論の流れに良い意味で水を差すような意見というのは貴重ですからね。集団討論では発言が少ないことを気にしている人もいるかもしれませんけど、どうでも良い発言を何回も繰り返すよりは、効果的な発言を必要に応じて話す方が良いと思います。ただ、そのレベルに達するには根拠を用いた論理的思考が必要になりますし、さらに経験が必要です。

 

集団討論はこの2つが主に必要だと思いますが、後者の経験については何度も集団討論を受けていくしかありません。それ以外では経験を積むということが厳しいですね。集団討論の経験って、民間企業などの集団討論を実際に受けてみるしかなかなかないと思いますから、そういう意味では経験を積むこと自体が難しいです。だからこそ、初回は集団討論で撃沈する人が多いと思うのです。最初は発言をする勇気をなかなか持てないというのがあります。その後は発言自体はできるが、討論の中で効果的な発言ができるか?ということです。これは難しいです。経験を積んで発言をする勇気を持つというのはいずれはできると思いますけど、効果的な発言をするというのは簡単ではありません。これは能力面であって、努力で向上させるのは難しいと思います。頭の使い方とかの問題なので、日頃から考える訓練、自分なりに感情ではなくて、論理的に考えて意見を出すような癖をつけていないとこういう場で効果的な意見って出てこないと思いますよ。集団討論ではしゃべれない人は落ちると思われるかもしれませんけど、発言の回数が少ないという意味でしゃべれないならば、それは落ちるとは限らないと思います。

 

集団討論で効果的な意見とは?

効果的な意見って何か?っていうと、これは私の持論も含まれますが、斬新な視点で議論の方向性を揺るがすような意見でしょうか?例えば、「バイキングでとってきた料理を食べ残すことは悪いか?」というテーマで話し合っているときに、食べ残しはもったいないから、悪いという雰囲気がそのグループの中にあったとき、ある1人の人間が「そもそもバイキングって、最初に料理を大量に作っておいて、それを自由に食べてもらうシステムだから、絶対に廃棄が出ますよね?そうなると、その絶対に廃棄が出るようなシステムを利用している人間は、その廃棄を容認しているに等しいのだから、そういう人が食べ残しをもったいないというのはおかしいのではないですか?」みたいな感じでしょうか?これはかなり極端な例ですけど、そういう見方もあったか!みたいな発想豊かな考え方は集団討論で発言が少ないとしても評価対象になると思います。ここの意見ではみんな食べ残しだけがもったいないか?どうかを話し合っているけど、そこにバイキング自体がもったいないのでは?という意見を言うと、多分そこから議論の流れが変わると思います。集団討論では話しすぎよりはあまり話せないけど、効果的な意見を言っているような人は評価される可能性がある。絶対ではないですね。これは評価をする人間の価値観とかにもよる可能性があるので。

 

集団討論を行うにあたっては会社側の人間がどういう学生を求めているか?をある程度推理しないといけないと思います。それも完全にできるわけじゃない。いろいろなサイトに情報が載っていると思いますけど、それも推理の1つかな?と思います。集団討論ではしゃべれない人は厳しいとか、話しすぎは落ちるとか書いてある可能性もあります。それは間違っているわけではないが、捉え方の問題な気がします。正確に言うと程度の問題って感じでしょうか?集団討論では話せないのは問題ではないというか、発言が0みたいな状況じゃなければ落ちるとは言い難いということです。集団討論は発言が少ないとしてもそれだけで落ちることはない。問題は発言の内容だということですね。集団討論ではたくさん話しても効果的な意見がなければ落ちる可能性もあるということで、集団討論は話しすぎとてもダメな場合があるというので、結局は話す回数を多くすることを目指すのではなく、適当なタイミングで適当な意見をどれだけ言えるか?を目指すべきではないでしょうか?集団討論は発言少ないとしても良いんですよ。問題はそこじゃないと思うから。意見をたくさん言うことは悪いことではないと思うが、それが必ずしも評価に結びつくか?どうかは何とも言えないかな?と思います。かなり漠然とした言い方も含まれているので、私の良い固いことがどれだけ正確に伝わっているか?はちょっと分からないのですが。

 

就活でのナビサイト選びが内定を取るために重要

就活をするときにはナビサイトという存在が重要で、これを使っている人が多くいると思いますが、ナビサイトは有名なところ以外でも実はかなりおすすめな有益なサイトがありますから知っておいてほしいです。例えば、「キミスカ」というナビサイトは特におすすめで、ここは従来のナビサイトとはタイプが違っているのです。従来は学生が企業を検索しながら、気に入ったところを見つけたらそこにエントリーをして受けていくという流れになっています。しかし、キミスカはサイトに登録している学生の中から企業が気に入った人にスカウトを送るという点が特徴的です。登録してある学生を検索して、気に入った学生、自社に欲しいと思った学生がいた場合にスカウトを送り、そこから学生に専攻を受けてもらうという流れになるのですが、こういった一風変わったナビサイトの特徴にはある大きなメリットがあります。それは自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということです。通常のナビサイトを使った場合には、自分が関心を持っている企業を受けるので、その企業が自分に関心を持つか?は分かりません。専攻を通じて必死にアピールをしていくことになりますけど、それでも多くの就活生は自分が受けた企業の多くで不採用になるので、従来のやり方では自分に関心を持ってもらえない企業を、結果的にたくさん受けてしまうという言い方もできます。しかし、キミスカは企業側が学生にスカウトを送ってくるところが特徴的で、スカウトを受け取ってそこからスタートになるという意味では、スカウトが着た企業を受ければ、自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということになります。自分に対して一定程度の関心を持っていることが確定している企業を受けられるということはかなり大きなメリットになります。多少なりとも有利な状況となっていると言えますから、内定を本気で取りたい人にはおすすめと言えます。スカウトを送るということは少なからず興味を持っている人材であるはずなので、スカウトが着た企業を受けることで内定を取りやすい状況に持っていける可能性があります。また、スカウトが着た企業を受けると一次選考や二次選考がパスできる場合もあるんどえ、そういったときには相当有利なのです。キミスカはすでに使っているナビサイトがあれば、そこと併用ができます。タイプが違うナビサイトを併用することでリスクを分散できますし、多くの就活生が知らないサイトになりますから、ライバルに差をつけることもできます。スカウトは必ず来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどすると確率が上がります。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になる人もいると思いますけど、学歴フィルターと

記事を読む

メガバンクは激務で辞めたい!離職率が高い!評判は人殺し?

大学生の新卒の就職活動では、憧れだったり、人気企業として挙がるのがみずほ銀行、三菱東京UFJ

記事を読む

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

合同説明会は予約必要?してない人も参加可能で無断欠席もあり

毎年12月くらいからかな?合同説明会が始まると思います。こういった合同説明会はだいたい予約制

記事を読む

滋賀大学、三重大学、和歌山大学は学歴フィルターの影響を受ける?関係する?

滋賀大学、三重大学、和歌山大学に関しては近畿圏を代表する国立大学になります。レベルとかもある

記事を読む

SPIはなんのために?やる意味は?やる意味と何がわかるのか?は違う

就活では第一段階などで実施されるのがSPIになります。これはメジャーな選考手法となっており、

記事を読む

2017卒の合同説明会の時期はいつから?何月頃から始まる?

就職活動のスタートは、合同説明会から始まることも多いです。合同説明会は別に出る必要ないという

記事を読む

コンビニ業界の就職の難易度や倍率は?離職率と激務という評判はある?

小売業界というのは、全体的にブラックな業界であるという指摘を受けることが多いですけど、コンビ

記事を読む

JR東日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

JR東日本の就職の難易度はどれくらいでしょうか?JRグループの中でも特に人気の企業だとは思い

記事を読む

法政大と國學院大はどっちがレベルが上?イメージや雰囲気の違いと就職の有利、不利は?

法政大学と國學院大學で悩む人はあまり多くないかもしれないですけ

NTTコミュニケーションズの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

NTTミュニケーションズの就職の難易度に関して把握しておきまし

昭和女子大学のレベルは日東駒専や津田塾と比較でどっちが上?頭いい?就職や知名度、ブランド力の実態

女子大の中で知名度がどこまであるか?分からないですが、意外とレ

丸大食品の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

食品業界は就活生に人気です。安定して業界が保てるので、将来のこ

すかいらーくグループの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ファミリーレストランは日ごろから多くの人たちが利用しているので

→もっと見る

PAGE TOP ↑