東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の受験科目や偏差値、倍率の予想

公開日: : その他の話題

東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の受験科目や偏差値、倍率の予想96d49ef72dd0bad577026c949531e1e6_s

東洋大学の文学部には非常に多種多様な学科が用意されていました。そして、2017年度からはこの東洋大学文学部の中に「国際文化コミュニケーション学科」ができます。正確に言うと、これは新設の学科ではないのです。この国際文化コミュニケーション学科は現在ある英語コミュニケーション学科から発展したものであって、名称が変わるということになるのです。だから、英語コミュニケーション学科が国際コミュニケーション学科になるということですね。それによって学ぶ内容なども少しは変わるみたいです。東洋大学は2017年度から新設学部がいくつかあって、その中に文学部の改組として、この国際文化コミュニケーション学科ができるということになるのでしょう。東洋大学文学部を受ける人は、この新設の学科をどうするか?受けるか?どうかも考え物だと思いますけど、学ぶ内容や難易度なども考慮して決めていけると良いと思います。

 

東洋大学文学部国際コミュニケーション学科の概要とは?

東洋大学のホームページ「http://www.toyo.ac.jp/site/2017new/kokusaibunka.html」には以下のように書かれているので参考にしておきましょう。国際化の流れを受けて、元々あった国際的な文学部の学科をより国際色豊かにしたような感じなのでしょうか?一緒にできる新設学部も国際系の学部が多いようですからね。

国際化の急激な進展により、国や価値観の違いを越えて信頼関係を築く「コミュニケーションの力」が注目されています。求められるのは、日本の文化、世界の文化について深く理解をすること。そして、相互の連携を深める言語スキルを身につけること。その二つの力を活かし、国際社会の中で、真にコミュニケーション能力を持つ人材を育成するため、文学部「英語コミュニケーション学科」を発展させ、文学部「国際文化コミュニケーション学科」として新たに設置します。

この東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科はホームページに学習内容の概要が載っていますけど、英語を基本として基礎能力を身につけたうえで、英語を含めた別の言語についても本格的に学び、主に英語、日本語、フランス語、ドイツ語の中から1つを選び、それを使って比較文化、文化研究を行って教養を身に付けるというのが目的となるみたいです。国際とはなっているが、日本、英語圏、フランス語圏、ドイツ語圏などの国の文化や歴史について学び、それに関してコミュニケーションをとっていくというのが、この文学部国際文化コミュニケーション学科の学ぶ内容になると思います。今の時代にはありそうな学習内容を据えた学部学科になると思いますが、女子学生人気が高そうな気がします。時代背景などを考えると、結構人気が出るかもしれないですね。

 

東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の受験科目は?

東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の受験科目は、恐らく以前の英語コミュニケーション学科と大差ないと思います。英語、国語、地歴公民数学で、国語は古文、漢文まで出るみたいです。地歴公民数学は日本史、世界史、地理、政治経済、数学からの選択で、数学は数Ⅰ、数A、数Ⅱまでの範囲で、配点は3科目とも100点で300点満点になっています。これが一応東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の3科目均等配点です。東洋大学の入試方式は多岐に渡っており、受験科目や配点がそれぞれで変わってくるので、1番受験者が多いのではないか?と思われる典型的な入試方式の受験科目を紹介しましたが、別の入試方式で受けるということも可能です。東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の受験科目は大学のホームページなどに載っていますから、気になる方は自分でもチェックしておいてください。特定の科目を重視する入試方式、科目数が2科目だったり、4科目だったりする入試方式、入試日程が前期、中期、後期などあるので、東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の受験科目や配点はそれぞれによって変わってきますからね。いろいろと複雑なんですよね。

 

東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の偏差値や難易度はどうなるのか?

東洋大学文学部は学科が複数ありますが、その中で難易度などが急激に変わっている感じはしませんから、東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の偏差値も極端なものにはならないと思います。東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の偏差値は53~55くらいで、東洋大学の偏差値の範囲を大きく越えたりはしないとは思いますけど、新設学部は人気になることもありますから、新設学科である東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の倍率はどうなるか?は分かりません。東洋大学は学部学科、入試方式などによって倍率はバラバラですから、東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の倍率もとんでもなく高くなるところがあるかもしれないです。比較的人気が出そうな学科名な気がするので、やってみたらとんでもない倍率という可能性もなくはないですけど、東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の倍率はそんなに高くはならないとは思いますけどね。高くても7.8倍とかで、平均をとると4,5倍くらいかな?という気もしないでもないです。そうなると東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科の偏差値もそれなりの数字で収まるのではないか?と思います。難易度がどれくらいになるか?は分からないですが、東洋大学の難易度だと思って受けてもらえば良いと思います。過去問に関しては英語コミュニケーション学科を含んだ文学部のものを使うと良いと思います。国際文化コミュニケーション学科の偏差値とか難易度はそれなりに難しい可能性もありますけど、しっかりと勉強すれば受かる見込みは十分あるでしょう。この東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科に興味のある人は大学のホームページなどで学ぶ内容をしっかりと調べて、そのうえで本気でここで学びたいか?を確認し、受験対策をしていくと良いと思います。これからが注目な新設学科になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

関西外国語大学の偏差値や倍率は?入りやすい学部やボーダーラインの情報について

関西外国語大学は関西圏では有名な私立大学です。関西では外国語系の大学は底まで多くないですし、

記事を読む

理系で数学が嫌いで苦手!できない!勉強法を工夫すれば難関大学も狙える

文系と理系に分かれるときに1番重要な要素って何でしょうか?理系の人間は文系の科目もある程度で

記事を読む

大妻女子大学のキャンパスの立地条件の評判や魅力は?就職率や就職実績は良い?

大妻女子大学は女子大の中でも非常に知名度があって、人気と言えると思いますけど、大学自体につい

記事を読む

公務員試験の面接で一発アウトや言ってはいけないことは?安定を志望動機にすると落ちるのか?

公務員試験の面接をするときには言ってはいけないことがあるのか?という点が気になるかもしれませ

記事を読む

名古屋市立大学のキャンパスの立地条件や学生の評判、口コミと就職支援や就職実績について

名古屋市立大学のキャンパスというのは、いろいろな地域に分散しているので、そこが特色のある部分

記事を読む

愛知大学のキャンパスの雰囲気と学生の評判や口コミ、就職率や就職実績などについて

愛知大学のキャンパスは名古屋キャンパスと豊橋キャンパスがありますが、メインキャンパスは名古屋

記事を読む

日本史の流れがわからない、苦手な人の覚え方、暗記の仕方のコツは?暗記量が多い中で細かく区切ることが重要!

日本史を勉強している人、これから勉強する人いると思うのですが、日本史を勉強するときに重要なの

記事を読む

東京大学で1番入りやすい、受かりやすい学部、科類は理科一類?文化三類?

東京大学を目指している受験生は往々にしていますが、どこが1番入りやすいのか?で議論されること

記事を読む

学習院大学の英語、国語、社会科、数学の入試の傾向や難易度と対策、勉強方法

学習院大学はGMARCHという序列の中の一角として、難関大学の扱いになっています。偏差値でい

記事を読む

一橋大学の滑り止めで私立は早慶上智、中央法、併願で国立は横浜国立、首都大学あたりか?

一橋大学は関東地方の難関国立大学ですけど、この一橋大学に受かるにはかなりの学力が必要です。東

記事を読む

甲南大学文学部の偏差値や倍率と評判は高い?ボーダーラインや入試科目や配点の情報は?

甲南大学の文系学部の中で特に難易度を把握しづらいのが文学部にな

no image
義務教育は洗脳であり、意味ない!いらない!必要のないもの!社会が変わるには学校が消えるしかない

個人的に思っているのは「学校は糞」だということです。義務教育なるものは

no image
日本銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本銀行に就職したい人もいると思います。日本銀行は日本で最も安

no image
大学の学位記や卒業証書は同じ?卒業アルバムを買わない?撮りたくない人は多い?

大学の卒業証書というのは結構思い出深いです。私は数年前に大学を卒業しま

ブルボンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとして有名なブルボンは非常に大きな会社なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑